« 円安ぶっ飛び | トップページ | 乗り換えの前に »

2012年12月26日 (水)

店じまい

【プラスでした】

 「稼ぎづらい」と言われていた今年でしたが、どうにかトントンで終えることができました。

 皆様のご声援・叱咤のおかげと感謝申し上げます。

 すべてのポジションを決済し、いま全部出金依頼を掛けています。

 来年から使う業者を、ゆっくり捜しています。

【外貨買います】

 ここのところの円安は「押しつけ円安」。

 愚民が自分たちを縛る主権在民が大嫌いなどこかの二世議員が口先で介入しただけ。

 徹夜明けのコップ酒。悪酔い必至です。

 「輪転機をグルグル回してお札を刷り、建設国債は無制限に日銀に引き受けさせる」

 上に政策ありゃ下に大作対策あり。

 外貨を積み上げ、来たるべき破綻の日を待ちます。

 証券会社からはマンションを買え、リートはどうだ、MMFはとせっつかれています。

 一番簡単なのがFXなので、当面、コレ一本で行きます。

 不動産なんて、まだ早い。

 消費税が上がる、インフレが進む、ローンは返せない。

 泣きの涙で手放した物件を安く買いたたく。

 まだ早い。

【現受け】

 大掃除していたら、海外で仕事をしていたときのキャッシュとチェックが出てきました。

 レシートには、1ドル133円75銭で買った、きょうは昨日より50銭円高だった、得した、などと書き付けてあります。

 まだ小渕が総理になる前で、財政赤字が今日のように積み上がってはいませんでした。

 いま、同じレートになったとしたら、相当なインパクトがあるのではないでしょうか。

 GDPに占める輸出産業の割合は、当時4割(ちょっとうろ覚え)、いま1割5分。

 内需は余り変わらず、6割~6割5分。

 つまり、円安になったときの痛みは、いまの方がずっと大きい。

 そもそもこの国は、食糧自給率38%、石油自給率1%。

 自国通貨が安くなって喜ぶのは、誰なんでしょうね。

 そのうち、キャバ姫が、ドルでないと受け取ってくれなくなったりして

 勉強の年末になりそうです。

 皆様も、良いお年を。

|
|

« 円安ぶっ飛び | トップページ | 乗り換えの前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/48474498

この記事へのトラックバック一覧です: 店じまい:

« 円安ぶっ飛び | トップページ | 乗り換えの前に »