« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月23日 (水)

消費税還付

 消費税の逆進性を軽減するために、低所得者には上乗せ分還付するという案が出ているようです。

 ふと思ったんでございますがね。

 高い買い物するときは、

 低所得者に代理で買ってもらえばいい ということですか?

 還付分の10%ぐらい手数料で払うとか。

 絶対、そういう脱法すれすれの変なビジネス出てくると思うな。

 税金はわかりやすいのが一番。
 複雑すぎて、しかも猫の目のようにくるくる変わる中、毎年確定申告の更新プログラムを買わなきゃならない税制をすっきりさせてほしい。

 FP協会から「ホレ覚えなはれ」と配られた、今年度の税制改正ポイントの解説集と来たらあなた。

 どんだけ面倒くさいか(号泣。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年6月22日 (火)

決済忘れてた

 なんと。

 74円台で保険代わりに取っておいた豪ドルの売りポジが、損きり指し値をはじいていない。

 仕事が忙しく、チェックできていなかった私が悪いのだが、想定より2円以上、赤が出ている。

 原因は直ぐに判明した。

 GTCではなく、「週末まで」で注文を出していた。

 これだから、素人は、もう。

 皆さんももう一度、自分の注文、確認した方がいいですよ。
 他山の石にしてください。

 さて、円安モードに回帰した感のある資源国通貨だが、このまますんなり、高値圏で安定するとは思えない。

 人民元の切り上げは、コレまで同様、人民銀行が手綱を握るようだし、そう簡単に上昇しないことは、昨日の取引でも明らか。

 かたや、ヨーロッパの信用不安は、ワールドカップが終わり、トレーダーがテレビからPCへ視線を移したら、やおらまた再燃しかねない。

 がつっと売り増して、買いポジと相殺して利益を出すか、それとも、豪ドルは諦めて、別の通貨に転進するか。

 少し、考えてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月20日 (日)

【雑文】築地空母化案

 負けた負けた~と言いながら、意地汚くなめていたやけ酒が残る日曜の朝です。

 新聞のチラシに、築地市長再整備に関する、都議会民主党のチラシがはさかっていたので見ています。

 「都民から募ったアイデア」として、45項目載っているのですが、その29項目目に「中古空母利用の仮営業場」というのがあります。

 住民から嫌われる葬祭場やゴミ焼却場を船に作って、海や川で処理すればいいというアイデアは聞いたことがありますが、市場も載せてしまえというのは、夢想か暴論か、はたまた投稿者が酒を飲み過ぎたか。

 関空を空母にして、ずるずる大阪港の奥深くまで引っ張ってくれば、神戸も伊丹もいらなくなるじゃん、とは思ったことがあります。

 騒音がウルサイと言われたら、うるさがられないところまで移動すればいいだけだし。
 空港の重複問題も一挙解決。

 普天間も、その手でどうでしょう。

 沖縄沖に普天間と同じ大きさの超巨大空母を作って、そこで思う存分訓練してもらう。
 一朝コトあったときには、遠慮なく中●大陸へ向けて核ミサイルぶち込む。

 隅田川に空母持ってくるなんて、「こち亀」の読み過ぎですよ、都議会民主。

 ああ、でも、昔、日本を不沈空母にするなんて、バカ抜かしたのがいましたね。

 自民の大臣でしたか。







 どいつもこいつも、プラモでも作ってろってんでい。
 ベラボーめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

10%がなんぼのもんじゃ

 サッカーオランダ戦、惜敗です。
 堅守堅守、万里の長城かと思うほどの壁でしたが、一瞬の隙をつかれました。

 それにしても、後半、相手ゴール前、本田のフリーからの一撃は惜しかった。

 あれを確実に決められるのが、世界のトップレベルなんでしょう。

 まあしかし、前の戦争では、真珠湾勝って慢心して、後でボコボコにやられましたから、負けたのはかえって、反省のチャンスかも。

 デンマーク戦でがっちりリベンジを期待しています。

 さて、消費税10%は既定路線のようです。
 批判かしましくなってきていますが、頭を冷やして考えると。

 105円だったアイスが110円になるだけです。

 どっちゅうことはありません。

 貧乏人に重税感のある逆進性の強い課税と言われますが、食料品と水道光熱費、バス・電車代は据え置きにすればよいだけではないでしょうか。

 それに、ここのところデフレで、毎年ものの値段が下がっています。
 昨年は、マイナ2%と言っていましたから、それも勘案しないといけません。

 ただ、菅さんは物価上昇率を数値目標として掲げてしまったので、この場合、インフレと増税のダブルパンチになります。

 必要なものしか買わない。

 その知性と教養が、消費者に求められていると思います。

 国民が無駄遣いをしないと回っていかない経済は、どこか無理があります。

 ただ、納得がいかないことがあります。
 増税した分は、社会福祉に全額投入すると言っているようですが、そもそもいまの消費税は、福祉目的税として導入されたものだったのではなかったでしょうか。

 その目的は、達成されたのでしょうか。

 総括をしてほしいと思います。

 おっと。
 FXの手数料にかかる消費税もあがるのでした。

 インヴァストは現在片道210円。
 100万取引すると21000円。
 これが22000円になるわけです。

 つまり、スプレッドに、往復4.2ぴぴを足して損益分岐点を出せばよかったのが、4.4ぴぴで考えないといけない。

 上がりがますます減ります。

 いま持っているポジを整理したら、岡三に乗り換えようと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年6月18日 (金)

【雑文】改正貸金業法

 上司から「ちょっとやって」と言われ、春先から生活相談を引き受けていたのですが、この規制を知らない方がおおいの多くないの。

 きょう施行された改正貸金業法。年収の三分の一以上は借金できなくなりました。
 今年の初めぐらいから、街金は融資先を絞り込んでます。
 信販系のカードキャッシングも同様。

 借りたいのに借りられない、という相談が増えています。

 多くは高齢者。次に主婦、そして学生。

 生活費が足りなければ、ある範囲でやりくりするのが健全な消費者なんですが、モラルを説いてもしょうがない。

 そもそも借金して生活を維持しようという方は、生活だけじゃなくて、オツムも破綻してます。

 ですから、自分が金をなぜ借りられなくなったのか、全くわからない。

 ローン、食費、通信、被服、旅行。

 家計を一つずつ点検すると、アラは見えてくるのですが、相談者の大半は、欲望を積み上げることは知っていても、カットすることを知らない。

 というより、できない。

 提案しても、断固として皆さん、はねつける。

 「私には無理」
 「貧乏ったらしい生活したくない」

 理解不能のいいわけ、多いです。

 「ではどこなら削れますか」と聞くと、「ウルセーんだよ!」と切れるか、「生活保護で暮らす!」と来る。

 これ、もう教育でどうにかなるレベルの問題ではないように思います。
 大体からしてみんな、大人ですから、いまさら学校で収入>支出の範囲で暮らせ、と学ばせるわけにもいきません。

 どうも、人間の肝心な部分に傷が入っているとしか思えない。

 再教育のための洗脳施設が必要なのかなあと、できもしないことを考えています。

 ただもちろん、そういう相手に貸す方もどうかと思いますが。

 ともあれ、今後が見物です。

 え~と、この法律。
 国債発行額にも適用あるんですよね、たぶん。

 ねえ、菅さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月16日 (水)

小康状態

 世界中で崩落を食い止めている感じですが、結局、欧州の金融機関はボロボロなんですよね。

 赤字決算を気取られないように、人と会うと作り笑顔をする企業の経営者みたい。

 まあ、ガラガラポンを気長に待つことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月 7日 (月)

ハンガリー舞曲

 踊りたくないのに、踊らされた人間より。

 朝方のどかん、の下げでじたばたやきもき。

 午後に入るとますますやばい。

 …会議なんか早く終われ。

 こうしているうちに、オレの大事な証拠金がへずられていくじゃないか。

 やっと見つけた5分の暇に、ばかっと豪ドルを売って一安心。

 これで、一ドル1円になっても破産しない。

 意気揚々と残りの仕事に励み、帰ってみたら唖然、愕然、呆然。

 なんで円安になってる?
 ハンガリーが自国のリスクを否定したから?

 ええ加減にせーっ!

 調べてみたら、ハンガリー舞曲は21番まであるそうな。

 世界中のバクチ打ちよ、踊れ踊れ。
 この招かれざる演奏家、名前はヨーロッパ。





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月 3日 (木)

両建て解消準備

 クロス円のチャートを見ると、下値が固まってきたようなので、保険代わりに両建てしていた豪ドルの売りを解消することにしました。

 50ぴぴの利を乗せて、指値。

 菅が首相になるという観測の下、円安論者という見立てから円安が進んでいるようですが、てんやわんやが落ち着いたら、また、振幅が始まると思います。

 いま、私の指値と市場とは2円以上乖離していますが、それも月内待てば、一回はかかるレベル。

 四半期ごとの決算を余儀なくされる欧米の金融機関、そして投機筋は、6月は溜め込んだ玉を巻き戻さないといけない月でもあります。

 円ロングはここのところの上げでだいぶ解消されて、ニュートラルな位置に戻りつつあります。

 市場の関心がソブリンの財政リスクから地政学的なベクトルへ、そして金利へ向き始めたいま、しばらくまた、レンジ相場が続くと見ています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月 1日 (火)

トレロカモミロ

 なんか寝てるなァと思ったら、そっか、欧米、休みなのか。

 名闘牛士トレロカモミロ、そのまま起きないでくれ。

 借金まみれのところなんて、見せないでくれ。

 戦いより 昼寝が好き♪ オ・レ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »