« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

円高月の猛威

 別にジンクスでFXやってるわけではありません。
 伝説を頼りに取引して、当たった試しがないからです。

 しかし。
 8月は円高月というのは、どうも傾向としては正しそう。
 ここ10年のうち、9回までが、該当します。

 一週間ほど、全国出張していて、まったく書き込みができませんでした。

 ポジは携帯からチェックしていたのですが、あまりの忙しさに、取引は完全クローズ状態。

 金曜日の円高爆撃も、当然、ノーチェック。

 いま気がついてみてみれば、ウヒハホヘ。
 大赤赤字の、真っ赤っか。

 ハイジは懸案だった99円を割り込み、98円台に。

 ポジ指定決済機能さえできるなら、もちろん売りをかます局面でしたが、くりっくはあいにく、まだ両建て不可。

 両建てについて否定的な意見も多く見られますが、変動局面で、手持ちのキャッシュを増やす手段としてはあってもいいと思います。

 引値は98円88銭。
 買うか、買わざるか。

 年後半の重要ポイントです。長考しています。

 昨年は、悪夢の8月17日に、ここから92円へ落ちました。

 ただ、金融機関の破綻や、ファンダメンタルの悪さに伴う円高劇ではありませんので、今回は構えてもいいのかなと思い始めています。

 97円台後半になったら、一つ石を置いてみてもいいかもしれません。

 しかし、とりあえず、いったん、100円台に戻ってくれることが前提。
 99円90銭。

 いかにも中途半端なところで構えてしまったものです。
 スワップの蓄積状況をにらみ、元値撤退でも構わないと考えています。

 はや9月。
 昨年はこの辺りから、ハイジの戻り売りで爆益をいただきました。

 同じ手が何度も通用するわけではありませんが、年後半、相対的に欧州通貨の弱さに焦点が当たりそうです。

 前半とはうってかわった相場局面。

 ジンクスが何度も通用するわけではない、ということは前提に、金を働かせてみたいと思っています。



【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 CHF/JPY 99.90 50万 L

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1910円
 (NZD/JPY ±153円 CHF/JPY 38円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲22万9280円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円














 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月24日 (日)

くりっくやっと改善

 税金のことを除けば、あまりメリットのなかったくりっく365が今秋、ついに改善されます。

 ・決済建玉指定OK
 ・両建てOK
 ・クロスドルカレンシー追加
 ・クロス円カレンシー追加

 これで、手数料引き下げ合戦になったら、もう、OTC使う意味、ありませんね。

 天下りの巣窟だろうと何だろうと構いません。
 よほどのことがない限り、くりっく一本槍で良さそうです。

 ただ、まだ改善点は、多々あります。

 ・蓄積スワップでの新たな建玉
 ・現受け
 ・未決済建玉のスワップ引き出し
 ・証拠金の一律化
 ・およびその引き下げ
 ・週末のログイン不可時間の短縮

 この辺が、ぱっと思いつくポイントでしょうか。

 なんにせよ、積年の使いづらさが解消されるのは慶祝至極。

 よ~しパパ、記念にどっかん、デカポジたてちゃうぞ~
 面白半分に、ランドなんて買ってみようかな~

 ……なんて、バカやってるから、泣きを見たこの夏。
 まもなく8月も過ぎようとしています。
 これといって大きなトピックのないいま。
 どこまで走れますことやら。

 






 



【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 CHF/JPY 99.90 50万 L

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1910円
 (NZD/JPY ±153円 CHF/JPY 38円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲22万9280円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円













| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

うーん(゜レ゜)

 一瞬、ひやりとしたハイジの急落。どうにか100円台に切り返して、NY引けたようです。
さすがに、旗色悪い欧州通貨。売り込みすぎたのでしょう。戻しも早かったです。
原油次第ですが、ドルへの資金流入は、ちょっと止まらなさそう。
円高月のジンクスば、欧州通貨に働いたようです。
来週は、決済できるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月21日 (木)

およよの全面戦に

 CHF/JPY 99.90 50万 L

 バカの一つ覚えで、ハイジで全面戦争に突入してしまいました。

 ロング構築して納得できるレベルは97円台なのですが、ここ数日のたゆたい方からいって、100円~100円60銭がレンジかと踏んで、そのちょっと下辺りに仕掛けておいたのです。

 ところが、じりじり下がってきたハイジ。
 あっという間に、指し値突破。

 まだまだ下げまくり、いまや99円前半に。

 くわあ、どうしてポジると逆行くんだこんちくしょー。
 そう歯がみしつつも、プラススワップのロングの気安さ。
 ナンピン前提に、97円90銭にさらに50万指し値を入れ、捲土重来を期しています。

 やっぱり、100万爆弾は、きな臭さから言って、落とせなかったんですよね。

 とにかく、戻り売りが吉だと言うことを、知れただけでも収穫でした。

 じっと待ってみたいと思います。







 



【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 CHF/JPY 99.90 50万 L

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1910円
 (NZD/JPY ±153円 CHF/JPY 38円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲22万9280円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円














| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月20日 (水)

ヒグラシは鳴くものの

 夏ばてを防ぐには、三度三度の食事が大事。
 でも、一人では、一汁一菜、食べる気がしません。
 いきおい、酒とアテで、ごまかしてしまいます。

 結局、夏ばて、解消できずじまい。
 仕事もいまひとつ、トラブル続き。

 夏ばてをやっつけるためには。
 一人でメシを食ってはいけないのだと、改めて気づかされました。

 腹ボテの家人。
 どこへ行ってしまったのでしょう。
 いちいち聞きませんけれど、ちょっと心配です。

 欧州通貨安が進んでいます。
 ユーロは若干、対ドルで巻き戻しているようですが、スイスは下がりっぱなしの気配。
 どこかでいったん、逆回転がかかると思いますが、大きな流れはドル高。

 原油相場に左右される相場です。
 下落が続くなら減産すると、ベネズエラが脅しをかけてきたようです。
 OPECとしても、高止まりは願ったりかなったりでしょうから、実は苦虫をかみつぶしているはず。
 減産合唱となれば、また原油が暴騰を始めるかも知れません。
 そうなると、ドルはどうなるか。
 いちおう、ドル安に歯止めがかかっているので、相殺されるのではないかと見ていますが、資源は本当に、読めません。

 ハイジが100円を割りそうで割らない状況が、ここ数日続いています。

 明確に割って引けてくれれば、99円割れを待つのですが、100円でじたばたしていると、ロングを取ったらいいのか、噴き値を売るまで待たなくてはならないのか、どっちつかずで困ります。

 とりあえず、読みとは逆に言ってもそれほど響かないジャブとして、99円90銭で10万、ロングをかましておこうと思います。

 噴けば売り、落ちれば買い。

 ちょこちょこ勝ち癖をつけておかんと、あきまへんな。






【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1530円
 (NZD/JPY ±153円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲22万9280円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月18日 (月)

今週の想定

 USD/JPY 108.60 106.80 104.80 all 10万 L
 CHF/JPY 102.40 S 100万 S

 以上、指し値を仕掛けてあります。

 ドル高、まだある程度、進むと思います。

 でも、上下がないと稼げないのは機関投資家の常、
 2~3円、幅が出てくると思います。

 ゆっくり、待ちます。

 対照的に、攻めてもいいと思っているのはハイジ。

 9月の利上げが予想されていますが、もしも、ユーロに追随して、消滅したとしたら。

 いつもの97~100円でたゆたうおとなしさへ、回帰すると思います。

 とりあえず上値で待っておいて、99円を切ったら、ロング転換します。

 先週は、ぼちぼち稼げました。
 今週も、行ければ行きたい物です。

 仕事しつつも、働いてくれる金。
 筋トレ、いや、金トレ。

 FXオリンピックめざし、がんばんなくっちゃ。



 


【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1530円
 (NZD/JPY ±153円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲22万9280円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円
















| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年8月17日 (日)

人に頼らないからこそ

 「これこれこういうポジを取ったのだが、正しいだろうか」
 「こういう通貨を買っているのだが、今後はどうなるだろうか」

 雑誌やブログ見ると、そういう質問にこたえるコーナーがありますね。

 いつも、疑問に思います。
 自分で考えてこそ、おもしろいと思うんです。

 なんで人に聞くんでしょう。
 ポジは、取ってしまえば、あとは利食いするか、損切るか、どちらかしかない。
 不安になるほど、とんでもないレバレッジでやっているのでしょうか。

 それとも、損することそのものにおそれを抱いているのか。

 仮に益が出たとしても、ナンセンスです。
 人に指南されて当てた物は、たぶん、ラッキーなだけなんじゃないかなと思います。

 パチで、この台出るよと言われて、大当たりを出したような物かな。

 為替の場面は、千差万別。

 いちいち人に頼っていたら、絶対そのうち、痛い目見ますよ。

 損切りする場面を考えてご覧なさい。
 人の意見を基にしたポジを切るのと。
 自分の判断で持ったのを切るのと。

 どっちが悔しいと思います?

 利食いも、同じ事。

 自分の運命、自力で切り開く方が、ずっと価値あると思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月15日 (金)

少しだけ決済

 先日のドル円が決済できました。

■約定情報
約定価格:
110.30
約定数量:
10
約定成立時刻:
14:06:29

■注文情報
注文番号:

商品:
米ドル/円
注文手法:
Done
執行条件
指値
注文価格:※1
110.30
売買区分:

注文数量:
10

 グロスの上がり

 為替差益 70000
 スワップ    2780
  手数料  -4200

 小計 68580円

 ドル高の流れに身を任せ。

 まだまだ完済は遠い。
 借金、どんどん埋めなければ。

 きょうは雨のハズでしたのに、一滴も降りませんでした。
 残念。暑いですなあ。

 


【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1530円
 (NZD/JPY ±153円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲22万9280円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月13日 (水)

ドルをちょっと






 仕事があまりうまくいかない一日だったので、ポジ報告のみ。

 USD/JPY 109.60 10万 L

 110.30で売り指し値仕掛けてあります。
 そのうち刺さるでしょう。

 あ~あ、酒がまずい。









【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

 USD/JPY 109.60 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 2110円
 (NZD/JPY ±151円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲29万7860円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円


















| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年8月11日 (月)

神戸ブティック買い物地獄

 先週のドル円爆上げで稼いだ家人。
 神戸は元町へ大名道中としゃれ込みました。

 負けが込んでいる私。頭が上がりません。
 夏ばて気味で、気が進みませんでしたが、「ご飯、おごったげるわよ」の一言でパブロフの犬状態。
 酷暑の中、まるっぽ一日、荷物持ちを務めさせられました。

 インフレ、資源高、不況、なんのその。
 靴、スカート、ブラウス。
 エスニック料理に洋菓子、和菓子。

 買うわ食うわ止めどなし。

 はたと気づけば、勝った額をはるかにオーバーしているではありませんか。
 へとへとの相棒は、ただいま、怒りをキーボードにぶつけております。





 学生時代から着てるTシャツとジーパン、そろそろ替えてもいいですか?









 早く寝ないと、あすの相場におつきあいできないので、適当に。










 さ~て、来週の為替さんは♪

 ユーロで~す。
 グルジアでいきなり戦争が始まっちゃいました。
 ユーロ圏の地政学的不安定さがクローズアップされちゃって、困ってます。
 利上げも当面ないって内輪話、ばれちゃいましたし。
 うちの景気もまずくなってきてること、表面化してますし。

 来週も、派手に売られちゃおうかなって、思いま~す。

 じゃ~んけ~んぽん! うふふ。




 だめだ、不調です。元に戻そう。

 じゃ、売れるか? というと、ぶぶー。
 やっぱり、売るんだったらユーロより、ハイジ売りたい!

 ユーロで100万は扱いたくありませんが、ハイジなら、ありかな、と。
 証拠金を傷める度合いが、相当少なくなるからです。

 103円まで戻ったところでかかるように、指し値を入れてあります。

 ドルも、半値戻しを達成したところで、どっちつかずの様相。
 右肩上がりの上げだったので、警戒感も出ているようですが、原油の歯車が逆回転しない限り、ドルへの資金流入は止まらないと見ます。

 稼げるところへ流れるのは金の常。
 原油で繰り広げられていた「理不尽な上げ」というやつが、ドルにも波及しただけかなと思っています。

 改めてトレンドラインを引いてねらいを定めてみたのですが、目先上げてもあと1円~2円という感じです。
 戻り売りか、あるいはワンチャンス待って、押し目買いに徹するか。

 どっちかというと、ロングの方が、吹き上げに巻き込まれるリスクと、マイナススワップの増加にイリテートな日々を送らずに済む分、いいかなと思い始めています。

 ただ、欧州通貨、オセアニアが総じて円高に向いているいま。
 ドルまでもが対円で売られるようなことになると、昨夏の悪夢が再来しかねないのがいやらしいところ。

 金曜日の円高劇は、まだ序の口ではないかと、個人的には恐れています。

 売るか、売らざるべきか。

 考えすぎると、波平ヘアスタイルになってしまいそうで、怖いです。




【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1630円
 (NZD/JPY ±163円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲29万7860円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月 9日 (土)

ベストセラーは10年寝かす

 FXをやり始めた動機の一つに、好きなだけ本を買いたいというのがありました。

 ほしいと思っても、新刊本、そうそう買えません。
 いきおい「ブックオフに105円で並ぶまで、我慢しよう」となってしまっていました。

 でも、本音では、手当たり次第、買ってみたい。

 岩波新書、ブックレット、みすず書房、明石書店、草思社…。

 いいもの次々。ありがとうございます。
 でも、一冊2000円では、一冊しか買えません。

 「父が子に語る世界歴史」(ネルー)。
 行きつけの本屋で見て、食指がむずむず。
 でも、全7巻。揃えると、1万数千円飛びます。

 「信仰偉人伝」全16巻。
 古本屋から入荷したと連絡がありました。
 でも、2万円。
 いま買えと言われても、負けてるんでちょっと、と答えるしかありません。

 それでも、こういった本は、何とかして買ってやろうと思います。
 だから、FXやる上で、まだ動機付けにはなります。

 ならないのが、最近のナントカ賞を取った作品のいろいろ。

 「乳と卵」「私の男」
 読みません。

 「蹴りたい背中」「蛇にピアス」
 まだ読みません。

 たとえば芥川賞のこれら。

 少なくとも、10年、寝かせておくことにしています。

 10年たって、まだその作家が高水準の作品を書き続けているようなら。
 そこで初めて読み出すことにしています。

 だから、私がいま読んでいるのは、大江健三郎、辺見庸、小川洋子、花村満月、この辺り。

 10代20代の人間が、勢いと運で引き当ててしまった(ように見えなくもない)場合。
 大枚はたいて新刊本を買うには、ためらいがあるのです。

 いま、タレントも、歌手も、作家も、ものすごい勢いで消費されていきます。
 半年経てば、もう過去の人扱いされてしまいます。

 文芸作品もしかり。
 作家に鞭浴びせ、工業製品のようなペースで送り出されてくる作品を、一つ一つこちらで精査するのは難しいのです。

 ブログ一つ書くにしろ、それなりの手間ひま費やさざるを得ません。
 まともな作品一つ紡ぎ出す作業が、そんなに簡単であろうはずがないのです。

 となれば、あとは時間というフィルターに任せて、放置しておくしかありません。

 ハリー・ポッターのシリーズ。
 完結したらしいので、あと10年経ったら、読み始めてみましょうかね。
 図書館ではいま、100人待ちらしいのですが、10年も経てば、状況は変わっているでしょう。

 読むに値する本かどうかわからないときには、放置しておく。

 これに限ります。

 ただし、新書は、アップツーデイトな知識の源泉。
 生活にも、仕事にも、読まざるを得ません。
 新書でベストセラーって、「品格本」ぐらいしか思い浮かばない。
 だから、こちらはどんどん読み飛ばすことにしています。

 家の近くの図書館。
 購入予算が余っているらしく、頼むと頼んだだけ買ってくれるので、嬉しい限りです。





| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

流れは完全にドル

 臥薪嘗胆、じっと待っていた親父殿、おめでとうございます。
 ユーロドル、280ぴぴ下げ。
 原油相場下落に伴うドル復活。
 これまで商品市況に流れ込んでいた資金が、いっきにドルへ向かった感があります。

 今後はしばらく、ドルがもてはやされることでしょう。

 売らなくて、よかった……。

 今日の午後。
 109.90まで吹き上げたところで、どっと買いを出そうか、迷いました。

 しかし、きょうは金曜日。
 ポジを軽くする日ではあっても、作る日とは思えない。

 対欧州通貨で選好されても、買われすぎのサインは出ている。
 いったん、押し目を待つのがよさそう。

 そう思って、銭湯に行ってしまいました。

 湯上がり。

 携帯でレートをチェック。
 109.60。

 ほら、やっぱり、109.95が天井だったんだ。

 108円台になったら、また考えよう。

 帰って、いっぱいやって、寝てしまいました。

 絶賛睡眠障害の中年親父。
 この時間に起きてしまいました。
 やむなく、レートチェック。

 ……当たらないと思っていた素人判断が、当たってしまったではありませんか。
 110円、軽々突破。

 もう、こりゃしばらく、降りてきませんね。

 ファニーメイの決算が、逆流を招きかねないと思っていたのですが、悪化は織り込み済みの範囲内だったようで、これも大して波乱を起こさなかったようです。

 となると、これまでの原油バブルが、ドルバブルに移行しただけ。

 欧州通貨、特にユーロは下がる。下がる。どんどん下がる。
 でも、この子とは、もう遊びません。
 気まぐれすぎるからです。

 ハイジ。
 久々101円台に。
 返す返すも、持っておけばよかった400万。
 しかし、精神的にもきつかったし、マイナススワップが、今日まで持っていたらおそらく100万円越していたと思うので、ナンセンスでしたね。

 100円割ったら、下でおもむろに、ロングを構築すればいいと思います。

 それまで、お休み…できるかな。
 売っちゃおうかな。
 でも、たいてい、売ったとたんに反転するんですよね。

 どうしたもんかな…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月 8日 (金)

なんか凄いのが来そう

 昨年も、この辺りから、大動き始めたんですよね。

 ひょっとすると今年も、なんて思ってしまいます。

 ミセスワタナベがお盆でお休みの頃、決まって大波を起こすファンド群。

 休み中で、しかも損切りをろくに仕掛けていない外貨預金的人間が多いので、ロスカット巻き込んであっという間にたき付け燃料に。

 そして、9月にはいると、何事もなかったようにまた、元の動きに収まる。

 パターン化してきた感があります。

 きょうの円高。
 ナイアガラの前触れか、それとも単なるアヤか。

 どちらかというと、前者のような気がしてなりません。

 欧州通貨、きな臭さプンプン。
 ハイジ、103円台なら売りたいですが、102円だとまだ、抵抗線引っかかってません。
 ユーロはハイジ以上に悪い子なので、これも、無視。

 さて、ロンドンはそろそろ、早起き組がやり始めますかな。

 イッツア、ショータイム!










 あ、マネパのポジ。ロスカットされているではありませんかorz
 帳面だけつけておこう。
 損失繰り越しもできないOTC。
 今秋、くりっくがシステム改善したら、どう対応するつもりなのでしょう。
 もともと3万円しか入れてませんでした。

 NZD/JPY 79.98 1万 L 77.26 -27200 2488



【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1630円
 (NZD/JPY ±163円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲29万7860円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円











| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メダル期待薄かな

 サッカー男子は敗北発進だそうですね。
 あきらかに格下のアメリカ相手にこのていたらくですから、あとが思いやられます。
 昨日の新聞だと、10個取れるか取れないか、と言っていましたから、夜っぴてテレビに張り付いている必要はないのかも知れません。

 アテネの時は、時差の関係で、みんな睡眠不足になりましたよね。

 さて、吹き上げきったドルを売るかと思ってみたのですが、どうも、チャート的にはうまくありません。

 まだもう少し、上昇余地がありそう。
 かといって、取引量が少ないいま、買えるかと言えばなかなか買えず、押し目を待っている状態です。

 ハイジは惜しかった。
 104円で売りを刺しておいたのですが、103.80で反転してしまいました。
 しかし、下値が徐々に切り上がってきている状態なので、期待が持てます。
 ファンダメンタルでいきなり104円台に乗せてくる理由がやや薄れていますが、アヤをひっかければそれでよし。

 ゆっくりまとうと思っています。

 キウイはほとんど放置プレー。
 「スワップ重視」の看板を汚さないために、意地で持っているようなものです。
 しばらくは、下値余地を探る展開になるでしょう。

 いずれにせよ、本日は飲んでしまいました。
 手を出さずに、週末を迎えることになりそうです。











【現有ポジ】

●マネパ

 NZD/JPY 79.98 1万 L

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1630円
 (NZD/JPY ±163円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲29万7860円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円














| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月 6日 (水)

少し反撃

 CHF/JPY 103.30 S 50万

 昨日、未明に刺さり、午後に102.78で仕切りました。
 どうせなら、マイナススワップつかない、当日中に利ぐえればよかったのですが、欲張りすぎでしょうか。

 為替差益    26万円
 スワップ   -2750円
 手数料  -2万1千円

 小計 23万6250円

 いまは、難しいですね。
 ドルを買いたいですが、どうも上値が抑えられていて、信頼が置けません。

 かといって、オセアニアを売るには、マイナススワップがきつすぎて、精神的に参ってきます。

 カナダは手がけたことがないので、不得意通貨には手を出さないという原則に則れば、ノータッチ。

 くりっくはペアが少ないせいもあって、こうなると、ハイジしか選択肢がなくなってきます。

 戻り売りをちょこちょこかますしか、なさそうです。

 昨年来のトータル赤字、100万円切ってきました。
 

【現有ポジ】

●マネパ

 NZD/JPY 79.98 1万 L

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1630円
 (NZD/JPY ±163円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲29万7860円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月 4日 (月)

中国でテロ

 「カシュガルで自爆テロ、中国警察官16人死亡」ですって。

 かないませんなー、ホンマ。
 五輪、本当に、大丈夫でしょうか。

 平和の祭典とよく言われますが、その期間だけ戦争やめます、というお人好しばかりなら、この世はなべて平穏無事。
 そんな頭の冷えた人間が少ないから、世界中で殺し合いが絶えないわけです。

 現実問題、世界中のVIP、トップアスリートがやってくる五輪。
 ミュンヘンの惨事をひもとくまでもなく、テロの標的としてはこの上なく魅力的です。

 北京には140万人も防衛要員が配置されているようです。
 中国お得意の人海戦術というやつなのでしょう。
 でも、人がどんなに多くても、死を覚悟したテロリストには無意味。

 荷物として爆発物を持ち込まずとも、社会混乱を招く手段はいくらでもあります。

 ウイグル、チベットで進む民族浄化。
 エスノ・セントリズムがいかに、自分たちの生存の安全を脅かす思想であるか。
 我が身を持って知るがいい、田舎ものども、と、意地悪く見ています。

 さて、混乱、とくれば、買われるのはハイジ。

 どらどら、どうじゃ~、104円台、戻ってくれるようなこと、ないかな、と見てみれば。

 ポンドを除く全通貨、円おいてけぼりに。

 欧米のトレーダーが夏休みに入り、取引量が減る8月。
 値動きが激しくなりやすいのですが、早くもその片鱗を見せているようです。

 戻り売りしか、ないでしょうね。
 ハイジは結構。9月の利上げを考えても、104円台なら、戻り売りOKです。

 でも、USDは????????????????
 チャートを見てみると、200日と、25日・75日の移動平均線が、ゴールデンクロスしかけています。

 下手に売りをかますと、とめどない吹き上げに巻き込まれそう。

 USDは押し目買いに徹した方がよさげです。

 ということで、お盆の大出費時期を前に、まだ一銭も稼げていません。

 いやはや、赤字分を埋め、しかもレジャー費を稼がないといけない。
 この状況ではなかなかきついですね。




【現有ポジ】

●マネパ

 NZD/JPY 79.98 1万 L

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1630円
 (NZD/JPY ±163円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲53万4110円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月 2日 (土)

ドル円しぶとい

 雇用統計。どっちつかずだったのですか。くぅ~、なんてこった。

 移動平均線の106.70付近から、1円刻みで打っておいたのに、かすりもしないとは。

 107円台なら、目をつぶって売買しろというお告げなんでしょうかね。

 昨日も、107円20銭程度までしかさがらないところを見ると、ドルへの期待感は相当あると見てよさげ。
 しょうがない、黙って買いに回りましょうか。

 対照的なのがオセアニア。

 オージーははでに、2週間ぐらいで104円台から100円すれすれまで、バンジー状態。

 キウイもですが、金利先安感があるとはいえ、対円での金利差は厳然としてあるので、どこかで反転すると思います。

 ただ、そのボトムがどこか、ちょっと恐ろしいです。

 オージーにしても、今春までは、平気で90円台前半をうろうろしていたわけですから、いまの水準が高いか安いかといえば、明らかにまだ高いわけです。

 キウイも、月足で見れば、徐々に中立点接近。

 つまり、クロス円。
 ドルは買え、それ以外は円を買え。

 そう言われているような気がします。

 ただ、8月は割と、ドルも下げやすいんですよね。

 そうなると、戻り売りがやはり、吉なのかな。

 どうしたもんでしょか。

【現有ポジ】

●マネパ

 NZD/JPY 79.98 1万 L

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1630円
 (NZD/JPY ±163円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲53万4110円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »