« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月11日 (火)

中国がどうしても気になる

ポジティブサプライズだった先週の米の雇用統計。

素直に考えればドルを買うのだけれど、どうしても中国のリスクが気になります。

あの国の統計が当てにならないのは昔からのこと。

弱みが表に出るときは、実態は破滅的に悪くなっているというのが通り相場です。

社債が1社デフォルトしただけ、といっても、裏に同じく左前の企業が山ほどあります。

チャイナリスクが火を噴くと、2008年の再来以上になるという観測もあります。

国庫が豊かだから、救済には出るけど、交換条件として何か要求するでしょうから、扱いを巡って欧米が混乱。

決着まで大分時間がかかってしまいます。その間、円が買われ続ける。

ウクライナもどっちに転ぶかまだわかりません。

不確定要素が多すぎます。

休みどきでしょうか。年がら年中やるなと、お師匠が口を酸っぱくして言っていました。

基本は100円台~104円台のレンジでしょうけど、もう少し洞ヶ峠を決め込みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年3月 8日 (土)

欲張ってよかったのに

USD/JPY 960000 L 102.84→103.10

\251915

50PIPIで仕掛けたはずが、間違っていたようです。

取り損ねました。

指値はちゃんと確認しないとダメですね。

マネパお得意の利用者有利スリップも最近は不発。

それも約定力なのかもしれませんが。

次は戻り売りを狙おうと思います。

ウクライナ、中国、欧州とちょっときな臭くなってきています。

ロングはしばらく伸びるかもしれませんが、3月期末リパトリもありますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »