2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

【雑文】やるな新生銀行

 少し回復傾向にあった預金の利率ですが、またもやゼロに近くなってしまいましたね。
 困ったものです。

 小生のメーンバンクはジャパンネット銀行。
 昨年夏ぐらいまで、普通預金でも、利子は年0.4%前後ありました。
 光熱水道費はそれでまかなえていました。

 しかし、いまや0.0いくつのレベル。
 過去の栄光、どこへやらといった感じです。

 さて、キャッシュイズキング、のひどい景況は相変わらずです。
 となると、普通預金よりは利率のいい、安全安心、元本保証の定期預金が俄然魅力的に見えます。
 国債は、土建に使われるかと思うと、気が乗りません。

 どこが一番いま、利率がいいだろうと探していたら、新生銀行が2月10日までの限定で、円定期のキャンペーンをやっていました。

 ネットで100万円以上預けると、1年で1.1%。税引き後0.88%。
 つまり、1000万円預けると、8万8000円。

 割と美味しそうに見えます。

 しかし相手は、めったやたら条件の厳しい仕組み預金の総本山、新生銀行です。
 油断はなりません。

 だまされてはいけないと、約款とにらめっこ。
 「金融商品は、一番小さな字の所から読み始めろ」は鉄則です。
 しかし、どう見ても普通の定期預金。
 使っても良さそうです。

 ここ数年、政策金利はまた限りなくゼロに誘導されるでしょうから、最低2年、遊び金以外は全部この定期で封印しておこうと覚悟を決めました。

 途中で解約しても、結構利率は落ちません。

 いくら動かせるだろうと残存戦力をチェック。
 そうしたら、なんと、来月2日にジャパンネット銀行で作っていた定期が解約日を迎えるではありませんか。

 一気にぶち込んでしまうか?
 いやいやそれは、FPとしても、預金者としても、賢明ではなさそう。

 なぜなら、高金利=信用リスク、が常識。
 ペイオフ食らっても戻ってくる1000万円以内に抑えるべく、しばし作戦会議に没頭しようと思います。

キウイ下落

 NZD/JPY 10万 S 46.09→45.40

 為替差益  \69000
 スワップ  -\3160
 手数料   -\4200

 小計 \61640

 うーふ、両建てのヘボ将棋がやっと一つ、決済できました。

 キウイの下責めが始まったようで、ロング玉はなかなか厳しいことになっています。
 戻り売りで稼ぎつつ、収支トントンになったところで切るしかないですね。

 トレンドに逆らうと、こうなるという悪い見本です。

 でも、コレができるようになっただけ、くりっくは改善されたんですよ、ホント。
 ファーストインファーストアウトのかつては、泣く泣く反対売買するしかなかったですから。

 どんどん稼がなくっちゃあ。

 【現有ポジ】
 USD/JPY 89.20 S 10万
 NZD/JPY 48.94 L 10万



 【過去3年の確定損益】

 くりっく ▲650万4758円 ('07年 ▲64万8810円)
                 ('08年 ▲588万3438円)
                 ('09年    2万8490円)

2009年1月29日 (木)

ドル売り継続

 一部では、円ロングの積み上がりが急すぎて、巻き戻しが起きるという話がありましたが、やはり昨今のドルを取り巻く情勢の厳しさを見ると、とても方針変更できません。

 たった1日で7万人失業。
 そんなニュースが新聞をにぎわせるアメリカ。

 来週の雇用統計を考えると、売り上がって正解なのではないかと思っています。

 ただ、ここ連日、88円後半から90円前半でたゆたっているのが歯がゆくて仕方がありません。

 100ぴぴが取れない、という事実を考えると、下値はやはり固そう。
 下値にしろ上値にしろ、抵抗線を何度かたたいて跳ね返される状況の時は、逆回転するケースが少なくありません。
 もちろん、その逆に、一気に突っ込むこともあります。
 だからこそ損切りが大事なのですが、いずれにせよ、利食いできていません。

 利食いの指し値を50ぴぴ引き上げ、88円60銭にしておきました。

 B1の下限です。
 今晩、ダウがまた上げるようなら、89円に変えます。

 ドル円がまだ穏やかな動きを続けるようなら、91円台に入ったところで、もう1本戻り売りをしようと思います。

 さて、キウイは予想外の1.5%利下げで、怒濤の如く売り込まれ、予想通り46円台に落ちてきました。
 欧州勢がこれから売りにかかるでしょうから、46円のヘボ玉は45円中盤でいったん決済。戻り売りを狙うか、あるいはリバウンドをかけて、少し押し目買いしてもいいと思っています。

 そろそろ、10万1本ぐらい抜いてみたいのですが、どうもいけませんね。

 これから年度末にかけて、山ほど悪材料が出てくるでしょうから、素直に考えれば円買い。でも、円を取り巻く景況の悪さに、どこで注目が当たるか、それも考慮に入れておかないと、と思います。

 それとも、日本経済はもう世界に影響を及ぼすパワーはないとナメられて、安全通貨として逃避先にされるだけか。

 ドルがゼロ金利に近くなっても、即座にドルキャリーにならない理由は、その辺りにありそうな気がします。
 





2009年1月24日 (土)

【雑文】学校休んで塾通い

 私立学校の入試時期と重なるいまの時期、関西の小中学校は、昼間塾に通うため、欠席する子どもたちが増えると、新聞にありました。

 がらんとした教室で、わずかな出席者が黒板の方へ机を集めて、授業を受けている様子の写真が載っていました。

 欠席したあるこの父親に聞くと、「学校は友達作りの場、授業は塾で」と答えたとか。
 ほかの子に、欠席の理由を聞かれる教師も答えようがなくて困っているそうです。

 病欠、忌引。
 そのぐらいしかなかった欠席の理由の項目に、「受験欠」というのができそうですね。

 受験当日の欠席はOK。
 私もかつて、そう言われた記憶はありますが、さて、受験勉強のために欠席する人がいたかどうか。

 そんなことをしたら、ガリ勉君とレッテルを貼られ、イジメられかねませんでした。
 記憶にある限り、そう言う人はいなかったように思います。

 往事に比べれば、堂々と休んで勉強できる。
 いい時代になったなと思います。

 頑張って、お目当ての学校に入っていただきたいと思います。

 東大に京大、六大学。
 いわゆる「いい大学」と呼ばれるところ、旧制ナンバーズスクールを目指すのは、方向として間違ってないと思います。
 なぜなら、払った授業料に見合う講義と設備があるからです。
 コストパフォーマンスの点で、「いい」という評価を受けるのは、同感です。

 でも、就職を見越して大学選びをするのは、ナンセンス。
 「いい大学」だから有名企業に入れる、とは限りません。

 今年、私、就職試験の試験官やりました。
 面接を数回やるのですが、受験生の学歴については、合格するまでわかりません。
 エントリーシートには書いてもらうのですが、試験官に予断を持たせないため、手元に来るペーパーの段階では、空欄になっています。

 就職情報誌やウェブなどと相当情報交換しましたが、どこも同様だそうです。

 200人以上面接しましたが、通したのは2人だけ。
 この2人、あとで聞いたら1人は大卒ですが、もう1人は高卒でした。

 その2人も、最終選考まで残ったかどうか、わかりません。

 民間企業の選考基準なんて、あってなきがもの。
 あえて言うなら「一緒に仕事がしたいヤツかどうか」という点だけ。

 学校の名前で将来が保証されるわけではないと思います。










備忘録

USD/JPY 89.20 S 10万
NZD/JPY 48.94 L 10万
       46.09 S 10万

 書いとかないと忘れてしまうので。

 しっかし、ヘタクソだな~と。
 特にキウイは、バカだな~と。

 とりあえず、ロングに関しては建値プラスαで決済。
 ショートは売り上がり。次は48.09で。損切り54円ぐらいで。

 あした、くりっくが開いたら、仕掛けておこうと思います。

 昨日の欧州オープン辺りで血迷ったんですね。

 オセアニア、どどっと売り倒され、円高へ。
 これはやばい、マジで売り崩しに来たかと、やってはいけない(マイルール)成り行きでポチッとやってしまったのが運の尽き。

 両建ては、利食いをどこでするかが極めて重要。
 さもないと、ロングの損切りだけ引っかけて、バンジーの戻りが建値を超え、結果的にショートも含み損という、往復ゲンコツになってしまうから。

 個人的経験から、戦術なき両建ては、失敗に終わる確率が高いです。

 だから、ある程度深くしておいたのですが、昨日はどちらの決済値にもかからず、45円台中盤で戻ってしまいました。

 流れは、下。
 ロングをうまく損なしで決済できたら、次こそ、年度末へ向けてどしどし円買いに走ろうと思っています。

 円ロングの建玉がたまっているようですが、なに、いつ弾けるかわからないビッグ3だの欧米大手金融機関だのの不安を勘案すれば、円しか買えませんって。

 キウイ買ってるどの口がそういうことをほざくって?

 スイマセン…。オッシャルトオリ。




2009年1月23日 (金)

売り指し値に届かない

 USD/JPY、NZD/JPY、どちらも刺さらず、焦燥感を濃くしています。

 現在、USD=89円、NZD=47円前後。

 チャートではかすっているように見えるのですが、おかしいな。

 それとも、両建て機能、いつの間にか外しちゃっていたか(汗汗。

 キウイは来週、利下げが確実視。1.0%か、2.0%などという幅も噂されている様子。

 それでも、まだ0.1%という我が国に比べれば遥かに高金利なわけで、本邦ミセス・ワタナベ勢のキウイ指向は衰えないと見ています。

 ただ、一瞬売り込まれることは確実なので、それがどこまで下ひげになるか、想像がつきません。

 一応、48.95のロングには、500ぴぴ離した43.95でストップをつけてあります。

 ショートがどの程度相殺してくれるか。
 刺さったところで勝負です。

 ドルは89円台中盤が重いので、89.20でショート弾入れてあります。

 欧州勢が参加してきたら、いったんポジ構築のため吹き上げて、金曜日ですからそのまま落としにかかると予想しています。

 ドル、キウイ。
 どちらも引っかかって円高に向いてくれれば、御の字なんですが。

 なんだか、年明けからこっち、負けモードでヤな感じです。


 








2009年1月20日 (火)

ヤな感じ

 USD/JPY \14962
 手数料 -¥630×2

 小計 ¥13702

 ドル円、売れました。
 でも、円安に傾いている模様です。

 ドル高はオバマのご祝儀相場という話がある一方で、欧州の経済低迷を反映した者という意見もあります。

 リスク回避の動きが加速する中、昨日ポジを取ったキウイは早速含み損。
 建値で撤退できるように、利食いの指し値を変えました。

 基本的にはレンジだと思うのですが、難しいですね。
 戻り売りを待てる神経の太さがあればいいのですが。

【過去3年の確定損益】

 くりっく ▲655万2696円 ('07年 ▲64万8810円)
                 ('08年 ▲588万3438円)
                 ('09年 ▲1万9448円)



しょっぱすぎる

 背黒イワシが安かったので、オイルサーディンを作ったのですが、塩加減を間違えたらしく、非常にしょっぱく仕上がってしまいました(^^;。

 なかなかご飯が進みそうな味です。

 しかし、油をどうしたものでしょう。

 ペペロンチーノの材料にはうってつけ。
 ニンニク、鷹の爪、ローリエたっぷり。
 絡めて食べれば気分はイタ飯屋。

 でも、毎日ペペというわけにも行きません。

 しょっぱい油。
 活用方法ご存じの方、教えていただけるとうれしいです。

 さて、為替もしょっぱいぞ。

 USD/JPY、90円と91円で合計3万、売り上がっては見たものの、値幅1円がなかなか取れません。
 ここ数日は、オバマさん就任のご祝儀相場で、円安に振れるというもっともらしい話が席巻していますが、ちょっと頭をたたいては落とされ、下に行ってはたたき上げられ。

 ドル円に関しては、方向感があるようでなさそうです。

 もしかすると、と思い始めたのがオセアニア。
 特にキウイ。

 格下げをやられたおかげで、ものの見事に下値模索モード。

 でも、47円から51円の間を行ったり来たりしているようです。

 ここなら、一円ぐらい、取れるかなと、仕掛けてあります。
 もちろん、どどんのナイアガラがあるかもしれないから、しっかり40円で損切りはつけてあります。

 そろそろ確定申告ですね。
 また、真っ赤っか~のポ~ニョポニョポニョ為替の子♪の書類、作ることになるのかと重うと、気が重いです。

 ここらで一発、すかっと快音が聞きたくなってきたきょうこのごろです。

 デカポジ、そろそろ行くかあ?






【過去3年の確定損益】

 くりっく ▲656万6398円 ('07年 ▲64万8810円)
                 ('08年 ▲588万3438円)
                 ('09年 ▲3万3150円)









2009年1月15日 (木)

【雑文】マスコミはえぐい

 腰据えた書き込みができず、早や2カ月。
 なぜかというと、風邪もあるのですが、仕事が背中にピラミッドのごとくのしかかっているからです。

 疲労困憊。もはやパソコンなんて、見たくもありません。
 きょうは、ちょっと特別。早く帰れましたので。

 「異業種へ研修に行ってこい」

 上司の一言で、ここ3カ月、取引のあるマスコミに放り込まれています。

 なんか、話聞いてるふりしてればいいんだろう、首相の横でぴーちくぱーちくやってる、学校出たての兄ちゃん姉ちゃんみたいに。
 しょうがない、これも給料のうちだ。

 そう思ってなめてかかっていたのですが、この業界、マジで24時間働けますか、です。
 月月火水木金金。土日祝日お構いなし。
 いったん何かあるとすぐ呼び出されるし、締め切り守らないと怒鳴られるし。
 休日なのに企画のノルマが頭にちらついて眠れません。

 たった20行の原稿が、書けないんです。
 5分のビデオが、編集できないんです。

 ブログの延長だろうなどと思っていたら大間違い。
 本職はこんだけ気を遣って商品にしてるのか~と、いまさらながら、自分の知識不足に頭をかきむしりたくなってきます。
 もう、約束事のオンパレード。

 2カ月たって、さすがに短いものはどうにか作れるようになってきましたが、いわゆるデスクと呼ばれる人たちが、容赦なく削ります。
 おまけに、こちらへ浴びせる皮肉と来たら、辛辣きわまる。
 そこまで言うかというものばかり。

 セクハラはないのですが、パワハラは当たり前。
 極めて体育会的な組織です。

 さすが、言葉と映像で勝負しているだけあります。
 いくつか仕事場を渡り歩いてきましたが、この厳しさ、別格。

 マスコミは、しんどい稼業なんだと実感。
 本職に市民がかなわないのは、この仕事量の差があるせいでしょうか。

 しかも、いやらしいことに、視聴者(読者)ときたら、ちょっと間違っただけでもすぐ広報に電話入れてきます。
 人の名前が違うだの、この書き方はないだの、ビデオの回し方が下手だの。

 そんなに言うならオマエがやってみろよ、と毒づきたくなります。
 いちいちうるさいんだよ、そのぐらい見逃せよ、偏執狂か、このクソジジイなどと思うのですが、もちろん口に出せず。
 しかも、自分もつい数週間前まではそういう受け取り手の1人だったことを考えると、むげにアホ呼ばわりもできません。

 視聴者には、優しくしないと行けないんですと。
 どんだけ精神分裂気味の事を言われても、ハイハイって聞いていないと行けないんですと。

 やっとれません、ばかばかしい。
 というのが正直なところです。

 おまけに。
 給料は普通の企業に比べれば高いかもしれない。

 でも。
 持ち出しが多い。めっちゃくちゃ多い(号泣。

 取材先とのフィフティフィフティの関係を保つために、なにかプレゼントをもらったら、半額返さないと行けないんですと。
 相手はいいですよ、接待費だとかいって、伝票切れますから。

 こちらは、先輩(いまいましいことに年下)に連れられて行っても、あとでその店に戻される。

 「いまの飲み代いくら?」と聞いて、半額を翌日、商品券か何かで相手さんに届けさせられます。

 これ、取材費で落ちるかと始め思っていたら、出ない。絶対。
 ネタになれば請求してもいいが、空振りなら自腹だと聞かされて、頭真っ白。

 いまにいたるまで、請求できていません。

 計算したら、月給の6割ぐらい、そういうお返しで消えてしまっています。
 元の職場にいるときよりも、手取りが少なくなり、家人が目を三角にしています。

 あと2週間で終わりますが、もうコリゴリ。
 一般人がマスコミの真似事なんて、やるもんじゃありません。
 リスクと過労に耐え切れません。間違いなく。

 今度異業種研修に行かされるなら、絶対、楽な公務員を希望します。

 疲れ切りました。

 マスコミ人を見る目が、ちょっとだけ変わりました。









2009年1月 7日 (水)

風邪気味

 どうもゾクゾクすると思ったら、夕方になって発熱しました。

 ただいま38.4度。だんだん上がってきます。

 でも休むに休めない年明け、業務山積。

 カロリーとビタミンではねのけようと、いま、必死に食べ物を詰め込んでいます。

 この時間じゃな~、デブるな~と思いつつも、食わねば病気に負けてしまうと、手当たり次第にやってます。

 町中でも、マスク姿が目立ちます。
 苦しそうに咳き込む方も見かけます。

 皆さん、お大事に。

 為替も、本復までお休み。
 USD/JPY 95.20でショート10万だけ仕掛けてあります。
 今週末限りの注文なので、刺さらなければまた考えます。

2009年1月 6日 (火)

ムッズカシイわあ

 仕事も為替も、きょうから本格的に動き出した感があります

 町を歩くと、年始の挨拶回りの人でいっぱい。

 んなことやらずに、事務所戻ってとっとと稼げよと思うので
すが、昔からの商慣習はなかなか変わらないのでしょうね。
 早々と新年会だとかで、隣のビルの飲食店は夜、大にぎわい
でした。

 本当に、大丈夫か、日本のサラリーマン。
 そんなちゃらんぽらんで。

 為替も、早速なにがなんだかワケワカメ状態。
 ドルが93円台ぶっ飛んでます。
 完全に、仕掛けだな。

 となると、昨日のロスカットは、正しかったわけだ。

 でも金曜日、雇用統計がありますね。

 どうせ、いい結果は出てこない。
 下ぶれも、するだろう。

 ドル売りの方針、間違ってないんじゃないのかな。

 93円台中盤で、もう一回売りをかましてみることにします。

 それでもダメなら、本当に買いに回ります。

 オセアニアが実に美味しそうになってきました。
 次の急落、買いを入れます。断固。

 USD売り、オセアニア買い。

 ビッグ3の帰趨が気になるところですが、オバマ就任の前後
に、そう暗いニュースも出さないだろうという希望的観測を前
提に、少し攻めようかと思います。

--------------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/

2009年1月 3日 (土)

新年一敗目

 USD/JPY 91.50 S 10万
 91.50→91.80 

 為替差損 ▲\30000
 手数料  ▲\3150

 小計 ▲\33150

 うーむ、わずか3分で刈られてしまいました。
 まだ、年末年始のトビッシュな値動きからはずれていないの
かな。

 でも戻り売りのトレンドは変わっていないと思うんだ。
 円安が進むにしても、小浜がもといオバマが就任式やるころ
までがピークじゃないかな。

 とにかく、頑張ろう。
 めげるわけには、いかないんだ。


--------------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/

2009年1月 2日 (金)

【雑文】家を買おうかと

 耐久消費財を買うのは、昔からへっぴり腰です。
 家なんて、一生縁がないだろうと思っていました。

 FXで100万ポジを取るより、度胸がいる(^^;。
 賃貸で大家泣かしながら住んでいる方が気が楽じゃないか。

 しかし、過去例がないほどの不動産市況の冷え込みと聞いてはじっとしていられません。
 好奇心がうずきました。

 とりあえず、情報集してみようと思い、年末に不動産屋へメール。
 そうしたら大変なことに。
 休みも何もお構いなし。
 1日数十件メールが届くようになりました。

 いちいち見ていられないので、気が向いたの以外は即ゴミ箱行き。
 でも、食指が動くのも少なくありません。

 全部見に行かないと行けないんでしょうかね。

 家を買うとき、みんなどう決断したのでしょう。
 体験談が聞きたいきょうこのごろです。

 値段の変動は、見ていて面白いほど。
 同じ物件が、数日たつと100万円ぐらい安くなるケースはざら。
 違う不動産屋だともっと安くなっていたりします。

 ローンは組まない、キャッシュで買うからまけられるだけまけろ、と言ったら、「いっそ土地買って注文住宅はいかがですか」なんて言ってきます。

 駅から徒歩10分、日当たり良好南向き、しかも格安なんて言うので、近くに住んでいる友人に聞くと「あそこはそのうち、目の前に大型トラックびゅんびゅんの幹線道路が通る計画がある」なんて言います。

 そういえば、道路建設反対の運動が新聞に載っていたと思ってスクラップを調べると、案の定、ドンぴしゃ。

 不動産屋もよく見定めないといけませんね。大手チェーンだったんですが。

 同僚に聞いたら、「担当者ボーナス」というのをを利用して、派手にまけさせる手があるようです。
 いわゆるキックバック。
 販売担当者に、値引き額の3割とか5割とか戻すことを条件に、その分引かせる手のようです。

 しかし、担当者にとって見れば、背任行為に当たるので、絶対に口を割らない客でないと無理。しかも、たちの悪い客だと、後で「ばらすぞ」と言われて恐喝されかねない。
 大丈夫、そんなことしません、当方、口の堅さ天下一品。
 小金の欲しい担当者殿、いませんか?

 土地だけ手に入れて、自分で家を建ててしまうというのも悪くない。
 私の周り、結構います。
 しかも、ワークショップとして近所の暇人(オッチャンオバチャン)を集め、受講料取って大工代わりにするという、極悪非道ぶり。
 材料費の幾ばくかはそれでまかなえてしまうというおまけ付き。
 いいと思うのですが、ご近所の目が怖いですね。
 そこまで厚顔無恥になれるかどうか。

 買い時なのは確か。
 急行停車駅前のマンションが、3LDKで2500万円切ってたりします。

 じっくり選ぼうと思います。

年の初めの試しとて

 とりあえず、新年一発、いってみよう!

 USD/JPY 91.50 S 10万

 ピボットS2、抵抗線直球ど真ん中。

 仕掛けて放って、運試しと参りましょう。

 円安気味ですが、なんだか、このまま吹き上がっていくイメージもないんです。
 ユーロドルは派手にドル高に触れてますが、クロス円ではどうですかね。

 夜中に指標もありますし、チャンスは貪欲に狙っていきたいと思います。








2009年1月 1日 (木)

今年は挽回目指します

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 昨年はさんざんな一年でした。
 FXではグロス1000万円穴開けたのを始め、仕事減るわ、給料少なくなるわ。
 コメは買えんわヨメは逃げるわ(この辺ウソ)

 ぶーたれてても仕方がない。挽回や挽回。
 こんだけボロカスにされて、黙っとったら男がすたる。

 いったるど、ゆわしたるど、見とれよ世界中の為替好き!

 でも、勝てるときにしか勝負しない。

 それをモットーに、失地回復に励みたいと思います。

 それにしても、ありがたいのはくりっくの損失繰り越し。
 OTCだと単年で所場代払わされてしまうところ、3年スパンで損益を考えられるのですから、長期戦にはもってこい。

 明けない夜はない。
 回復しない景気もない。

 キャッシュを持っている人間が、いま一番強いのです。

 本業のリーマンも手を抜かず、心機一転、FXも励みたいと思います。

 願わくば、波が少し穏やかになってくれることを。

 みなさまにとっても、酔い一年でありますように。

 もとい、よい一年でありますように。



【過去3年の確定損益】

 くりっく ▲653万2248円 ('07年 ▲64万8810円)
                 ('08年 ▲588万3438円)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

為替パーツ

無料ブログはココログ

ランキング

  • FXブログナビ
    http://fx-blog.jp/pic/fx-blog_banner2.gif
  • 為替ブログボタン
    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ