« ショッパイなあ | トップページ | 【雑文】母子加算復活と寿司 »

2009年10月24日 (土)

慌てちゃいけないの

 急騰・急落時。それとは逆のポジを構えていると、とかく妄想が先に立ちます。

 このままトレンドが続いて果てしなく損が増えていく とか
 倍々プッシュで利食いチャンスを殖やせる とか
 次の吹き上げが来る前に損切りしておこう とか

 結論から言うと、どれも間違いの可能性が大です。

 昨年来、そのすべてをなぞって、数百万円単位でドジを踏んできた私から言わせれば、間違ったら何もしないのが一番です。

 損切りは、あらかじめ決めておいたラインを動かさない
 平均買い単価と乖離しても、相場が落ち着くまでポジを増やさない

 特に、後者が重要。
 攻め時に見えても、レバをよく考える必要があります。

 増やしたことによって、夜も眠れないというような心境になるようなら、アベレージを改善できなくても、やめたほうが無難です。

 元のレンジに戻ってくるまで待つか、仮に離れたところでたゆたっても、落ち着いたところで売買すればいいのです。

 きょうの場合、ダウが下げているのに安くなっています。

 投機筋は理由なく稼ぎに来るのであまり予想はしないようにしているのですが、今月に入ってから続いていたショートポジの巻き戻しをしているだけのように見えます。

 いま、彼らは着々と、年末に向けて稼ぎに来ている状態です。

 巻き上げ切った水準で円ロングを仕込み、あとは逆落とし。

 クロス円、お定まりのナイアガラがやってくる。

 …といいのですが。

 円ロング持ちの小生は、しばらく放置プレーを強いられそうです。






|
|

« ショッパイなあ | トップページ | 【雑文】母子加算復活と寿司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/31917251

この記事へのトラックバック一覧です: 慌てちゃいけないの:

« ショッパイなあ | トップページ | 【雑文】母子加算復活と寿司 »