« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

待つか

 米指標の悪化を見て、そろそろ出番かと思ったのですが、ためらいが。
 あすの非農業者部門雇用統計を見てからでも遅くはなさそう。

 ゆっくり待つことにします。

 でも、なにも手を出さないのは業腹。
 107.60、106.60に10万ドルだけロングしかけて、寝ます。

 

 あす、レートが大暴れして、引っかかってくれると、いいんですが。

 …まさかそのまま、すとんと落ちやしまいと思っているのですが、はて。

 女心と為替の明日。

 ついでに。
 ハイジがまた、104円台後半まで噴いてくれるとしめたもんです。





【現有ポジ】

●マネパ

 NZD/JPY 79.98 1万 L

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1630円
 (NZD/JPY ±163円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲53万4110円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月30日 (水)

休むも相場か

 ADPが予想を上回ってプラスだったとかで、ドルが噴いています。

 おや、よく見てみれば、前日比プラスになってるの、ドルだけではありませんか。

 はあて、なんなんだろう。

 …わかんないな。

 たぶん、ドル、当面のアク抜け終了。

 金融機関の決算、出きった。
 中東情勢、一段落した。
 原油、下がり気味。
 サブプライム問題、公的資金注入への道筋、できた。

 こうなると、110円の声がかかるのも、間近。

 押し目買いしか、ない。
 でも、なにかないと、105円台にもう一度突っ込むのは難しそう。 

 106円台すら、遠いかも。

 でも、昨年のナイアガラは、ヨーロッパが引き金になりました。

 来月、どうでしょう。

 問題の根本が放置されたままなのに、いいのか、このまま。

 もう一度レートを見てみれば、ヨコヨコですね。

 やめよう。
 わからないとき、素人は休むに限ります。

 あっちっち~。






【現有ポジ】

●マネパ

 NZD/JPY 79.98 1万 L

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲53万4110円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ガソリンまた値上げ

 新聞によると、来月、また5円値上げだそうで。

 平均185円台ですか。よく騰がりますね。

 でも、以前からいうように、まだ安い。
 電車、バスより安いというのは、納得いきません。

 必要な人もいるのは理解できます。
 だから、業務・福祉とは二重油価にする。
 さもなければ配給制にする。

 自家用車に関してはリッター1000円でいい。
 車が趣味というのは、当面、別方面へ転戦をお願いする。
 珍走団(暴走族)には、交番でしか売らない。リッター10000円。

 こんなとこでどうでしょ。

 戯れ言はともかく。
 いまの油代は4月の値段を下に算出されているそうです。
 だから、WTIが下がろうがどうしようが、まだあげざるを得ないのだと。
 ということは、あと3カ月は、上がることになりますね。

 もう、馬にしようかな。
 放っておけば食べてくれるわけだから、裏の草刈りも、不要になるし。
 古老にいわせると、舌刈りというそうです。

 さて、強いのか弱いのか、ドルが上げ下げ。
 ダウも爆上げ。

 押し目買いに押し目なし。
 雇用統計待ちですかね。8月発表分はどうも、アカンらしいですし。

 わかりやすいものでポジれというのは鉄則ですが、いまのところ、キウイぐらいしかめどが立ちません。

 キウイは売り。
 でも、マイナススワップで死ぬ。
 だから売れない。

 手を出しかねているうちに、気づけばもう、8月。
 薄商いなんですよね。値動き荒くなる月です。

 頑張んなくっちゃ。

【現有ポジ】

●マネパ

 NZD/JPY 79.98 1万 L

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲53万4110円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円






| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月26日 (土)

なんか変な一日だった

 USD/JPY、結局100ぴぴ落ちて、100ぴぴ戻したと。

 怖い相場ですね。利食いできてよかった。

 このジェットコースターをうまく捕まえられるとよかったのですが、円高トレンド再開か、ドル凋落悪材料か、などといろいろ考えてしまい、ロングを取れなかったのは返す返すも悔しい限り。

 でも、奈落一直線のような落ち方をしているUSDを、106.60台でロングできるとしたら、それは相当、プロ。

 素人ですもん、こっちは。

 そのまま105円台突っ込んだら、いってもいいかなと思ったのですが、そこまで下がらずじまい。

 静かに週末を迎えようとしています。

 それにしても、暑いですね。

 焦げちゃいます。

 ドルが右肩上がりを続けそうなので、押し目買いできればする、さもなければハイジの104円台後半を、戻り売りしたいと思っています。 

【現有ポジ】

●マネパ

 NZD/JPY 79.98 1万 L

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲53万4110円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円




| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年7月25日 (金)

疫病神退散

 USD/JPY 107.00 106.90 100万 S

 為替差益 100000
 スワップ  -24390
 手数料  -42000

 小計 33610円

 頭を痛めていたドルの売りポジ、やっとこ切れました。
 マイナススワップが、木曜日をまたいでしまったせいで痛い痛い。

 でも、損が出なかっただけ、吉としなければ。

 あとは、また、下で買い直すだけです。
 今度こそ、ロングで。
 そうですね、105円台で攻めてみようかな。

 キウイは昨日の利下げに伴い、完全に下値模索モード。
 しばらく放置して、買い下がってもいいものかどうか、見定めてみます。
 たぶんこちらは、建値付近で決済することになると思います。
 もう、しばらく81円台には復帰しないことでしょう。

 スワップ蓄積だけの、ポジになりそうです。

 

【現有ポジ】

●マネパ

 NZD/JPY 79.98 1万 L

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円 として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲53万4110円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月24日 (木)

誰でもよけりゃ


 自分を刺せってんだ。大馬鹿者。

 秋葉原に続き、八王子でも無差別殺人。
 また「誰でもよかった」ですか。反吐が出る。

 外出すればホームから突き落とされ、通り魔に遭い。

 家にいれば、家族で和気藹々とカレー食った次の日、娘に刺される。

 目が合った。
 悪口を言われた。
 子どもが泣く。
 親がむかつく。
 隣人が気にくわない。
 仕事がうまくいかない。

 その程度の理由で人を殺していいのなら。
 私だっていまごろ、1000人がとこ、手にかけています。

 この国、本当に、50年後存在しているのでしょうか。
 まともな人間は亡命し尽くし、低所得層がサイコパスを再生産。
 その連中が内ゲバを繰り返す。
 言ってみれば、町中、ミラ・ジョヴォヴィッチの「バイオハザード」のような。
 そんなホラー映画の光景になっているのかも。

 おおいやだ、とっとと逃げ出す資金、作らなくっちゃ。

 と思ったのですが、焦りが先行してしまいました。
 そのヤバヤバ国家日本の円を、買ってしまいました。

 USD/JPY 107.20 S 90万

 200日平均線直上に仕掛けておいたのですが、あっさり刺さってしまい、またもや含み損状態です。

 前に持っていた105.20のポジを含め、平均売り単価107円ちょうどで100万ドル、売っていることになります。

 とにかく、利食い先行なので、利食い指し値は浅く。
 手数料とマイナススワップを考えると、ほとんど同値撤退のような106.90で置いてあります。

 なのに。
 なのに。

 人がポジると逆行く典型。
 107円台後半。

 1円ぐらいは2週間も我慢すれば上下するだろうと思っているのですが、こうもすんなり逆行かれると、つくづくショート玉は相性が悪そうです。

 実は、ハイジにしようかと思ったんですよね。昨晩。
 104円台後半。戻り売り、いけるかなと。

 でも、どうしても、105円台定着の悪夢が、ちらついて。

 平均線も、RSIも、なお買われる余地満々。

 となると…と、USDで頑張ろうかな、と。
 どうせ、原油が落ちたところで、アメリカのファンダメンタルの悪さは変わらない。

 一晩でなんとかなるかなと思ったのですが、甘かった。

 もうしばらく、粘ってみます。

 ベージュブックを無難にこなし、一週間で1~2円、静かにたゆたうおとなしさに戻ってくれることを、心から期待しています。


【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

 USD/JPY 105.20 10万 S
        107.20 90万 S

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -4100円
 (NZD/JPY ±170円 USD/JPY ±58円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円









| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年7月22日 (火)

ちかえたびー

 三連休、徹底的にこき使われて、ばてばてのご帰還です。

 客商売なのですが、年々、困ったちゃんが増えてきて、対処に苦しみます。

 特に、中年男女のコンビがいけません。
 男の人はまあ社交慣れしているのでどうにか穏やかにお話しできるのですが、女性はいったん気にくわないことがあると、わめくなじる脅す暴れる。

 よほど品のよい方々なら別なのですが、団塊リタイア組は、なべて横柄。

 自分が王様で他人は奴隷、商売人は虫けらみたいな接し方しかできない方は、どうか家から出ずに、精神病院あたりで余生を過ごしていただきたいとしみじみ思います。

 近くの同業は、モンスターペアレントならぬモンスターゲストに悩まされ、威力業務妨害でとうとう警察沙汰に。
 ゲストに警告が行ったらしいのですが、その家族が逆恨みして、今度は別の人間がいたぶりに来る始末。

 もうホント、トーシロのくせに、やることがどいつもこいつも、本職のヤー公顔負け。
 しかもそういう人間、多い。今年は暑いせいか、実に多い。
 ミンボーですよ、言ってみれば。

 なぜ、徹底的に他人をいたぶれるのか、ワケわかりません。

 ビョーキとしか思えない。どうしてそういう振る舞いが身につくの?
 テレビのせい? ネットのせい? それとも、学校?

 ガキから大人まで、オール「オレが王様」の態度しか取れないなら、こじれたら最後は常に警察に頼らざるを得なくなってしまいます。
 でも。格差社会で失うものがだんだんなくなってきているせいか、逮捕されようが警察呼ばれようが、知るかボケェ! と平気で怒鳴る。

 馬鹿を見るのは被害を受けた方。

 被害調書取られるにも、結構時間かかりますし。
 検察や裁判所から呼び出し食って、いかないといけないことにもなりますし。

 町中で大声を出すのすらはばかる性格の当方としては、最近、仕事や外出のたびに、胃袋がきりきり痛みます。

 痛むと言えば、ドルもほえええ、という弱気ぶり。

 ずがーんと、107円中盤あたりまで、ふきあがらんかいと期待していれば、107円で反転。押し戻されています。

 こうなると、24日にキウイが利下げやってくれて、79円台に突入してくれることを期待するしかありません。

 いまのUSD、スワップねらいや数日ゆっくりレンジ期待で持つ通貨じゃなくなってますから、よく選ばないと。

 ああ、疲れたなあ。





【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

 USD/JPY 105.20 10万 S

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1120円
 (NZD/JPY ±170円 USD/JPY ±58円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円










| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月19日 (土)

今週も快音なし

 お暑うございます。蒸し暑さで起きてしまいました。

 世間様は本日から三連休のご様子ですが、私は関係なく、ずーっと仕事です。
 仕事場の冷房を18度にしてやって、過重労働の憂さ晴らしをするのがせいぜいです。

 さて、円安で終わったようですね。
 ドル高ではなく、円が巻き戻された感じです。

 でも、米の決算発表が一段落ついただけ。
 原油相場の下落も寄与していますが、サブプライム問題で傷ついている金融システム、根本的な懸念はなにも解消されていません。

 ひとまずよいニュースに飛びついて、その場をしのいだといった感が強いです。

 最終的には、プロのアナリストたちも指摘しているように、公的資金を投入するか、証券化商品を一時国有化するような、徳政令が必要になるのでしょうが、資本主義の権化のアメリカは、あまり乗り気ではない様子。

 でも、二枚舌外交は彼らのDNAのようなもの。
 いつか、やるのではないかと、思っています。

 さて今週は、米ドルショートを少し構えてみました。

 ところが。
 103円台まで突っ込んだ反動で、見事逆に行ってくれて、いま含み損状態。

 目先天井は107.30~40あたり。

 面倒くさいので、その辺でもう一発、戻り売りをかまします。

 来週あたりには刺さってほしいものです。

 キウイは、24日の政策金利発表がくせ者ですが、一部では据え置き観測も。
 一瞬下げて、しばらくはまたヨコヨコと見ます。
 79円台後半の押し目買いを待ちます。

 

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

 USD/JPY 105.20 10万 S

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1120円
 (NZD/JPY ±170円 USD/JPY ±58円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円




























| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月18日 (金)

人がポジると

 なんだって毎回必ず逆行くんでしょうか。
 歯がみしてます。

 USD/JPY 105.20 10万 S

 ドル円とはつくづく、相性悪いです。
 昨秋以来のお手合わせ。
 昨日の今日、ということもあるし、抵抗一次線まで戻りを待って少し構えてみるか。
 しかもきょうはマイナススワップつかないし。
 そう思ったのですが、あに図らんや。

 夜中にふとレートを見てみたら、超絶的円安。
 なんのことはない、レンジ相場だっただけの話です。

 急落、急騰。
 どこか昨夏のデジャブに見えて仕方がありません。

 とりあえず、原油安以外にドル復活の要素がなさそう。
 なので、しばらく静観(もうこればっか)。

 200ぴぴ離した107.20で、ナンピンの10万ショートを入れておきます。

 まあ、いきなり110円に行くこともありますまい。

 なんて言ってると、ここに書いたこと、その気がなくても最近次々実現してしまう。
 なので、ぞっとしない日々を送っています。
 何とかノートという映画に、そんなエピソードが出てきましたっけね。

 家人も、106円台のポジが利食いできそう。
 この荒れ相場。
 どんどん利食って、早めに現金化するのが吉です。

 そうしたら、115円台のポジも、累積スワップと相殺されて、近いうちに損きりできると思います。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

 USD/JPY 105.20 10万 S

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1120円
 (NZD/JPY ±170円 USD/JPY ±58円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年7月17日 (木)

見送り正解

 未明、ドルが105円台を回復したので、追撃買いを画策。
 しかし、酒が入ったときはいかなる場合でも見送る、というマイルールにのっとり、手を出さずに寝ることにしました。

 いま見てみれば、上値はやはり重かったようです。

 105円台はオーバーシュート気味、103円台も80銭あたりで抵抗線がある。

 しかしレンジ形成といえるほど、材料出尽くし感はない。

 いまは、私みたいな素人が手を出すときではないのかも知れません。

 たぶん、きょうも静観していると思います。

 それにしても、キウイはしぶとい。
 80円の大台。
 割りそうで割ってくれません。

 ハイジは戻りを試す展開。
 104.72から150ぴぴも下げ、ついにナイアガラが来たかと思ったのですが、また鎌首をもたげている様子。

 クロス円、どちらさんも、戻り売りが吉のようで。




【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月15日 (火)

マネパ名物緊急警報

 「我々が生きている時代ではもっとも深刻な金融危機」

 そんなタイトルでメールが流れてきました。

 生きている時代ったって、ワシにしてみても、まだ40年もたっとりゃせんがな、あにを大げさな、と思ったのですが、ドル円が104円半ばまで落ちているのを見ると、うーん、当たらずとも遠からずかなあ、と思ってしまいます。

 でも、ブッシュが23:20から何か言うそうで、これでで少してこ入れになるのか、それとも、世界中が認めるKY親父の馬鹿呑気君の演説とともに、ドル爆沈の引き金を引くか。
 いずれにせよ、危なっかしくって、手が出せません。

 それに、仮に一晩、持ち直したにせよ、明日は明日で、また重要指標目白押し。
 あっという間にはげ落ちる感じもします。

 そうか、戻り売りの好機なのかも。
 もういっぺん、106円台後半へ戻ってくれないでしょうかな。

 おまけに、スイス円。
 104.73でアラームしかけておいたのに、104.72で反転してしまいました(;;。

 ハイジの穴はハイジで埋めたる! と意気込んでいたのに、がっくりです。

 どうしましょう。
 ドル、ここから買うか、売るか。

 もうチャートが効かなくなっているので、完全に丁半バクチになってますね。

 稼ぎ時を逃すかも知れないけれど、しばらく、見ていようと思います。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円




 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

温度計では44度

 うそじゃないです。ホント。
 ベランダで直射日光に当ててたら、その値に。

 オフなのです。
 金輪際仕事なんかするもんか。と朝方、固く心に決めていました。
 ノルマはある、締め切りはある。
 でもきょうだけは、イヤ。
 …とふて寝していたのですが、寝るどころの騒ぎではありません。
 家の中、どこにもこの暑さ、逃げ場がないのです。

 いま、図書館へ行って、キンキンに効いた冷房で、しばしまどろんできたところです。

 図書館のPCで相場が見られればいいのですが、残念ながら、それはダメ。
 よい子のみんなが触るので、大人のページは見られないようになっているのです。

 最近の子どもたちは本当にPC上手。
 私たちが四苦八苦して覚える操作を、苦もなくこなし、大人が知らないアングラの世界へ一直線。

 これじゃ、フィルターの一つもかけておかないと、何を見始めるか、わかったモンじゃありませんね。

 さて、やっぱり、じりじりドル安。
 106円前半で動いていたのが、105円90銭前後まで落ちてきています。

 今晩の露払いと見るべきか、それともまた、アメリカのちゃぶ台返しが炸裂して、力業のドル高へ持ってこられるか。

 円もさほど魅力があるわけではないので、基本的にはレンジだと思うのですが。
 どうしても、昨夏の超絶的ナイアガラがちらついて、素直に売買できなくなっています。

 あのトラウマ。
 いまだに引きずっているの、私ぐらいのもんだろうなあ。













| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

暑いが熱くない

 暑いですね。
 これがあと2カ月も続くのかと思うと、心底げんなりします。

 どうぞ、皆様ご自愛の程を。

 さて、当方、泥に半身埋めて、目だけ出して相場をのぞいている心境です。
 よくわからないときはお休み、といいます。
 しかし、その「よくわからない」がもう2カ月ぐらい続いているので、焦ります。

 昨晩、ダウは小幅下げ。
 やはり、ファニーメイとフレディーマックの救済策は、あまり材料視されなかった様子。
 金融機関全体に広がる厚い暗雲。
 そんなことでは解消されないということなのでしょうか。

 ぐずぐずせずに公的資金をつっこんでしまえばいいと思うのですが、選挙を控えてブッシュはやりたくないのでしょうね。
 2社にしても、半分国有化されたようなものなのですが、それを一歩広げて、不良債権は帳消しにする、ぐらいのことをやらないと、どこまでいってもアメリカ経済、浮上の機会がなさそうに思えます。

 しかし、これは、何かというと徳政令だ公的救済だと、うやむやにしてきた国との違いなのかも知れません。
 その分、金のない人間には住みづらい国ですが、お国柄の違いなんでしょう。

 素直にドル円売ったらよろしいという声が大半ですが、106円前半ではちと早いような気がします。
107円台まで噴いたら、戻りを考えてもいいですが、いまズルズルと、105円台。

 買えるか、といえばもちろん、買えません。
 悪材料山積みのいま、素直について行くとしたら、もちろん売り。
 そのタイミングの問題です。
 戻りの10ぴぴ20ぴぴを当て込んでもいいんですが、本日は実にいろいろイベントのある日で、バクチを打てるような環境でもありません。
 下手すると、そのままズルズル、が続いてしまう可能性だって、あります。

 かたやキウイ円。
 朝方の指標発表がここのところ相次いでいますが、動きはほんの一瞬。
 捕まえられずに終わっています。

 24日、利下げをやるという話がだいぶ声高に語られているので、たぶんやるのだろうなと思っています。
 しかし、それを悪材料と捕らえるか、それともスタグフレーションを抑えるためのブレーキと捕らえるか、分かれそうな気もします。

 たかが25bp、あるいは50bpで、ブレーキ代わりになるかどうか、怪しいとは思っていますが、姿勢の問題です。

 それに、最大の貿易相手国は豪。
 あまり派手に利下げをやって、対豪ドルでキウイが安くなりすぎると、たぶん、豪はいい顔をしない。
 だから、下げ幅も回数も、おのずと枷がはまっていると見るのは、うがちすぎでしょうか。

 しょせん素人の浅知恵。
 当たるも八卦、当たらぬも八卦、程度に考えてはいます。

 それにしても。
 手を出させてほしいとうなってへたばる、酷暑のみぎり。
 














【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円










| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月14日 (月)

動きづらい

 金曜日の暴落と日曜日の火消し。
 それを受けての月曜日の動き。
 どっちに転ぶかと思っていたのですが、いまのところ、どちらでもなし。
 こうなると、やりづらいですね。

 朝方、方向性ができるかと思ってわくわくしていたのですが、拍子抜け。
 では、と見ていたNZの指標も、予想より悪かったため、一瞬、80円直近までつっこんだようですが、早くも81円台へ回復。
 指し値は刺さらずじまいでした。

 そのキウイ。大ロット張るにも気がかりなことが。
 24日に利下げもあり得ると一部では取りざたされているようです。
 個人的感想では、それでも8.75%が8.5%になるだけ。
 日本とはなお、8%の金利差があります。
 スワッパーにとって、依然として魅力な状況に代わりはなく、ヨコヨコの状態は不変と見ます。

 スワップがつくのもさることながら、それより、ボラが小さいのがよろしい。
 スワップあてにしてもしょせん1月50ぴぴ。
 数日ごとに1円~1円20銭の波を上下動している感じです。
 そこをねらって、値幅で抜いていきたいと思っています。

 さて、これから欧州勢がどうでますか。

 ダウは時間外取引、100ポイントあげているようです。
 その勢いが続くかどうか。

 今週は、欧米金融機関の決算発表も相次ぎます。
 大波小波、やってきてくれると、いいのですが。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月13日 (日)

逃したセミナー

 大阪で日経ヴェリタス主催のシンポがあったので申し込んでいたのですが、あまりの暑さに出かけるのを断念。
 会場の友人に「スパイしてきてたもれ」とメールして、昼寝していました。

 いま、レジュメを受け取ったところです。

 どうも、やっぱり来月は大荒れの予報。

 しかも、米経済の回復は、早くて今年後半、来年いっぱいという意見もあったようで。

 ドル円はますます、難しくなってきますね。
 売るべきなのでしょうが、奈落がどこまでなのか、ちょっと想像がつきかねます。
 トレンドライン、ひいては見たのですが、あまり自信がありません。

 かといって、全く手を出さずにいると、稼ぎ時を逃してしまいます。

 勝てそうなときだけ手を出せ、というFXの必勝法にのっとれば、避けるべきなのでしょうが、チャンスに見えるのも事実。

 あーでもない、こーでもない。

 マスコミの政治報道のような、どっちつかずの思考放浪記。
 そうしてないと、なんとなく手持ちぶさたが解消されないのです。

 早く開け、市場。
 早く来い、月曜日。



【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円










| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年7月12日 (土)

ダウ一時11000ドル割れ

 いま連休。
 睡眠障害を少しでも回復すべく、夜は8時に寝て、朝6時に起きる超健康的な生活を送っています。

 クーラーを使わない主義なので、早朝の涼しい時間にしか、仕事ができないのです。

 必然的に、相場を見るのも起きてからになります。
 つまり、NYタイムは完全に、夢の中。
 たとえ大変動があっても、It's none of my business.

 カーニバルが終わった後の、紙くずが舞う道路を眺めるような、そんな感じです。

 昨晩は、米政府系住宅金融保証会社2社の財務内容に対する不安から、ダウが下げ、つられて為替相場もドル安へ動いたようですね。

 フレディマックとファニーメイ。

 マクドが新しいメニューを出したかと、一瞬思ってしまいました。

 しかし、よく考えてみれば、昨年のマネパのWEBセミナーで、武市氏が警鐘を鳴らしていた、あの2社ではありませんか。

 ご明察! と言いたいところなのですが、アラームを鳴らされてから半年も炸裂時期がずれると、リスク管理が大変です。

 「米景気の先行きにはなお不安感」
 「今まで以上にリスク管理には鋭敏に」

 そう言われても、すぐ来なければ、オオカミ少年と同じ。
 いつくるかと待ちかまえているうちに、注意力が散漫になって。

 ♪いつの間にやら大ロット~♪

 そして、どかんと穴開ける。2週間前の私。

 的中時期ももう少し、ターゲットを絞っていただけるとありがたいのですが、武市氏。

 金曜日になるとダウが下げ、翌月曜日の為替も窓を開けて始まる。
 そして、為替も追随。

 水曜日ごろになると、なんとなく下の水準に戻し、また金曜日に悪材料が出る。

 このパターン、どこか昨夏をほうふつとするものがあります。

 ひょっとすると、8月のナイアガラ。
 これは期待しても警戒したほうがいいのかも知れませんね。

 ということは。
 大ロット張るにしても、今月中に片を付けられる程度の値幅にしておかないと、泣きを見る、ということか…。

 ますます難しく思えてきました。


【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円




























| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月11日 (金)

水風呂

 せっかく文章打ち込んで、さあアップ、という段になって。

 エラー発生。ログ消滅。

 めげますね。納得いきません。

 さて、夏の間は水風呂です。
 熱いシャワーなど、ムダムダムダぁ!

 でも家人、水風呂には入れないといいます。
 デリケートだから、だそうで。
 う~そつ~け!
 体はバリケードのくせに!

 …と小声でささやいてみても、もちろん、聞こえやしません。
 なにをいまさら、と思うのですが、がんとして聞かない。

 だったら、同じような酷暑の中、水浴びだけですませている東南アジアの女の人はどうなのだ。
 同じ女性、恥ずかしくないのか、この軟弱もの、惰弱惰弱惰弱ゥ!!!!!
 ガス代なんて、夏の間は金輪際、出しません!

 そう言ったら、銭湯行っちまいました。






 さあて。ヨコヨコ続きの外為相場。
 ここのところおとなしかった原油が、ただいま時間外で145ドルをつけたとニュースが流れてきています。

 でも、あまりドル安にはなっていませんね。

 G8のあとはドル安円安、とどのマスコミも言っていたのに。
 観測記事が当たらないのは世の常ですが、ちょっと当てにしていた私としては、不服です。

 あまりに動かなさすぎても、ポジを作りにくい。

 ハイジが105円つけるか、キウイが80円切るか。
 暑さでぼけた頭で、考え中です。

 そうだ、水風呂入りながらいじれるパソコンがあると、いいんですが。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年7月10日 (木)

1700円ちゃりんを考える

 キウイを10万ドルロングしていると、一日スワップが1700円入るんですわ。

 1.7ぴぴにあたります。

 1カ月では5万1000円。
 1年になると61万2000円。

 利下げしない、爆裂に円高に進まないという甘い前提の下でですが、久々スワップ当て込む生活に戻ってみると、意外に多いというのが実感です。

 これが100万キウイだと。
 1カ月で51万円。
 1年で612万円。

 呵々大笑。
 為替差損でとばされるのが落ちですな。

 ただ、証拠金が安いので、ついつい大ロット張ってしまいたくなる欲望に駆られます。

 くりっく内最低の、1枚3万円。

 近頃、気づいてみれば、ハイジも1枚3万5000円しますので、一番ポジりやすく、かつ、ボラも安定しているのがキウイということになっています。

 しかし、豹変すると恐ろしいのも事実。
 オセアニアは、意外にスパルタンな動きをするのは昨夏のナイアガラ以降、なんども味わってきています。

 振り返ってみると、11月には、豪ドルで200万円ばかりやられています。

 下値を待って、ロングするのが一番ラクなんですが、こらえ性がないので、時々ポカを踏みます。

 徐々に円安に触れています。
 80円割れたら、今度こそ買いにでようと思っているのですが、意気込んでいるときにはたいてい、落ちてきません。

 まいっちんぐマチコ先生です。
 いや~ん。


【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

リッター181円とか

 連休です。
 ここぞとばかりこき使われています。

 出歩くこともないだろうと思っていたのですが、そうもいきません。
 なんだかんだ、ちょこちょこ車を使います。

 一日だいたい30キロ。
 うちの車はリッター20キロ前後走ります。
 なので、一日のガソリン代は250円程度。

 まだまだ、安い。

 中には、外車が趣味という方もいらっしゃいます。
 ブログを拝見すると、なにやら、高い車を買われたご様子。

 お金持ちは違うな~。
 リッター数キロのようですので、一日30キロですと、ガソリン代は1100円前後。

 100キロ動いて、やっと3600円。

 近距離の移動で、鉄道がかなうわけありません。
 整備も信号も修繕も、道路はたいてい、税金持ち。

 やっぱり、リッター1000円ぐらいにならないと。
 それで初めてガソリン高といえるのではないでしょうか。

 そういうと、すぐに「数年前はリッター90円台だったじゃないか」という反論が来ます。
 でも、個人的には、どちらかというと、狂乱物価という看板がふさわしいのは、90円台の方じゃないかと思います。

 20キロ移動して、燃料費が90円ですむ。
 そっちの方が、なにか無理があるような気がしてなりません。

 公共交通機関・福祉用と区別して、二重価格にしてしまえばいいと思います。

 かたやリッター100円。かたや1000円。
 横流ししたら、市中引き回しの上、一族郎党打ち首獄門。

 そうはいっても、田舎なので、車がないと生活できないという声もよく聞きます。
 ただ、車がないと成り立たないところへ住んでいること自体、妙な話だとも思います。

 居住の自由に乗っ取れば、どこに住むのも確かに自由です。
 でも、山奥までシビルミニマムを要求するのは、無理。
 車の維持費と、移動にかかる時間とを勘案すれば、もしかすると、役場や病院の近くに引っ越してきた方がいいという考え方もあります。

 居住の自由にかかる公的なコストは、負担の線引きが必要でしょう。

 しかし、極端になるとどうなるか。
 道路が未整備の都道府県は、必要ないのかという議論になってしまいます。

 宮崎県民は、全員福岡県に移住せよとか。
 和歌山県民は大阪に住めばよいとか。

 日本には太平洋ベルト以外に自治体は必要ないのか。

 それを主張されたらどう反論するか。
 早起きしてしまったので、そんなことを考えています。

 さて、総じてもみ合いが数日続いています。

 レンジ相場は気が楽です。
 キウイにしても、79.70~81.20でたゆたっていますので、下限あたりで指し値をしかけてあります。
 オフ中に一回、快音を聞えればいいなと思うのですが、さて、思惑通りになりますかどうか。

 去年と今年と、抱えた借金120万円。
 やっぱり、マイナスを背負ったまま日々を送るのは辛いモノです。

 これを消し飛ばしてから、また、気分一新、始めようと思っています。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月 8日 (火)

おお、香ばしく

 なんとな~く、押し目形成の様子。

 静かに、買っていきたいと思います。

 でも、念頭には常に、予想を上回る急変動のリスクを起きつつ。

 最近のボラでは、ないとはいえない、一日数円の津波。

 つくづく、円キャリーがもてはやされていた頃を懐かしく思います。

 メダカをもらってきました。
 小さな水槽に入れて、泳ぎ回るのを見ています。
 生き物を飼うのは、社会人になって十数年、絶えてなかったことでした。

 しばらく帰宅しない、などという日が続くと、あっという間に死んでしまいますから。

 犬や猫は世話が大変そうですが、メダカぐらいなら、なんとかなりそう。

 まだ体長2ミリぐらいです。
 大きくなるのを楽しみにしたいと思います。

 あす、近所の100均で、水草と砂利を買ってこなくては。

 外は豪雨。
 タイピングの音をかき消す大きさで、雨がたたきつけています。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

再チャレンジ

 おとーさんは、めげてないのだ。

 NZD/JPY 10万 L 80.50

 くりっくは、現在午前3:55までしかキウイの取引ができず、翌朝、前日と乖離した値段で始まってしまうリスクがあります。

 でも、取引単位小さいから、いいかな、と。

 いま、キウイはダウントレンド。
 下げがきつくなってきたら、倍々ゲームで買い増そうと思っています。

 この10万は当面、スワップため込み用ですね。

 78.50あたりで爆弾を落としたいなとねらっています。

 一日わずか2ぴぴに満たないスワップ。
 当て込むのはアホですが、出血が続くショートのいやらしさに比べれば。

 ああ、何というすがすがしさ。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 80.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 1700円
 (NZD/JPY ±170円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円







| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月 5日 (土)

サミットに素朴な疑問

 為替のことは話し合われないらしいので、ほとんど興味はなかったのですが、いま、古館のトークを聞いていて、あることを思いました。

 ……なんでみんな、ネットでしゃべって終わりにせんの?

 ここ数日。
 町中どこ行っても警官だらけ。目つきの悪いのが、ごろごろ。
 見るからにトッチャンボーヤの善人顔した私をとっつかまえて。
 誰何されること本日2回。

 免許証持って歩いてなかったら、どうなっていたことか。

 金もかからんし、テロだのなんだの、余計な気まわさんですむし。

 バカ高い燃料使って、ねえ。
 ご一行様が北海道くんだりまで、やってくる必要、ないやないですか。
 二酸化炭素振りまきながら、でっかい飛行機で飛んできて。
 それで温暖化防止に向けた話し合いをする。

 ブラックジョークにしか聞こえません。

 ホンマ、もう、ネットでやんなはれ。
 昨今、同窓会だってウェブテレビでやれちゃうご時世なんですから。

 しかも、事前に事務方がすりあわせた共同声明に署名するだけでしょう。
 何のおもしろみもありません。

 ね、今度からウェブにしなはれ。よろしいか。

 さておき。
 来週はヨコヨコという意見が多いようですね。

 ECBの利上げを受けて、マスコミは「ドル安・円安」と一斉に予想しています。

 発表直後のドル高傾向は、投機筋の買い戻しだったのだろうと思いますが、では、それが急反発してユーロ高に突進するかというと、ちょっと疑問です。

 原油高・材料高が、実体経済を冷やし始めているのは、せんだってのアイルランド・ドイツの指標の悪さでほぼ裏付けられたといえます。

 しかも、8月は例によって、夏枯れで相場があれるところへ持ってきて、決算発表も出てきます。

 サブプライム問題がこんなに尾を引くとは思っても見ませんでしたが、アメリカ自身が、景気回復の糸口を来年後半ごろまでとアナウンスしているところから見ると、まだまだ長期化する気配。

 去年の8月17日の再来が、また、どこかで起きないとも限らないと、思っています。

 しかし、円が利上げできない以上、仮に買われても一時的。
 いいロングの構築場所と見ている人も、ブログを逍遥する限り、多い様子。

 目の裏がしびれる、逆バリのプレッシャー。
 でも、ロングなら。

 チャリンチャリン、を楽しみにできます。

 もちろん、ショートもためらいませんが、長く持ついやらしさは、しばらく味わいたくありません。
 年明けからずっと、ショートばかりで稼いできたせいです。
 損益画面を見るたびにスワップがたまる、あのうれしさが恋しくなってきました。

 始めの一歩、をどこにするかで、スワップ派の勝ち負けは決まると言われます。

 買いたいのは山々ですが、少し、頭を冷やしてからにしたいと思います。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 0円
 (として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

困ったもんだよ

 金がない 言ってるやつほど 外でメシ

 立ち飲みニストの聖地、大阪・京橋。

 瓶ビール一本でちびちび粘っていると、隣は府の職員か関係者か。
 橋下知事をこき下ろしながらがばがば飲んでます。

 まったく、月給一割減らされたくらいで、大げさなやつらだ。
 民間に比べれば、首がないだけ別天地。

 自分らで決めたことなんだから、本当は、最低賃金でやってくれってもんです。
 大阪府の最低賃金、1時間731円。

 え、そんなにもらえるの。知らなかった。

 さておき。
 家の前にいきなりでっかい道路ができることになってしまい、目が点に。

 そんな話、聞いてないよ、といっても。
 自治会長は「オレが聞いたからOKした」といいます。

 新住民のこちら、いまさらぐたぐたいうなということなんでしょうか。
 目の前に日陰を作る高架橋ができるというのに、手も足も出せません。

 つくづく、借家でよかった。
 こういう場合、もしも家を買ってたら、逃げるに逃げられませんもんね。

 ソローではないけれど、家を買うのに頭を悩ませるのは、人生の無駄。
 そんな思いがますます強くなる昨今です。

 買うんなら、周辺の開発計画を役場に行ってこってりチェックしてから。
 でないと、恐ろしいことになりますな。

 相場もまあ、あわてず騒がず。しっかりチェック。
 1カ月に一回、一本抜くことを目標に、あと半年、がんばりたいと思います。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 0円
 (として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月 4日 (金)

あれたようですね

 仕事が忙しかったので、わからずじまいでした。

 ちゃんちゃん。

 キウイ79.50でロングしかけてあります。
 そこまで、お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月 2日 (水)

女心がうずくとて

 いやはや~。
 ボーナスでた、といったとたん、家人、やってくれました。

 サマークリアランスセール、いっちょくせーん!
 大散財。

 一日空けるわね、子守お願いね、ふんふん。
 そこまでは、よかったのです。

 昼過ぎ、メール着信。

 「女心がうずくの」

 ?

 1分後。

 「うずきが止められなかったの」

 ??

 5分後。

 「もう一回うずいちゃったの」

 ???????????

 町中でなまめかしい回答打ってるんじゃありません。
 宇野鴻一郎じゃないんだから、もう。

 「…4万円使っちゃった」

 ○×▲◆+*@?><~=$%#&!

 というわけで、稼がないといけない材料、また増えてしまいました。
 連れは学生時代から着古した、首が伸びきったTシャツだというのに。

 うーん、ずぶといんだなあ。女の人って。
 よく何万円もする服、買えるよ、全く。

 え、460万円吹っ飛ばしたオマエがいうせりふじゃない?

 失礼しました。

 さあて、円全面高の様相です。
 オフだったので、久々、各通貨のチャートにトレンドラインを引いてみましたが、ハイジをのぞいて、見事にローソク足真っ黒。

 ロングを構築したくても、どこで作ったらいいやら、わからなくなってきました。

 おまけに、ユーロの雲行きがどうも怪しい。
 利上げ牽制発言が、ドイツからも出るわ、アメリカも何か言ったらしいわ。

 スイスやデンマークのような、小国が利上げするのと違い、基軸通貨があげると、さすがに影響が大きいからでしょう。

 ただ、そんなことは前からわかっていたこと。

 いまさらなぜ、利上げ2日前になっていうのか、不思議です。

 おそらく、事後の利上げに釘を刺す意味合いがあるのではないかと。
 連続ではやらないでくれ、ということなんではないでしょうか。

 そうなると、利上げ後の一瞬のふき上がりを捕まえて戻り売り、といくのがセオリーなのでしょうが、相場があれているいま、金利差ねらいで買いが集まり、そのままトレンドラインを形成してしまうおそれがあります。

 やはり、直後のてんやわんやでの利益確保をねらうのは、性に合いません。

 できれば、少し落ち着いてレンジを形成してきた頃に、少しずつ抜くほうが、安心です。

 直近、どの通貨が行けそうか見てみたのですが、どれも一方向へ行き続けているという点ではこの間のハイジと同じなので、底をこつんと打つまでデカポジはなし。

 とりあえず、ドルに以下のような指し値を。

 104.98
 103.98
 102.98

 各10万ずつ。

 ハイジは104.50で50万ショート。

 キウイも78.50付近に達したら、ロングを。
 あと数日かかると思うので、それからおもむろに。
 これはがつんと。どかんと。

 

 ユーチューブでルパン三世のオープニングをかけながらくりっくの画面を見ていたら、ついつい成り行きでポジってしまいそうになりました。

 いけません。BGMも選ばないと。
 パチンコ屋にユーロビート、FXにレベッカ・グリーンデイ…

 火に油。中年に懐メロです。

 おっと、どこかのパパさんは、CCBだって。

 だ・れ・か、ハイジの足、と・め・て♪



 【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 0円
 (として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月 1日 (火)

戻り売り

 どのれぽーと見ても、それしかない、と書いてあります。

 キャッシュを減らしてしまったいま、私も当分、原資回復まで積み立てるしかないのですが、さはさりながら、どれ、売ったらいいのやら。

 素直にドルを106.50あたりで売るのがいいのでしょうが、きょうはあいにく、スワップ4倍デー。
 せいぜい4ぴぴ5ぴぴのスワップでびびってらんない、とはいうものの、やっぱり取られるのはしゃく。

 ずずっと下げるまで、ちょっと傍観しています。
 かえすがえすも、昨日の104円台つっこみの時、ポジがかからなかったのが惜しかった。

 あと5ぴぴだったのですが、刺さらないときは刺さりませんよね。

 ぶちくさいってもしかたがない。

 それでは、と、ハイジを売ろうにも、103円台という、大変腹の立つ、どっちつかずの大台でうろうろしています。

 ユーロが利上げしたら一瞬、連れてあげ、若干の下げ基調を保ちつつ、ハイジ自身の9月利上げへなだれ込むという図を描いているのですが、ここ数日、エネルギーが感じられません。

 104.50まで上がるようなら、戻り売りを考えてみたいと思っています。

 いずれにせよ、ユーロの利上げと、米の雇用統計を待たないと、どうにもなりませんね。

 そう考えると、一年中取引ができるというのが売り文句のFX。
 実際に手が出せるのは、年にそう何度もあるわけではないんですね。



【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 0円
 (として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円











| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »