« 動意なし | トップページ | 夏枯れ状態 »

2012年7月10日 (火)

英銀の金利操作疑惑

 イギリスバークレイズ銀が、LIBORの報告を改ざんし、不正な利益を得ていた、と報道されています。

 LIBORを指標にしている金融商品は多いので、影響をこうむった人は少なくない、とか。

 低く報告→定期預金とか仕組み預金の金利が低くなる

 高く報告→ローンの金利が高くなる

 どっちにしても、生活者にはいいことありません。

 幹部は「どこの国の銀行でもやってる」とうそぶいたらしいですが、もしそれが本当なら。

 訴訟の嵐になりそうな予感がします。

 その前に、新たな金融不安の要因にも。

 自業自得。だけど不思議と昔っから銀行屋はつぶれないんだよなあ。

 友人のボーナス。今夏目をむく金額。また彼ら、平均で金額口にするんだ。

 しばらく税金払わずにため込んでいた分のひとしずく、とか言ってました。

 飲み会の払いを半分持ってくれたので、いいことにしちゃいましたけど。

|
|

« 動意なし | トップページ | 夏枯れ状態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/46267738

この記事へのトラックバック一覧です: 英銀の金利操作疑惑:

« 動意なし | トップページ | 夏枯れ状態 »