« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

【雑文】高速無料化アホ抜かせ

 「マニフェストに書いてあるから遮二無二実行する」

 事の成否を問わず、掲げたスローガン通りに実行するという点では、小泉郵政選挙と同じくらいの暴力なのですが、民主はいまのところ、高速無料化を実施するようです。

 土日だけ1000円にしているから渋滞が発生する
 無料にしてしまえば渋滞は起きない

 国交副大臣が発言していますが、前提条件を全く考慮していない暴論です。

 日本人の大半は、土日しか休めないのです。

 平日に休めれば渋滞も分散されるかも知れませんが、盆暮れに長期休みが集中し、普段は週末休みとなれば、それはあり得ません。

 従って、無料化したら渋滞が減るというのはウソです。

 地方で社会実験を始めるとのことですが、該当地域の公共交通網は壊滅します。

 私有財産の車より、公共財としての公共交通機関を優先するのが筋。

 業務用ならともかく、自家用車に関しては、徹底的に苛烈な政策をとるべきです。

 自動車税10倍
 自賠責10倍
 ガソリン税10倍
 高速道路料金10倍
 交通違反の罰金100倍

 飲酒運転は全財産没収の上、打ち首獄門

 これらの増収分を、公共交通料金引き下げへ回す。

 だって、いまの鉄道・バスの料金が10分の1になったら、だれだって車なんか乗らないでしょ。

 どうしても車が欲しければ、軽自動車のみ認める。

 高速道路は幹線以外すべて破壊し、産業廃棄物に戻す。
 物流は舟運・鉄道をメーンとし、モーダルシフトを徹底させる。

 別に東京ばななを大阪に取り寄せて食べる必要はないのです。
 その土地の名産品は、現地へ出かけて味わえばよいのです。

 こういう話をすると、ライフスタイルは個人の自由という反論が必ず出ますが、これも的はずれな意見です。

 国民国家は、法律や課税を通して、市民のライフスタイルにすでに有形無形の圧力をかけているからです。
 自分に都合悪くなったときだけ不平を漏らすのはトンチンカンと言わざるを得ません。

 コンクリから命へ。道路から公共交通へ。

 民主が政策交代を全うするなら、交通戦略のドラスティックな転換もあってほしいと、心から願っています。








| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

やってしまいました


 こんな小さな幅で利食いするはずじゃなかったのに。

 ショートが切れたのですが、釈然としません。

 利食い指し値、動かしたはずなのに、なぜか変更されていな
いのです。
 システムトラブルか、それとも当方の確認不足か。

 結局、この局面でも、微益撤退となりました。

 CHF/JPY S 
 87.02
 87.03
 89.30
 合計40万 87.95で仕切り

 為替差益 \85000
 スワップ -\500
 手数料  -\16800(\2100×4×2)

 小計 \67700

 ホント、ポジ構える方向を逆にすると、上がりが小さくてい
けません。ナンピンしても、この程度。

 にもかかわらず、またもや、ロング構える位置を間違った感
が。

 89.50なんてところで50万行ってしまいました。
 大体2週間スパンで円高円安行ったり来たりしている感があ
るので、87.50あたりでナンピンして、しばらくじっと待って
いようと思います。

 じたばたするとろくなことがない、その典型です。

 注文一覧を確認したら、思っても見なかった隠れ発注が残っ
ていました。

 こういう変動しているときは、思っても見ない発注で証拠金
を傷めることがないように、注文の確認をオススメします。

 特に、来週は窓開けて始まる可能性があります。

 お互い、気をつけましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月30日 (金)

あっちゃ~(TT

 米GDP、逆行ってしまいましたか。

 これだから、昼間刈り取っておけばよかったんだ…と思っても、もちろん後の祭り。

 だって、どうしても50ぴぴは欲しかったんです。

 10~20ぴぴでは、マイルールにも抵触するし、気分的に収まらなかったんです。

 しかし、これは悲しい。

 稼ぎ時が来るまで、またしばらく手を出さずに置くか、それとも打って出るか。

 明日も米の重要指標林立です。

 ドルじゃぶじゃぶでげたを履かされている景気改善だということは分かり切っているはずなのに、それでもサプライズのトピックをめがけて稼ぎに来るマネー。

 どっちかな。
 しばし考えます。












| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月29日 (木)

東証前場 195 円安

 昨日のドル高円高ダウ下げナス下げからいって、東京でどの
程度下げるかと踏んでいたのですが、思ったよりも下げていな
いというのが正直な感想です。

 投機筋様、せっかくですから、信用玉狙って、バコっと数百
円、行ってみませんこと?

 それは冗談としても、後場であと100円は下げてほしいとこ
ろ。
 そうなれば、夕方の欧州勢出撃でドル円90円割れ、ユーロ円132
円割れが期待できます。
 これを試してもらえれば、こちらもショート刈り取り完了、
晴れて2週間ぶりにロングが張れます。

 先ほどトレード画面を開けたら、ハイジが当初の利食い指し
値に引っかかった気がしたのですが、昨晩30ぴぴずらしていた
ことを思い出しました。

 92円をうかがうところまで行ってヒヤヒヤさせられたのに、
たかが20ぴぴの利幅では、落とし前をつけたことにならないと
思ったからです。

 それでも、本当はマイルールに則り、100ぴぴ取りたいとこ
ろですが、なかなかそれは難しそう。

 今晩の米GDPで、50ぴぴいただければ、結構です。

 イッツァ、ショーターイム!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今週はもう一段下げ?

 FX各社のレポにもありましたが、欧米の経済の足腰がまだ不安定なため、指標が少しでも悪くなると、逃避通貨としての円がクローズアップされやすいとのこと。

 その予想をなぞるかのように、本日円が暴騰しています。

 実は、ここのところ積み上がっていた円ショートが巻き戻ったに過ぎないのですが、クロス円全般に波及すると、ナイアガラが起きるのは常です。

 小生、ハイジショート持ち。
 3日前まで200万円近かった含み損が、あっという間に巻き戻っていまや7万円台。
 FXは気長にやるか、超短期で抜くか、どっちかでないと稼げないと、西原理恵子のFX著書にもありました。

 当方、バタバタ取引をするのは性に合わないので、仕掛けた値までじっと待つ方です。

 いずれにせよ、ハイジなら86円~92円のレンジと見て、下限ではロング、上限ではショートを地道に繰り返していこうと思っています。

 次は87.50で50万、ロングの指し値をしています。
 これがうまくいけば、今年あと100万円は出来ると見ています。

 今週は、あすあさってに欧米の指標が林立しています。
 派手に予想を裏切ってサプライズの連発、となればいいのですが。

 ゴーゴー円高!







| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やっと来たか

 そば屋の出前じゃない。もちろん、円高です。

 「米の住宅購入意欲が指標の低さによって裏付けられた」

 失業率10%に達しようかという国で、そうそう住宅購入意欲が戻りますかっての。

 当然、リスク回避再燃。買われる円。

 金利差で言えば、円が一番ヘタレなわけですが、日銀も量的緩和策から脱却を模索しているのが見え見えです。

 もしも、これで仮に日本が利上げしようものなら、ドル円85円もあり得ると思っています。

 当方の売買は低調ですが、次利食いしたらちょっとお休みして、トビッシュを狙おうと思っています。

 年末にかけて、あと100万円は稼ぎたいと思っているのですが、トラぬ城島の皮算用。
 うまくいくかどうかは、神のみそしるはわかめと豆腐、と言ったところです。







| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月28日 (水)

ダウ↑ナス↓にらみ合い

 表題の通り。
 でもそれほど円高に触れていない、ということは。

 もう一段の下げがあるってこった(^^;。

 本日の東京、見るとしましょう。

 ドル円再度90円割れるようなことがあると。

 地獄の釜の蓋が、開く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月26日 (月)

反撃せざるを得ないのか

 週末、どのレポを見ても、円安を占う意見が主流です。

 改善しつつある市場のトレンドはすでに金利差。

 ゼロ金利を続けている円が、ヘッジファンドのたき付け燃料に使われるという、典型的なロング場面になってきたようです。

 ドル円が87円台に突っ込むことは、もうなさそうです。

 となると、あとはキャリーの動きに乗って、円を売り倒すしかない。

 しかし、ハイジで抱えた含み損を、どこかで消し飛ばさなければいけない。

 オセアニアでも買うか…50万ぐらい。

 それで出来た利益で、ハイジのポジを少しずつ解消していきますか。

 月曜日、前週末のダウの下げに伴っていったん下げるでしょうから、そこでどの程度下ヒゲを伸ばすか確認し、NYの動き次第で構えるイメージでしょうか。

 買われすぎの警戒文句がしらじらしく聞こえるこのところのクロス円。

 金利に着目されると、弱いです。

 経済のファンダメンタルで言えば、割と良いと思っているのですが、視点はすでに、中国と欧米に移ってしまっているのですね。

 円が安くなるのは日本にとっても良いわけだし。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月25日 (日)

【雑文】母子加算復活と寿司

 「お前それは違うよ」と思われた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

 金曜日の夜7時のNHKニュースです。

 生活保護の母子加算が年内に復活するニュースの中で、母子家庭の母親が「復活したら、子どもと久しぶりに寿司を食べに行きたい」と答えるくだりがありました。

 生活保護は、憲法に定められた健康で文化的な最低限の生活、これを維持するために支出されるものです。

 寿司、つまり外食は、その有無が生存権に直接影響を及ぼすものではありません。

 母子家庭のすべてが、収入が増えることによって奢侈に走るとは思えませんが、「たまの贅沢」ができるようになる、と喜ぶなら、それは大きな誤りです。

 納税者は、他者の贅沢のために税金払っているんじゃない、という反発は必至です。

 生活保護で保障される生活のレベルを論じる前に、いまの日本、寿司どころか、その日のコメにも欠いている人間が山ほどいるという現実を見る必要があります。

 NHKもなぜそんなインタビューを放送したのか理解に苦しみますが、加算復活で母子家庭に向けられるやっかみと非難が、強まりはしないかと危惧します。

 インタビューに答えた母親も、母子家庭全体に対するリンチを招きかねないようなことは言わなければよかったのに、と思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月24日 (土)

慌てちゃいけないの

 急騰・急落時。それとは逆のポジを構えていると、とかく妄想が先に立ちます。

 このままトレンドが続いて果てしなく損が増えていく とか
 倍々プッシュで利食いチャンスを殖やせる とか
 次の吹き上げが来る前に損切りしておこう とか

 結論から言うと、どれも間違いの可能性が大です。

 昨年来、そのすべてをなぞって、数百万円単位でドジを踏んできた私から言わせれば、間違ったら何もしないのが一番です。

 損切りは、あらかじめ決めておいたラインを動かさない
 平均買い単価と乖離しても、相場が落ち着くまでポジを増やさない

 特に、後者が重要。
 攻め時に見えても、レバをよく考える必要があります。

 増やしたことによって、夜も眠れないというような心境になるようなら、アベレージを改善できなくても、やめたほうが無難です。

 元のレンジに戻ってくるまで待つか、仮に離れたところでたゆたっても、落ち着いたところで売買すればいいのです。

 きょうの場合、ダウが下げているのに安くなっています。

 投機筋は理由なく稼ぎに来るのであまり予想はしないようにしているのですが、今月に入ってから続いていたショートポジの巻き戻しをしているだけのように見えます。

 いま、彼らは着々と、年末に向けて稼ぎに来ている状態です。

 巻き上げ切った水準で円ロングを仕込み、あとは逆落とし。

 クロス円、お定まりのナイアガラがやってくる。

 …といいのですが。

 円ロング持ちの小生は、しばらく放置プレーを強いられそうです。






| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月22日 (木)

ショッパイなあ

 円安の季節になってしまったのでしょうか。

 どうも、訳わからない吹き上げ方です。完全に投機筋だな。

 ロング主体に転戦しようとすると、すでにその季節は終わって円高。
 円高が進行したのを見計らってショートを持つと、もう季節が移り変わっている。

 あたふたすると、往復びんたを食って証拠金を減らすだけに終わる。

 レバもまだ低いし、ちょっと様子を見てみたいと思います。

 それでも上がり続けたらどうするかって?
 うーん。shock



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月20日 (火)

【雑文】新・三銃士

 たまの休みです。
 市場も動意なさげで、従って私の(建)玉も休み。

 これ以上ポジ増やすのも面倒くさいし、両建てするのもばかばかしい。

 きょうは静観しています。

 お酒ナメながらごろごろして、久しぶりにテレビでも見るか、と思ったら、教育テレビで「新・三銃士」という人形劇をやっていました。

 NHKが久々に人形劇を復活させたという話は聞いていました。
 昔あった人形劇三国志は大好きでした。

 今回も、かなり力を入れたとは聴いていたのですが、見ているうちに思わず、身を起こして正座してしまいました。

 寝ながら見るのが失礼に思えるほど、出来が凄すぎるのです。

 人形、操作、背景、小道具、音楽、セリフ。

 どこにも子供だましの部分がありません。

 ドキドキハラハラさせたあげくに「続きはまた明日」。
 ストーリーのまとめ方も、見る側の飢餓感をうまく駆り立てるものになっています。

 原作を三谷幸喜が味付けしたそうですが、作り手の思いとNHKの資金がかみ合った感のある、極めて剛直な番組です。

 土曜日にその週の総集編をやるとか。

 放映時間に余計な仕事が入らないことを、いまから祈っています。







| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

わけわからんがな

 だから、寝ます。

 噴くなり落ちるなり、勝手にやっとくんなはれ。

 西原理恵子の新刊「FX太腕繁盛記」読みました。
 FX関連のページは、本の半分ぐらいしかありませんでした。

 表紙に偽りあり。
 それにつまらない。

 結局「真面目なヤツがFXでは勝てる」って、そりゃあんまり。
 予定調和な結論に落ち着いちゃって、殺気だった楽しみがない。

 立ち読みにとどめてよかった。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月17日 (土)

原油高=円高?

 ガソリンは前週に続き値下がりしたようですが、原油は暴騰しています。

 8取引日連続上昇したとかで、NYMEXの昨日の終値は78ドル。
 100ドル突破もちらついてきました。
 世界にを阿鼻叫喚にたたき込んだ昨年の光景がフラッシュバックします。

 いずれまた、日本にも波及してくるでしょう。

 暫定税率が撤廃されても、その分価格が上がって結局ガソリンは高いまま。
 ↓
 自動車手放す人が増える。
 ↓
 高速無料化しても走る人間がいない。
 ↓
 公共交通機関の充実を求める世論が高まる。

 こうなってくれれば、しめたものなのですが、さて。

 原油取引はドル建てがルール。
 ドル安が進めば決済したときの利益が減るため、結果、原油の値段を上げないと釣り合いが取れない。

 昨夏、150ドル間近まで噴いた原油を思えば、ドル円に関しては、円高トレンドがしばらくは続くのかなと、ぼんやり感じています。

 ユーロを買っておけばいいのかもしれませんが、ドル円の動向がクロス円にも影響しやすいことを考えると、あまり過大評価するのも考え物。

 仮にユーロドルで、ユーロロングを構えたとしても、円で暮らしている私たちは、どこかで円転しないといけない。

 思ったほど上がりが出るかな、と、危惧しています。

 ショートでハイジを選んだは失敗だったかも知れませんが、ポンドのように1日10円動くことはあまりない通貨なので、1カ月に一度、ひげが伸びたときに、利食いにかかればいいと思う程度にします。

 肝心なのはレバ。
 平穏なときに限って本数を増やしてしまい、余裕がなくなった頃に嵐が来て、逃げ切れずに全部失ってしまうパターンが頻発しています。

 抑制気味に手がけようと、自重しています。





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

疲れる週でした

 ダウ1万ドル回復を手がかりに、急激にリスク選好が巻き戻った週でした。

 外貨ショート主体に構えていた私としては、極めてイリテートな日々でした。

 トレンドについて行けとよく言われますが、過去だましで天井ロングを何度もこしらえた経験があるため、どうしても逆バリに大玉を張る傾向があります。

 しかし、機動性に欠けるのはご承知の通りです。
 最終的な上がりはこつこつ単打を積み重ねたのと同じですが、それまでの持久戦を余儀なくされる点で、あまりオススメできません。

 雷が鳴っています。

 ちょっとパソコンを落としたいと思います。

 【現行ポジ】

 CHF/JPY S 10万 87.02
          10万 87.03
          20万 89.30

 AUD/JPY L 2万  85.55


 豪ドルは、ガス探知用のカナリアです。
 これの雲行きが怪しくなってきたら、クロス円ナイアガラの前兆と見ます。

 なにせ、一方向に温かい風が吹き続けるほど、ファンダメンタルが改善しているわけではありません。

 いつ何時、ずどんがやってくるかはわからないのです。






| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月15日 (木)

サプライズらしいが

 10月の米連銀景気指数が、蓋を開けてみれば予想の2倍近い改善となり、ドル安に飽き飽きしていた向きを一気に刺激。

 ドル円はもとより、クロス円、暴騰しています。

 でも、ドルの弱さは変わりないでしょう?
 じゃぶじゃぶなんだし。

 ここのところのドル安だって、ドルキャッシュの信用度がないから、株や債券、クロスカレンシーの高金利通貨へ向かっているだけだったのでは?

 となれば、投機筋にとっては、絶好のドルショート構築場面。

 ユーロドルがさほど噴いていないのが気になりますが、じりじりと上げて、ずどんと落とすクロス円の傾向から言って、そのまま外貨ロングで大玉追随するのはためらわれます。

 私は、ハイジのショートをもう1本作ったら、しばらく静観するつもりです。
 お試しで豪ドルのロングを2万だけやりましたが、これはスワップ蓄積用のもの。

 当面、動かさないつもりです。
 スワップと言ったって、2万ですと1日140円。
 ペットボトル1本分に過ぎません。

 黙って日差しが向いてくるのを待とうと思います。





 いずれにせよクロス円、当分荒れ模様の予感です。








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月 7日 (水)

よりにもよって

 明日北海道出張です。飛行機は飛ぶのでしょうか。

 朝一便で飛ぶ予定だったのですが、台風の進路図を見ると、夜までずっと、列島全体暴風圏内。

 下手すると、1日オフィスで運航再開を待ったあげく、「いらっしゃるなら、ご一緒に、お仕事でもいかがですか?」と、勧められてしまいかねません。

 鉄道はまず動かないだろうし、フェリーももちろん欠航。

 どうしたものか、考えあぐねています。

 こなけりゃ米も酒もできないし、来たら来たで気をもむ。

 台風というのは、恵みなのか災いなのか、評価が難しい自然の産物です。








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月 6日 (火)

あれ?豪ドルこの程度?

 おかしいなあ。
 サプライズの利上げでしょ。それでこの程度ですか?

 もしも利上げなら、2~3円噴くだろうと思っていたのに。

 景況感の不透明さが、利上げに走った豪ドルでさえ上値を重くしているのだとすれば。

 次にやってくるのは、指標悪化に反応してリスク回避に走る、毎度のパターンか。

 そう言えば今年後半、まだ円高ナイアガラで投機筋稼いでないものね。

 ロングの指し値、外しておきます。
 なんだか、様子が変です。



 悪い予感が当たらないことを祈って。









| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月 5日 (月)

素直に豪ドル買えとな?

 火曜日に政策金利の発表がある豪ドルですが、9割9分、据え置きを予想する向きが多いようです。

 年内の利上げは既定路線らしく、あとはそれに向けた文言の有無が焦点になるとか。

 なんだか、欧州委員会の例の方をほうふつとさせる話ではあります。

 さて、据え置きでも、利上げをにおわせれば予想通り、仮に利上げすればサプライズということで、いずれにせよ豪ドルを買っておけば儲かるだろうという局面ですが、素直に信じ切れない部分があります。

 先週、豪ドル、79円台後半から76円前半まで落ちてきました。

 ボックス相場と見ればいいのですが、ロングしていれば儲かるとわかっている通貨がなぜ売られるのでしょう。

 G7でドル安にちろっと言及があったのも気になります。

 投機筋の、豪ドルロングポジ構築のための平均買い単価下げの動きであればいいのですが、主要通貨に対するドル安の巻き戻しを見越した動きだと、話が違ってきます。

 安易な水準でロングを構えると、やけどしかねないということです。

 とはいえ、私も75円台になったら、打診買いしてみようと思っています。

 とりあえず、10万だけロングの指し値を入れてみました。

 刺されば面白いですが、たぶん、そうは問屋が卸さないだろうなあ。

 東京市場を注視です。
 イッツア、ショーターイム!!!!!









| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月 4日 (日)

ノーポジに

 キウイが切れました。

 NZD/JPY 10万 L 64.30→64.45

 為替差益 \15000
 スワップ  \460
 手数料  -\4200

 小計 \11260

 失業率その他の重要指標連発に伴い、クロス円、ジャンピングを繰り返したようです。

 63円台前半だ、もう一つ仕込まないといけないかななどと、午前中は思っていたのですが、気付けば元の水準に。

 G7ででた為替の話と、財務相の相変わらずの円高容認発言と、どの程度週明けのマーケットで重視されるのか、様子を見ながら進めようと思っています。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【雑文】カツ丼爆盛り

 この間、少し勝ったので、プチ旅行に行ってきました。

 といっても、タクシーを借り切るとか、ヘリをチャーターするとかといったド派手な散財は、小心者なので出来ません。

 鉄道網の発達した関西ですが、乗り歩くと結構かかるので、このきっぷを使いました。

Photo_3

 スルっと関西という、関西の私鉄が作った連合体のエリア内ならとびとび2日間、電車・バスが乗り放題になります。

 一枚3800円。1日1900円で乗り放題です。

 近畿一円、改札機に突っ込めば、ほとんど通れます。
 奈良周辺を走る奈良交通のバス以外は、たいてい使えます。

 体力さえあれば、派手に動けます。
 比叡山(京都・滋賀)と高野山(和歌山)を同じ日に回ることも可能です。
 昼に和歌山ラーメン食べて、夜は神戸でナイトクルーズなんて使い方もできます。

 名所旧跡、観光地の割引券がたくさんついているのも魅力です。

 ただし、近畿2府4県と三重県では売っていません。

 (詳しくは、スルっと関西協議会のウェブをご覧ください)

 さて、年食ったらどこに住むと聞かれれば、即座に京都か阪神間と答えます。

 ・どちらも平坦地が多い
 ・高収入層が多く、行政サービスが充実している
 ・革新が強く、市民意識が高い
 ・後背地が広く、自然が近い
 ・周辺からの農作・海産・湖産で食える
 ・交通機関は縦横無尽。バリアフリー当たり前。
 ・文化施設も充実

 でも、どっちか選べといわれれば、やっぱり京都。それも洛中。

 この店が、あるからです。

16 

 池波正太郎もごひいきの、イノダコーヒの本店。

 お目当ては、中庭でいただく「京の朝食セット」。
 以前の1050円が1200円に値上げされてしまったのは痛いですが、イノダならしゃーない、と思わせるところがあります。

3_3

 焼きたてクロワッサン
 荒絞りオレンジジュース
 舌がざらつくほど苦いコーヒー
 ふわふわスクランブルエッグ
 塩味の利いたハムソテー
 にんじんグラッセ
 アスパラとキャベツのミックスサラダ
 ネーブル

 いわゆるアメリカンブレックファストなのですが、一つ一つの仕事が丁寧。

 何を頼んでもはずれがありません。

 おまけに。

 新聞読み放題
 従業員ステキ(茶髪いない、敬語完璧)
 追加オーダー迫らない

 極めて居心地がよろしい。

 しかし、秋の行楽日和。長っ尻するのはヤボというもの。

 観光客の順番待ちができはじめたのを見計らって、転進することにしました。

 次は、琵琶湖が見たくなったので、地下鉄に乗って大津へ。

 これやこの 行くも帰るも別れては 知るも知らぬも 逢坂の関

7

 百人一首で知られる「逢坂の関」に挑むのが、京阪京津線という路線です。
 急坂と急カーブで、峠を越します。

 駅も、坂道対応になっています。
 ↓↓↓↓↓↓

6

 ホームが傾いているので、ベンチの両足の長さが変わっています。

↓↓↓↓↓↓

4

 大津側と、京都側とで、高さが数センチ違います。

 もう一つ面白いのは「京都市内では地下鉄だったのに、いつの間にか路面電車になっている」ことです。

 ???????の方は、以下の写真をどうぞ。

 ↓↓↓↓↓↓

9

 京都市営地下鉄と直通している車両が、大津市内では車に混じって、ゆっくりと路面を走ります。
 実は関東でも、江ノ電の江ノ島~腰越で、同様の光景が見られます。

 ですが、地下鉄が路面電車もこなすのは、日本全国ここだけです。

 しかも、路面電車なので、赤信号で止まります。

 ↓↓↓↓↓↓(止まってます)

10

 さて、動き回っているとお腹が空いてきました。

 次の目的地は、ココ

 ↓↓↓↓↓↓

11_2

 先ほどの電車から、京阪石山坂本線というのに乗り換えて、膳所本町駅で降ります。

 徒歩3秒

 大食らいの間では有名な「美富士食堂」があります。
 「看板メニュー」というカツ丼(730円)を頼みました。

 相当、量が多いと聞きました。気分は道場破り。

 どんな凄いヤツが出てくるんだろう。
 たのも~!

12

 ちょっと、あの、なんだ……。

 あまりの多さに、思わず、ひくつく両のほお。

 人は、不意の衝撃には、笑いで対処するしかないのだな。

 大体にして、前の席の方が頼まれたカツカレーが、この盛りっぷり。

14

 こぼれてるよ、ヲイ(;;。

 こんなんばっかり食べてる方のウェブ「テラ飯倶楽部」というのがあります。
 友人がそれ見て、私にそそのかしたのですが…

 数えたわけではありませんが、カツは絶対10切れはありました。
 しかも、厚さ1センチ以上。
 カリッと揚がって、まいう~♪

 ダシもくどくありません。卵もふわふわ。

 でも、だんだん満腹中枢がいかれてきます。

 米も2~3合。どんぶりぎっしりの、アツアツのそれをかき込んでいると、クイズ「タイムショック」で残り数秒と言った感じの切迫感が、目の裏をちくちくいじめます。

 ボクが悪かったです。
 勘弁してください。

 悪戦苦闘20分。
 平らげはしたものの、空になった器を撮影する元気はありません。

 もうろうとしたまま、よろよろ外へ。

 そばの膳所高生は、これを平気で食べるといいます。
 私も10年若ければいけたと思いますが、中年おやじにはもう、あきまへん。

 暴飲暴食はそろそろ、決死の覚悟が必要な年なのだと、実感させられました。

 よく考えてみたら、カツ丼食うの、数年ぶりだった!

 しんどいはずです。普段めったに肉食いませんので。

 ということで、中性脂肪を上げないために、コレを緊急補給。

 ↓↓↓↓↓↓

15

 とてもじゃないが、夕飯は入らんと思っていたら、帰宅したら「ケーキ作ったから食べて」と言ってくるではないですか。

 堪忍してくれ!!!!!!!!!

































Photo

 冗談です。本当のデザートはこっち。

 「なんでアンタだけ、1日遊びほうけてんのよ」という文句を浴びせられること必定だったので、ご機嫌取りに、帰途、京都のフレンチの名店「ガスパール・ザンザン」の、これまた名物デザート「グレープフルーツプリン」をテイクです。

Photo_2

 お後がよろしいようで。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月 1日 (木)

円高第2派

 来たな、という感じです。

 明日は週末のポジ調整も出ますから、結構影響が大きくなるのではないでしょうか。

 ハイジ、85円台に突入しました。
 ロングの良い機会に見えますが、あすの情勢がどうなるかわからないので、値頃感で手出しはしません。

 キウイだけ、64.30、63.30に、それぞれ1万ずつロングしかけました。

 ほんと、遊びです。

 荒れているときには休むのが一番良いですが、ポジポジ病が抑えられないときは、少額で遊ぶに限ります。

 値幅取りに行くと、たいてい思惑と逆行って大やけどを負います。

 素人は、稼げるときだけ出動すればいいと考えます。

 きょうは、コストコへ。

 ご存じの方も多いと思うので説明は省きますが、おいてあるモノのサイズと来たら、どれもこれも米食民族日本人にとっては驚愕モノ。

 ポテチからして、これだ。

 ↓↓↓↓↓↓

Photo

 大きさを比較する適当なモノがないので、アルトリコーダーを添えてみましたが、食欲を失ってしまうほどのメガぶりがお届けできるかどうか。

 アメリカ人は、こんなモノばかり食っているから太るのだな。

 ちなみに、カロリーはこんな感じです。

 ↓↓↓↓↓↓

Photo_2

 ひでぶっ!

 ピザも、50センチ四方の巨大な四角形が1000円。

Photo_3

 こんな国と、戦争してたんだなァ。

 負けるはずだよ、ホント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今晩明晩見ものかな

 慌てなくて良い、と思いつつ、ポジがないとどうしても稼ぎ損ねそうな気がするのをポジポジ病と申します。

 ぐっとこらえるのも、利益を出す一つの道。

 休むも相場という格言があります。

 さて、今晩と明晩、欧米の指標目白押しですね。
 PCE、ISM、中古住宅、バーナンキ証言。

 焦点はやはり、明晩の非農業者部門雇用者数変化、失業率でしょうか。

 横ばい、ないしは改善傾向、というならいいのですが、仮に少しでも悪化しているようだと、景気回復の足踏みが見られると言うことで、リスク回避の動きが強まり、例によって円が買われる展開になるかと思います。

 その場合の下値の目処は、年初来安値の86円台と言われています。

 こればかりは、トレンドラインを引いてもほとんど当てずっぽうです。
 投機筋は仕掛けるときには、個人投資家にとってはやりすぎと思えるレベルまで売買を繰り返しますので、あまりアテにならないのです。

 それでも、損切りラインを自分で設定して闘いに望むのは大事なこと。
 私のように、手動で損切りをかけると、たいてい下ヒゲの最深部だったりして、傷が深くなります。

 あれは、機械にやってもらうのが一番良いようです。

 あす、日本も失業率発表がありますが、仮に悪化しても、円高容認傾向の新政権と、財務内容がさほど悪化していない金融機関の信用度とで、円が買われるのではないかと考えます。

 ともあれ、今週は静観の可能性が高いです。

 稼げそうなときだけ、つまり、荒れてないとき、のんびり出撃しようかと思っています。





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »