« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月19日 (木)

いつまで夏休み相場

 ドル円はもとより、クロス円全般、ほとんど動きがありません。

 チャートを見ても、のぺっとしたヨコヨコが続いています。

 動きがないと言うことは、このブログもネタがないということ。

 それは実はウソで、単に怠けているだけなのですが、両建ての上、ボラがないとなると、なにもしようがないのです。

 実際に我が身から血を流さないと書く材料を作れない因業な身の上。

 まだしばらく、海外勢がお出ましになるまで、当方も夏枯れを堪え忍びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月12日 (木)

夏枯れの中

 今朝の各紙は、円高一色でしたね。

 出口戦略を転換したことに伴うドルの金利低下で、円との相対的な金利差が縮小したことから、円が買われやすくなっている

 概ね、このようなトーンだったと思うのですが、腑に落ちないことがいくつか。

 スワップを見る限り、円は対ドルでまだ低金利。
 なのに買われる理由は、なんなんでしょう。

 円が安全資産ともありましたが、財政赤字が天文学的な数字に上っている国の通貨が買われるというのも、妙な話です。

 単にドルキャリーが進んでいるだけならわからなくはないのですが、雑誌でも陰謀論がささやかれはじめました。

 普天間やら思いやり予算やらで懸案事項を抱える米が、一段のドル安と、協調介入の承諾を武器に、円高誘導で日本の首を絞めにかかっている、そういうふうに見える人もいるようですね。

 為替は所詮、9割が投機。つまりバクチ。
 彼らの投資理由に、マスコミがまとめるもっともらしい理屈はおそらく不正解なのでしょう。「円で稼ぐ」。そうと決めたから、円が買われている。

 それしかないように見えます。

 となると、単独で日銀砲を発射しても、それなりの効果はありそうに思えるのですが。
 以前やったように、10分おきに10億円ずつ、粛々と売っていく。支払いは国債にして、世界中に一蓮托生を迫る。

 日本の国債を、国内だけで消化しようとするから、無理があるんだと思います。

 投機筋のバカンスが終わる今月末。
 来月の米雇用統計辺りへ向けて、また動き始めると思っています。

 マネパの口座が、赤信号点滅をはじめました。1万しか抱えていないのに、なぜ?と思ったのですが、レバ規制のあおりで、証拠金余力が低下していたのですね。

 早めに手当てしておくことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 7日 (土)

【雑文】与えるってなんかヤ

 今年も甲子園が始まりました。

 選手宣誓の球児いわく「感動を与えたい」

 オレ、どうしてもこの「与えたい」ってのを、ガキから言われるの、違和感あるんだよな。

 古いと言われるかもしれませんが。

 鈴虫にえさを与える
 子どもにお菓子を与える
 いい印象を与える

 どうしても「くれてやる」という意味にしか、取れません。

 辞書にも一番目には「目下の存在に所有物を渡すこと」とあります。

 観客が、高校球児より目下なのですか。

 のんべんだらりと野球をやれる環境を与えていただいているクセに、この、ばかちんども。
 世が世なら、お前さん達の投げてるのは手榴弾だったんだぞ。

 テレビを見ながら、じいさんチックな突っ込みを入れていました。

 先日やってきたインターンがあまりにもできが悪く、今年は採用なしになりそうな感じです。
 高校生だろうと大学生だろうと、若造見るだけで、むかつくんですよね。
 採用担当者しては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 4日 (水)

夏枯れ円高

 内外の投機筋がこぞって夏休みに精を出している(?)いま、値動きも取引量も少ない中、あえてリスクテークに行く必要もないだろうと、ここ数週間は静観しています。

 ただ、わけがわからんのは、右向いても左向いてもスカタンの日本円が、なぜかじりじり買われると言うこと。

 普通、アカン国の通貨は、たたき売られるのと違いましたか?

 アメリカより日本の方が、どう考えても先行き真っ暗でしょうに。

 真綿で首を絞められるように、毎日数十銭ずつ円高になっていくのを見ると、なんだか暗くなってきます。

 もちろん、国債が未消化になり、大インフレが到来し、円が300円とか400円とかになるのも困りものですが、円高になってうれしいのは、私ら小市民の立場から言えば、海外旅行に行くときぐらいのもんです。

 その費用すら出せない人間にとっては、まったく踏んだり蹴ったり。

 とりあえず、その辺の金券屋に行ってドルの現ナマを買ってくるかと思っています。

 もしかすると、数年後には、一ドルずつ売り食いする生活になっているかもしれないし。

 それとも、いまはクレジットカードの普及で、はやらなくなってきたトラベラーズチェックと行きましょうか。これなら、なくしても取られても再発行してくれますし。

 本気で少し、外貨に資産をシフトしようと考えている酷暑です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »