« 手出しできず | トップページ | ドル円スワップ逆転 »

2008年11月 3日 (月)

完全に浦島太郎

 関西は雨です。皆様、お元気でしょうか。
 先月末、突然出張を命じられ、一週間ほど家を空けておりました。
 久しぶりの投稿です。

 出張中、気にはなっていたのですが、忙しさにかまけて為替には全く触れられずじまい。
 買おうと思っていたさわかみも、気づけばあっという間に9000円台後半へ逆戻り。
 完全に浦島太郎状態です。

 トンチンカンなのはいつものことですが、ご容赦を。

 昨晩帰宅し、いま起きたところです。
 封切りだったはずの一升瓶が横に転がっているのですが、半分ぐらいに減っています。
 解放感からか、飲み過ぎてしまったようです。

 さて、11月の為替相場は、きょうから本格化。
 勘が戻らないので、基本に立ち返って、新聞とチャートとにらめっこです。

 USD/JPYが、90円後半をボトムに、100円手前まで激しい戻りになっています。

 個人的には、97円中盤ぐらいで抵抗線に跳ね返されて、戻り売りのよい機会を提供することになるのではないかと思っていたのですが、あっさり上抜いてしまいました。

 100円ラインの上をたゆたうか、下を再トライするか。
 なかなか判断が難しいです。

 月末にかけて、ファンド勢の決算が出てきます。
 ファンドマネジャーたちも、例年、12月は取引が低調です。
 年末に積極的にリスクを取りに来るのは、ノルマをこなせていない一部のトレーダーだけという話を、昨年この時期に配られたれぽーとで読みました。

 また、来週は欧州と豪が利下げを予定しているようで、幅にサプライズがあると、変動要因になるのでしょう。

 日銀の利下げによる円安尻押しは、これらの影響で、はげ落ちかねないと思っています。
 日本一国しか介入できず、効果が限定されるため、日銀砲による円売りドル買いはやりたくない、という姿勢が見え見え。

 となると、やはり、円ロングが妥当なのでしょうか。

 このまま、欧米通貨が吹き上がっていくイメージは、どうしても持てません。

 ただ、円を積み上げていたトレーダーが、決算を控えて、どこかで反対売買を大規模に仕掛けて来るであろうことから、底なしに円高が進むとも考えにくいです。

 しばらくは、90円~100円のレンジをたゆたうのかなと、そんなイメージを持っています。

 さて、尻に火がついているのはファンドマネジャーだけではありません。
 かくいう、この私も大変なことになっています。

 今回の暴落で空けてしまった穴は、相変わらず670万円。
 しかも元々、FXで稼ぎ出そうと思っていた今年の経費は400万円。

 つまり、自分に厳しく言えば、1070万円、まだビハインドです。

 なんとかしないといけませんが、焦ってどうにかなる数字ではありません。

 緩やかなレンジであれば、ドル円に1円刻みで指し値を入れ、ある程度の額を稼ぎ出すことはそう難しくないのですが、改めてここ数日のチャートを見ると、相変わらずボラは大きいです。

 証拠金を積み増さない限り、傷める確率が高いようです。

 弾倉に1億も2億もない限り、ボラが大きな中、いつもの100万爆弾で一撃必殺をかますのはデンジャラス。頭使わないので簡単でいいのですが、素人が底値で買って天井で売るというような離れ業ができない以上、別の手の方がよさそうです。

 でも、前述の負債がのしかかっているのは、気持ちいいものではありません。

 デカ張りしたい欲求をどこまで抑えられるか。
 そして適切に撃てるか。

 夕方に向けてしばらく、ポジの方向性を考えてみたいと思っています。

























































【現有ポジ】

●くりっく

  

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 0円
 (円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲665万6520円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

 

|
|

« 手出しできず | トップページ | ドル円スワップ逆転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/24982208

この記事へのトラックバック一覧です: 完全に浦島太郎:

« 手出しできず | トップページ | ドル円スワップ逆転 »