« リスク管理と来週の戦術 | トップページ | バターがない »

2008年4月20日 (日)

もうすぐ黄金週間

 今年は日並びが悪く、連休が取りにくいゴールデンウイーク。
 それでも、年末と同様、市場が開かない期間が数日連続します。
 このため、スワップの付き方が変則的になります。

 今年は、23日、29日、30日あたりがポイントでしょうか。

 ポジの受渡日は、t+2が標準(FX会社によって異なる)。
 クロス円に絞ると、以下のようになります。

 23日=高金利で人気のキウイが4日分
     ほかの通貨は大半3日分。

 24日=キウイ2日分

 29日=ユーロ5日分

 30日=大半の通貨が5日分

 くりっくにはランドのクロス円がありませんが、マネパで見ると。
 23日に5日分、25日に7日分。

 それぞれ、精算されるようです。

 来週は、外貨ロング持ちにはうれしい週になりそうですね。

 理想的なのは、NY引け際にロングのポジを構築。
 大量スワップがついた翌日の東京時間、決済。

 これをやれると、実に気持ちがいいです。

 そういう幸運に恵まれるのは、年に何回もありませんが。

 ただ、ボラが大きくなっているいまの相場環境。
 スワップ重視の看板と矛盾するのですが、その損益はしょせん、1日1~2ぴぴ。
 数日まとめてついても、数ぴぴ。
 これを当て込んで無理やりロングのポジを取るのは、いかがなものかという気がします。

 超低金利の中、私を含めたほとんどの素人トレーダーは、円ショートがお気に入り。

 となると、どうなるか。

 日本が長期休暇に入る前、円安へトレンドが向かう
 ↓
 「アク抜け」とばかりに、ロングを作る
 ↓
 スワップまとめてついてウハウハ
 ↓
 いい気分でどこかに旅行行ったり外食したり
 ↓
 休み明け、一気にずどん
 ↓
 ネットにあふれる悲鳴

 ここ何期かの定番と化してませんか。

 昨年同期は?
 昨年末は?

 きょうは日曜。チャートを見返してもいいかも。

 お互い、メチャポジは取らないようにしたいですね。

 歴史から、学ぶことは多そうです。

|
|

« リスク管理と来週の戦術 | トップページ | バターがない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/20401865

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ黄金週間:

« リスク管理と来週の戦術 | トップページ | バターがない »