« 戻り売り待ちに戻りなし | トップページ | 給付金と「プライド」」 »

2008年11月12日 (水)

給付金

 いまの日本、税金をいかに効率的に使うかという点に有権者の注目は集まっていると思うのですが、まき散らしが決まったようです。

 一人当たり1万2000円。18才以下と、65才以上には8000円追加。

 随喜の涙をこぼして、自民と公明サマサマ、なんていう人間、本当にいるんでしょうか。
 納税者にとっては、払ったものが戻ってくるだけ。
 個人的には、なんの感慨もありません。

 一過性のこんな線香花火、なにもうれしくない。
 民主のぶち上げている、子ども一人当たり月2万6千円の支援金の方がよほどありがたい。夢想かも知れませんがね。

 しかも、もらうまでには、一騒動も二騒動もあると思います。

 振り込め詐欺、あるやろな。

 二重取り、これもあるやろな。

 年金担保同様、もらえることを前提に、サラ金から借金するヤツもいるだろうな。

 問題は、生活保護世帯や、国民年金、国民健康保険を滞納している人間に対して渡される場合です。

 生活保護は、臨時収入があった場合、支給額からその分引いて支給されることになっています。
 この扱い、どうするのか何も決まっていません。

 年金、国保。
 自治体が独自の判断で滞納分に充てることも、あり得なくはないと思っています。

 支給方法は未確定ですが、仮に市町村の窓口で配る場合、対象者が行くと、滞納分に充てましたと言われておしまい。
 運が悪いと大げんかになるわけです。

 文句があるなら払うものきっちり払ってから文句いえ、と思うのですが、もらえるものと決めてかかっている市民を黙らせるのは、極めて難しい。

 事前に、マスコミをうまく使って、そこのところの線引きをきっちり周知しておかないと、大混乱は必至。

 こんな金が出せるなら、個人にばらまくより、自治体にヒモなしの交付金として配った方がよほど有効に使えるのではないかと思います。

 個人に配ってその場しのぎにするか、将来を見越し、時間をかけて使途を考えるか。
 まさに「米百俵」をほうふつとさせるものがあります。。

 一世帯あたり平均6万円前後になると言われています。。
 この間の米の戻し税も、ほとんど借金返済に使われて、内需を押し上げる効果はありませんでした。
 日本も同じでしょう。たぶん。

 問題は。
 日本の、子持ちの家庭にとって、極めて問題なのは。

 「私に2万円入ったでしょ。お小遣いちょうだい」
 そうコドモが抜かしやがる可能性が大だってことです。

 論破の方法を、いまから考えておかねばなりますまい。
 まったく、余計なことをしてくれます。






|
|

« 戻り売り待ちに戻りなし | トップページ | 給付金と「プライド」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/25272661

この記事へのトラックバック一覧です: 給付金:

« 戻り売り待ちに戻りなし | トップページ | 給付金と「プライド」」 »