2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

激しくなってきて

 ギリシャに続き、スペインも国債格下げ。

 次々火を噴く欧州情勢を背負っても、なお弱いぞ、日の丸日本円。

 バナナの叩き売りのごとく、本日もやられております。

 おかげで、仕掛けた自分も忘れていた、87.20なんていう利食い指値に、大事な豪ドルのポジが刺さってしまいました。

 そんな薄利で決済するつもりじゃ、なかったのに。

 号泣です。

 でも、これは、ゴールデンウイーク中に、もう一波乱、二波乱、ありそうな気がします。

 ポジ管理は、どなたもお気をつけて。

 


2010年4月27日 (火)

ガン上げの後は

 ギリシャ問題が一段落して、ユーロが怒涛の買戻し。

 つれてクロス円も棒上げ状態。

 そのまま月曜日をこなしたわけですが、ほかの国は?

 ポーランドやポルトガルやスペイン、イタリア…。

 GDP比財政赤字がユーロ基準を超えそうなところは、ほかにもあるでしょう。

 IMF管理下の韓国が、その後どれだけウォンを売られたかを考えると、おいそれと今の動きに追随するわけにはいきません。

 もっとも、自国通貨が安くなれば、輸出に寄与するので、下値ヨコヨコという展開も予想できたりするわけではありますが。

 ゴールデンウイーク中のナイアガラにかけて、いまからポジっておくのも馬鹿馬鹿しいし、そもそも連休中の戦闘はナンセンス。

 今月もまた、目標の半分しか稼げない。残念。

 とはいえ、日々これ小遣い銭は必要。

 1万単位をコロコロ転がして、ポジポジ病の慰めにします。

 早くスパッと、ぶっこ抜きたいものですが、我慢我慢。

 しばらく、身辺雑記になりそうな感じです。


2010年4月23日 (金)

ギリシャが万歳したらしいが

 メールでニュースが飛んできたので、思わず反射的にすべての注文をはずしてしまったのですが、よく見れば相場は全然反応していないではありませんか。

 まだ早かったか。

 もう少し、様子を見ようと思います。

 あわててユーロ売らなくてよかった。

勝ち分パー

 欧州のソブリンリスクで、連休中どかんときかねないと思い、豪ドル3万ドル、微益できってしまいました。

 ¥25707

 いま、郵便屋さんが放り込んでいったクレジットカードの請求書の額。

 \25807

 主は常に必要なものを整えてくださる。

 あのう、でも、\100足りないんですけど。

2010年4月22日 (木)

ツイッター消したー

 ネコも杓子も使い始めた、というので登録したのですが、これ、ホンマ必要なツールなんですか?

 相手の投稿を受け取ることをフォローというそうですが、あっという間に数十飛んできて、収拾つきません。

 言ってみれば、たかが井戸端会議の中身を知るために、携帯をいちいちのぞかなくてはならない。

 一日でやめました。

 多すぎる情報は、情報じゃない。

 佐藤優のいうとおり。
 私には新聞、ラジオで十分。

 で、ギリシャがまた火を噴いたと。
 面白半分に取った私のポジがまた、赤く染まり始めています。

 これは、ゴールデンウイーク中に、もう一発、波乱の予感。

 救済できたといったり、不透明になったといったり。

 なんだかんだ理由つけながら、人から金せびる、ユーロ版オレオレ詐欺のようです。

 2008年夏の、8月17日に向けての空気も、こんな感じでした。

 ユーロが売られ、ドルは買われ、そして、ドル円に引きずられてクロス円、高止まりのフリをしていた。

 そして、一気。

 きな臭いこと、この上なし。


2010年4月20日 (火)

取り損ねた


 もうちょっと下がったら買える、と思って昨日は一日わくわ
くしていたのですが、もう調整終了とか。

 2月からのトレンドラインはまだ生きていたようです。
 きっちり、84円前後で豪ドルは跳ね返されてしまいました。

 大体オーバーシュートすると見込んで、その50ぴぴ下で仕掛
けていたのですが、駄目でした。

 きょうは、やるとしても、ちまっと食って、逃げたほうがよ
さそう。
 アゲアゲが続いても、もうすぐゴールデンウイークですし。

 85円台は、週足で言えばニュートラルと言えなくもないので
、いまから成り行きで一本買ってみようと思います。

2010年4月19日 (月)

ちと円高

 これといって指標のないきょう、小さなレンジになるのかなと思います。

 いま、若干円高に触れていますが、そのまま明確な陰線を描くかどうかが、今週の分かれ目になりそう。

 仲値を過ぎても円高変わらず。

 豪ドル買い下がりは83.50から始めることにしていますが、様子見です。


 動いたほうに、ついていくだけです。

2010年4月18日 (日)

さて来週の戦術

 単身赴任に伴う支出と税金上昇。
 一日頭を悩ませましたが、同じように悲哀を囲っている上司に聞いて、得心が行きました。

 要は、遊び代と割り切れ、と。

 増えた分は、もともとなかったものと思え、と。

 もちろん、業務命令で枕替えを余儀なくされたわけですから、本来、増えた分の支出については勤務先が持つのが当然だと思います。

 しかし、愚痴ってもすぐには変わりません。

 なるべく出費を抑えながら、生活しようと思います。

 そこで、やっぱり頼りになるのは乾坤一擲、あたればでかいぞ、一攫千金を狙えるFX!

 外れればアウト、なのはもちろんなんですが、円を売っておけばとにかくもうかる、3年前までの状況が再来しつつある(と思っている)いま、先週末のナイアガラはありがたい限りです。

 明日朝の動きを見つつ、豪ドル中心に、ちょっと大玉転がしてみようと思っています。

 あと300万円稼ぐと、リーマンで大損傷食らう前の証拠金に戻ります。

 行ってみたいと思います。

 が、そろそろ悪魔のゴールデンウイークなんですよね。

 早めの利食いを心がけたいと思います。




【雑文】単身赴任と税金のワナ

 単身赴任すると、支出は増える。
 そして、税金も社会保険料も上がる。

 収入は増えるが手取りは減る。

 独り身の気軽さ、遊びほうけている場合ではなかった。

 なぜこんなことに、早く気づかなかったんだろう。

 早速、計算です。

【手当】

 単身赴任手当が月3万円。
 帰宅旅費が月2万円程度。

【家賃補助】

 いままで住んでいたマンションが社宅契約を外れました。
 二つは駄目だと。隣室のおっさんの会社は認めてるのに。
 月数万円。

【住民税】

 世帯を別にすると、均等割りが妻子の世帯にもかかる。とある。
 配偶者に課税所得があれば、ですが。

 年間3000円ぐらい?

【結論】

 がさっと計算すると、年間収入が200万円ほど増えます。

 控除を考慮に入れないと、この分の税金は、年間大体95万円。
 一ヶ月8万円、増税になります。

 同時に、社会保険料も上がります。

 残った分、大体90万円ぐらいで元の家の家賃と、単身者の家賃含めた生活費をまかなってトントン。

 そりゃ、絶対無理(特大エコー希望♪♪

 特に、帰宅のための交通費に課税されるのは納得いきません。

 業務命令で遠隔地に住んでいるのに、なぜ非課税ではないのか。
 通勤交通費の延長みたいなもんじゃないですか。

 ツアコンの方の仕事の旅費に、税金掛けるのと同じではないかと思っています。



 久々晴れた日曜。部屋でしょぼんとしています。

 こうなると、新たな節税方法を考えなくてはいけません。

 どうしたら所得を圧縮し、納税額を減らし、手元に残る分を増やせるか。

【帰省】

 回数を減らす。
 青春18きっぷが使える時期にしか帰らない。
 (しかし家族との時がもてない)

【元の家】

 妻子はその辺でテント暮らし。
 は冗談としても、もっと安いところへ引っ越させる。

【単身赴任手当】

 この範囲内で食費その他をやる。
 (しかし飲み代にもろに影響する)

【住居費】

 超高級マンションに愛人と会社契約で住む

 高額家賃を天引きしてもらう。

 (これは調べたけど、無理っぽい)
 

 愚直に、支出を絞るか、所得を増やすかしかないですね。

 実入りの改善は、FXに頼るしかありません。

 がんばってみます。
 応援、お願いします。

2010年4月16日 (金)

やる気と保育園がら空き

 どうもいまひとつ、やる気がわきません。

 相場がピリッとしないこともありますが、なんとなく、不穏な空気を感じています。

 …このまま素直に円安トレンド、なんて、行くでしょうか。

 ガツンと下がれば万々歳。えいやっと買いに行きますが、音沙汰なし。

 チャート的にはレンジ上限、雲の上限。

 となると、積極的にここから買いに出るのもためらわれます。

 結果、手出しできずにうじうじしているだけ。

 現在、85.70で買った豪ドル2万だけ、ちまちまと、一日180円のスワップをためています。

 近所の保育園が、園児の減少に伴って統合されることになり、OBたちが反対署名を集めています。

 保育園難民というのは、所詮大都市の話。地方では、少子化ですっからかんです。

 どうしても保育園に入れて働きたければ、地方へ行けばいいと思うのですが、それだとたぶん、仕事がないのでしょうね。

 でも、大都会でないと通用しないスキルって、いったい何?とも思います。

 FXを覚えてさえいれば、どんな田舎でも稼げる!

 …のですが、まあ、都会には都会の楽しさもありますしね。

 署名しようかどうか用紙を見たら、ほとんど白紙。

 がら空きでした。

 名を連ねて戦う気力もわかず、お返しすることに。

 どうもこの無気力さ、いつまでも冬を引きずっている季節のせいではないかと思うのです。

 

2010年4月12日 (月)

押し目待ち

 ギリシャの救済報道を受け、欧州通貨中心に円安傾向が強ま
った午前中でした。

 ユーロドルは窓開けしたらしいですね。めずらしや。

 でも、ユーロ圏の問題は、根本的には何一つ、解決していな
い。
 レポを読む限り、それが多くのアナリストの見立てです。

 ギリシャの次は、ポルトガルか、スペインか、ポーランドか

 過去、高金利で外資を呼び込んだ国々なら、どこも同じよう
な状況に陥る危険性をはらんでいます。

 ということは。

 欧州に関しては、まだ一山もふた山もありそう、と見るのが
筋かなと思っています。

 ドル円も、先週からの動きを顧みると、92円〜95円でこう着
状態を呈しています。

 93円台のいまは、そのレンジで言うとニュートラルな踊り場
での上下動なので、自信を持って売買ができません。
 長期的には円安トレンドが勃興すると見ているので、ポジを
少しずつ仕込んでおきたいのですが、ここという押し目もなか
なかやってこず、いらいらさせられます。

 ひとつの期待は、人民元の切り上げです。

 すでに織り込まれているといううわさもありますが、一瞬円
高に触れるという観測が根強くあります。

 大玉を仕込むとすれば、直近、そこしかないと思っています

 欧州が豪快に自壊して、円高ナイアガラ、というケースも考
えたのですが、ちょっとすぐには難しそう。

 アラートを仕掛けつつ、次の機会を待ちます。

2010年4月 7日 (水)

スワップ派看板復活検討

 「スワップ」のカテゴリーで書くのも久しぶりです。

 利上げに次ぐ利上げで、豪ドルのスワップが90円前後に上昇しています。

 1万ドル買っていたら、一ヶ月2700円、一年32400円。

 くりっくの場合、豪ドル1万抱える証拠金は7000円ですから、為替差損と手数料を無視すれば、年利462%。

 間違ってるかな。

 リーマンショック以来、あまりにもうまい話がなさ過ぎて、警戒過剰になっています。

 もちろん、ボラティリティーに対するバッファとして7000円ぽっちではお話になりません。
 数十銭逆に行っただけで、ロスカット食ってしまいますからね。

 では、仮にその20倍にあたる14万円を証拠金として入れておいたら?

 年利23%。

 それでも、銀行の定期よりずっとましですね。

 証拠金にもっと余裕を持たせたとします。

 10万ドル買ったら。

 一日のスワップは900円。
 ランチ代が出ますね。

 一ヶ月なら2万7000円。
 飲み代4回分ぐらいになるかな。
 最近千円でべろべろの「センベロ」ばかりだから、20回は行けちゃうな。

 一年間だと、32万4000円。
 ボーナスカット分、埋まってしまうではありませんか。

 10万ドルもてるぐらいのキャッシュがあるなら、株とかワラントとか、もっと効率いい投資があるだろうといわれそうですが、あいにくこちらは本業に忙しいリーマン。

 日がな一日気を張って、値段を気にしていなければならないような投資方法とはお付き合いできません。

 れ馬刺えレバさえ抑えれば、FXは、NHKラジオの為替レートを聞いている程度ののんきさでありがたいと思っています。

 ということで、押し目ではどんどん豪ドル買って行きたいと思います。

 100万ドル買ったら?

 一日9000円!

 ……いけないいけない。
 そろそろ、毎年恒例、クロス円ナイアガラがやってくる、ゴールデンウイークではありませんか。

 無茶ポジとって、何回泣いたことか。

 82円台まで待とうと思います。







2010年4月 6日 (火)

もうちょっと下げてよ

 調整売りが来ているようですね。少しだけ、円高に触れています。

 もう少し、巻き戻されると、絶好の買い時に。

 ごーごー!

2010年4月 2日 (金)

幸先よし+52万円

 昨日のクロス円暴騰で引っ掛けたハイジですが、大荒れ必至の雇用統計を前に、仕切ってしまうことにしました。

 だれだ。
 ずどんと落ちるまで楽しみに、なんて言ってたのは。

 CHF/JPY 89.90→88.80 50万 S

 為替差益 55万円
 スワップ  ゼロ
 手数料  -2万1000円

 小計 52万9000円

 雇用統計しだいでは、新しいトレンドが生まると占う人が多いので、当方、週明けまでノーポジで過ごそうと思います。

 おまけに、NY休みらしいですし。

 第六感では…円安、かな。

 でも、ユーロ圏のソブリンリスク、まだ残ってるし。

 基本、レンジ逆張りでいいと思うんです。

 円をひたすら売る、というのは、もうちょっと様子見てからに。

 さて、銭湯行って、エビス飲んで、夜桜見物してこよう。

勝手にしやがれ


CHF/JPY 89.90 50万 S

 まさか、刺さらないだろうと思っていた指値が刺さってしま
いました。

 あとは、行き着くところまで行け、という感じです。

 欧州通貨がいつまでも巻き戻されるとは思えませんし、ギリ
シャの次はポルトガルかポーランドか、といわれているわけで
すし。

 ずっどーんと落ちる日を楽しみに、もっておきたいと思いま
す。

2010年4月 1日 (木)

外為どっとこむがくりっく参入

 昨日3月31日付の同社のプレスリリースによると、参入資格を獲得したようです。

 開始時期は未定ですが、「近日中」とのこと。

 ぬるま湯くりっくに、新たな風の吹く予感がします。

 なぜなら、外貨の現受けでは、外為どっとこむ→三井住友銀が、一番コストが安いから(本日現在)。

 外為どっとこむが1単位3銭

 三井住友が、米ドル1万ドル以上あれば現受け手数料無料
 (リフティングチャージは、このリンク先の説明によると、国内からならかからないらしいhttp://www.smbc.co.jp/kojin/direct/setsumei/aibgsjswSSGaikaTesuryo.html

 くりっくで取ったポジを現受けする。
 くりっくユーザーの長年の願いがかなうかもしれません。

 手数料も楽しみです。

 インヴァストと、おさらばする日がくるかもしれません。

 とりあえず、資料請求してみようと思っています。


売り指し値

 ハイジがいい感じで踏み上がってきたので、例によって90円前後で爆弾仕掛けて置きました。

 ADPが大ゴケした関係から、ドルストレートでドル売りが正解なのでしょうが、あいにくこちらは円で暮らしている国民です。

 なるべくなら、わかりやすく、円でがっぽり、を狙う。
 あながち、守株とばかり言えないと思うんですが。

 くりっくが外貨を現受けできるようになれば、もちろん、ストレート考えます。
 真剣に、検討してくれないものでしょうか。

 それにしても、露骨に買い上げますね、投機筋。

 いくら円が弱いといったって、まだこの勢いで何日も売られる通貨とは思えません。

 あさって、巻き戻しのドガンが…くるといいんですが。

 まあ、きょうは別に、かまいませんよ。あと1円ぐらい、売られてください。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

為替パーツ

無料ブログはココログ

ランキング

  • FXブログナビ
    http://fx-blog.jp/pic/fx-blog_banner2.gif
  • 為替ブログボタン
    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ