« 人為的円安誘導の陰り | トップページ | 米中にらみ »

2015年9月 6日 (日)

朝の上海を注視

 一足飛びに秋が来た感があります。

 どちら様も、体調管理にはご留意ください。

 手前は早速風邪を引いてしまいました。

 さて、リスク回避の流れが止まりません。

 先週も結局、ドル円119円で沈没。

 120円台で円買いポジを持っていたのですが、もう少し頑張れば良かった。

 家の近所の食堂の、から揚げ定食代とジャストの上がりでした。

 決済指し値を変更したつもりで、やっていなかった。

 普段はおいしいから揚げが、ちょっと涙味に。

 今週も円買いで攻めるイメージを抱いています。

 メンツのためならなりふり構わない中国が、自らの経済がバブルだなんて言い出す。

 これはやっぱり、相当深刻と見ます。

 あす朝の上海が、年末にかけての相場の流れを占う一つの分岐点になりそう。

 それを確認してからポジを作ります。

 オセアニアも魅力的です。

 もう少し安くなるようなチャートですが、ミセスワタナベは買う買う買う。

 同僚も上司も、喜んで買いまくっています。

 売ればいいのでしょうが、高金利通貨の売りでかつて痛い目に遭いました。

 やっぱり、ダメでも傷の浅いドル円かな。

 117円~121円でたゆたってくれると、ますますうれしいです。

 そういえば、尖閣諸島に中国の船が来るニュースをとんと聞かなくなりました。

 そんなことに金を回している余裕がなくなってきたんでしょう。

|
|

« 人為的円安誘導の陰り | トップページ | 米中にらみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/61489281

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の上海を注視:

« 人為的円安誘導の陰り | トップページ | 米中にらみ »