« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月25日 (土)

ハイジ丸焦げ

 12月の始めから、奇妙に一方向へ吹き上げ続けたCHF/JPY。

 これは、ひょっとする…

 87円50銭を超えたおととい、こらえきれなくなって撃ってしまった一発。

 大外れ。

 天井ロングを作ってしまいました。まずい、極めてまずい。

 しかも、酔ってた。

 ●●●万(その日買ったサバが128円だった)。

 翌朝真っ青。慌てて計算。

 84円までは耐えられますが、そこをアンダーすると…

 ちーん、損切り。

 この額でやられると、数年立ち直れないかも。

 しかも、昨日はさらに下がる。ここのところご無沙汰だったスイス高牽制発言。

 買うと下がる。売ると上がる。

 年末だというのに、胃がむかむかしています。

 飲み過ぎ?それもそうかあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月14日 (火)

内ゲバやってる場合か

 民主党内のごたごたは、もううんざりです。

 予算
 外交
 税制
 社会保障
 沖縄

 素人の私が思ったって、いくらでも決着をつけてほしい問題は出てきます。

 ほっとかれると、生活がぐちゃぐちゃに。
 早くやってくださいよう。いまさら小沢もなにもないでしょうが。

 政治家は猿山のボス争いしてても給料もらえるし、集金システムがあるからいいのかもしれませんが、納税者はそうはいかない。取られっぱなしです。

 といっても、老害自民にもはや代替機能はないし。
 ほかの政党も、ドラスティックに変革できるほどパワーはない。

 共産党には、システムとしての保守というそばのわさび以上の働きはしてほしくない。

 選択肢が、な~い!

 そこで、石原新党です?隣の席のオッチャンが叫んでます。
 やめようよ、もうカリスマに頼るのはさ。

 人より声がでかく、押しが強ければエライと誤解しているやつなんて、その辺のヤンキーだけでたくさん。

 じゃあ選挙だって?
 いったい何回やってんのよ。

 もう疲れたよ。

 今度こそ、と思って通い続けるキャバクラ帰りと同じ虚脱感が漂うのです。

 でもこのままバカやってると、円安が進むから、いいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月 7日 (火)

ちまちまやってます

 豪ドルが、少しずつ刺さっています。

 本日は26000円ほど。でもまだまだ、含み損を消すには長い道のりです。

 1日数十銭の値動きでも、10ぴぴ千人針作戦だと、ちゃんと引っかかってくれます。

 数時間放置して、携帯に指値ヒットメールが届かなくなったら、平均買い単価+50ぴぴぐらいを目安に、利食いの指値を仕掛けてまた放置。

 運がよければ当日中、悪くても翌日には利食いできます。

 元々1万単位なので、上がりは微々たるものですが、それでも回数をこなすと利益は着実に積み上がってきます。

 そうこうしているうちに、他の通貨、特にボラが小さい割には動きが読みやすいハイジあたりで食べ頃になってきますので、ちょっと大玉を撃ち、こちらでもいただく。

 そうそう思った通りにはいかないでしょうが、いまのところ、うまく回転しています。

 特に、連続注文を使うと、利益を積み上げるサイクルが、劇的に短くなります。

 年末まであと少し。「借金」返済に向けて、頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々のハイジ

 CHF/JPY S 10万 85.00→84.40 60000 -3150

 85円にタッチしたのを見て、久々、ハイジで遊んでみました。

 お試し10万ポジ。
 噴けば売り増すつもりでしたが、欧州の取引が始まると、あれよあれよの円高モード。

 あっという間に、利食いできてしまいました。

 こうなると、60ぴぴでは謙虚すぎた、もっと欲張っておけばよかったと、思ってしまいます。

 85円と83円中盤を行ったり来たりしているので、レンジ内逆張りがしばらく続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月 1日 (水)

【雑文】どこが機密なんだ

 ウィキリークスに流出した米の公電群が話題を呼んでいます。

 「(イタリア首相の)ベルルスコーニは無能な男」

 「金正日はデブの老体」

 …どこが機密なんでしょうか。
 そのまんまではありませんか。

 その昔、ソ連ではやったアネクドートを思い出しました。

 赤の広場で、男が叫びました。

 「スターリンはボケ老人だ!」

 早速とっつかまり、懲役15年の有罪判決。

 うち1年。名誉毀損罪。
 残り14年。国家機密漏洩罪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »