« 【雑文】母子加算復活と寿司 | トップページ | ダウ↑ナス↓にらみ合い »

2009年10月26日 (月)

反撃せざるを得ないのか

 週末、どのレポを見ても、円安を占う意見が主流です。

 改善しつつある市場のトレンドはすでに金利差。

 ゼロ金利を続けている円が、ヘッジファンドのたき付け燃料に使われるという、典型的なロング場面になってきたようです。

 ドル円が87円台に突っ込むことは、もうなさそうです。

 となると、あとはキャリーの動きに乗って、円を売り倒すしかない。

 しかし、ハイジで抱えた含み損を、どこかで消し飛ばさなければいけない。

 オセアニアでも買うか…50万ぐらい。

 それで出来た利益で、ハイジのポジを少しずつ解消していきますか。

 月曜日、前週末のダウの下げに伴っていったん下げるでしょうから、そこでどの程度下ヒゲを伸ばすか確認し、NYの動き次第で構えるイメージでしょうか。

 買われすぎの警戒文句がしらじらしく聞こえるこのところのクロス円。

 金利に着目されると、弱いです。

 経済のファンダメンタルで言えば、割と良いと思っているのですが、視点はすでに、中国と欧米に移ってしまっているのですね。

 円が安くなるのは日本にとっても良いわけだし。



|
|

« 【雑文】母子加算復活と寿司 | トップページ | ダウ↑ナス↓にらみ合い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/31942915

この記事へのトラックバック一覧です: 反撃せざるを得ないのか:

« 【雑文】母子加算復活と寿司 | トップページ | ダウ↑ナス↓にらみ合い »