« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

【雑文】ムショの飯

 いまから十数年前のきょう。

 日本のとある刑務所の夕飯は、以下の通りでした。

 白米ピラフ
 春雨スープ
 エビとチキンフライ
 サケ切り身焼き
 ニシン昆布巻き
 ヒレカツ
 ヨウカン1本の半分
 たいねり
 卵焼き

 盛りそば(つゆネギわさび付き)

 ミカン三個
 袋菓子

 そして翌朝。元日。

 【1月1日朝食】

 麦飯
 雑煮(豚肉・サヤエンドウ・モチ丸二個)
 ふりかけ二袋
 身欠きニシン佃煮
 シャケ缶

 【1月1日昼食】

 おふくろ煮(油揚げの中に肉野菜ひじき入り)
 すき煮(しらたき・とうふ・牛肉・白菜)
 白米
 奈良漬け
 茶碗蒸し
 パインジュース

 【1月1日夕食】

 白米
 アジフライ
 シューマイ
 うま煮(豚肉・タケノコ・にんじん・なると巻き)

 【1月2日朝食】

 白米
 みそ汁(ネギ・卵)
 こうなご佃煮
 サンマ缶
 桜エビ佃煮

 【1月2日昼食】

 牛丼
 きんとん
 卵豆腐
 なます(にんじん・大根)
 袋菓子(ようかん)

 【1月2日夕食】

 麦飯
 オムレツ
 フルーツサラダ(パイン・黄桃・ミカン・リンゴ)
 梅漬け
 あべかわもち
 牛肉缶

 【1月3日朝食】

 白米
 みそ汁(ふ)
 マグロフレーク缶
 赤貝味付け缶
 味付けのり

 【1月3日昼食】

 中華丼
 わかめ卵スープ
 エビチリ
 イカ缶
 ヤクルトみるみるE

 【1月3日夕食】

 白米
 トンカツ
 フルーツサラダ
 みそ汁(なめこ)

 以上「刑務所の中」(花輪和一著・青林工芸舎刊)より抜粋。

 「ムショに戻りたい」といってわざと犯罪を犯す人間が増えているそうだが、無理もない。一般家庭より、はるかに豪華ですね。

 著者も言います。

 「カビの生えたような食パンの耳ひとつまみとクズ野菜のスープでも三日に一度与えれば十分だと思うけどな」

 「悪事をはたらいたのにこんな生活してていいのかな」

 雨風しのぐ部屋も、風呂も、服もある。
 重労働があるわけでもない。
 決まったスケジュールを指示通りこなしていればいい。

 「この法には加害者に対する怨念とか復讐心とかが全く感じられないな」
 「これじゃ被害者はあわれにも泣き寝入りだ」
 「悲しみと憎しみは地球にたまる一方だな」

 この本を読んで、なにか気が抜けてしまいました。
 ムショ暮らし。全然怖くありません。

 出入りが自由にできないという点を除けば、住み込みで旅館に年季奉公しているのと変わらないじゃないですか。

 ただ、被害者になった場合は話が違ってきます。

 これじゃ罰にならない。

 犯罪者は軽重を問わず、全員、絞首刑にしろと叫びたくなってきます。

 こんなので刑期を終えて、しれっと社会生活に復帰されたらたまらない。

 数カ月前、元広島刑務所の刑務官の話が新聞に載っていましたが、受刑者一人につき、年間50万円前後のコストがかかっているそうです。

 きょうもまた、同じようなハレの日メニューが出るんでしょうか。

 同じ大晦日。
 順法精神旺盛な、職を失った人たちは、寒風の中、炊き出しの飯に並んでいます。

 どこか違う。

 来年、必ずやってくる総選挙。
 怒りを、持続させようと思っています。




| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ハイジが高いというが

 対欧州通貨では調整が入っていますが、ドルスイが高いだけに、ここのところ棒上げで来ています。

 ハイジに着目する人は少ないけれど、という触れ込みで、あるレポでこの動きを解説していました。要は地政学的なリスクの高まりが、ハイジを選好する原因になっているという、アナリストなら誰でも書けそうな内容に過ぎなかったのですが、こいつ、意外と性悪女です。

 証拠金の少なさと、ボラの小ささに惹かれて、一昨年から手がけていた私ですが、へたくそなこともあって、何度も煮え湯を飲まされています。
 その逆に、美味しい思いも何度かしています。100万単位でバシバシ抜かせてもらったこともあります。

 クロス円でハイジを手がける人は、大ロットで比較的長期のトレードというのが多かったようです。
 利食いの位置をあまり動かさず、ゆったり構えて待つ。

 それでも私のような素人がほとんど傷を負わなかったのですから、手がけやすい通貨だったといえます。

 ただ、ご承知の通り、それも昨夏まで。
 投機筋にとっては、ほかの外貨商品に投資するときのたき付け燃料になるうえ、欧州全体の不況はスイスも例外ではなく、UBSは巨額赤字を抱え、GDPもさえない。

 今年7月の105円をサミットに、一気に滑り落ちて75円。

 安定したボラはどこへやら。
 子ヤギのユキちゃんと戯れていた少女が、気づいてみれば毒々しいルージュを塗りたくり、ケバい化粧で夜の町に立っていた、というような豹変ぶりです。

 チャートを見れば、いまの水準、なかったわけではありません。

 しかし、105円という水準も、未踏の高みでした。
 そこからわずか三カ月で、ここ10年なかった値段へ急降下するとは。

 為替の恐ろしさを十二分に味わった一年でした。

 いま、ボトムの75円から10円ほど切り返し、7月のトップから引いた下落トレンドラインの三分の一を越えようとしています。

 戻り売りのよい機会に見えます。
 ですが、年末年始で極端に取引量が薄い中、この流れをどこまで信じられるのか。
 イスラエルが地上侵攻したとして、どれほど寄与するのでしょうか。

 仮に噴いたとしても、ワントピックでしかないような気がします。

 さらなる利下げ、むしろゼロ金利を目指しているとも言われるハイジ。

 まして、これから山場の三月決算を控え、ビッグ3だけでなく、各国金融機関がどうなるか、不透明なままです。

 トヨタの赤字や国債の乱発にもかかわらず、それらがマイナス材料視されず、円高が続いているのも、消去法でいえば、そうならざるを得ないのかなと思います。

 安全通貨としてのハイジ。
 でも、いたずら半分に手を出すのは、もう少し控えようと、考えています。








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年12月30日 (火)

誰が何して何とやら

 雨だ風だ雪だ雹だ霰だ

 やっと冬が来たがな~。ワシうれしい。
 酒が飲める飲めるぞ~、雪見酒飲めるぞ~♪

 やっとこひょっとこ休みです。骨の髄までのんべんだらり。

 そういえば為替、どないなっとんかな…。
 ここんとこ指し値みとらんし。

 …うーん、あかん、アルコール回ってもて、小難しいこと考えよらん…。

 去年はこの辺で、108円ぐらいだったドルが114円台まで吹いて、青くなってました。
 ずっと売りポジかましてたので、どないなるかと。

 そうそう、ハイジも100万抱えてました。こっちも売り。

 年明けに円高攻撃が始まって、次々利食いできたのも、いまとなっては遠い昔。
 腰据えた歳末回顧は、あしたにしようと思います。














| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年12月27日 (土)

酔眼朦朧

 御用納めの日ですね。皆様、いかがお過ごしですか。

 私は大晦日まで出ずっぱりです。

 久々に午前0時前に帰宅できたのだけが、救いでしょうか。

 為替でもやるか、どのレポ見ても戻り売りって書いてあるし、と思ったのですが、これまた久々にPCを開けてみれば、スプが広いの広くないの。

 ポン円 40
 ドル円 15
 ユロ円 10

 市場参加者がほとんどいないのでしょうね。

 無理にポジ取る必要もないし、待つことにします。

 マネパが、200万円入金して越年すれば2万円くれるというサービスをやっていたので、入金だけしてお年玉としてげっとすることにしました。

 しかし、先月も同じようなキャンペーンをやっていたので、大盤振る舞いが過ぎるのではないかと心配です。

 プレゼント条件をクリアしたら、すぐに全額出金することにします。

 マネパは信頼に足ると思っていますが、なにせ最近は一寸先は闇。

 キャッシュ イズ キング だからです。



 
 キャッシュといえば、帰りの電車の中。
 窓に金融の広告がありました。

 「10万円を1カ月借りても、利息は1500円で済みました」

 それは、違う。
 ものすごく、誤解を招く。
 利息はそうかも知れないけれど、返さなければならない金額は10万1500円。

 元本分を、どうやって返済するか、計画性がないと借りられない。
 しかし、そもそも計画的にご利用できる人間は、街金から金借りない。

 雇用情勢が厳しさを増す中、冷静な判断力を失って、手を出す人間が増えないとも限りません。
 ややこしい広告は、やめてほしいとつくづく思いました。

【過去3年の確定損益】

 くりっく ▲653万2248円 ('07年 ▲64万8810円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年12月22日 (月)

本当に師走か

 いま、Tシャツとパンツ一丁でPCに向かっています。
 暖房、つけていません。
 室内温度、14度。

 外は風が強いですが、どことなくなま暖かい。
 まるで台風の前触れのよう。

 本当に、いまは、師走なんでしょうか。

 今年はまだ一度も、皮のコートに手を通していません。

 雨が降ってきました。
 普通は雪のはず。

 腹が立ってきました。

 花鳥風月は、日本人の精神安定剤だと思うきょうこのごろです。

 さて、ここしばらく、投稿の間が空きました。

 天気はぬるいのに、仕事がブリザードだからです。
 普段でも、毎日朝8時から翌朝3時までこき使われるひどい職場なのですが、不況のためか、最近長時間労働に拍車がかかっています。

 家に帰れなくなってしまいました。

 どうにか帰宅しても、とてもPCを開けて相場を検討する余力はなく、為替とはここ2週間、ご無沙汰でした。

 大波小波が起きていたのはわかっていたのですが、残念。

 毎日為替と取り組むのは、大変な労力とまめさを要求されるということを、改めて再認識させられました。

 専業の方は、本当に、偉いなあと思います。

 昨夏ぐらいまでだと、「リーマンは1カ月に1本抜けばいいんだよ」などとゆったり構えていましたが、あれよあれよと超絶円高、波状攻撃。

 本業の忙しさに気を取られているうちに、携帯にロスカットメールが届いたのは、私だけではないと思います。

 久々にチャートを見直してみたのですが、最近もひどいですね。
 ユーロドルなんか、特に目立ちます。
 数日前の1.25前後から、一気に1.4越え。
 それで金曜日は400ぴぴドル高に触れています。

 素人はとても対応できません。

 ユーロドルという組み合わせ。
 ポンドルやユーロポンに比べるとまだマシという話ですが、ちょっと手が出ません。

 第一、正直言って、私にはまだ無理なんです。

 クロス円のように「ユーロドル現在1.3」と言われても、「ユーロが1.3ドル」なのか「ドルが1.3ユーロ」なのか、瞬間的に理解できるところまで行っていないからです。

 来年の目標は、まずドルストレートの読み方を覚えることですね。

 今年はもう終わりと思っていますが、念のため、USD/JPYだけに的を絞り、85円と92円でそれぞれ少額、買いと売りを仕掛けてあります。

 日銀砲が撃たれるラインを巡って観測が飛び交っていますが、いずれにせよ、一方的な円高が続けば、一発は撃つだろうと見て、1本だけ狙撃準備をしています。

 ただいま0時半。

 気温はなお、13度のままです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年12月18日 (木)

なんじゃこりゃ

 欧州通貨高爆発。

 ドル安炸裂。

 で、いつまでそのモードが続く?

 欧州通貨、買えるのか?

 バクチだなあ…バクチはやめておこう。

 ドル円の戻り売りだけ、介入に備えて仕掛けておきます。






| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年12月13日 (土)

小さく

USD/JPY 93.00→92.00 S 1万

為替差益 \10000
スワップ    \18
手数料    \420

小計     \9598

 ナイアガラの前に、仕切ってしまいました。

 くー、100万爆弾落としていれば…と思いますが、タラレバはおいしくない。

 ビッグ3への救済法案廃案へ、というニュースを聞いたときには、悲しいかな仕事中。
 ゆっくりトレードする時間もなく、監視ソフトが仕掛けられている勤め先のパソコンでできるはずもなく、指をくわえて超絶的な行ってこいを見つめるだけでした。

 でも、GM筆頭に、これでほぼ、息の根が止まったことになります。

 有力な救済先でも現れれば話は別ですが、トヨタも青息吐息。
 買収に乗り出すようなことはないでしょう。

 車優先社会の瓦解が始まったような気がします。

 当面、戻り売りが吉ですね。


【過去3年の確定損益】

 くりっく ▲653万2248円 ('07年 ▲64万8810円)








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年12月 9日 (火)

うまくいきませんな

 USD/JPY 92.60 1万 L
         ↓
        92.30

 為替差損 -\3000
 スワップ    -\20
 手数料    -\420

 小計 -\3440

 打診買い、と思ったのですが、損切りにかかってしまいました。

 でもまた円高に触れてます。

 どうも、頭が重い。
 不穏な感じがします。



【過去3年の確定損益】

 くりっく ▲654万1846円 ('07年 ▲64万8810円)





| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

手じまいムード

 ドル円、92円台中盤の買い、93円台後半の売り、両方仕掛けてきょうは寝ます。

 どうも、レンジのような気がします。

 思い切って、ユーロドル、ユーロを買ってみたい、このごろです。

 今年は、大穴開けて年末かなあ。







| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年12月 7日 (日)

派遣切り

 出版社で派遣のレイアウターをやっていた学生時代の友人が
、契約期間をあと4カ月残して首を切られました。

 数年ぶりに連絡を受け、「何か仕事ないか」と聞くので会い
ました。

 でも、こちらも採用抑制中。
 派遣さんは1人消え、2人消えの状態です。
 とても新しく雇うどころではありません。

 家族とローンを抱えて困っている。
 なんとしても、今年中に仕事が欲しい。

 そう言われても、空きがないものはない。スマン。
 答えると、では金を貸してくれと言われました。

 友達をなくすことになるので、金は貸さないことにしている
というと、彼、キレました。

 「出せよ、正社員。金あんだろ?」というので、私も頭に血
が上りました。

 コーヒー代は出すつもりでしたが、強盗まがいの言いぐさが
気にくわない。
 自分で払えと言って、席を立ちました。

 辛いときに支えるのが真の友人、とわかっていても、めった
に会わない相手にどこまで寄り添ったらよかったのか。

 いずれにせよ、縁を失ってしまいました。

 帰り道、つらつら思い返しました。

 「一つの会社に縛られたくない」と言って、派遣を選んだの
は彼ではなかったか。
 転職も転社もしないで働き続ける我々友人を「時代遅れ」と
蔑んだのは、彼ではなかったか。

 派遣だろうと何だろうと、その勤め先が不可欠だと思うスキ
ルを身につけさえすれば、どこででも食っていける。
 一つの企業でずっと働くなんて、自分が無能だと言ってるよ
うなもんだ。

 そう、豪語していたはず。

 とらばーゆだ、デューダだ。
 時代の先頭を走っていたはずの彼の零落ぶりは、見ていて痛
々しいものがあります。

 将来の夢をめぐって、学生時代、彼と話しました。

 派遣は確かに働き方の自由というメリットはあるが、調整弁
として使い捨てられる危険性もある。
 転石こけむさずという格言もあるじゃないか。

 とにかく、コメを食っていくのが最優先だった私にとって、
一匹狼になるほうがかっこよく、だれでも起業や転職が可能で
あるかのようにたきつける時代の流れは、どこか作為的なにお
いがしました。
 ただ彼は、そう言う私を、大艦巨砲主義だ、寄らば大樹の陰
的な生き方はしたくないというばかりでした。

 派遣の働き方は、私にしてみれば、若く、時給も安く、自ら
を守る法律もろくに知らず、プロパガンダに踊らされやすい若
造を、安い労働力として搾取するために、頭のいい手配師が考
えたものとしか思えなかった。

 たとえてみれば、日本最大の日雇い労働者の街、大阪・釜ケ
崎の労働形態を、日本中に広めたようなもの。
 いったん派遣で働き始めると、正社員として身分保障されな
い限り、派遣の労働サイクルから脱却できない。そして、その
チャンスはめったにありません。

 結果として、釜ケ崎の労働者と、同じ境遇に立たされること
になってしまいます。

 だから、どこかで破綻する。
 これは、一足飛びに外国人労働者を導入できない財界が考え
出した、カースト制だ。
 分断して統治しろ、は植民地支配の基本。
 金儲けしか頭にない連中が、戦後どうにか薄めることに成功
しかけていたこの国の市民の経済格差を再構築し、一生奴隷で
居続けるしかない層を作るために考え出した悪巧みだ。

 乗せられるヤツはバカだ。
 大企業やゼネコン、政治家のガキが、派遣になるか。

 そう言うと、くだんの友人は私を「サヨ」と呼んだ。

 それから十数年。
 小生の職場にも、派遣さんは少なくない。
 だが、友人ではあっても、同僚としては見られない。
 なぜなら、負っている責任が全く違うからだ。
 同じ仕事をし、同じ責任があったとしても、「いついなくな
るかわからない」という人間に、業績に直結する判断を求める
わけにはいかない。

 そして現に、ある日突然、いなくなる。

 派遣には、だれでもできる仕事しか与えられない。
 時間と費用をかけてスキルを教えても、いついなくなるかわ
からないので、企業が重視するはずもない。

 派遣として働く背景は考慮されないのだ。

 景気がよくて、人手が足りない頃ならそれでも不安は覆い隠
されていた・
 だが、いま、歯車は完全に逆回転している。

 学生時代の不安が的中してしまったことを、心から憂う。

--------------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2008年12月 6日 (土)

ドルが崩れたら

 いま、対欧州通貨でのドル高は顕著。
 ポジも積み上がってますね。

 基軸通貨の地位は揺るがないだけに、各国の保有高も尋常じゃない。

 仮に、ドルが暴落したら、どうなる。

 ペッグ制の中東なんかはまさに石油バブルが砂上の楼閣と化してしまうわけですわな。

 あり得ない話じゃない。
 市場にはすでに、FRBや各国協調ではき出されたドルがたぷたぷ状態。

 一朝事あったら、クロス円は?
 素直に円高になるのか?

 欧州通貨は?
 ユーロやハイジは、対円でショートスクイーズが入ると見ていいのか?
 ならば、いまから円ショートを持っておくべきなのか?

 年末へ向けて、週末もズット出勤。
 なのに、こんなしょーもないことを考えなくてはならないのか。

 気が重いです。







| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おろろ?

 風呂が沸いてないので、思い切って水シャワー。

 覚悟を決めてしまえば、あんまり寒いことないです。
 セッケン塗りたくってごしごし。

 毒皿で、素っ裸のまま風呂掃除。

 なに、水道が止められていた子どもの頃を思えば、体を流せるだけ幸せさ。

 さて、あややや、うへへへへ。
 仕掛けか、指標の反応か、92円割り込むとは。

 ユーロドルではドル買い反応なので、まだそれでも落ちてない方ですかね。

 クロス円、欧州、オセアニアが暴落中なので、ドルの強さがかえって際だっているともいえそう。

 すると、調子に乗ってドル売ると、いかんということか。

 ユーロドルに手を出してみるか…。しかしFOMCも待ちかまえているし、週をまたぐポジはいかがなものか。

 ビッグ3のどこかが弾けるようなことになると、修羅場が待っているし。

 手を出さず我慢し続けるのも、一つの相場なのかも知れません。

 寒気が入ってきているとはいいますが、室内ではまだTシャツで過ごせます。

 本当に、温かい冬です。










| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年12月 3日 (水)

ジャブでもいいさ

 いつナイアガラがやってくるかわからない展開の毎日では、いままでのように大ロット張るのは剣呑きわまりない行為です。

 だから最近は、多くても5万にとどめています。

 FXを始めた頃のロットに戻しました。

 小さなパンチをこつこつ当てて、ダメージを最小限に抑えるディフェンディングがいま、逆にもっとも求められている戦い方なのかなと思っています。

 攻撃は最大の防御ということわざは、状況が自分に不利なときは、まるっぽ信じるわけに行かないんです。

 昨日のダウの下げで、いよいよドル円90円台をうかがう位置につけました。

 年末までに90円割れ達成という声が強いようです。

 今週の雇用統計、そして中旬のFOMCあたりで、とどめを刺されることも考えなくてはなりません。

 きょう読んでいたレポで気になったのが、デリバティブに絡むノックアウトオプションが、円高の加速に拍車をかけないというものでした。

 ドル円が110円の時に、90円で毎月100万ドルを3年間買える、というような商品があるんだそうです。

 ただし、一回でも90円より円高に触れたり、基準日に設定水準を割り込んでいたりすると、その後は仮に110円に戻ったとしても、今度は1ドル200円で月々300万ドルを3年間買い続けなければならない、というような条件が付いているのだとか。

 いったん90円を下回ってしまうと、買い手側の損は莫大なものになります。
 しかし、売り手側にとってはこれほど美味しい話もありません。

 だから、節目の水準や日付では、売り圧力が強まるのだとか。

 90円割れを想定せざるを得ないのも、この辺りにあります。

 デリバティブで140億円の損失が発生しかねないことを公表したサイゼリヤも、まさにこの手の商品で泣いている口でしょう。

 豪ドルを1ドル600円で買い続けなければいけないなんて、むごすぎる。

 同じような涙をこぼしている企業、結構多いんじゃないかと危惧しています。

 55円割ったら、逆に豪ドル600円で売れるという商品、ないんでしょうか。






| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »