« 流れは完全にドル | トップページ | 神戸ブティック買い物地獄 »

2008年8月 9日 (土)

ベストセラーは10年寝かす

 FXをやり始めた動機の一つに、好きなだけ本を買いたいというのがありました。

 ほしいと思っても、新刊本、そうそう買えません。
 いきおい「ブックオフに105円で並ぶまで、我慢しよう」となってしまっていました。

 でも、本音では、手当たり次第、買ってみたい。

 岩波新書、ブックレット、みすず書房、明石書店、草思社…。

 いいもの次々。ありがとうございます。
 でも、一冊2000円では、一冊しか買えません。

 「父が子に語る世界歴史」(ネルー)。
 行きつけの本屋で見て、食指がむずむず。
 でも、全7巻。揃えると、1万数千円飛びます。

 「信仰偉人伝」全16巻。
 古本屋から入荷したと連絡がありました。
 でも、2万円。
 いま買えと言われても、負けてるんでちょっと、と答えるしかありません。

 それでも、こういった本は、何とかして買ってやろうと思います。
 だから、FXやる上で、まだ動機付けにはなります。

 ならないのが、最近のナントカ賞を取った作品のいろいろ。

 「乳と卵」「私の男」
 読みません。

 「蹴りたい背中」「蛇にピアス」
 まだ読みません。

 たとえば芥川賞のこれら。

 少なくとも、10年、寝かせておくことにしています。

 10年たって、まだその作家が高水準の作品を書き続けているようなら。
 そこで初めて読み出すことにしています。

 だから、私がいま読んでいるのは、大江健三郎、辺見庸、小川洋子、花村満月、この辺り。

 10代20代の人間が、勢いと運で引き当ててしまった(ように見えなくもない)場合。
 大枚はたいて新刊本を買うには、ためらいがあるのです。

 いま、タレントも、歌手も、作家も、ものすごい勢いで消費されていきます。
 半年経てば、もう過去の人扱いされてしまいます。

 文芸作品もしかり。
 作家に鞭浴びせ、工業製品のようなペースで送り出されてくる作品を、一つ一つこちらで精査するのは難しいのです。

 ブログ一つ書くにしろ、それなりの手間ひま費やさざるを得ません。
 まともな作品一つ紡ぎ出す作業が、そんなに簡単であろうはずがないのです。

 となれば、あとは時間というフィルターに任せて、放置しておくしかありません。

 ハリー・ポッターのシリーズ。
 完結したらしいので、あと10年経ったら、読み始めてみましょうかね。
 図書館ではいま、100人待ちらしいのですが、10年も経てば、状況は変わっているでしょう。

 読むに値する本かどうかわからないときには、放置しておく。

 これに限ります。

 ただし、新書は、アップツーデイトな知識の源泉。
 生活にも、仕事にも、読まざるを得ません。
 新書でベストセラーって、「品格本」ぐらいしか思い浮かばない。
 だから、こちらはどんどん読み飛ばすことにしています。

 家の近くの図書館。
 購入予算が余っているらしく、頼むと頼んだだけ買ってくれるので、嬉しい限りです。





|
|

« 流れは完全にドル | トップページ | 神戸ブティック買い物地獄 »

コメント

こんにちわ!本当に暑い日が続きますね。
昔、数を読みたくて文庫本を読み漁ってました。先日、電車の中で三島由紀夫を読んでいる大学生を見かけ、懐かしくなり数冊買って読んでみました。ダメですね、ただでさえ年とともに感性は衰えるのに、鍛えてないから…。きっと今のブヨブヨの脳みそでは“金閣寺”“豊穣の海”なんて読み解けないでしょう…(涙)。
娘たちには「携帯小説じゃなくて新潮文庫の100冊から選びなさい!」なんて偉そうに言ってますが、これからは「~なFX投資」なんていう本ばかりに気を取られず、心の糧になるような本を少しは読もうと思いました。
良い本を見つけたときの嬉しさをまた味わいたいです。

投稿: 般若 | 2008年8月 9日 (土) 18時12分

般若様

 お久しぶりです。お元気でしょうか。
 本当に、毎日、暑い日が続きますね。
 肌に刺さる紫外線の一本一本が、ちくちく痛さに思えるほど。
 温暖化かは知りませんが、まったくほどほどにしてくれと思います。
 さて、電車内の人間の知性をはかるとき、昔なら読んでいる本の題名で察しがついたのですが、最近は老いも若きも携帯に目を落としているため、把握しようがなくなってきました。
 詰め襟姿がデカルトや下村湖人あたりに没頭していてくれると、まだ日本の知性も大丈夫かなと思えるのですが、とんと見たことがありません。
 固い物をかじる歯があってこそ、お菓子も味わえるのに、どうして歯を鍛えないのだろうと、歯がみする思いです。
 鉄は熱いうちに打て。
 固い本は、若いうちしか読めないのです。
 オジサンになってしまうと、寝てしまうのだぞ、と、車内に向かって叫びたい衝動に駆られます。

投稿: 凜々坊 | 2008年8月11日 (月) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/22872742

この記事へのトラックバック一覧です: ベストセラーは10年寝かす:

« 流れは完全にドル | トップページ | 神戸ブティック買い物地獄 »