« 振り込め詐欺に | トップページ | 手出しできず »

2008年10月26日 (日)

今夕はハタハタ

 ハタハタ。
 しょっつる鍋が有名ですが、単に煮魚にしてもおいしいです。

 Photo
 ちょっと煮くずれてしまったので、写真小さ目でご勘弁。

 腹にたっぷり白子を抱えていました。

 でも、脂の乗りは悪くありませんでした。

 
 白子は、捨ててしまうのはもったいないように思えたので、生で食べたら、意外にいけました。

 そこで、昆布を張っただし汁で湯がきました。
 ネギのみじん切りとともにポン酢であえ、身とは別で一品に。

 安かったです。380円の50%引き、それを2パック。
 オスですから、そんなものですか。
 旬の、卵抱いた雌だと、お値段張ります。

 でも、ご飯が進みます。
 骨ごと食べられるます。
 (丸ごと食えと強制したので)、子どもらのカルシウム補給にもなります。

 アンモニア臭を敬遠する方もいらっしゃいますが、煮るときにショウガを入れれば、だいたい消えます。
 それに、ちゃんと煮きり酒を使えば、大丈夫。
 このタッグで、数日経ったエイでさえ、食べられなくはありません。

 ハタハタぐらいでしたら、もちろん、抑え込めます。

 16匹煮たのですが、意外に好評で、もう半分消えてしまいました。

 物価高のいま。自炊は大切だと思うのです。

 ファミレスで午後のお茶に数百円使うなら、近くの市場で値打ちものをあさる方がずっとリーズナブルですよ。

 余ったポン酒をなめなめ、ブログを渉猟しています。

 来週は、やっぱり、月曜日を見てからですね。

 とりあえず、くりっくの新設定が可能になったようですので、両建てOKにしておきました。
 ついでに、表示される通貨ペアに、ユーロドルを追加。
 ズロチ円、トルコ円、いりません。
 そんな訳わからない通貨、手出し無用です。

 これでやっと、使い勝手がよくなりました。

 昔、ボーランドに行ったとき、金がなくて、ピザパンばかり食っていたのを思い出しました。

 現地の言葉で「ザピエカンキ」というのですが、日本のフランスパンを半分に切ったぐらいのサイズに、チーズとタマネギと、なんだかわからない香草を乗せて、町中どこでも売っています。

 いくらですか、と聞いて、8万ズロチ、と言われ、驚いたのなんの。

 邦貨換算したらいくらだ。

 長考数十秒。
 なんだ、18円か。

 100万ズロチ札を出して、92万ズロチおつりをもらいました。
 財布、ぱんぱん。

 溶けたチーズには目がないので、売っているところをぐるめぐり。
 ある屋台が一番美味しいと言うことに気づきました。

 結局、そこでばかり食べていました。
 ただ、毎回100万ズロチ札出していたので、100万ズロチというあだ名が付いてしまいました。

 散歩がてら、屋台の前を通りかかると、買うわけでもないのに「おーい、日本人!ナントカナントカジュローチ!」と声がかかりました。

 なぜかというと、90年代中盤のポーランドはインフレ驀進。
 外貨を両替すると、ものすごい単位のお札がどしどしやってきたからです。

 街行く人が振り返るの振り返らないの。

 かなわんな、と思い、ズロチを使い切った段階で、ドイツに逃げました。

 さあ、そのズロチ。
 いまいくらなんでしょうね。

 くりっくで見てみたいと思います。





























 

|
|

« 振り込め詐欺に | トップページ | 手出しできず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/24768391

この記事へのトラックバック一覧です: 今夕はハタハタ:

« 振り込め詐欺に | トップページ | 手出しできず »