« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

米国債はどうなんじゃ

 さて、今年後半の開始です。
 前半、とばしすぎて、400万円稼いで460万円穴開けるという、お馬鹿な結果に終わってしまいました。

 多少めげてはいますが、かせがにゃいかんもんはかせがにゃいかん。

 心機一転、がんばります。
 よろしくお願いします。

 本日も早々に、ムーディーズの日本国債格上げの件が飛び込んできました。

 国民としては、これだけ財政赤字を抱えていて、しかもその修正機能が働かない国の国際が、どうして格上げになるのかいまひとつぴんと来ませんが、サブプライム問題で屋台骨がかしいでいるアメリカや、インフレで悲鳴を上げているヨーロッパに比べれば、ということなのでしょうか。

 しょせん、長期的二円が買われる要員にはならないような気がいたします。

 日本国際はともかく、米国債、大丈夫なんでしょうか。

 モノラインの格下げがありましたが、米国債にまで波及するなんてこと、ないんでしょうかね。

 ドルに対するネガティブなニュースが連発されている昨今、ちょっとぞっとしない納涼予想になっています。

 とまれ、今週はなかなか、読みづらい相場展開。
 米の雇用統計はあるし、ECBの利上げもあるし。

 セオリーだと、ユーロ買い、ドル売りといきたいところなんですが、くりっくはドルストレートがないときてます(シクシク。

 どうしたもんでしょうねえ。

 ドルが爆下げすると、どうしてもクロス円、そう並びになってしまうので、蚊帳の外感のあるオセアニアも、ちょっとロング作りづらい…。

 8月になると、中間決算+決算迎えるファンドが多々あるとのことで、毎年おなじみ、夏枯れ相場の中の荒い値動きが予想されます。

 450万円。
 なーんだ、一日50ぴぴずつ抜いていけば、9日間でできるやん、楽勝楽勝!
 …気持ちだけは、ね。

 やりすぎないように、少しずつ、ロングを構築するタイミングを、見計らいたいと思います。



 【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 0円
 (として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月28日 (土)

はいギブアップ

 CHF/JPY 102.30 104.46 2000000
 為替差損-4320000
 スワップ -206000
 手数料 -42000

 小計 -4568000

 104円台前半突破したら、万歳しようと決めていたので、木曜日の夜、逆指し値仕掛けて寝ました。

 当たったらしょうがない、当たらなかったら、儲けものということで。

 そしたら、取引開始から40分もしないうちに、着メロ。
 あっという間に吹き上がったハイジ。
 逝ってしまいました。

 負けは負け。
 素直に認めるしかありません。

 昨夏同様、怒濤の負け金額になってしまいました。

 しかも、切った金額が、昨日の高値付近と来ていて、さらに腹立たしい。

 人間勝手なもので、いままでは円安が憎らしかったのに、いざ切ってみると、円高に進むと腹が立ちます。

 ホント、アホ。
 いちいち気になるレバでやっていた自分が悪いのです。

 とにかく、株が波乱含みなので、しばらく静観。
 まだ騰がるなら、今度は戻り売りを。
 下がってしまうなら、100円台まで待って、そこでロングを。

 いずれにせよ、弾がなくなってしまったわけではありません。
 再挑戦は可能です。

 しかし、年明けからの積み重ねがなくなってしまったことを思うと、さすがにめげます。

 アヤ気味の位置に打っていた指し値にショートが刺さったよりによって次の日に、ECBの総裁が利上げ示唆したのが最大の敗因でした。

 それからというもの。
 連日連夜出てくるインフレ警戒発言。
 100円~101円でヨコヨコしていたハイジが、一日一円ずつうなぎ登り。

 今月23日の利上げは回避できたものの、次の9月にはやるだろうという意見が大勢。
 しかも、原油は果てしなく値上がりを続け、株式市場は下落の一途。

 これじゃ、下手すると、ハイジに関しては騰がる一方のトレンド、当分曲がることがなさそうだと、思い始めていました。

 ご存じの通り、くりっくはファーストインファーストアウト。
 損が少ないのから徐々に決済していこうにも、順番の関係でできません。
 両建ても無理。

 えい、いっそチャラにして、しばらく様子を見てやろうと思った次第です。

 大阪の橋下知事と同様「出血を止めただけ」です。
 去年のマイナスと合わせ、-100万円オーバーからの再挑戦です。

 リカバリー、だいぶ時間がかかりそうですが、あきらめません。絶対に。

 そして、いま見てみれば。
 クロス円総崩れの中、ハイジだけまた、104円30銭なんて値段を付けているではありませんか。
 この夏は、ハイジ一人勝ちの、超絶的円高の季節になりそうな予感がします。

 君は、猟奇的な彼女だったんだね。 


【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 0円
 (として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく ▲56万7790円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年6月27日 (金)

しかしまあなんだね2

 クロス円総崩れの中、スイス円だけは円安、と(^^;。

 当てつけか?

 パソコンの中にこびとでも入って、意地悪してるのか?

 毒づいてます。

 リスク回避なら、ハイジが買われることは分かり切った話なのですが、ドル円ユーロ円が崩れているのにハイジの元気ぶりは、理解不能。

 ほかの通貨が崩れたらちょっと高くなって。
 ほかの通貨が上がったらもっと高くなって。

 低金利通貨なのだから、上げ下げしないと利益が出せないだろうに、なんで買われる一方なのか、うーん。

 ともあれ、今年前半の最大の読み違えになりそうです。

 相場もガラガラになってますが、ここ数週間の上げを考えれば、どうってことのない崩れ方。
 ハイジも含めて、円が買われる状況にならない限り、総崩れとまではいえないでしょう。

 数日前までユーロ167円でしたよね。
 ハイジも103円でした。

 相場は常に理不尽なもの。
 異常だ理不尽だと文句を垂れても、そうなっちゃうものはそうなっちゃう。

 だから、今晩も、手を出さず、寝ることにします。

 本音では、押し目かも知れないと思って、ドル円、ハイジのスワップ分だけ、稼ごうかなと思ったのですが、ちょっと、ダウの下げ足が異常に早い。

 あ、いま、下落幅前日比300ドル突破しました。
 明日の日経平均、大荒れの予感。
 週末ですしね。
 アジア市場を見てからでないと、値頃感で買いを入れていいものかどうか。
 トレンドラインを頼りにできない昨今、様子がつかめません。

 ふう。
 なかなか、うまくいきませんなあ…。




【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -10000円
 (CHF/JPY ±5000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月26日 (木)

しかしまあなんだね

 ずんどこずんどこ、よく騰がること(^^:。
 洞爺湖サミットで為替、特に円の安さ、問題にならないのですかね。

 ドルは年初の水準に戻しただけなので、安いとも高いとも言い難いところなんでしょうが、欧州通貨はどうよっ、て毒づきたくなります。

 ユーロ169円? ホンナラ、なんですかい。
 外でちょっと「メヌゥー、スィルブブレェ」なんて言って食ったら、5000円行っちゃうって?

 空港のマカダミアチョコが、12粒入り3000円とかしちゃうわけ?

 ヨーロッパなんか、旅行できません。

 FOMCは、要は利下げ終了のアナウンスをするだけが目標だったと見えて、その後のドルの動きにはほとんど影響を与えずじまい。

 利上げ前提の欧州だけ、噴いてます。
 (ほんじゃ、利上げ後は、どうなります)

 サウジに続き、クウェートも増産を発表したので、少しは原油も沈静化するかと思いきや、焼け石に油。
 投機の材料が増えたと、かえって値動きが荒くなる始末。

 当面、欧州通貨が下がる余地、ありません。

 その現実を前提にして、では、耐久力計算。

 現行、102.30で200万、ハイジのショート抱えてます。
 もう、それだけ書いただけでげんなりしてくるのですが、それは飲み込んで。
 毎日のマイナススワップ、1万円。
 1カ月で30万円。
 1円円安に触れると-200万円。
 現行含み損約400万円。

 ちょうど、今年の確定利益とトントン。
 思わず損きりしたくなってきますが、素人なのでそれはおいておいて。

 仮に、このまま110円まで行ってしまったとする。

 平均売り単価との差 8円。

 8円×200万円=1600万円!

 そりゃあ、ご無体な、という感じです。
 財布は耐えられるけれど、精神的に持ちません。

 でも、アナリストの予想を見ていると、ないとはいえないんですよね。
 このままずーっと、上がり続ける一方の相場展開。
 そういうのはない、ということになっていますけれど、昨夏までのように、対欧州通貨で円を売っておけば儲かるという流れがずっと続くと、果てしなくのびていく可能性もあります。

 ユーロとポンドが同値になっても、おかしくない。

 そうなると、ハイジのショート持ちの私など、さしずめたき付け燃料といったところですか。

 ただ、ここでドテンロング撃てるかと言えば、それは無理。
 さすがに、チャートを気にせざるを得ません。
 月足週足、もうめいっぱい上に伸びてます。
 ここでロングを取って、なお利が乗せられる人は、ギャンブラーですね。

 私は素人なので、できません。

 サブプライム問題。欧州ではなぜ、顕在化しないのでしょう。
 欧州の住宅バブルはなぜ、はじけないのでしょう。
 購買力が落ちれば、インフレにも一定の冷や水になります。
 その引き金を、悪材料をかますことで引き起こせないのか、と思いますが、21世紀は欧州の時代だぜ、と威張りたいECBは、イヤなんでしょうね。

 もっとも、ワイマール時代のドイツのように、国民に購買力がないのに、ハイパーーインフレだけが進むのも、困りものですが。
 原材料高が収まらなければ、製品価格に反映せざるを得ず、結局、ものの値段は下げられない。
 これも、困ったものです。

 ああ、頭が痛い。
 ふんでも。15年もリーマンやってると、この手の修羅場、何度もくぐってきてるし。

 時間が解決するってこと、知ってるし。

 耐えられないほど、金ないわけじゃないし。

 …結局、きょうもまた、しおしおと、仕事にでかけております。

 空はどんより、梅雨曇り。
 むしむしして、いまにもぱらついてきそうです。






【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -10000円
 (CHF/JPY ±5000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

断固寝ます

 FOMCだそうですが、午前3時なんて、起きてられません。
 せっかく休みだというのに、そういうときまでおつきあいするのは、私が目指すFXの美しい稼ぎ方に反します(;;。

 だいたいそんな時間に起きて、なにしまんねん。
 スキャルでっか? 目痛めまっせ。やめなはれ。

 ポジを仕掛けたら仕事に没頭
 ↓
 家庭人としての義務も果たす
 ↓
 上がろうが下がろうが、放っておく
 ↓
 約定通知が「ちゃりーん」と携帯を鳴らす
 ↓
 帰宅してからPCで利益額を見て、にやっと笑う

 そして上に戻る。

 従って、寝るべき時間には寝る。
 仕事をするべき時間には仕事をする。
 遊ぶ時間には遊ぶ。

 その傍らで、きっちり、金には働いてもらっている。

 そういうことでいいんじゃないかと思っています。

 薬、効いてきたみたいです。
 眠くなってきました。

 おっと、週末ボーナス出るんだったっけ…。今年はいくらだろう…。ぐう。

 あしたは、月末恒例、耐久力計算と行きましょうか。




【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -10000円
 (CHF/JPY ±5000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月25日 (水)

わかっちゃいるけど

 ゲームだ。
 これはゲームなんだ。

 わかっちゃいるけど、辞められない止まらない。

 一喜一憂しまい。
 毎日きりきりしまい。

 そう思っても、黒転する日を夢見てしまう。

 そのくせ、ポジがなくなれば寂しいという。

 男はかくも、甘ったれだったか。

 ゆらゆら揺れる、女心とクロス円。

 FOMCの行方をにらみ。
 マイナススワップにマゾっ気を覚えるきょうこのごろ。

 月末はもうすぐ。
 3周年もまもなく。

 刈ってくるぞと勇ましく。
 勝ってくるぞといけるのか。

 ぶちくさ唱えて、待つは明日丑三つ時。

 起きちゃいないがポジは寝ない。

 どうなりますか。
 高みの見物。

 高見から、降りてこいって、放蕩娘。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -10000円
 (CHF/JPY ±5000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円




















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月22日 (日)

銭湯

 早朝から降り続いていた雨が、ようやく上がりました。
 むしむししています。
 これから、一汗流しに銭湯へ行ってこようと思います。

 昨日は、近くの里山へ子どもとハイキング。

 たかが標高600メートルほどなのに、一夜明けてみたら、はや筋肉痛。

 もう少し年を取ると、数日たった頃にさいなまれると言います。
 だから、まだ若いんだぞ~、などと自分を慰めても仕方がありません。
 背中やふくらはぎがぱんぱんです。
 お風呂でしっかり、もみほぐしてきます。

 それにしても、銭湯ユーザーは、いつから貧乏と決まったのか。

 ワーキングプアや後期高齢者、母子家庭。
 こうした社会問題を取材した新聞やテレビに、取材を受けた側が答えていました。

 「風呂は二日に一回」
 「家のガスを止めて銭湯へ通っている」

 それがどうして生活苦なのか、さっぱりわかりません。

 何を貧乏ととらえるかは、しょせん、個人の価値観にすぎないのだと思いました。

 足るを知れば幸福で、足りぬと言えばどこまでも足りぬ。

 あるもので満足できている自分は幸福なんだナア。
 つくづく感謝しています。

 でも、ハイジに関しては別。不満足です。

 なんだって、103円マッターでまだ、遊んでいるんだか、放蕩娘め。
 降りてきたら、おしりペンペンして、しばらくロングで亀甲縛りの刑に処してやるぞと、意気込んでいます。

 ほぼ三週間も持ったせいで、マイナススワップもはや12万円に突入。

 往復の手数料を加えると、20万円、つまり、平均売り単価より10ぴぴも下に損益分岐点が動いてしまいました。

 ブログ巡りをしてみると、来週あたり、クロス円、総じて円高に触れる意見が多い様子。

 どの意見もごもっとも。
 ぜひ、そうなってくれるように、祈っています。

 ダウが200ドル超下げたというのに、円高がほとんど進まなかった金曜日。
 株と為替が密接に連動していた今春までの動きが嘘のようです。
 これは、ひょっとすると、FOMCで利上げするという淡い期待を、みんな抱いているせいではないかと。

 そこではかばかしくない意見が出た場合。
 超絶的ナイアガラが待ちかまえているような、そんな予感がしてなりません。

 また雨がぱらついてきました。

 家の周囲、どこを見ても、梅雨ぐもりです。

 さ、銭湯、行ってきます。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -10000円
 (CHF/JPY ±5000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年6月21日 (土)

クロス円に黄信号?

 ダウ200ドル強安。12000ドル割れ。
 原油2ドル高の135.36ドル。
 ユーロは対ドル100ポイント高。

 三点セットで、おきまりのようにドルが下げてます。

 ユーロドルとスイス円をのぞき、クロス円、円高模様です。

 信用不安が再燃しているいま。
 株に暗雲がかかり始めると、どうしても、リスク回避の動きが強まります。

 月末にかけて、円高なのかと占っています。

 懸案のスイス円ですが、ドルスイとドル円の合成レートなので、ドル円が逆回転しないと、ドルスイが下がってもあまり波及しません。

 いずれにせよ、あす行われる原油協議の結果と、FOMCの行方をにらんで、決済できるチャンスをうかがいます。

 週明け。おもしろくなりそうです。

 今週は、土俵際まで押し込まれて、徳俵から半分上半身がはみ出ました。
 どうにか持ちこたえた感はありますが、依然として形勢はよくありません。

 塹壕掘って、持久戦といったところです。







【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -10000円
 (CHF/JPY ±5000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月20日 (金)

薄日が差した

 どんがらがん、がらがらどん。
 三匹の山羊の、がらがらどーん!

 ハイジが久々にこけました。1円近くずっこけてます。

 ユーロに先行するとして、くすぶっていた利上げ観測をけっ飛ばし、据え置き。
 しかも、インフレは将来的に落ち着くという予測まで出してしまいました。

 これでは、利上げ期待で買われていた部分がひとたまりもありません。

 発表から数十分で、ナイアガラ、まいあが~ら。

 朝方、オマエは損切りしたのではないかって?
 しかも、本日の最高値で、400万円ゆわして。
 今年の確定利益全部吹っ飛ばして。
 涙目になって一日仕事をしていたんじゃないのかって?

 ふっふっふ、ざ~んねんでした!

 いろいろ考えていたら面倒くさくなって、ほったらかしといたんです!(爆。

 だから、まだ平均単価102.30の200万、抱えたまんまです。

 つくづく、おばかでちゅね~。あほでちゅね~。
 こんなことばっか、やってまちゅね~。

 本当は、素直に負け認めてしまえと思ったんですが、すごく危ない方向に脳内汚染。

 「…仮に1円吹き上がったとしても、今年の確定利益をバッファと考えれば」
 「…-200万円ってことやん…」
 「…そんならまだ、なんとかなりそう…」

 こうなっちゃうと、バクチです。投資じゃありません。
 負けパターンにはまるばくち打ちの。典型的な思考サイクルです。
 わかっちゃいるけどやめらんない。

 「いいや、16:30の発表、知らんぷりしとこ」

 はるか遠いヨーロッパの山国の為替のことなんて、知らないモンね。

 やせ我慢、数時間。
 こらえきれなくなってレート見て、安堵の深い深いため息。

 もう一カ月ぐらい待ったら、勝てるかも知れません。

 でも、もう、今度は、絶対、ロングにします。
 マイナススワップ。
 ハイジは少ないのが魅力ですが、100万単位で抱えていると、さすがにこたえます。

 

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -10000円
 (CHF/JPY ±5000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月19日 (木)

寄付したら税金くれとは

 「納税通知書 11万円」

 …なにかの間違いでは。

 役所からの封筒を開けて、目が点に。

 毎年この時期に届く、住民税の通知書も同封されています。

 よく見ると、寄付金控除が空欄になっているではありませんか。

 昨年、OTCで110万円利益が出たので、ユニセフとフォスタープランに同額寄付しました。
 あわてものめ。きちんと調べてから税金寄越せというもんだ。

 役所に電話。
 「寄付したので、その分を差し引いて計算してもらわないと」
 「還付金が発生するならわかるけど、追加っていうのはおかしい」
 「もしかして、今年の住民税、源泉徴収じゃなくて、全額自分で払えという意味?」

 役所の答え、驚愕。

 「そちらが寄付された先の団体は、寄付金控除の対象じゃないんです」

 ●×△?◎◆□%&$#! 

 そらいったい、どういうこったあ!

 「所得税と、住民税、寄付金控除の対象になる団体、違うんです」

 通知書の裏面、ひっくり返してみてくれと言うので、震える手で探してみた。

 「都道府県、市町村、日赤、共同募金、これらへの寄付は-10万円して、控除する」

 つまり、ユニセフやほかのNPOに寄付しても。

 住民税はまからない!

 そ、そんなぁ、むごすぎる。
 国税のHPの「寄付金控除」の欄に、そんなこと書いてなかったじゃないか!

 確かに、ネットで検索すると、寄付金控除における所得税控除の対象団体と、住民税控除の対象団体とは違う、と出てくる。

 さらに腹の立つことに、税理士の問題でも頻出だ、と出てくる。

 善意で寄付するのに、税理士並みの知識がないと、自分で自分の首を絞める国って、なんなんですか、それは。

 ということは、110万円寄付して、さらに11万円税金とられて。
 まるっぽ、バカ見たということですか?

 所得税の還付金、140円です。
 14万円じゃありません。

 これじゃ、日本に寄付文化が根付くはずもないわねえ。
 昨日は一日頭痛がしていました(^^;。

 あまりのばかばかしさに、怒りを通り越して、かえって冷静になってしまいました。
 FPとして知っておかなければならないことだったのかも知れませんし。
 でも、テキストを繰ってみても、そういう記述、出てきません。

 もう、結構。
 これで、再びドジは踏まずにすみます。

 高い高い授業料だと思って、すぱっと払ってきました。

 仮に、これで寄付してなかったら、さらに所得税がかかったことになります。

 税制改正されない限り、金輪際、OTCなんかでやるもんかと、堅く心に決めました。

 さて、ハイジ。
 もはや、負けを認めてもよさそうです。

 きょうは利上げの日。
 いや、そう決まったわけではないけれど、インフレの進行具合から言って、スイスはたぶん、やる。

 今年の確定損益とだいたいとんとんのところで、損切りしかけておきます。
 当たれば仕方がない。
 もう一度、やり直しです。

 それにしても、めったに一方的な動き方しない通貨なのに、なんで読み違ったんだろう。
 しかも、数週間たゆったっていたレベルから、こちらがポジを取ったとたん、当てつけのように、吹き上がっていきました。

 損はしないから、と納得したいのですが、メカニズムが読み取れず、不完全燃焼です。

 どうも、いけません。

 あ、でも、よく考えたら、まもなく月末、給料日だ!
 なんかうれしくなってきました。喜んじゃえ。
 リーマンには、日銭の方が、大事ですもん。うふふ。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -10000円
 (CHF/JPY ±5000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年6月18日 (水)

FX2周年にこだわる

 マゾが入って病膏肓にいると言った感じでしょうか。

 我ながらバカなハイジ200万ショートポジ、まだ持ってます。

 ばかでちゅね~、あほでちゅね~。

 仕事でいやなことがあって、ざらざらした気持ちだったので、もう面倒くせえ、反対売買して消しちまえとやけっぱちになったのですが、寸前で踏みとどまりました。

 注意一秒、けが一生。

 別にいま損切りしても、年間のトータルとしてはマイナスになりません。
 現行、含み損約280万円。
 確定損益+400万円-280万円=120万円

 残ればいいか、と思ったのも事実なのですが、もう一つの理由から、どうにもこのポジ、沈めないと納得がいきません。

 今週末で、FXを手がけ始めて2周年を迎えるからです。
 記念すべき月に、むざむざ負けを認めるなんて。

 縁起が悪いったらありません。

 2006年6月に始めたFX。
 当時は円キャリー全盛で、円を売っていれば儲かる、単純きわまる相場でした。

 昨年8月17日がすべてでした。

 サブプライム問題という言葉がクローズアップされると同時に、爆益爆損行ったり来たり。

 昨年はOTCでは黒字でしたが、くりっくは赤字。

 OTCは損益通算、損失繰り越しできないため、今年はどうにか、くりっくでなんとかしようと、年明けから必死に稼いできました。

 お師匠からは、年間、リーマンで稼ぐ年収(所得ではない)と同額のノルマを課せられています。

 そのくらい稼げないなら、リーマンやめるという大口はたたかせない、と釘を刺されてしまいました。

 いま、その目標に向けて、えっちらおっちら、進んでいるところです。

 自分を守り、家族を守り、余った力で次世代も守りたい。

 そう思って始めたFX。

 負けを認めるのは腰が軽い方ですが、いま抱えているこのポジだけは、何とか耐え抜いてものにしたいと思っています。

 資金力よりも、精神力の勝負になりつつあるような気がいたします。

 ハイジショーターの皆様、がんばりましょう。
 戻らない相場は、ありません。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -10000円
 (CHF/JPY ±5000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円







| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

きな臭い

 ダウ100$安。
 小さな売買で激しく上下動するダウですが、原油は下げてもダウがさえない状況。
 ここしばらく続いています。

 ドル安本格化なんでしょうか。

 ドルがあかんということになれば、欧州も自分のところだけ利上げして、ほくそ笑むと言うことはできないと思うのですが。

 クロス円に波及するかもしれませんね。

 ここのところずっと円安傾向で、円ショートの弾が積み上がっている状態です。

 どこかで崩れる可能性があると思っています。

 じっと待つのも、為替になずんだ人間の身の処し方かと。

 人生同様、すぱっと勝ち組に行くことは、ないんだなあ。

 噴いてもへたっても、クロス円、しばらく静観してみようと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月17日 (火)

撤退考えた一日

 104円突破というニュースを見て、ハイジはついに、手の届かないところへ行ってしまったかと、一瞬ひやり。

 しかし、仕事中に取引できるような、そんな甘い環境な訳もなく、噴こうが戻そうが、まったく知らぬ存ぜず。

 そして数時間。始発帰りですよ、ふんとに、もう。

 いま見てみれば、どうにか103円台中盤まで戻している気配。

 喜ぶべきか、悲しむべきか。

 さすがに、仕事の疲れと相まって、負けを認めてもいい気がした一日でした。

 けど、家人はさすが。
 もう少し、様子を見ろといいます。

 なのでまだ、戦っています。

 インフレの足音。
 利上げに走る欧州。
 利上げをにおわす米国。

 諸外国に比べれば、インフレの影響なぞ小さい日本円。
 買われてもいいはずなのに、またも、いつか来た道のごとく、ヘッジファンドのたき付け燃料と化しています。

 でも、キャリーだといって、喜んでいていいのでしょうかね。

 欧州通貨の逆回転がやってくる日は、ないのでしょうか。

 たとえばこのまま、ユーロが利上げして、原油が噴いて、ドル安が進んだら?
 200円まで行っちゃうの?

 ハイジも110円、行っちゃうの?

 だれかなんとか、早く手を打たないと。

 第三次世界大戦になりかねないと、本気で思うきょうこのごろです。

 ああ、もう夜明けか。
 よく働かせてくれる、ホンマ。





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月16日 (月)

指標の嵐の週

 おはようございます。

 若干円安で始まったようですね。

 カレンダーを見て、焦燥感にとらわれています。
 しかし、頭冷やして、紅茶一杯飲んで、考えてみると、指標のない週の方が珍しい。
 従って、一喜一憂するのは、誠にあほらしい。

 紅茶もういっぱい。

 PC入れ替えてから、辞書変換が思うようにいかず、変換キーの押す回数がいままでとは勝手が違い、ストレスがたまります。
 何度も使っているウチに、自然に覚えてくれるらしいのですが、時間がかかるようですね。

 さて、ハイジ売りの女衒と化してはや2週間。
 103円台からいっかな降りてくる様子がありません。

 ペーターが呼んでも、おじいさんが呼んでも、ロッテンマイヤー先生が金切り声を出しても。
 ウゼーよ、むかつくよ、関係ねーよ、別にィと、コミュニケーション拒否。
 DNAに傷入れたサイコパス丸出しの答えで、上の方で弁当使っています。

 でも、そろそろ…という思いがするのですが、希望的観測があるうちは、下山しないんですよね。

 この門を入るもの、すべての希望を捨てよ

 おまけに今週は、19日にスイスの政策金利発表があります。
 現在2.75%。
 個人的には、利上げ、ありうると思っています。

 サプラーイズ! 爆上げ! 一気に104円台!

 で、その後は? ハイジに資金拘束されていた、ロング持ちは?

 その後が見えません。
 数週間のイメージがないと、スイングに手を出すべきではないといいますが、ハイジはすでにチャート的に青天井状態なので、上にも下にもラインが引けるのです。

 ところが、ハイジ持ちはショート一点張り。
 くりっくの売買比率は、91%売ってます。
 NYでも同じようです。

 ハイジはいつも売られているらしく、97~99円にならないと、この割合が逆転しない。

 いまの段階で逆転することは考えにくいです。
 しかし、ポジが一方向に傾いていると、そちらへ当てつけるかのようにポジ殺しにやってくるのが投機資金。

 そのきっかけが、なんなのか。

 政策金利でのサプライズがあれば、そこが目先、一つの天井になりうるかなと。

 サプライズがなければ、それも天井形成かなと。

 その場合、平均買い単価+マイナススワップ+手数料の厳密な同値で逃げるか、それとも、はじめに設定した利幅まで待つか。

 そこが難しい判断になりそうです。
 いまのところ、変えてません。

 じりじりとあげて、落ち始めると数日勢いよく落ちるのがクロス円の特徴。
 ハイジも例外ではありません。

 欧米金融機関の決算も始まる今週。
 半ば後頭部がしびれつつ、潮目が変わるのを待つしかなさそうです。

 皆さん、一緒にがんばりましょう。





【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -10000円
 (CHF/JPY ±5000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円










| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月14日 (土)

EU基本条約拒否

 アイルランドがけっ飛ばしちゃったらしいですが、ユーロは売られて、ハイジは…やっぱり強いか。
 当たり前ですかね。スイスはEU非加盟国ですもんね。

 抵抗線102.80を一瞬割り込んだら、もう戻してます。

 戻しの勢いが足りないのが、救いだけれど、ホント強いですね~。あきれます。

 売買比率をみると、9割方売ってるのに、それでも買い上げてくるのは、やっぱり、投機資金のなせる技?

 まあ、いずれ、とは思っていますが、いまからじゃドルも買えないし、オセアニアはもっと買えないし。

 週明けから月末にかけての市場が、今年一つの山場かなと思っています。

 今週は結局、手慰みだけでした。






【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -12000円
 (CHF/JPY ±6000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月12日 (木)

クロス円

 ドルが下げてます。やはり、107円台では、買いあがっていく勢いに欠けたのでしょうか。 またユーロとハイジに資金流入が始まったようです。
 落ちませんね。強い。

 昨年11月の時みたいに、1カ月ほど待って借り入れるようなイメージでしょうか。

 なんとなく、うまくいきそうなイメージはあるのですが、あまり一方向へ行きすぎるとどうしたらよいかわかりませんし、最高値で張り付いてたゆたい始めると、またどうしたらよいかわからなくなってきます。

 ドル安円高に触れると、クロス円は一緒に円高へ向かうという感がするのですが、ここしばらく、そのジンクスが通じていません。

 ドルが下げても欧州通貨は強いまま。
 これは、日本円の売り玉をためているだけなのか、それとも、本気でまだ押収は強いとみているのか。

 前者だとある程度たまったところで逆回転が起きます。

 でも、欧州が強いと見切って買い続けられてしまうと、いずれは元に戻るにせよ、当分チャートに変化が出てこないことになります。

 資金を全く動かさずに耐えるのはばかばかしいので、もう一つぐらい、ドルでも何でもいいので、得意な通貨を選んで含み損を埋める算段を考えています。

 なんにするかな~。

 おっと、薬が効いてきてしまいました。
 しんどくなってきたので、続きはまた明日。

 最後に、どうしてそんな下手な突っ張り続け方するのというお問い合わせいただきました。
 すみません。下手ですよね、確かに。

 でも、月末までが山かな。
 欧米金融機関の決算も出ますし。指標も多いですし。

 悪決算を受けて4~5日円が急騰し、そしてまた、キャリーに戻る。
 原油は落ち着く。
 

 そうならないと、夏過ぎまで塩漬けですね。




 相場の神様に絶対はありません。
 記憶ではなく、記録を頼りにしろという格言も、所詮確率論でしかないことはわかっています。

 でも、欧州通貨のチャートを見る限り、仮に利上げしても、それを手がかりに吹き上げるのは当日だけというケースがほとんど。
 事前に織り込まれてしまっているから。

 ハイジはもっとのんびり。
 一瞬だけ動いて、あとは避難通貨としての性格からか、買ったり売られたりのレンジ上下動。

 いまの水準は、ドル安に伴う原油高騰と、傷口に塩をなすり込むような中東情勢の悪化が災いしているので、それなりの理由がある。
 だからみんな買っているわけで、理由がなくなってしまえば、いずれ落ちてくる。

 あ、もう限界。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月11日 (水)

そしたらど~なる

 今年後半に米景気は回復に向かう、と今度のG8で声明する予定。
 マコーミック米財務次官がそう発言したそうですね。

 世界経済の牽引車として、資金流入を受け止めてきたアメリカ。
 サブプライム問題でひび割れ、漏れ始めたマネーが、ひび割れの修復とともに、また回帰を始めるということでしょうか。

 そうなると、商品相場に回っていた投機資金がドルに流れ、昨年までと同様、ドル主体のキャリーが戻る絵が描けます。

 もっとも、最近、米高官の口先介入が多すぎるのが気になります。

 具体的な景気浮揚策を持っていないので、ドル高に転換させるには、ファンファーレしかない。
 なんとなく、「ドル買わないと、どうなっても知らないよ」と、笑顔で脅しをかけられている気がして、イヤです。

 大統領選を控え、本音では、ドル安歓迎の米。
 ただ、限度というものがあるでしょう。
 原油相場に歯止めをかけたい思いが、ある程度のドル反発を容認する方向へ、いま向かっている。

 そういうジレンマを抱えているのかなと思います。

 それにしても、欧州通貨は、サブプライム問題をうまく、のらりくらりと逃れている様子。ここしばらく、まったくつまずきの音沙汰ありません。

 そのうち出るだろうと思って待ち暮らすショーターとは、根比べになってきています。

 同じように証券化商品を抱えているはずなのですが、表面化が遅れているだけなのか、それとも、もみつぶして知らんぷりを決め込んでいるのか。
 ひょっとすると、もう、出ないのかもしれませんね。

 それでも、いまの欧州通貨の水準、果たして適正なんでしょうか。

 特にハイジ。

 97円~102円で上下していたのが、金利先高感の影響もあってか、1円近く上に張り付いてしまいました。

 年明けからここ数日まで、上下動はあっても、上値チャレンジが数日続くということはなかったのです。
 しかも、5~6月は、100円~101円30銭の、非常に狭いレンジで動いていました。

 それが一転、いまや103円台。
 中東情勢の悪化、原油高に伴う欧州通貨の選好。

 この辺、そろそろ歯車、逆回転し始めたような気がします。

 たたき落とされたドル
 あがりすぎて需要にかげりが出てきた商品相場
 インフレの足音

 こうなると、マネーが商品相場から、為替へ、特にドルへ、戻って来始めてもおかしくないと感じています。

 上がり続ける一方だった原油が、ここのところ、ちょっと下げも入っているのは、そういう事情もあり得るのかなとにらんでいます。

 G8が終わったあたりから、少し、ドルを押し目買いしてみようと思っています。

 それにしても、90円、80円、当たり前だといっていたアナリストたちは、いまこの状況、どういう風に解説してくれるのでしょう。

 107円。
 年明けに戻ってしまったではありませんか。

 ゆっくり考えてみたいと思います。

 ※昨日の確定損益表、やっぱり間違えてましたので、修正しました。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -12000円
 (CHF/JPY ±6000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円














| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月10日 (火)

いや~参った参った

 パソコン新しくしたんですが、もうた~いへんな一日でした。
 メールはバックアップしてないわ、アドレス帳は消えてるわ。
 無線ランはつながらないわ、当然振り込みもできないわ。

 このココログのパスワードすら消えていて、30分かけて資料をひっくり返して調べる始末。

 それでも結局、かつてのメールの8割方、ログが消えてしまっていました。

 スケジューラーか何かで、どこかにバックアップしてくれないものでしょうかねえ。

 もうぐったりしてます。

 為替はといえば、こちらもどうも芳しくない。
 ハイジも一日1円ずつ高値を更新。
 いままでにない動きを見せていて、心臓に悪いことおびただしいです。

 今朝の上げで、また100万刺さってしまい、ハラホロヒレハレ~。
 現時点で、含み損280万円。
 どこまで吹き上げたら気が済むんでしょうなあ。
 ホントに、まいっちんぐマチコ先生ですよ、いや~ん。

 いや~んといえば、アキバの殺しはすごかったですね。
 犯人にはもちろんですが、助けるわけでもなく、人の不幸に平気でカメラ向けて画像を分け合う周囲の連中の方が、よけい胸くそ悪くなりました。
 ホコ天じゃなくて歩道にトラックつっこましていたら、どうなったことか。
 被害者うなぎ登りになったことでしょう。

 彼もアキバ好きだったようですから、最後は自分の聖地で一花咲かせたかったのかもしれませんね。

 こちらもほんのつぼみ程度。つぼみがちらりと落ちたくらいの。

 USD/JPY 105.30 S 1 104.53 8300  420

   USD/JPY  104.53 L 1 105.30 9700 315

 朝方のつっこみと、それに伴う往復びんたをうまくすくい上げられたラッキー玉。
 でも、勝負しているときは、勝ち癖をつけておきことが大事。
 たとえ小さくても、毎日少しずつでも勝てるという自信を大事にしたい。

 グロスの上がりは…いい勘薬が効いてきた、うまくまとめられるかな。

 為替差益 7700+7700=15400
 手数料  420+315=735
 スワップ -50

 小計 15400-735-50=14615円

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

  CHF/JPY 101.30 S 1000000
 CHF/JPY 103.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -12000円
 (CHF/JPY ±6000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 400万210円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円









 ついに、4月までのノルマは果たせたぞ、お師匠。
 第3弾の追加入金もしておきました。
 薬効いてきたんで、翌朝。

 ここのところげきむで、もう酒では眠れないんですよ。






| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年6月 6日 (金)

徹底抗戦

 威勢はいいんですが、アカンと思ったらすぐ逃げるヘタレです。実は。
 昨夏の8月17日も。
 数日前に宣言ぶって、すぐに360万円損切りしました。

 すでにいま、含み損160万円。
 でも、年前半の稼ぎ時かと思い、腹を固めました。
 いま、指し値追加したところです。

 CHF/JPY 103.30にショート100万

 昨日、トリシェ発言で噴火したユーロ。
 ここぞというときに、的確に声をかけるミナミの呼び込みのような妙技。
 つられてしまったハイジ、102円マッターをものともせず駆け上がっています。
 怖いロッテンマイヤー先生から逃げるように、とっとことっとこ。
 おじいさんの呼び戻す声を振り切って、ロッククライミング中です。

 でも。
 上がったまんまということは、ないんだなあ、為替には。
 なぜなら、買った人はどこかで反対売買しないと、利益が出ないからなんだよ。

 ハイジ、キミはいつか、雪崩に巻き込まれて山の家まで押し戻されるんだ。

 低金利のハイジを、金利差狙いで買う人はいない。
 キミの背を押しているのは、あくまで短期売買というガイドさんの手なんだ。

 それがはずれたときは、どうなるかな?
 痛い思いをしないうちに、自分の足で降りてきた方が、賢明だと思うよ。

 …などと物語をこさえているうちに、ハイジ。
 あっという間に前回高値102円75銭を突破してしまいました。

 さては、反抗期だな。
 女の子はまったく、扱いにくい。

 ウチの娘はそんなふうに育てないぞ。

 さて、積み込んだつもりの弾丸。
 いま証拠金残高を確認したら、入金されていないことに気づきました。

 調べてみると、なんと定期預金になっていて、それが解約されないと振り込みできない、と表示が出るではありませんか。

 中途解約は利率がよくないので、満期はいつかと調べてみたら、これまたなんと。

 月曜日。

 さあ、今夜中に指し値が刺さってしまったら、どうなりますでしょうか。

 リスクを取らなければリターンはない、という現実。
 それに、上がりっぱなしの相場はない、という原則。

 逃げるときは逃げる。
 勝負するときはやる。

 火曜日午前0:00まで、ハラハラドキドキが続きます。








【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 USD/JPY 105.30 S 10000

  CHF/JPY 101.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -6060円
 (CHF/JPY ±6000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 398万5595円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円




| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

弾丸積み増し

 戦艦「雇用統計」からの攻撃に備え、次発装塡完了。

 いまのポジ沈めたら、次は何も考えずにキャリーについていくぞ、と決心したところです。

 キャリー再開との見立てが多いようです。
 たぶん正しいのでしょう。

 株安・低金利の日本円。
 ドル安さえ収まってしまえば、余り魅力ありません。

 とはいえ、キャリー進行の中にもアヤ戻しする場面は出てきます。
 基本的に、レンジ内で上下動続けながらクロス円の下値を切り上げていく相場なわけで、ショートポジを持っていても、いずれ引っかかるだろうという安心感はあります。

 ただ、今後は円ショート主体にしようと思っています。

 不確定要素なのが商品相場。
 先週までトピックの中心だったのに、原油が120ドル台になったら、とたんに消えてしまったのが気にかかります。

 バフェットもソロスも予言する「バレル150ドル」への道が再開されたら、またドル安再燃どうなるんでしょうか。
 それとも、インフレが怖いから、利上げの姿勢は崩さないのでしょうか。

 しかし、利上げは企業業績の悪化を招きます。
 資源高ですでにダメージを受けているところへ、ダブルパンチを食わせる格好になりますので、株にはよくなさそう。

 株と為替と、最近連動していないので、着目されるのは自然、金利差ということなんでしょうか。

 それに最近、サブプライム問題がらみのニュースにほとんど為替市場、反応しなくなってしまいました。
 モノラインの格下げなど、昨年であればパニック的なドル売りを招いたと思うのですが、ドル高維持。アク抜け感が漂っています。

 結局、頭としっぽはくれてやれ、の格言に従えば、95円後半をボトムとして、100円台前半が頭だったのでしょうか。
 そろそろ胴体に突入しつつあると見ていいのか、考え中です。
 遅かりし、の感もありますが、ぼちぼち、年後半に向けて、長期視野のポジ構築にかかろうと思っています。

 わからんのはハイジ。
 1円動くことはめったにないのですが、昨日は驚かされました。

 拝島で、いや、ハイジまで利上げされてしまうと、ちとまずいことに。
 チャート的に、102円から上、ここ10年、線が届いたことのない水域に、突入してしまいますので、どこまでトレンドラインを引いたらいいのか、わかりません。

 ベテランだと、場慣れしているからある程度腹を決めて展開を待てるのでしょうが、素人の悲しさ、右往左往しています。

 押し目の、早めの到来を期待したいと思います。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 USD/JPY 105.30 S 10000

  CHF/JPY 101.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -6060円
 (CHF/JPY ±6000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 398万5595円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

全面戦争モード

 張ると逆行く、が定番のようになってしまってますが、ここは一つ、突っ張る所存でおります。

 どうか、ご声援を。

 CHF/JPY 101.30 S 100万

 直近トレンドライン上限付近に仕掛けたつもりだったんですが、あっさり抜かれてしまい、含み損早速数十万円。

 もしもまた噴き上がるようなら、どこで売り増しするか考えながら帰ってきたのですが、前回2月のトップが102.70でしたので、そこでもう一発、かまそうと思っています。

 そうすれば、102.00で200万ショート持つことに。
 1円の変動で、損益200万円。
 胃袋によくないね。

 願わくば、そんな恐ろしい事態にならないことを。

 普段はポジが欲しくてつまらないご託たたいているくせに、いざできると、損が止めどもなく拡大する方向へ考えが向いてしまう、チキンハート。

 まだ始まって、半日も経っていないのに、腰が落ち着かなくなるなんて、いけませんね。

 ハイジ102円。来るにしてももうしばらく時間がかかるだろうと思っていたので、この噴火のエネルギーがトビッシュなものなのか、新たなトレンドライン形勢への踏み台に過ぎないのか、図りかねるというのが本音です。

 さすが、欧州金融機関は、なかなか簡単にボロ出しませんな。

 クソポジとなるか、お宝となるか。

 とりあえず、あすの雇用統計でドルの残存一本が消えるか化けるか。
 それを見てから、ハイジの2発目、指し値を埋め込もうと思っています。

 悪夢:倦怠感:続かぬ根気:突如襲ってくる眠気

 ネットで調べたら、十中八九「アルコール依存症」。

 腹が減ったら酒、眠くなったら酒、眠くならなかったら酒。

 それがよくなかったんでしょうね。

 きょうを限りに、酒、一週間に一回にします。

 その代わり、医者から睡眠導入剤をもらってきました。

 これが聞き出すまでの数分が、帰宅後、FXに費やせる時間となりそうです。

 こんなくだらない病気で、人生、棒に振ってたまるか。
 断固、直す。

 そう決意しました。

 こちらも応援、よろしく、

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 USD/JPY 105.30 S 10000

  CHF/JPY 101.30 S 1000000

【現在の一日あたりのスワップ】

 計 -6060円
 (CHF/JPY ±6000円 USD/JPY ±60円として計算)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 398万5595円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円









| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月 5日 (木)

様子見

 性懲りもなく、ドル売り。
 USD/JPY 105.30 S 1万

 現状、105円台中盤を行ったり来たりしている状態です。

 雇用統計がどちらに転ぶか分かりませんが、仮に好結果が出たにしても、戻り売りのいい機会を提供するだけではないかと思うのです。

 ドル、レンジ相場はそろそろ終わりという声も聞こえてきますが、106円~102円の範囲で、方向感が出にくくなっています。

 週末まで、ちょっと様子見に徹します。

 きょうは、しのつく雨。
 洗濯物の乾きも遅そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

怖いパケ代

 USD/JPY 1万 L 104.80→105.31 5100 0 315

 最近あまりにポジがなさすぎたので、昨日はちろっと手慰み。
 ついでに、携帯からの発注訓練も兼ねて。

 首尾良く注文は通ったのですが、通信料金を見て愕然。

 一回の注文作業を終えるのに、250円もかかっていました。

 PCならもちろん、無料。使い放題の中に含まれます。

 携帯電話代の高さを思い知らされました。
 携帯でネットするのは、なるべくやめようと思います。

 とはいえ、勤務先のPCでFXサイトにアクセスすると、記録が残るのでアウト。
 また、普段利用しているPCがダウンしたときの予備として、持たないのはリスキー。

 余り頻繁に利用すると、稼ぎが減るので困ったものだと思っています。

 とりあえず。
 きょうのお昼代と、Tシャツ代はできたかな、と。

 グロスの上がり

 為替差益 5100円
 手数料      315円
―――――――――
 小計    4785円

 

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円
 ()
 

【今年の確定損益】

●くりっく 398万5595円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月 3日 (火)

浦島太郎

 ここ2日、旅行でした。
 PC環境が泣く、相場を見られませんでした。

 いま帰ってみたら、なんかすごいことになっていたみたいですね。

 S&Pの格下げ連発だわ、予想外の指標の嵐だわ。

 101.50のハイジショートが引っかからない限り、ノーポジ継続なので、ビール呑み呑み高みの見物中です。

 ハイジもインフレ懸念で先高感がありますが、さはさりながら、ショート有望にはかわりありません。
 ここから110円に行くことはたぶんないだろうけれど、90円台に突っ込むことは十分あり得ます。

 おいしそうになってきたのがUSD。
 105円台では買えないと思っていたら、104円割れまでズルズルと。
 いけいけ、102円台まで…と思っていたのですが、そこまで鍋の底が割れたわけではなかったようで、反発気味です。

 寝ても寝ても、なんでか眠い休日。

 きょうはもう、5時間ぐらいしか起きてません。なのにまだ、眠い。

 何か病気ではないかと、冷や冷やしています。

 寝過ぎ病って、あるんでしょうか。

 ハイジ、昨日の下落を取り返して上げ調子。
 刺さるまで、一眠り…ZZZZZZ。




【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円
 ()
 

【今年の確定損益】

●くりっく 398万810円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円












| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月 2日 (月)

超ラッキー!

 101円で指してあったと思ったハイジ。
 昨日やっとログインできるようになって確認したら、めでたく「約定してない」とのご託宣。

 注文そのものが入っていなかった様子。
 101円台中盤まで噴き上がった金曜日に引き続き、エネルギーが継続しそうな週明けとしては、実にラッキーきわまる凡ミスでした(難しいなあ、もう)。

 朝方、噴くようなら成り行きで、噴かなくても101.50で、久々の100万爆弾、投下する予定です。

 なに、ハイジなら、さらに噴き上がったとて、102円台後半が関の山。

 あとは、減損会計で表面化していないサブプライム問題の地雷が、UBSあたりでハデに爆発してくれるのを待てばよいのです。

 いっひっひ、楽しみな6月です。

 どーんとこーい!

 

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円
 ()
 

【今年の確定損益】

●くりっく 398万810円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円
















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月 1日 (日)

おっかしいなあ

 ハイジ、101円で仕掛けておいたはずなんですよ、指し値。
 でも、昨日の吹き上げ、約定通知が来ていない。

 …おかしいなあ、なんでだろう…。

 確かめようと思っても、メンテ中という冷たい表示が出るばかり。

 早く確認させてくれえ! とつぶやく週末です。

 そして本日もまた、お仕事ときたもんだ。ぶう。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円
 ()
 

【今年の確定損益】

●くりっく 398万810円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »