« 負けなくなってきた | トップページ | 朝の上海を注視 »

2015年9月 2日 (水)

人為的円安誘導の陰り

 月足、週足、日足、どれを見ても円安の一方的な進行は考えにくい形になっています。

 買い建て玉をオール決済して、少しだけ円買いのポジを持つことにしました。

 近所のガソリンスタンドでは、リッター120円台前半まで下がってきています。

 友人のところでは、もっと安くなっています。

 これで円高になれば、いつかの100円台が目に見えてきます。

 円安になって、我々庶民に恩恵がこぼれてくるというフィクションは、完全崩壊。

 もっとも、周囲に信じていた人間は誰もいませんでしたが。

 ドル円80円時代。

 一斤75円のパンで露命をつないでいるのに、120円になったらどう食うんだ。

 と思っていたのですが、そのパン屋さん、いまだに78円で売ってます。

 実に不思議です。

 本日は、+6300円でお茶を濁します。

|
|

« 負けなくなってきた | トップページ | 朝の上海を注視 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/61429625

この記事へのトラックバック一覧です: 人為的円安誘導の陰り:

« 負けなくなってきた | トップページ | 朝の上海を注視 »