« キウイぐらいしか | トップページ | ハーベストフューチャーズ »

2008年4月 6日 (日)

ガソリン安くなった週末

 せっかくだから、どこかドライブへ。
 桜も満開だし。

 そんな方が多いと、TVのニュースが報じていました。

 安いところでリッター116円まで落ちたガソリン。
 久々、たっぷり使えるといったところでしょうか。

 スタンドに行列ができたのも初日だけ。
 阪神大震災の時でも、がれきの街で行列してものを買っていた国民ですから、奪い合いになどなるわけがないと踏んでいたのですが、案の定でした。

 ただ、3年前は90円台だったことを考えれば、25円落ちたところで高いことに変わりありません。

 問題は、暫定税率の再議決に移っているようですが、撤廃するにせよ、道路特定財源を一般化するにせよ、いまのガソリン税が妥当なものなのか、そして、使途が道路に限定されている特定財源に組み込まれてしまうのがいいのかどうか、自民も民主も問い直すべきだと思います。

 首相始め、自民は「諸外国に比べれば、ガソリンにかかる税金はまだ軽い」と主張しています。

 これは、正しい指摘です。
 問題なのは、それが道路関連に使われてしまうこと。

 環境対策、あるいは公共交通網の充実、または福祉の充実などに使う。
 そういった発展性がまったく期待できません。

 1月7日のブログでも書いたように、日本の公共交通機関の運賃は、自家用車のガソリンのそれに比して高すぎます。

 車は嗜好品と見なしてはいかがでしょう。
 公共交通・輸送以外の自家用車が使うガソリンは、リッター1000円ぐらいにしてはいかが。

 バス・タクシー・パト・救急車・消防車・宅配便といった関連は全部格安にして、それ以外の自家用車はなべて高率の税金をかける。

 このあたり、タバコを1箱1000円にしては、という意見と、相通じるモノがあります。

 民主も「税金負けさせた」と喜んでいるだけではなく、使い道を考えるような提案を、国民にすべきなのではないでしょうか。

 アイデアとして、自民が出すか民主が出すか。
 早い者勝ちでしょう。
 ガソリンの税金を上げるという発想がないものか。

 オモシロ半分で見ています。

 我々は乞食ではありません。
 自分たちの住む環境が良くなるのであれば、ソレ相応の負担は覚悟するという方は、少なくないと思うのです。

 そういうことで、きょうは電車で花見に行ってきます。
 車で行けば、ガソリン代としては片道200円ぐらい。
 でも、車両規制がかかって、近づけないのです(w。

 電車だと、家族で片道3000円。
 不合理ですね。
 私が財務大臣なら、ガソリン、リッター2000円にします。

 夜っぴて爆音まき散らす迷惑暴走族も、一発でお陀仏です。
 歩く人・チャリンコ族が増えて、みんな健康に。
 医療費も減りますな。

 車が少なくなるから、道路もいらんようになります。
 アホみたいに山奥に高速通す必要もなくなります。

 なんだ、いいことだらけじゃないですか。









|
|

« キウイぐらいしか | トップページ | ハーベストフューチャーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/12337024

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン安くなった週末:

« キウイぐらいしか | トップページ | ハーベストフューチャーズ »