« イブにインフル | トップページ | 為替は実質きょうが年明け? »

2009年12月27日 (日)

狙われる米国

 着陸寸前の機内で爆発物に点火しようとした男が逮捕されたそうです。

 アルカイダからの指示書があったと報道されていますが、いずれにせよ、アメリカへの憎しみを抱いている人間は少なくないってことですね。

 クリスマスあけの相場に影響するでしょうか。
 立て続けに数回同じようなことが起きない限り、ハイジが買われたり、ドルが売られたりということには、ならないんじゃないかなと思っていますが、年末で取引量がない中、ちょっとしたニュースで動意づくのは毎年の常。

 9/11の時は、どうでしたかね。
 チャートをひっくり返してみましょう。


 それはともかく。
 彼らが世界で嫌われている度合いは、中国人に次いでナンバー2。

 別にデータがあるわけじゃありませんが、これはもう、イメージとして動かしがたいようで。

 中南米や中東の住人にとってみれば、不倶戴天の敵という人も多いはず。

 誤爆だ誤射だ、間違いました、で米兵に何人殺されてることやら。

 オレたち日本人だって、内心穏やかならぬもの、ありますでしょ。

 戦争に負けてからこっち、何人強姦されました?
 ひき逃げしても知らん顔。ヘリが落ちても現場検証すらできないときた。

 神奈川の民家に戦闘機が墜落した事件。まだ覚えていますよ。
 燃えさかる家に消防や警察が近づこうとしたら、MPが銃構えて近寄らせなかったとか。
 子どもがふたり死んで、母親も大やけど。母もその後、闘病の末、亡くなりました。

 操縦士は落下傘で無事降下。

 事件の記念碑は、近年まで単なる母子像で、設置に至る経緯の説明はいっさいなかったそうですな。

 沖縄の基地、みんな関空に持って来ちまったらどうです?
 住宅密集地の沖縄より、メリットはあると思いますがね。

 鳩山はグアム移転は抑止力の点から現実的でないと言ったようですが、ならば関空でいいじゃないですか。

 手を出さなければ、いずれ海面下に沈んでしまう埋め立て地。
 極東でのプレゼンスを効かせたければ、場所は用意してやるからランニングコストは自前で駐屯しろと、言ってやればいい。

 あそこなら多少のテロが起きても、まさに「対岸の火事」ですむ。
 いざとなったら連絡橋を破壊して行き来を遮断し、泉佐野あたりに重砲並べて撃ちまくってやったらよろしい。

 テロリストごと、きれいになるってもんです。





|
|

« イブにインフル | トップページ | 為替は実質きょうが年明け? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/32750966

この記事へのトラックバック一覧です: 狙われる米国:

« イブにインフル | トップページ | 為替は実質きょうが年明け? »