2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

ドルじわり円安

 チロリロリン! と着メロが。

 なんだろうとみてみれば、約定通知でした。

 そうか、週内の期限で、ドル円指し値してたっけ。
 しかし、ずいぶん早く刺さるな。
 円がたたき売られているということでしょうか。

 USD/CHF 92.50 S 10万

 年末年始、取引量が少ないために、通常より少額のロットで上下動が激しくなり、離れたところに置いておいた指し値が引っかかるということがよくあります。

 これもたぶん、そのたぐいですな。

 まだ明確な円安トレンドが出てきているとは言い難いですし。

 先に引っかけたハイジ共々、今後に乞うご期待と参ります。

 今年はいったいいくら稼いだのか。
 残念ながら、11月にインヴァストが画面を新しくした際に、トータルの損益計算ができない仕組みになってしまったらしく、概算でしか出せません。

 おそらく、250万円ぐらい黒字だと思うのですが、早く確定益をみてみたいものです。

 あとはまた、夜にでも。







2009年12月28日 (月)

ハイジ姫始め

 CHF/JPY 88.50 S 10万

 とりあえず、クリスマスあけ一発目を、ここで引っかけました。

 次は89.80で50万撃ちます。
 でも、日足チャートみると、そこまで噴くかどうか。

 目先の天井が、88円台後半に見えて仕方ありません。

 しばらく、様子見と参ります。






為替は実質きょうが年明け?

 元旦に日本ほど重きを置かない海外では、クリスマス休暇が終わったら、実質年明けと聞きます。

 参加者は少ないものの、徐々に活発化していくでしょう。

 私も今日から、虎視眈々、撃ちどころを狙っていきたいと思います。

 年末になると、特にこれと言って仕事が増えるわけではないのに、気分だけ急いていけません。

 やるべき本業を見定めつつ、FXもしっかり稼ぎます。

 とりあえず、戻り売りの機会をうかがいます。

 ハイジ89円台、ドル92円台、豪ドル83円台。

 このあたりで出番です。キャッシュを固めて、ダイナマイトパンチ。

 風邪も治ったことですし。
 行きますよ~。











2009年12月27日 (日)

狙われる米国

 着陸寸前の機内で爆発物に点火しようとした男が逮捕されたそうです。

 アルカイダからの指示書があったと報道されていますが、いずれにせよ、アメリカへの憎しみを抱いている人間は少なくないってことですね。

 クリスマスあけの相場に影響するでしょうか。
 立て続けに数回同じようなことが起きない限り、ハイジが買われたり、ドルが売られたりということには、ならないんじゃないかなと思っていますが、年末で取引量がない中、ちょっとしたニュースで動意づくのは毎年の常。

 9/11の時は、どうでしたかね。
 チャートをひっくり返してみましょう。


 それはともかく。
 彼らが世界で嫌われている度合いは、中国人に次いでナンバー2。

 別にデータがあるわけじゃありませんが、これはもう、イメージとして動かしがたいようで。

 中南米や中東の住人にとってみれば、不倶戴天の敵という人も多いはず。

 誤爆だ誤射だ、間違いました、で米兵に何人殺されてることやら。

 オレたち日本人だって、内心穏やかならぬもの、ありますでしょ。

 戦争に負けてからこっち、何人強姦されました?
 ひき逃げしても知らん顔。ヘリが落ちても現場検証すらできないときた。

 神奈川の民家に戦闘機が墜落した事件。まだ覚えていますよ。
 燃えさかる家に消防や警察が近づこうとしたら、MPが銃構えて近寄らせなかったとか。
 子どもがふたり死んで、母親も大やけど。母もその後、闘病の末、亡くなりました。

 操縦士は落下傘で無事降下。

 事件の記念碑は、近年まで単なる母子像で、設置に至る経緯の説明はいっさいなかったそうですな。

 沖縄の基地、みんな関空に持って来ちまったらどうです?
 住宅密集地の沖縄より、メリットはあると思いますがね。

 鳩山はグアム移転は抑止力の点から現実的でないと言ったようですが、ならば関空でいいじゃないですか。

 手を出さなければ、いずれ海面下に沈んでしまう埋め立て地。
 極東でのプレゼンスを効かせたければ、場所は用意してやるからランニングコストは自前で駐屯しろと、言ってやればいい。

 あそこなら多少のテロが起きても、まさに「対岸の火事」ですむ。
 いざとなったら連絡橋を破壊して行き来を遮断し、泉佐野あたりに重砲並べて撃ちまくってやったらよろしい。

 テロリストごと、きれいになるってもんです。





2009年12月24日 (木)

イブにインフル

 やられました。

 この間の忘年会。こたつで寝たのがよくなかった。

 鼻水ずびずび、関節がくがく。

 はたと気づけばもう医者はのれんじまいの時間です。

 季節性インフルのワクチンは受けているので、十中八九、新型。

 さあ、明日までに、快復しますかどうか。

 熱が本格的に上がる前に年賀状をやっつけてしまおうとしたのですが、なんと、買ったはずのはがきの束を家人がどこかにやってしまい、家の中で行方不明に。

 何から何まで、うまくいきません。

 一枚ならどこかに紛れているかもしれませんが、束ですから、見あたらないのは妙です。

 白山羊さんたら読まずに食べた♪
 黒山羊さんたら書かずに食べた♪

 だめだ、不調。

 早めに寝ることにします。

















 

2009年12月23日 (水)

売る売る詐欺の忘年会

 ドルが沸騰しています。

 おいしそう。味もしみたかな…って。

 おでんの話してんじゃない、横からぐちぐち口出すなって、お師匠!

 忘年会で、我が家に久々、一門が集まっています。

 午前零時すぎから、各自の携帯が、がやがやとがなり始めました。

 「中古住宅、予想上回ったらしいよ」
 「91円60銭突破してるって」

 いい加減アルコール回ってちゃんかちゃんかちゃん♪のところへ持ってきて、サプライズですから、もう全員サイドブレーキ外しちゃって、大変。

 ○美さんは豪ドル買っちゃうし。
 夏△×さんは米ドル売っちゃうし。

 しかもみんな、通常のロットの数倍でやっちゃってるし。

 このパソコンも奪い合い。

 キーボードに向けてオエオエしはじめるバカお師匠もいたりして、メタボだデブだと、医者から文句たれられてアルコールを控えていた私は、後始末に大わらわです。

 あー、もう、どいつもこいつも、年明け知らないからな!

 3月までは、また、毎年恒例の円高ナイアガラが一発や二発はくるに決まってます。

 米ドルにしても、前回9月中旬に97円台をつけてからは右肩下がり。

 チャートラインを引くと、92円台中盤までの戻しはあるだろうと思っていましたので、そのあたりを天井に、売ってみてもいいか…。

 いい年扱いたおっさんおばさん(お姉さんもいるけど)が、銘酒片手に携帯とパソコンの画面見つめて大騒ぎしている光景を見ると、なんだかんだあったけど、総じて言えば平和な年だったんだなと、思う年の瀬です。










 あの~、そろそろ寝ません?(怒)





毎度だが子ども手当

 あすの朝刊に、税制改正のニュースがどばーっと載るのでしょうが、子ども手当に所得制限が設けられなくなったようで、一安心しています。

 児童手当と同水準で切られようものなら、扶養控除はない、手当もない、で、踏んだり蹴ったりになるところでした。

 高額所得者は自治体に寄付できる制度を設けると、お茶を濁して騒動に幕を引いたようですが、高額所得者が手当をもらっちゃいけないというのもおかしな話です。

 粗製濫造とまでは言わないにしても、サルが人の皮かぶったヤンキー同士が無茶ハメして生活保護もらいながらバカスカ産んだ子供より、限られた資源の投下先としては、そういう層の子供の方がはるかに有望に思えます。

 歴史は、回すものと、回されるものと、どっちか存在しません。

 私ら一般人は、どうあがいても所詮回される方。
 そこから脱却できないとすれば、せめてうまく回してくれる人間の育成に、血税を使ってほしいと思います。

 再々言いますが、現金給付は愚の骨頂です。

 一番願うのは、教育関係の出費を、確定申告で税額控除すること。
 一般世帯の年収の3割~4割が教育費で消えているといいますから、国は税収不足に拍車がかかって青くなるでしょうが、そもそもそれだけの負担を個人に押しつけている方がおかしい。

 育児と教育は公共事業であるとぶち上げ、堂々税金でまかなっていただきたい。

 次善の策が教育バウチャーです。
 教育関係の費用にしか使えないクーポン券で、当人の能力さえあれば、好きな学校に行けるというのはいかがでしょう。

 なんにせよ、兌換券で配っちゃいけません。

 それと、手当の話とは違いますが、あしなが育英会への寄付金、控除対象にしてほしいと思います。

 天下りを受け入れないから控除団体として認めてもらえないという噂は、本当なんでしょうか。

 同じ理由で育英会への寄付をためらっている同輩、多いです。

 今後、改善の可能性はあるのでしょうか。













2009年12月21日 (月)

やる気ナッシング

 市場が小動きで、どうもやる気が感じられません。

 クリスマス休暇を前に、息せき切ってドタンバタン回転させる必要もないと言うことなんでしょうか。

 一日眺めていたのですが、私もやる気が起きず、ぼへらーとしています。

 大玉張ってちょっとだけ抜くという軽業が推奨されていますが、そんなことができるなら、いまごろ大金持ちになっているワイと、ぼやいています。

 たいてい、スケベ心を出したとたん、肛門が開いてしまうようなサプライズが起きて、あれよあれよという間に損が数百万、という例を過去何度か見てきているので、だまされてなるものか、手出しができない時には手は出さないのだ、と、自分にブレーキをかけています。

 今年はどうにかプラスで越年できそうですが、くりっくの損失繰り越しには助かります。

 200万円ほど黒字ですが、一昨年、昨年でこしらえた損と相殺可能なので、今年の確定歴に対する税金はゼロです。

 一昨年 -68万円
 昨年   -588万円

 まだまだ先は長いです。
 ですが、くりっくを使っている限り、いつか損を埋めてやるぞと言うファイトがわいてきます。














2009年12月18日 (金)

年収 2000 万円で調整

 子ども手当の支給除外は年収2000万円以上で調整というニュ
ースが流れてきました。

 年収1000万円以上は日本の勤労世帯の9.2%(昨年)だそう
ですが、2000万円以上となると、さらに少なくなります。

 また、その中で子育て中の世帯となると、相当限定されるで
しょう。
 いったい、何世帯いることやら。ひょっとすると、数えるほ
どしかいないんじゃないですか。

 この層をはじくことで、どれほど収支改善が見込めるのか、
さっぱりわかりません。

 年収制限を設けて手当の支給総額を抑えるなら、600万円で
線を引くのが一番効果的。子育て中の世帯で、中心の収入層は500
〜600万円台といわれていますから、ここを狙い撃ちすれば、
5〜6割の世帯は除外できます。

 だから、網をかけるなら、参院選ぼろ負けを覚悟で、このあ
たりをやるだろうと思っていたので、2000万円という数字にち
ょっと驚いています。

 基準はさておき、再度言いたいのは、現金給付には慎重であ
るべきということです。

 教育関係にしか使えない譲渡不可のクーポン券にするか、あ
るいは学校を無料にする。
 どちらかでいいと思います。

お寒うございます

 やっと冬らしくなりましたね。

 さて、きょうは豪ドルでちょっと。
 朝しかけて、昼決済しちゃいました。

 AUD/JPY 79.50→79.80 10万 L

 為替差益 \30000
 スワップ  \0
 手数料   ‐\3150

 小計 \26850

 豪ドルは金利先高観が後退し、金の価格下落を受けて上値が重くなっています。
 しかし金利差から売買が活発化すればまた上がるだろうと見込める不安定な通貨です。

 買い下がりを旨としたいと思います。

 欧州通貨はやはり戻り売りが吉。
 高値にくるまで手を出しません。

 ユーロなら135円台、ハイジ89円台。ここまで静観です。

 問題は、今晩の市場。ここでドカンと下げるようだと、年末に向けてとめどなく円高が進む危険を感じます。

 それもあって、微益で撤退したのですが、さて、吉と出るか、凶と出るか。

 空が黒くなってきました。今年初雪です。















欧州通貨安

 ドルの巻き戻しがすでにトップから200ぴぴ発生。
 ストップロスやノックダウンを巻き込んで、ストレート組は阿鼻叫喚の様子です。

 ユーロスイスも介入警戒レベルまできているということで、円買いハイジ売りの並みを待ち構えています。

 でもそろそろ眠たくなってきたので、一本だけ指し値して、寝ようと思います。

 ハイジ50万じゃありません。
 豪ドルに10万だけ。79.50でロング指し値。

 お年末が近いので、大玉張ると胃が痛くなってしみます。

 

2009年12月17日 (木)

子供手当に所得制限

 なんだ民主よ、おまえもか、といった落胆を感じています。
 自民と同じじゃん。

 おそらく、所得1000万円で線が引かれるでしょう。
 こちとら、税金あがるわ、もらえるはずのものはもらえないわ、踏んだり蹴ったり。

 1000万円あったとて、住宅と教育費の高さから、余裕ある生活ができるとはいえないのがいまの日本の実情。

 子供の二人や三人、私立に通わせてごらんなさい。
 ついでに住宅ローンも抱えたとしたら、1000万円なんて、鼻くそみたいなものです。
 貯金なんてできやしない。

 うちはぎりぎりまで出費を絞っているのt、FXのおかげで、どうにか黒字になっていますが、苦しい家庭も多いはずです。

 マニフェストと粋がってみても、結局それすら守れないのですね。
 しかも、結局地方の道路や新幹線に金をつぎ込むために、旗印の公約を後退させ、予算をひねり出すわけですか。

 ようし、次の参院選、覚えておけよ。

 企業から個人へ金の流れを作るという約束が守れなければ、何の魅力もない政党です。

 自らが自民に仕掛けた「一票両断」の恐ろしさ。
 我が身でたっぷり、受け止めるがいい。

 久々、怒ってます。





 【それはそれとして、考えられる対処法】

 1 離婚届を出す

 2 親権は元配偶者にする

 3 世帯分離する

 4 元配偶者である同居人が手当もらう

 要は法的に体裁さえ整っていればいいと思うのですが、どうでしょうね。
 以前はこれやると、配偶者駆除と扶養控除が使えなくなるデメリットがありましたが、民主はどちらも廃止する方向ですから、考慮外です。

 ダブルインカム、夫婦単独でどっちも1000万円超えてますというような世帯には、チト対処法がありませんが、そもそもそういう家庭は、年間31万2千円増えようが増えまいが、実質あまり関係ないでしょう。

 そもそも現金ではなく、教育クーポンなら、まだもらえない層の反感は少なくなると思うのですが、やりかたを考えてほしいものです。

 現金給付にしてご覧なさい。
 給食費すら払わないくせに、イチャモンつけと能書き垂れはヤー公並みのバカ親が、酒やケータイ代にぶち込むのは火を見るより明らか。
 バカガキのゲーム代やシンナー代、趣味の悪いジャージ代も税金でまかなうつもりですか?

 もう、無性に腹が立ってきます。



【雑文】PC入れ替え

 PC入れ替えに伴い、書き込みに間が開きました。

 これまで、メモリ1ギガのXPモデルを使っていたのですが、特にFXの関連で、javaを多用するサイトが増えてきたため、最近のろさを感じるようになってきました。

 そこで、価格コムで安いのを探し、NECの型落ちものをゲットしました。

 格安PCといえば、デルとかHPが定番ですが、オフィスを積むと結局、大手と変わらなくなってきます。
 となると、サポート体制で選ぶのが決め手です。

 お茶をこぼしても保証してくれるのは、いまのところ、エプソンとNECぐらい。

 もちろん、デフォルトで機器に付随しているわけではなく、購入時、あるいは購入後に保証サービスをオプションとして買います。

 NECだと、3年で約11500円といったところです。

 エプソンは経年に伴って補償金額が減らされないうえ、5年間OK。
 NECの場合は、年々逓減されます。最終年度の補償額は、購入額の63%。それを上回る場合は、こちらが追加費用を負担するか、それとも補償全額をもらって修理を放棄することになるようです。

 どちらもウェブ上で機器のカスタマイズができるので計算したのですが、欲しい機能を盛り込むと、エプソンは20万円近くになってしまいました。

 かたやNECは10万円程度。同じスペックのものをウェブで最低価格を探し、発注。

 オフィスにウイルスソフト、そして「お茶こぼしても大丈夫サポート」のオプションをつけて、だいたい10万円に収まりました。

 しかし、データの移設が面倒くさいことこの上ありません。

 手順どおりに引っ越し作業をやったのですが、メールのアカウントは認識していないわ、パスワードは移らないわ、に加え、一番大事なセキュリティソフトの仕掛けは自分でやらねばなりません。

 どうにか使えるようにしたものの、いまもって100%正しい設定をしているかどうか。

 銀行やFXで、金を巡るやりとりに欠かせないPC。

 自分である程度いじれる以上、専門の技術者にお金を払って頼むのはばかばかしいと思っていたのですが、それはあくまで遊びの道具として使うだけだったからこそ、許される生兵法。

 生活に欠かせないインフラである今、そうしたメンテナンス費用は、ある意味、リスク回避の必要経費なのかもしれません。


 

2009年12月16日 (水)

今年はもう手じまいかな

 理屈なく上下動するのが為替というものなのでしょうが、最近の動きはますますドラスチックさを増し、わけわからなくなってきています。

 米の出口政策に光が指したから、という理由できょうはドル買いに走っているようですが、米政府としてはドル安が望ましいでしょうから、ファンダメンタルな要因で円安に触れているとまでは言い切れません。

 要は、年末で取引参加者が減る中、大玉を転がせば思うように相場が動かせると思っている、今年のノルマをまだ達成していないトレーダーが、乾坤一擲で最後の闘いに出ているだけに思えます。

 でも、大体そう言う時って、この間のドバイショックのような、予期しない事件が起きて、ロスカット食ってしまうことが多いんですよね。

 とはいえ、ドル円、90円超えたら売りたいのも事実。

 もう少し様子見に徹しようと思います。

 勝てそうなときにしかケンカしない。

 大人の鉄則は、FXにも当てはまると思っています。






2009年12月10日 (木)

ドバイやばい証券化

 ここのところ聴いていなかったので忘れていましたが、中東各国の政府系ファンドの債務は、例によってリスク分散のため、証券化商品として世界中にばらまかれたそうです。

 その額、ドバイだけで2000兆円とか。

 実債権額は54兆円だそうですが、これにレバレッジがかかっているため、天文学的な額に膨れあがっているといいます。

 これまた例によって、売りつけた連中はとっくに中東を逃げ出し、一足早い年末のバカンスをネーチャンはべらせながら楽しんでいるわけで…。

 ドバイショックだ、なんてオタオタしている我々は、いつもミネルヴァのフクロウの糞程度の存在でしかない。

 どうにか保ってきた欧米金融機関の決算が、今後どの程度悪化してくるのか。

 楽観的な予断を許さないのではないかと思っています。

 リーマン・ショックどころの騒ぎではないのかもしれないと、危惧しています。

 気は進みませんが、円を買うしかないのでしょうね。

 財政的には先進国最悪なのに、買われる通貨というのもおかしなものです。

 いつ、売り散らかすか。
 少なくとも、外貨のロングは当面手控えます。

 円キャリーなどといわれていた頃がつくづく懐かしい年の瀬です。









2009年12月 8日 (火)

こ、これはやばい(かも)

 ドバイですか、それとも米国債ですか、ひまわり証券のフラッシュが、まぐまぐのシステム変更とやらに伴って、1日5回に制限されてしまっているようで、リアルタイムで状況変化がつかめなくなっています。

 とにかく、あれだけどっと上げた後の調整にしては、動きがドラスティック過ぎます。

 ひょっとすると、地獄の釜の蓋が開いちゃった、ってやつですか?

 85円台前半でハイジ、また50万撃ちます。
 が、欧州がこのままナイアガラったらどうしよう。

 今年はどうにか、いまのところ年初比、証拠金46%殖やせてます。
 一発勝負だ貫太君に出て、シオシオのパー、になるのもばかばかしい。

 でも、撃たないと稼げない。

 やるか、やらざるか。

 チャートとにらめっこです。


2009年12月 7日 (月)

ハイジ引っかけ損ね

 たった1日ではげ落ちた円安期待。
 ハイジも89.25まで噴いた後、急落しています。

 89.50で構えていたのですが、引っかからずじまいです。

 年末にかけて、取引参加者が少なくなることから、根が飛びやすくなるリスクが指摘されています。

 絶対引っかかるまい、と思って仕掛けていた指し値が取れてしまう好機なのですが、打ちどころを間違えると、年明けまで身動きが取れないことになります。

 85円台前半、89円台後半で、じっと待っていようと思います。



2009年12月 6日 (日)

【雑文】サンマチゲだ

 敬愛するぱぱさんがこんなうまそうな物を食っています。

 負けちゃいられません。

 今晩は庶民の秋の友「サンマ」を武器に、応戦です。

 しばらく前に作ったチゲの残りを煮こごりにしておいたので、これを再活用して「サンマのチゲ鍋」です。

 ひゃーうぃーごー!

Photo

 赤い固まりが煮こごりです。

 サンマは3匹150円。
 生臭さを出さないために、煮る前に熱湯をふりかけ、身を締めておきます。

 それとショウガを入れるのがコツと言えばコツでしょうか。

 野菜は大根さえあれば、あとは冷蔵庫の中のクズを適当に皮ごと放り込んで。

 ストーブにかけて、ビールなめながら気長に煮ること2時間。

 さあ、できあがりです。

Photo_2

 でも、ぱぱさんの雉飯。いいですね。

 チゲと一緒なら、いうことないんですが。

 唐辛子たっぷり。
 これで来週の作戦立案も、血の巡りがよくなって名案が浮かぶというもんです(?)。

 いただきまあす。



2009年12月 5日 (土)

円売るバカとか

 ホント、つい昨日言ってたのは誰だ(^^;。

 どこのブログ見ても「円高、えんだか、それでホンマにええんだか?」だったのに、一夜明ければこのざまだ。

 んっとに、自分含めて、節操ないね。

 ええ、ええ、ショートの指し値、全部はずしちゃいましたとも。
 完全まっさら。
 頭冷やして、週末じっくり考えて、打ちどころ決めますわ。

 失業率改善とは言っても、二けたが一けたになったわけじゃない。
 一時雇用も多いから、それが即、収入改善につながるワケじゃない。

 もちろん、住宅市況を押し上げるまでのインパクトをもたらすには、まだ長いことかかるだろう。

 しかし、市場がグッドサプライズに飢えていたのは事実。

 それが、この結果をもたらしたと見る。

 さて、どうしたものか。

 資源高は、ドル安が戻り始めればバブル崩壊となって減速する。
 エンド、にはならない。生産が回復し始めれば、資源需要も増えるから、相殺されて横ばいが続くだろう。

 あとは金利だ。
 ドルがある程度の強さを取り戻せば、資源価格が暴落しない限り、下支えされたうえ、利上げが見込める豪ドルがいまのところ魅力だ。

 結局、74円台まで突っ込んで、82円台へわずか数日で戻してきたことを見ると、上値を数日たたかれない限り、ロングで構えて正解なのかも。

 でも、12月は、取引参加者が少なくなって、値が飛びやすいシーズン。

 小ロットで大きく抜くか、大ロットで細かく行くか。
 上値が噴いたところで、また奈落の底へたたき落とされるのが毎冬恒例だからなあ。どうしたもんか。

 うーん、きょうはもう、飲んじゃったから、どうでもいいや。

 死にかけてた隠れ口座も、どうにか息を吹き返したし、今週一週間、なかったことにしよう。

 ドバイショック? なに?それ? という気分です。

 どちら様も、ご苦労様でした。ういっく。


















2009年12月 4日 (金)

扶養控除ついに廃止

 計算中です。どの程度家計に影響を与えるのか。

 FPの腕の見せどころ、というより、ブラッシュアップの良い機会です。
 さっきからガチャガチャ電卓をたたいています。

 一般的には、東レの研究所の試算が参考になるかと思います。

 また、FXと絡めてご報告しようと思います。











2009年12月 2日 (水)

豪ドル決済

 最近、くりっくの手数料の高さが身に染みます。

 OTCが早く損益通算対象になりますように。
 繰り越しができるようになりますように。

 マンマンチャン、アン。

 平均買い単価 79.58の豪ドルを80ぴぴ利が乗ったところで決済しました。

 24万ロング、オール解消です。

 為替差益 ¥183000
 スワップ  ¥21708
 手数料   -\10080

 小計 \194628

 いま、100ぴぴ採れたところまで噴いていますので、当初の利食い指し値を動かさなければ満願成就したことになりますが、タラレバは悲しいのでやめておきます。

 米の経済指標群が今晩から連発されます。
 リスク回避モードがまた蒸し返される懸念があると見ました。

 頭としっぽはくれてやれ、といったところです。

 上がった政策金利に伴う増額スワップも、一日分ではありますがいただけました。
 欲張りすぎるとろくなことがないので、よかった、と思うことにします。

 洗濯機を買わなければいけないので、原資ができました。万歳。

 次は、ある程度高くなったところで戻り売りですね。

 ハイジで行くか、総身に食い込むマイナススワップを物ともせず、オセアニアでギャンブラーになってみるか。

 思案投げ首です。













« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

為替パーツ

無料ブログはココログ

ランキング

  • FXブログナビ
    http://fx-blog.jp/pic/fx-blog_banner2.gif
  • 為替ブログボタン
    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ