2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

« 業者選びの難しさ | トップページ | 【ポ】明日あさって »

2008年4月28日 (月)

え、ウソー!

 JNSのHPを見ていて、あることに気が付きました。

 高金利で有名なアイスランドクローナ。

 「売りも買いもマイナススワップやで~」
 「需給の関係でそうなるんやで~」
 「気ィつけてんか~」

 って、そらなんじゃ!

 あわててほかの業者のも見てみました。

 ものの見事に、みんな、同じ。

 スワップだけに頼る危険性は、認識していたつもりでした。

 金利は一定ではない
 当該通貨が安くなればスワップも減る
 値動きに比べれば利幅は小さい
 業者が永遠に存続するという確証はない
 デノミでもされたら一瞬で地獄行き
 (→つまり高金利側の通貨がハイパーインフレだと爆弾に)

 でも、低金利通貨を売って、高金利通貨を買っていれば、プラススワップ、というのは、お約束じゃなかったのでしょうか。

 うーん、奥が深いぞ、外為。

 アイスランドクローナ、買ってないからいいようなものの、買ってたら、めげるだろうなあ。





 スワップの落とし穴、ほかにもありそう。
 勉強しなくっちゃ。




« 業者選びの難しさ | トップページ | 【ポ】明日あさって »

スワップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/20625387

この記事へのトラックバック一覧です: え、ウソー!:

« 業者選びの難しさ | トップページ | 【ポ】明日あさって »

為替パーツ

無料ブログはココログ

ランキング

  • FXブログナビ
    http://fx-blog.jp/pic/fx-blog_banner2.gif
  • 為替ブログボタン
    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ