« 円高第2派 | トップページ | ノーポジに »

2009年10月 4日 (日)

【雑文】カツ丼爆盛り

 この間、少し勝ったので、プチ旅行に行ってきました。

 といっても、タクシーを借り切るとか、ヘリをチャーターするとかといったド派手な散財は、小心者なので出来ません。

 鉄道網の発達した関西ですが、乗り歩くと結構かかるので、このきっぷを使いました。

Photo_3

 スルっと関西という、関西の私鉄が作った連合体のエリア内ならとびとび2日間、電車・バスが乗り放題になります。

 一枚3800円。1日1900円で乗り放題です。

 近畿一円、改札機に突っ込めば、ほとんど通れます。
 奈良周辺を走る奈良交通のバス以外は、たいてい使えます。

 体力さえあれば、派手に動けます。
 比叡山(京都・滋賀)と高野山(和歌山)を同じ日に回ることも可能です。
 昼に和歌山ラーメン食べて、夜は神戸でナイトクルーズなんて使い方もできます。

 名所旧跡、観光地の割引券がたくさんついているのも魅力です。

 ただし、近畿2府4県と三重県では売っていません。

 (詳しくは、スルっと関西協議会のウェブをご覧ください)

 さて、年食ったらどこに住むと聞かれれば、即座に京都か阪神間と答えます。

 ・どちらも平坦地が多い
 ・高収入層が多く、行政サービスが充実している
 ・革新が強く、市民意識が高い
 ・後背地が広く、自然が近い
 ・周辺からの農作・海産・湖産で食える
 ・交通機関は縦横無尽。バリアフリー当たり前。
 ・文化施設も充実

 でも、どっちか選べといわれれば、やっぱり京都。それも洛中。

 この店が、あるからです。

16 

 池波正太郎もごひいきの、イノダコーヒの本店。

 お目当ては、中庭でいただく「京の朝食セット」。
 以前の1050円が1200円に値上げされてしまったのは痛いですが、イノダならしゃーない、と思わせるところがあります。

3_3

 焼きたてクロワッサン
 荒絞りオレンジジュース
 舌がざらつくほど苦いコーヒー
 ふわふわスクランブルエッグ
 塩味の利いたハムソテー
 にんじんグラッセ
 アスパラとキャベツのミックスサラダ
 ネーブル

 いわゆるアメリカンブレックファストなのですが、一つ一つの仕事が丁寧。

 何を頼んでもはずれがありません。

 おまけに。

 新聞読み放題
 従業員ステキ(茶髪いない、敬語完璧)
 追加オーダー迫らない

 極めて居心地がよろしい。

 しかし、秋の行楽日和。長っ尻するのはヤボというもの。

 観光客の順番待ちができはじめたのを見計らって、転進することにしました。

 次は、琵琶湖が見たくなったので、地下鉄に乗って大津へ。

 これやこの 行くも帰るも別れては 知るも知らぬも 逢坂の関

7

 百人一首で知られる「逢坂の関」に挑むのが、京阪京津線という路線です。
 急坂と急カーブで、峠を越します。

 駅も、坂道対応になっています。
 ↓↓↓↓↓↓

6

 ホームが傾いているので、ベンチの両足の長さが変わっています。

↓↓↓↓↓↓

4

 大津側と、京都側とで、高さが数センチ違います。

 もう一つ面白いのは「京都市内では地下鉄だったのに、いつの間にか路面電車になっている」ことです。

 ???????の方は、以下の写真をどうぞ。

 ↓↓↓↓↓↓

9

 京都市営地下鉄と直通している車両が、大津市内では車に混じって、ゆっくりと路面を走ります。
 実は関東でも、江ノ電の江ノ島~腰越で、同様の光景が見られます。

 ですが、地下鉄が路面電車もこなすのは、日本全国ここだけです。

 しかも、路面電車なので、赤信号で止まります。

 ↓↓↓↓↓↓(止まってます)

10

 さて、動き回っているとお腹が空いてきました。

 次の目的地は、ココ

 ↓↓↓↓↓↓

11_2

 先ほどの電車から、京阪石山坂本線というのに乗り換えて、膳所本町駅で降ります。

 徒歩3秒

 大食らいの間では有名な「美富士食堂」があります。
 「看板メニュー」というカツ丼(730円)を頼みました。

 相当、量が多いと聞きました。気分は道場破り。

 どんな凄いヤツが出てくるんだろう。
 たのも~!

12

 ちょっと、あの、なんだ……。

 あまりの多さに、思わず、ひくつく両のほお。

 人は、不意の衝撃には、笑いで対処するしかないのだな。

 大体にして、前の席の方が頼まれたカツカレーが、この盛りっぷり。

14

 こぼれてるよ、ヲイ(;;。

 こんなんばっかり食べてる方のウェブ「テラ飯倶楽部」というのがあります。
 友人がそれ見て、私にそそのかしたのですが…

 数えたわけではありませんが、カツは絶対10切れはありました。
 しかも、厚さ1センチ以上。
 カリッと揚がって、まいう~♪

 ダシもくどくありません。卵もふわふわ。

 でも、だんだん満腹中枢がいかれてきます。

 米も2~3合。どんぶりぎっしりの、アツアツのそれをかき込んでいると、クイズ「タイムショック」で残り数秒と言った感じの切迫感が、目の裏をちくちくいじめます。

 ボクが悪かったです。
 勘弁してください。

 悪戦苦闘20分。
 平らげはしたものの、空になった器を撮影する元気はありません。

 もうろうとしたまま、よろよろ外へ。

 そばの膳所高生は、これを平気で食べるといいます。
 私も10年若ければいけたと思いますが、中年おやじにはもう、あきまへん。

 暴飲暴食はそろそろ、決死の覚悟が必要な年なのだと、実感させられました。

 よく考えてみたら、カツ丼食うの、数年ぶりだった!

 しんどいはずです。普段めったに肉食いませんので。

 ということで、中性脂肪を上げないために、コレを緊急補給。

 ↓↓↓↓↓↓

15

 とてもじゃないが、夕飯は入らんと思っていたら、帰宅したら「ケーキ作ったから食べて」と言ってくるではないですか。

 堪忍してくれ!!!!!!!!!

































Photo

 冗談です。本当のデザートはこっち。

 「なんでアンタだけ、1日遊びほうけてんのよ」という文句を浴びせられること必定だったので、ご機嫌取りに、帰途、京都のフレンチの名店「ガスパール・ザンザン」の、これまた名物デザート「グレープフルーツプリン」をテイクです。

Photo_2

 お後がよろしいようで。



|
|

« 円高第2派 | トップページ | ノーポジに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/31546863

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑文】カツ丼爆盛り:

« 円高第2派 | トップページ | ノーポジに »