« 2009年の年間損益 | トップページ | 動きなしでは »

2010年1月17日 (日)

【雑文】駅弁ナイアガラ


 昨日の円高、なかなか激しゅうございました。

 特に、いつ利食いしたものやら、途方に暮れていたハイジが88円台前半まで来てくれて、首尾よく平均売り単価から118ぴぴゲットできました。

 こんな感じです。

 CHF/JPY 89.80 S 50万 
        88.50 S 10万 →いずれも88.40で決済

 為替差益    708000円
 スワップ    -1450円
 手数料     -25200円

 小計 681350円

 ふう。
 数日悶々としていた便秘が一気に解消した気分(以下略

 だれだっけ、100万円獲るまでは辞めないとか言っていたアホは。

 さて。気づけば。

 駅弁大会の軍資金ができました。

 毎年恒例、阪神百貨店の駅弁大会が20日から始まります。

Photo

 東の京王(百貨店)、西の阪神(百貨店)と並び称される駅弁の甲子園。
 全国から二百数十種類の駅弁空弁バス弁が集合するこの大会期間中、普段は徹底的にしぶちんの小生は、年一回だけ、財布のひもをゆるめることにしています。

 というより、ないも同然。大開放だだ漏れ状態。
 新装開店の朝1パチ屋扉前
 出ます出します取らせます、どなた様もこの機会をお見逃しなく…

 我ながら、そんな感じの勢いです。

 駅弁は、言ってみれば、その土地の食文化の玉手箱。
 だからこそひかれるのですが、きょうび、安くありません。
 実を言うと、町中の弁当を比べるとはるかに高いのです。

 元々のコンセプトが「その日作って売り切る」ものであるうえ、家内制手工業に近い規模でやっている業者も少なくなく、適正な利幅を加味すると、どうしてもホカ弁と同じ値段にはなりません。

 これは、仕方ないと思います。

 だからこそ、保存料や着色料を多用している駅弁屋には、猛烈に腹が立ちます。

 武士の情けで具体名は挙げませんが、

 反省せよ。二度と買わんぞ。

 そうした業者もこの大会にやってくるので困りものです。

 それはさておき。
 駅弁催事には、駅弁屋が新作駅弁を続々持ち込みます。
 定番メニューとして定着させるかどうか、アドバルーンにするわけですね。

 それを渉猟するのも醍醐味の一つです。

 今回、チラシを見ていて目を引かれたのは、コレ↓

Photo_2

 いちご煮、とくれば、煮たウニがメーンなんでしょうか。
 第一章ということは、第二弾第三弾がある、という伏線なのかも。
 緑色のウニャムニャはなんでしょう。海草かな。ワカメ?

 なんて思いながら見ていたら、思わず、目を引かれる一文が。
 ナニ、コレ?

Photo_3


 ロマイド?ロマイドちゃうん?
 それはそうと、駅弁なのに、いいのかな、水着写真なんてつけちゃって。

 「美人すぎる市議」の「ちょっと待った~」が聞こえます。

 どこにもそんなこと書いてないけど。

 だって、ブロマイドと来れば水着、っていう世代なんだもの。

 我ながら悲しい。

 脳内大妄想です。

 Photo_4

 なあんだ、観光PR写真かあ…。
 あ、でも、水着でPRしてくれるっていう可能性も(以下略

 気を取り直して。

 姫路おでんが駅弁になってるではありませんか。

Photo_5

 播磨出身のタレント松浦亜弥が宣伝して、一気に知名度が全国区になった感のある姫路おでん。
 それを大学生と駅弁屋がコラボして、駅弁にしちゃったというのだから、これはもう、買うしかない。

 変化球でうまいと思うか、それともアイデア倒れか。

 ショウガ醤油をかけて食う?おむすびがばらばらにならないのでしょうか。

 しかしショウガ醤油は、姫路おでんのレーゾンデートルのようなものだから、つけんいうわけにはいかんわな。

 ほほう、くじ付きとな。当たれば駅そば無料…

 って、姫路駅の売店まで来てね、って書いてある(;;。

Photo_6

 言ってみれば、モスのライスバーガー2個に煮抜き1個で750円。
 高いか安いか、食ってみるほか、ありますまい。

 この姫路のえきそばというのは、和そばのだしに中華麺が入っているというもので、和食なのか中華なのか、いまひとつよくわからない代物です。
 なんでも、戦後まだ長期保存ができない時代に、かん水を入れた麺をだしに入れて出していたのが始まりだとか。

 阪神百貨店のB1でも食べられますが、寒風吹きすさぶ姫路駅のホームですすりこむのが、やっぱりおいしいです。

 それはともかく、定番の駅弁も来るようです。

Photo_7

Photo_8

 あと、横川駅(信越本線)の峠のかまめしなど。

 実は、この駅弁大会の前は、割と円高になる傾向が多いようなのです。

 過去のログでも、2008年1月23日、2007年1月21日、「軍資金ができた」と、喜んでいます。
 いずれも、ショート玉で稼いでいます。

 駅弁大会の前は、円高になる。
 別にそういう法則があるわけではありませんが、私はこれを「駅弁ナイアガラ」と密かに呼んでいます。

 さ、どれから食っちゃろか。

|
|

« 2009年の年間損益 | トップページ | 動きなしでは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/33013625

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑文】駅弁ナイアガラ:

« 2009年の年間損益 | トップページ | 動きなしでは »