« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

危機意識ゼロ

 豚インフルエンザ。
 これだけ大騒ぎしているのに、きょうの大阪、マスク姿、全然見ません。なぜだ。

 当方の乗っていた電車、関空に降りた外国人が神社仏閣めがけて直行してくる路線なのですが、乗り合わせた老若男女、だれも気にかけていないようです。

 病気にかかったら、それこそ真っ先にイチコロになりそうな団塊老夫婦ばかり。
 なのに、大口開けてばかでかい声でおしゃべり。

 テレビを見れば、GW出国の空港混雑。
 マイクを向けられて「アメリカ行ってきます」「長い休みが取れるのがここしかないから、しょうがない」と子連れが答えていました。
 もしも罹患したらどうするんですか?それで抵抗力の弱い子どもに何かあったら?
 平和ボケというべきか、それとも本当のボケなのか。

 中部空港では、機内検疫にしびれを切らした乗客が検疫官に食ってかかったとか。
 日本だから穏やかに済んだかも知れませんが、どこかの途上国だと、射殺されても文句は言えません。前期の親子連れも、帰ってくる頃には警戒レベルが上がっていて、下手すると数日留め置かれることになるかも知れませんが、自業自得です。

 ぜひ、黙って指示に従っていただきたいと思います。

 それにしても不気味なのが中国です。
 あの国の検疫態勢と衛生状態から言って、実はもう万単位で患者が出ているのではないかと危惧しています。
 ただ、一党独裁のお国柄ですから、例によってそれを公表していないだけなのではないかと。いつぞやの新型肺炎騒ぎの時、実態を過小公表して世界的な非難を浴びた前科がありますので、まるきり信用していません。

 それでは、北朝鮮は? どうなっているのでしょうね。

 さて、FOMCは金利誘導目標を据え置きましたが、実質これ以上下げられないレベルにあったので、反動も一時と見ています。

 オセアニアを中心に、一昨日の下げを取り戻す勢いで円安に振れていますが、対ドルでユーロも急伸していることから、ドルはまたいずれ、下げに転じる可能性があります。

 従って、目先の作戦としては、持っているロングを建値+スワップで切り、レンジ上限に近づくまでまたしばらく待っているようにします。

 一方的に円高がトレンドとして回帰することはないと思いますが、チャートを見る限り、右肩下がりは事実です。
 ドル円96~100円のレンジを続けつつ、下値が徐々に切り下がっていく感じでしょうか。

 ショートはキウイで構えてあります。
 利下げ予想が大半なので、どの程度振れるか、楽しみです。

















 きょうは、少し街中にマスク姿が増えてくれることを祈りつつ。














| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月27日 (月)

よりによって

 買ってる通貨の国にばかり豚インフルの患者が出やがります。

 なにか私に恨みでもあるんでしょうか。

 悔しいから、きょうのお昼は断固トンカツにすることにしました。

 いつぞやのSARS騒ぎを思い出します。

 負けてなるものか、トンカツ食ってビフテキ食って、テキにカツ…

 意気込みだけは白球を追う球児なのですが。
 残念ながら、いまや薄給を負う給仕と化しています。

 あした、近所の100均行って、とっととマスク買い占めてこようっと。







| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年4月25日 (土)

疲れちゃうよね

 数日、業務多忙で為替に向き合えなかったのですが、またもや円高驀進。

 PCに触りたいのは山々。
 でも、会社では監視ソフトがある。
 携帯では、チャートが見られない。
 操作性もいま一つ。

 バタバタしているうちに、もう今週の取引が終わっていました。

 結果的に、ツキを拾った形になりました。

 今朝の終値で、ドル安はともかく、オセアニアに関してはクロス円、まだレンジが続いている様子を確認できたからです。

 正直言えば、昨日円高に突進したのを見て、ショートを打っておきたい気持ちがムラムラしていました。
 おそらくはポジ解消の流れとは思いつつも、週末のG7とG20とクライスラーの帰趨を考えると、放置してよいものか、不安に駆られたからです。

 キウイ 54円台後半
 豪ドル 68円台後半
 米ドル 97円

 うーん、いかにも中途半端。
 チャートも見られないし、ジタバタしないのが一番かも。

 昨年の大損傷で覚えたルール。

 暴落時にやたらにポジを増やさない
 そして成り行きで慌てて損切りしない

 どっちにしても、面倒くささが先に立ってしまいました。

 ショート、やーめたっと。

 自他共に認める面倒くさがり。
 本当は稼ぎとは相反するのでしょうが、たまには吉と出ることもあるようです。

 外は大雨。肌寒いくらい。
 すとーぶにお出まし願って、安かったイワシを煮ています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月21日 (火)

97円台切れました

 ドル円の97円台アベレージ4万ポジ、やっと切れました。

 円高のトレンド回帰?そこまで深読みしていいのかな。

 とりあえず、ポジを増やしたい欲望をぐっとこらえ、急落時の画面を見続けることなく、知らんぷりして様子を見ようと思っています。

 成り行きでそんぎって、何百万もの赤をこしらえるのは、そろそろやめにしようと思います。

 戻りの遠からぬ事を信じて。












| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月17日 (金)

難しいところです

 いくつかポジはあるのですが、待って刈り取るか、それとも小さく毎日利食いしていくか、判断に迷うところです。

 ちょこまか刈り取ると言うことは、それだけ毎日FXに割く時間が必要になります。

 もちろん、レポやチャートに目を配るとしても、本業にいそしみながら収入源を補う、という本来の目的からすれば、毎日首っ引きで取り組まなければならないのは望ましくない。

 放置して、決めた利食いのところで刈り取れるといいのですが、一攫千金はなかなか難しいです。

 ロング主体ですが、芳しくないからといってショートを構えると、途端にそれみたことかとばかりに吹き上げるのがいつものパターン。

 経済指標群が落ち着いてきたので、日またぎ、週またぎのポジも(小ロットなら)構えていていいかと思っているのですが、ビッグ3がどうなるか。

 土日に破産法申請をやられると、いまのポジのベクトルでは、またもや爆損含み損。
 決定打は5月末とにらんでいるのですが、そこまで保持し続けるのはパフォーマンスの点でいかがなものかと。

 でも、そろそろ、恒例のゴールデンウィーク上げの時期です。
 今年は円高のおかげで海外に出る人も増えるそうで、そうなると若干は円安に。
 しかし、上げておいて期間中にたたき落とすのは海外投機筋のいつもの手なので、そうそうロングばかりこしらえるわけにも行きません。

 今週ももうクローズに近いです。
 どうしたものかと悩んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月15日 (水)

おおいいねえ

 押し目と捉えてガンガン買います。買ってます。

 突っ張りますだよ、この辺りは。

 GMがどうかなったらどうするのかって?
 悪材料が一つ減るだけ。時代に合わない産業の退場は、かえって好材料です。

 攻め時に見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月11日 (土)

【雑文】補正は自爆テロか

 ニュースを聞いた途端に「財源はどうするんだ」と思いました。

 けさの新聞を見ていて、頭が痛くなってきました。

 予算規模、初の100兆円突破。
 国債発行額40兆円以上。
 税収の2倍以上を借金で賄って捻出する

 だれがどう考えたって、やってくるのはインフレでしょう。それも、超特大の。
 通貨の価値が暴落すれば、借金は帳消しになる。
 それに、介入なき円安を招ける。

 誰が絵を描いたか知らないが、あまりに楽天的で、破滅的な未来図。

 なにより腹が立つのは、新車の買い替えに税金を投入することです。
 特定業界を血税で救済する意味がわかりません。
 また、温暖化を抑えるためにエコカーを推進するくらいなら、公共交通機関の充実と料金低減にこそ、税金を使うべきではないでしょうか。

 与党案では、子ども手当が何種類もありますが、そんなもの不要です。
 世の中から「子ども料金」をなくしてくれさえすれば、可処分所得は一気に増えます。
 ついでに、教育費として支出した分の税額控除を認めさえすればいいのです。

 そもそも日本は、OECDの中で、国家予算に占める子ども・老人・女性関連の支出が少ないことで有名です。
 特に子ども。
 本来、国の未来を担う投資と位置づけて、応分の配分があっていいところ、保護者にになわせているのが現状です。
 高齢者政策も、生活するのに十分な年金があれば、現役のうちから積極的に消費に回すでしょう。日本のGDPの6割は個人消費ですから、それが活性化すれば、必然的に高齢者福祉に回る予算も潤沢になります。

 ここらで発想の転換を図って欲しいのですが、今回の内訳を見る限り、相変わらず土建と大企業へのばらまき中心で乗り切ろうとしているのが見え見えです。

 車は、全く乗らなくても、所持しているだけで月数万円金がかかります。
 私にしてみれば、当方も含めた貧乏人がムリして背伸びした贅沢品なんです。
 そんなものの所有を税金で促進するくらいなら、きょうあしたのコメが食えずに行き場をなくしている失業者を救済する方に直接投入すべきなんじゃありませんか。

 贈与税減税についても疑問です。
 親から金もらったら家建てるだろ?という首相の能天気さは、やはり庶民の生活を知らないボンボンぶりを遺憾なく露呈しています。

 たかが数百万円資金が増えたからといって、建築意欲を促進するとは思えません。
 なぜなら、私たち労働者の日々の収入が不安定な現状がそう早急に変わるとは思えませんから、買ってもその後のローンを払えるかどうか、わからないからです。

 この補正が可決されると、赤ちゃんからお年寄りまで、一人あたま490万円の借金を背負うことになるんだそうです。
 
 しかも、消費税は絶対に上げると言い切っているわけです。

 生活は今後、ますます苦しくなるでしょう。

 外貨を買うしかありません。
 断固、円売りに走ります。

 久々、マネパにも資金を投入しました。
 くりっくではできないコンバージョンがやれるからです。

 元々この国に期待はしていませんでしたが、今度という今度は、ほとほと愛想が尽きました。

 この補正、私に言わせれば、自爆テロです。

 審議未了のまま解散総選挙がやってくることを、心から願っています。





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 8日 (水)

ちょっと冷静になったか

 ここ数日、満載の桜に誘われるように、沸騰を続けていたクロス円も、一休みといったところです。

 レンジの幅がキリ上がっただけなのか、それとも調整が深まるのか、それは素人なのでわかりません。
 でも、小さなポジを淡々と買い下がって、一気に急落したときにスポットで大玉を仕込むという、かつての円キャリー時代には極めて有効だった手段が、意外に使えるのではないかと思い始めています。

 トレーダーの方々は、日々のトレードで成績を残さないと首ですが、私らリーマンは、本業にいそしみながら、携帯に約定通知が届くのをのんびり待っていればいいので、時間に余裕がある分、気が楽です。

 もっとも、昨年、700万円大穴を明けているので、どうリカバーするか、どこでやるか、そろそろ腹を据えないといけないのも事実ですが、撃ち時を間違えると、今度こそ致命傷になってしまうので、慌てることなく、機会を狙いたいと思います。

 それに、サブプラ聞きが完全に収束したとは言えないいま、利食いの水準まで持っているのはリスクという指摘もあります。

 最初のうちは、思わぬ方向に行っても死なないように、小さなポジでとどめておくように、心がけます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 6日 (月)

買うしかねえだよ

 欧州市場前に小さく1万単位ずつ仕掛けておいた指し値の約定通知が、さっきから携帯に連続して届いています。

 ダウの先物安に連れて、クロス円、若干ですが円高に戻しているようです。
 東京市場の沸騰感につられなくてよかったです。

 リミットも、損切りも動かさず、ちまちま稼いでいこうと思います。

 押し目到来でしょうか。

 ならば、あまりレバを上げすぎないようにして、淡々と買い下がっていきたいと思います。

 今年上半期。
 ここでポジを仕込まないと、どうも稼ぎ損ねそうな予感がするのです。

 桜も満開。やる気も全開です。








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 5日 (日)

【雑文】しゃーない買うか

 ミサイルの狼少年に辟易させられた週末でした。

 日頃、反戦主義者を批判し、国税使って情報収集までしてお
きながら、いざ弾が飛んでくるとろくな対応もできない、噴飯
ものの軍隊だったことを露呈した自衛隊。
 そして、結局は騒いだマスコミが悪いと、お決まりの責任逃
れでしのごうとする政治家。

 日頃勇ましいこと言ってる方、平和ボケという言葉の撃ち先
を間違ってませんか。

 ちょっと考えれば、本当に日本領土に撃ち込んで日本人怒ら
せ、パチ関係からの送金をストップさせるようなマネを、彼ら
がやるわけないじゃないですか。
 天下りのおいしさで警察ですら屈服させた集金システムを、
自分で機能不全に陥らせるとしたら、それこそアホですな。

 関西某地方、ソメイヨシノも山桜も、本日満開。
 花見の席、どの車座も、罵詈雑言、罵倒が満開。
 人の悪口抜かしながら飲むと、酒量が上がります。

 ご先祖様へ。
 たぶんもう、この国、戦争できません。
 ご安心ください。

 

 個人的には、今度という今度は愛想が尽きたので、断固、円
売りを始める決意を固めました。

 ソロソロと、少ない単位で構築にかかろうと思います。
 なんとなく、円をたき付け燃料に使っていたキャリーに似た
光景が、始まりそうな予感がします。

 でも、ビッグ3がどうかなると、瞬間的に暴落しそうな予感
もします。それを織り込んで、なお、円売りが続けられるかど
うか。

 オバマが再建案提出の日を切った6月初頭までは、右肩上が
りと見るレポが多いです。
 ドル円、一度98円タッチしてくれると、押し目の納得がいく
のですが。

 押し目待ちに押し目なしとは、よく言ったもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 3日 (金)

ま、いずれ戻るでしょ

 週末と言うこともあり、難しいところですが、ちょっと吹き上げすぎている嫌いもあり、ここから買うのはためらわれます。

 G20の経済対策に期待感、とのことでしたが、500兆円投入といわれても、ぴんと来ません。
 それだけの金額が本当に実体経済に出てくるのであれば、予想されるのは大インフレ。チョコ一箱にリヤカー満載のお札が必要になる時代が、やってくるのかもしれません。

 ミサイルを撃たれても、だから?というレベルまで上がってきてしまっています。

 ということは、ファクトが終わったら、ストン、落ちるのはミサイルではなく、外貨だったということになるといいなと、思っております。

 とりあえず、月曜日、爆裂な窓あけで損切りされるとたまらないので、ロスカットのレベルを考え直してみようと思います。

 102円台後半でもう1本、かましてもいいかもしれません。




 しかし、なんだってこう、ポジを取ると逆に行くのでしょうかな。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

100円超えたか

 ドル売ってる身としてはツライ。
 とはいえ、4万だけだけど。

 ミサイル撃たれてどっと円安に振れたところで、少し大きめに…と妄想を抱いています。

 しかし、94円に突っ込んだら、3日間で7円上げるとはね。

 投機筋も必死です。ということは、下げのスピードも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »