« 為替も冬 | トップページ | 派手に行ってくれ »

2010年10月28日 (木)

豪ドル上値重い

 CPIが予想を下回り、次回11月2日の中銀会合で予想されていた利上げが遠のいたという見立てから、対ドルで値を下げた豪ドル。

 ぎりぎり、と弓を引き絞るように、ドルに対して買われまくっていたのが、少しだけ巻戻った感があります。

 いままでのもてはやされようから考えれば、わずかな反動に過ぎないのですが、それでも対円でも50ぴぴ以上すとんと落ちました。

 絶対的な高金利というアドバンテージは変わらないので、米が利上げの姿勢を見せない限り、選好され続けることは間違いないのですが、調整局面がきたと思います。

 豪ドル/米ドルのトレンドラインと、ドル/円のラインを組み合わせてみると、豪ドル/円は74円台前半~76円台が一つの目安、と出ます。

 そのあたりで売りポジを解消し、買い物に出るべく、用意をしています。

 昨晩は、木曜日恒例の三倍スワップを思い、思わず「100万買ったろうか」とやけを起こしかけました。

 為替は大体、大きく勝負すると逆に行って傷が広がると決まっています。

 1日4000円のマイナススワップですが、一円動けば40万円赤が小さくなるわけです。
 100日も全く動きのない通貨なんて、ありません。

 金はあるのだから、焦らず、待とうと思います。

|
|

« 為替も冬 | トップページ | 派手に行ってくれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/37425101

この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドル上値重い:

« 為替も冬 | トップページ | 派手に行ってくれ »