« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

【ポ】明日あさって

 FXのことじゃありません。
 ガソリンのことです。

 政権の一つや二つぶっ飛ぼうが、オレらのカネをぶんどるのは許さん、という決意が見え隠れする、暫定税率の再議決。

 5月に入ってからしばらくはまだ、在庫が切れるまでは安値でしょうが、数日中に元に戻るのが目に見えています。

 仕方がないので、また明日、満タンまで給油してこなくてはなりません。

 近くのホームセンターで、ガソリン用の金属容器を買おうかと思ったのですが、貯められてもせいぜい30リットル。

 リッター30円上がっても、容器を買うことで節約できるのは1000円弱。
 しかし、容器は3000円します。

 ということで、値上げされるその日まで、ちょこちょこ満タンまで入れておくという、実にせこいやり方でしのぐしかないことになりました。

 なんでもかんでも値上がりする昨今。
 節約にも限度がありますから、やはり、入るものを増やさないと、しのげません。

 キウイ、ただいま10万ロング中。
 1日のスワップは、1680円~1720円。
 それだけぼへら~と持っていても、月に4万円程度の副収入があることになりますが、その程度では、なにもできやしません。

 やはり、もう少し、ポジを増やしたいと思っています。

 FOMCを占う向きが多いですが、こればかりは予想したとてどうにもなりません。

 ただ、ドルの底値感は強まっているので、少し買ってみてもいいかと思い始めています。

 連休中はどういう仕掛け的な動きがあるか知れないので、休み明けをねらって。

 今月は結局、動意の薄い月だったのですね。














 桜も終わってしまったので、初夏のテンプレートに変えてみました。
 カモミールです。鎮静作用があるとか。
 ポジを取る指先に、冷静さをもたらす効果を期待したいと思います。



【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 81.50 10万 L

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  1700円
 (NZD ±170円と仮定)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 386万340円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円












| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月28日 (月)

え、ウソー!

 JNSのHPを見ていて、あることに気が付きました。

 高金利で有名なアイスランドクローナ。

 「売りも買いもマイナススワップやで~」
 「需給の関係でそうなるんやで~」
 「気ィつけてんか~」

 って、そらなんじゃ!

 あわててほかの業者のも見てみました。

 ものの見事に、みんな、同じ。

 スワップだけに頼る危険性は、認識していたつもりでした。

 金利は一定ではない
 当該通貨が安くなればスワップも減る
 値動きに比べれば利幅は小さい
 業者が永遠に存続するという確証はない
 デノミでもされたら一瞬で地獄行き
 (→つまり高金利側の通貨がハイパーインフレだと爆弾に)

 でも、低金利通貨を売って、高金利通貨を買っていれば、プラススワップ、というのは、お約束じゃなかったのでしょうか。

 うーん、奥が深いぞ、外為。

 アイスランドクローナ、買ってないからいいようなものの、買ってたら、めげるだろうなあ。





 スワップの落とし穴、ほかにもありそう。
 勉強しなくっちゃ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月27日 (日)

業者選びの難しさ

 25日付で、証券取引等監視委員会が、ジェイエヌエスに対する行政処分を金融庁に勧告したというニュースで、各方面、えらい盛り上がりを見せています。

 ジェイエヌエスに対する勧告内容

 勧告イコール処分決定ではないので、現段階でどうなるかは不明です。

 しかし、FXに絡む業者が行政処分を受ける例は、最近ちょくちょく見かけます。

 分別保管の不徹底
 内部管理体制の不備
 不招請勧誘
 一任取引
 自己資本比率の偽装

 このあたりが法違反の代表例でしょうか。

 データベースをひくと、結構な件数に上ります。
 個別の社名を列挙しようと思ったのですが、件数が多くて断念しました。

 わからないのは、急激な円高が、業者の破綻につながっているとして、金融庁が警戒を強めている点です。

 業者とは、顧客の注文を、インターバンク市場につなぐだけの役割でしかないはず。
 競馬で言う、いわゆる「ノミ行為」か、あるいは自己売買をやっていない限り、損は生まれないのではないかと素人は思うわけですが、今回ジェイエヌエスが引っかかったのは、まさにその「自己売買」の部分。

 FX業者のからくり、私もまだ不勉強だったようです。
 伏魔殿のような部分があるということなんですね。

 こういう事例が続くと、業者選びも大変です。

 そもそもジェイエヌエスとて、サクソ系のシステムの使いやすさと、取り扱いペアの多さで、多くのブロガーが称賛し、アフィリを張っていた有名どころ。

 それが、ふたを開けてみれば実は、というわけですから、業界全体の信用問題に波及しかねないと危惧しています。

 金融先物取引業としてのFX業者に対しては、金融庁が平成17年7月から登録制を導入し、検査対象に加えました。

 それまでの許可制から、規制対象として網がかけられました。
 このため、業者の信頼性向上に寄与すると期待されていたのですが、その後も事件はやみません。
 金融庁の検査や審査がどの程度厳重なものなのか、危ぶむ声も出ています。

 財務諸表を見たり、口座数や残高の推移を見たりするくらいしか、一般ユーザーには、業者の健全さを図るすべがありません。

 では、どうしたら、優良な業者を選べるか。

 信託保全が標準になってきている昨今、タテマエとしては、ポジを精算した残りの顧客財産は戻ってくるということになっています。

 現実には、使い込まれている例も少なくないわけですが、仮に顧客資産が保全されている場合、業者が破綻しても、くりっく365なら、ポジごと移管できる(こともある)とされています。

 くりっくは、入金した顧客資産は、取引所に全額預託が義務づけられています。
 業者が自由に使うことができないので、安全性は店頭取引会社に比べて、頭一つ抜けているのかなと思っています。

 店頭取引会社でも、積極的にコストがかかることに挑戦している会社は、それなりに評価してもいいと見ています。

 新システムの構築
 セミナーの積極開催
 新サービスの展開

 そうしたことに意欲的なら、会社のスタンスが健全であると言えるのではないでしょうか。

 少額ずつ、あちこちの会社に入れてシステムを検証し、対応を見比べる。
 その上で、信用できそうなところを選ぶ。

 まず、迂遠なようでも、そういう打診が必要なのかも知れません。

 私はいま、くりっくメーンにマネパを使っていますが、この2社にたどりつくまで、やはり10社以上、渡り歩きました。

 実際に使ってみないと、分からないことが多かったです。

 大事なお金を預けるわけですから、業者選びは慎重にしたいですね。









| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月26日 (土)

【ポ】キウイで構築し直し

 NZD/JPY 10万 L 81.50

 刺さっとりました。
 完全スワップ当て込み、放置プレーポジです。

 久々のポジ。
 ミシガン大の指標に引きずられ、さっそく赤字に。
 ともかく、それだけでうれしい。



 あかん、完全為替マゾやわ。
 とにかく、攻めます。

 あ、きょうはキウイ、スワップゼロの日やった(爆沈。



 

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 81.50 10万 L

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  1700円
 (NZD ±170円と仮定)
 

【今年の確定損益】

●くりっく 386万340円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大好きな大福が

 為替以外の話題は土日だけにしようと思っていたのですが、ポジがないとなかなか書くことが見つかりません。

 でも、一日一回は書く癖を付けたい。
 だから、平日も、あまりこだわらないことにしました。
 その代わり、いままでよりも、ぶら下げるカテゴリーを細分化しようと思います。

 今後とも、よろしくお願いします。

 
 許せ、為替の神様(私はクリスチャンだけど)。

 
 そして早速、無関係の話題。

 あまり物欲がないので、物価高で困ったということはあまりないのですが、お菓子は別。
 大阪梅田の阪神百貨店地下一階。日本の銘菓売り場。

 ここには、日替わりでいろいろ来ます。

 芋ようかん
 おこわ
 一六タルト
 ういろう
 八つ橋
 みたらし団子
 襄与まんじゅう
 きんつば
 豆かん
 あんみつ
 練り切り
 

 ほらほら、よだれが出そうでしょ。

 仕事で疲れた頭を休めるにはもってこい。
 ついでに、職場の女の子のご機嫌を取るにも不可欠のスイーツたち。
 2日に一回はお世話になっています。

 最近のフェバリットは、福島県の「くわざわの黒米大福」です。
 あんこがずんだ、お餅が黒米。
 中身が緑、外側が暗褐色。
 コントラストが大変きれいなお菓子です。

 お味の方もすこぶる結構。
 妙な添加物、使ってないな~というのが、一口目で分かる、優しさです。

 ごそっと買って冷凍保存していたのですが、きょう見てみたら、一個105円だったのが114円になっているではありませんか。

 悔しい。買う個数が一個減ってしまいました。

 それでも、最近思うのです。

 値上げだインフレだと騒がれているけれど、ものの値段が適正に戻りつつあるだけなのではないかと。

 食べ物って、こんなに安かったっけ。
 外食って、手軽に食えたもんだったっけ。
 車でドライブって、そうちょくちょく行けたか。

 自分の子どもの頃と比較すると、首をかしげる、最近の安さでした。

 生活スタイル全般、見直してみるいい機会なのかもしれません。

 さはさりながら、好きな大福が高くなるのは業腹。
 人間て、勝手なモンですわ。









 さて。
 性懲りもせず、キウイ、81.50で10万ロングしかけてあります。
 今晩の上下動だと、刺さりそうな気がします。

 …50万にしちゃいたい欲望をぐっとこらえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月24日 (木)

ウヒャア噴いとる

 ちょっとだけ良かった米指標と、全然あかんたれだった欧州指標。
 がっちゃんこした結果、欧州通貨安、ドル高と。

 わかりやすいなあ。
 けど、手を出しづらいなあ。

 昨日のセミナーでも、欧州景気の先行きには十分注意を払えと、念を押されました。

 けど、USDだって、似たり寄ったりでしょうに。

 大統領選挙も控えているから、本音ではドル安歓迎見え見え。
 従って、ドルが戻しかけたら、何か言ってくると思っています。

 オセアニアも、豪ドルは先行き明るいようですが、キウイは利上げにつながる文言が削られてしまったようで、少し下値を模索始めた気配。
 商品相場にも左右されます。

 いずれにせよ、日本の株式市場が少しでも活況を見せたなら、売り込んで利食いしようと言う向きも少なくないはず。

 日経平均が一本調子で回復を続けることも、考えにくい。

 まして、取引量が少なくなる黄金週間。
 この間、株も為替も、ジェットコースターにならないとは限りません。

 というように、つらつら考えてみると、どれもこれも、確信いまひとつ。
 今月は、これでいきましょう、というものがないのです。

 当面、休みが明けるくらいまでは、しこしこ本業にいそしもうと思ってます。
 ほんで、円を利食いしておく(?)のが最善の道かも。

 リーマンにとってFXは最強の相棒ですが、あくまでも相棒です。

 本業に差し障りが出るほどのめり込んだり。
 あげくのはてには、本業を放棄してしまったり。

 こうなってしまうと、本末転倒と言わざるを得ないのです。

 毎月確実に降ってくる給与の柱がしっかりしている。
 だからこそ、余裕を持って余技に取り組めるのです。

 だから、ポジがはれずにいる日々もちゃんと稼がないといけない。
 それは、リーマントレーダーを続けたいなら、義務なんです。

 満員電車に揺られて通うニッポンのオトーサンオカーサン。

 お互い、つろうございますなあ。

 連休も、暦通り勤務の私です。









| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月23日 (水)

およよ

 きょうは珍しく、平日に休み。
 その分明日から、めっちゃ働かされるのですが、良いタイミングで、今晩、マネパのウェブセミナーがありました。

 リアルタイムで聴ける機会などめったにないので、酒をなめつつ(バカ)、武市先生のご託宣に耳を傾けていました。

 そうか~。欧州の住宅バブル、これからが正念場なのか~。
 ということは、スイス、売りかましていたら、行ける可能性、あるな~。

 103円台になったら、例によって100万爆弾、ぶちかますかあ。

 妄想だけが膨らみます。

 午前中仕掛けておいたキウイ、81.50。
 かすりもしやがりません。

 連休を控えたスワップ大量獲得時期なので、色気が出てしまいましたが、そうは問屋が卸しません。

 まとめてスワップがつくと言うことは、逆に言うと、マイナススワップがつかない日が、何日か有るということでもあります。

 欧州通貨ショートで年初から稼がせてもらっている身としては、そんな日は、攻め時でもあるのかなと思ってみたりします。

 さはさりながら、今月はやっぱり、様子見になりそう。
 いまひとつ、どこで崩れるか、分かったモンではないからです。

 手を出せないのはつらい。
 好きな人を横からそっと見続ける気持ちに似ているかも。

 それでも、いつかは相手に手を出すわけです。
 けど、どうせなら。

 落ち込んでいるときか。
 ヤケクソになっているときか。
 仕事がうまくいっていないときか。
 

 そういった時の方が、落とせる確率、高いですよね。

 

 え、FXの話ですってば。





 本日は、半額セールのシタビラメを煮付けにしてみました。
 うまい。ゴハンが進みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

たゆたゆ

 どっちつかずでたゆたってますね。
 手を出しづらいです。

 それでも、一本だけ仕掛けてあります。

 NZD/JPY 81.50 10万 L

 オージーはいまいち、95円アッパーで買う気がしません。
 資源国通貨ですし、インフレも進んでいるのですが、やっぱり、チャート的に、高い。

 キウイも、できれば70円台後半で手を出したい。
 でも、当面、そこまで落ちてくる様子はナシ。

 となれば、ちょっとずつのポジで、ナンピン前提に、伏線を張っておくしかありません。

 昨日のボトムがちょうど81.50。
 きょうの振幅で引っかかってくれることを祈ります。









 朝刊によると、ガソリン暫定税率、再可決の模様。
 ゴールデンウイークに突入する月末。
 スタンドがまた、長蛇の列になりそうな予感がします。

 私も、きょう、また満タンにしてこようかなと思っています。

 道路は要るかも知れないけれど。
 道路族の議員と役人と土建屋は、イラナインダヨネ~。
 困ったもんだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月22日 (火)

ポジポジ病

 3週間、ポジ持ってません。
 ケツがじりじりしてきてます。

 なんでもいいから、ポジ持ちたいな~。
 うずうずしてます。

 ボラが低けりゃ、大勝ちも大負けもしない。

 チャート見ずてんで、買ってみるかと、山っ気が起きてます。

 必勝パターンばかりやっているのも詰まりません。

 たまには、どっちに転がるか分からないけれど、バクチだというポジを作ってもいいかも。

 でも損をするのはいやだから…
 一万円とてイヤだから…

 1万単位にしておこうっと。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月20日 (日)

バターがない

 スーパーの棚から、バターが消えてませんか。

 ケーキを作ろうと思い、いつものスーパーへ材料買い出しに。

 ないのです。いわゆる普通の、バターが。

 10グラムずつ小分けにされたものはありました。
 100グラム208円。

 その右横には、同じバター200グラム360円という値段表。

 でも、棚は空です。
 店員に聞くと、入荷がない、といいます。

 近くの別のスーパーにも行ってみました。
 こちらもありません。

 小分けのものが少し残っていただけで、塊のものがありません。

 楽天やヤフーも探してみました。
 さすがというべきか、各ブランド、あるにはあるのですが、たかがバター1個。
 送料費やして入手するのはばかばかしくなり、諦めました。

 穀物価格の高騰
 ↓
 生乳にコスト転嫁できず、出荷低迷
 ↓
 バターの原材料不足
 ↓
 生産量減、値上げ

 オイルショックに伴うトイレットペーパー払底ほどではないにしても、いままで身近にあったものが消えていく現実は、私たちの生活にインフレの波が押し寄せていることを、いやでも自覚させてくれます。

 ケーキ作りは幸い、無塩バターが手に入りました。
 少し塩をくわえれば、用は足ります。
 パンに塗るのは、本物のバターでないとダメ、という方もいらっしゃるかもしれませんが、バター風味のマーガリンも、おいしいものです。

 一般市民のレベルで困ることは、余りないでしょう。

 しかし、業務として、本物のバターがないとやっていけないところは、どうでしょうね。

 フランス料理のお店
 一流ホテル
 洋菓子屋
 料理教室
 ベーカリー

 ざっと思いつくのはこのあたり。

 入手にはさぞや、頭を痛めていらっしゃることでしょう。

 この先、オイルと穀物の高騰が続いて、スーパーの棚からものがどんどん消えていく時代がやってこないとも限らないと思っています。

 日本の食糧自給率は38%。
 世界中から円パワーで食べ物を買いあされる時代はすでに過去に。

 となると、自給率を上げないと、どうにもなりません。
 でも、一朝一夕に水田や畑が増えるとも思えません。
 当分は、物価高の中、節約生活、というのが大半でしょう。

 でも、それにも限度があります。

 厚労省は3年に一度「所得再分配調査」というのを実施しています。
 これによると、年収300万円以下の世帯は、大体4割。

 衣食住のうち、食は生命維持に直結するため、なかなか削れません。

 食料高騰の影響の逆進性は、明らかです。

 結論としては、収入を増やすしかないわけです。

 一攫千金をねらう投資手法ではないFX。
 日々の年金の足し、あるいは生活費の余裕作り。
 そうした部分で、極めて有効なインフレ対策になりうると思います。

 パンに塗るのはマーガリンではなくバターにしたい、という動機でも十分。
 FX。知っているのと知らないのとでは、生活設計にだいぶ差が出てくるでしょう。

 最後に、旧東側の、バターにからむアネクドートを一つ。

 学校の授業で、バターという単語が出てきた学生。
 祖母に聞いてみた。
 「バターってなに?」
 「昔あったような気がするけど、忘れちゃったねえ」
 学生は辞書を引いてみた。
 「バター。牛乳から作った、パンに塗る塗り物」
 「資本主義的味覚と品質を有する」
 「このため祖国では数十年来、国民から服用を拒まれている」

 15年前、チェコの首都、プラハで小耳にはさんだバカ話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もうすぐ黄金週間

 今年は日並びが悪く、連休が取りにくいゴールデンウイーク。
 それでも、年末と同様、市場が開かない期間が数日連続します。
 このため、スワップの付き方が変則的になります。

 今年は、23日、29日、30日あたりがポイントでしょうか。

 ポジの受渡日は、t+2が標準(FX会社によって異なる)。
 クロス円に絞ると、以下のようになります。

 23日=高金利で人気のキウイが4日分
     ほかの通貨は大半3日分。

 24日=キウイ2日分

 29日=ユーロ5日分

 30日=大半の通貨が5日分

 くりっくにはランドのクロス円がありませんが、マネパで見ると。
 23日に5日分、25日に7日分。

 それぞれ、精算されるようです。

 来週は、外貨ロング持ちにはうれしい週になりそうですね。

 理想的なのは、NY引け際にロングのポジを構築。
 大量スワップがついた翌日の東京時間、決済。

 これをやれると、実に気持ちがいいです。

 そういう幸運に恵まれるのは、年に何回もありませんが。

 ただ、ボラが大きくなっているいまの相場環境。
 スワップ重視の看板と矛盾するのですが、その損益はしょせん、1日1~2ぴぴ。
 数日まとめてついても、数ぴぴ。
 これを当て込んで無理やりロングのポジを取るのは、いかがなものかという気がします。

 超低金利の中、私を含めたほとんどの素人トレーダーは、円ショートがお気に入り。

 となると、どうなるか。

 日本が長期休暇に入る前、円安へトレンドが向かう
 ↓
 「アク抜け」とばかりに、ロングを作る
 ↓
 スワップまとめてついてウハウハ
 ↓
 いい気分でどこかに旅行行ったり外食したり
 ↓
 休み明け、一気にずどん
 ↓
 ネットにあふれる悲鳴

 ここ何期かの定番と化してませんか。

 昨年同期は?
 昨年末は?

 きょうは日曜。チャートを見返してもいいかも。

 お互い、メチャポジは取らないようにしたいですね。

 歴史から、学ぶことは多そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月19日 (土)

リスク管理と来週の戦術

 今週は、円安で終わりましたね。
 欧米金融機関の決算内容が必ずしも良くなかったのに、株式市場は上げ調子。
 これをアク抜けと取るか、単なるアヤと取るか。

 判断尽きかねますが、米の大幅利下げ観測が後退したところを見ると、当面のトレンドと取っていいのかもしれません。

 ただ、そのトレンド。
 USDでラインを引くと、104円半ばというのは、まさに、1月の108円から、3月の95円までの、ほぼ75%のところです。

 昨日のNYは、ちょうどそのあたりではじき返されています。
 これが来週どうなるか、見てみたいと思っています。

 別の懸念材料としては、原油が連日、最高値を更新、バレル120ドルが間近と言うこと。
 新興国を筆頭に、米経済にとっても深刻なボディーブローです。
 上げ一方の相場というのもないでしょうから、いつかは下落局面を迎えるはず。
 となると、そのタイミングで、資源国通貨にも影響が出ます。

 オセアニアを長期保有するのは、剣呑だろうと感じています。
 値動きはまずまずですから、時間をリスクととらえ、スイングですっぱ抜く作戦を採りたいと思っています。

 問題は、ハイジを扱うときのように、100万単位ではポジを作れないことです。

 ハイジでももちろん、1日で数円下落することがないわけではありません。
 現に、昨年8月17日、95円→92円後半まで、下ヒゲを付けただけとはいえ、1日で3円近く変動しています。
 しかし、ほかの通貨に比べれば、まだボラは小さいと言えます。
 にもかかわらず、年初からのおつきあいを最近絶っているのは、100円アッパーでの値動きが、ここ10年のチャートにないからです。

 そうすると、次の視野としては、USDか、オセアニアかということになります。

 どちらも、ボラはハイジに比べればはるかに大きく、1日1円~2円。
 殺人通貨の異名を取るポンドには引けを取りますが、100ぴぴ程度の値幅なら、当日中は無理としても、1~2日で稼げます。

 しかし、予期せぬ変動は、常につきものです。
 災害と暴落は、忘れた頃にやってきます。

 よく引き合いに出されるのが、10年前のLTCM破綻です。
 「2日間でドル円20円下落」という、ナイアガラと表現するのも舌足らずに聞こえてしまう変動があったのは事実です。

 そこまでの底抜け的暴落は早々ないにしても、昨夏のサブプライム問題深刻化以来、数カ月に一度、1日に数円動くことがまれではなくなってきた感があります。

 運悪く、そんなときに100万単位のポジを抱えていたら、どうなるか。

 1日で下落が止まればともかく、数日下げっぱなしとなったら、証拠金は耐えられても、ノイローゼになってしまいます。

 また底打ちして反転すると分かってはいても、我慢しきれず、損切りに走るでしょう。

 そうならないためには、やはり取引ボリュームを抑えて、レバを低めに保っておくにしくはありません。
 特に、一瞬明るい日ざしが見えたかに見える、サブプライム問題に揺れる現在の相場とつきあっている身としては、逃げ道は常に確保しておく必要があると思っています。

 押し目待ちに押し目なし、という格言があるそうですが、それでも来週は、下げたところを見計らって、外貨でロングを作ろうと考えています。

 対象は、オセアニア。キウイを見ています。
 79.50で指し値。
 取引量を20万にするか、50万にするか、考え中です。

 さらに3円下がったばあい、週足のトレンドラインの下限。
 そこを下回ったら、損切りすることになるでしょう。
 でも、意志が弱いので、ナンピンでしのぐかもしれません。

 今月、あと10日。
 まったく手出しをしないというわけにも行きません。
 さびが浮き始めたやりを磨く、太平楽の武士の気分です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【ポ】ちまちまやるねえ

 NY原油バレル116ドル台というニュースが、携帯に飛び込んできました。
 連日最高値更新とのことですが、一日あたりの上げ幅は、1~2ドル。

 投機資金によるマネーゲームとしての上げ幅なのは分かっていますから、どうせなら、どーんと、1日で100ドルぐらい、上げてみんかい!

 …などと、ヤケクソめいた愚痴をこぼしています。

 これじゃあ、暫定税率なくなっても、焼け石に水ですね。

 やっぱり、リッターあたり2000円にして、上乗せ分、公共交通機関の充実に使ってみてはいがかでしょうな。

 上がれば、いつかは下がる。

 そのはじけどきがいつになるか、わかりませんが。




 日本で大油田が見つかって、バレル10ドル割る夢を見ました。





【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円
 

【今年の確定損益】

●くりっく 386万340円('07年 ▲64万8810円)
●OTC  0円


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月18日 (金)

何に手を出したらいいのやら

 ここ1週間、てんで分からぬ相場展開。
 どの通貨に手を出したらいいのやら、考えあぐねています。

 キャリー復活との声もありますが、ドルへの信頼感が高まったわけではないので、その見方に全面賛成はできません。

 欧米の金融機関、1~3月期の決算は、一巡したようです。
 それでも市場には、あまりインパクトを与えずにすんでいるようですね。
 となると、以前のように、スワップをちびちびもらうやり方に戻そうかとも思うのですが、サブプライム問題の根本的な解決は、成されていないのが実情です。

 にもかかわらず、みんな見ないふりしているのは、なぜだ。

 テクニカルだけでポジを取ると、裏目に出そうでイジイジしています。

 どうも、今月は、飛び込みどころが見つからなくて、参ります。

 今週も後1日。

 キウイあたりちょっと買ってみて、スワップでランチ代もらおうかなどと考えていますが、アンダー80円ならともかく、いまは食指が動きません。

 待つべき時は待たねばならぬ。
 その見極めができてこそ、生き残れるトレーダーなのかも知れません。

 でもそろそろ、現金が拝みたい、きょうこのごろです。






| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月17日 (木)

あく抜けしたんだろうか

 日経平均350円高。落ち着いたムードです。

 ひところクローズアップされた為替と株式市場との連動性が、最近薄れてきたように思います。

 米欧の金融機関の1~3月期決算もそろそろ出尽くし、目先の材料は欠けた状態。
 次は、月末のFOMCあたりが、売買の手がかりになるのでしょうか。

 度重なる利下げと、物価上昇率とを勘案すると、米はすでにマイナス金利になっているそうで、本来なら強いドルを標榜したいFOMCとしては、大幅利下げに踏み切れるのか、疑問がわきます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月16日 (水)

分からないから寝る

 おはようございます。
 睡眠障害の中年です。

 ここのところ毎日、どっち着かずの相場展開ですね。
 スイングでポジを取ろうにも、一週間先が真っ暗、と来てます。

 こういうときは、プロの方の予想を読んで、勉強した気になるのが一番ですね。

 そのうち、いい風が吹くでしょう。

 それまで、我慢我慢。
 人間、無理するとろくなことがありません。

 お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月11日 (金)

きな臭い

 携帯を変えたら、電車の中からでもレートがチェックできるように。
 世の中、進歩したネ~(^^;。

 ほんでもって見てみたら。
 USD。ずどんと下げてます。
 クロス円、軒並み円高へ。

 ここしばらくの円安傾向が、がらりと変わった感じです。

 春の氷雨に花を散らした桜たち。
 円安桜も、そろそろ散り際なのでしょうか。

 きょうも、指をくわえて傍観です。




 ちょっとですね、困ってるんです。
 横にも前にも、疲れた顔したオトーサンオカーサンばかり。
 なのに、同じ車両で、巻き舌大声でわめき散らしているのがいるんです。

 眠れやしない。

 パチとケンカと女の話で、もう延々数十分。
 電車の中に、目に見えぬ殺意が充満してます。

 サイコパスのヤンキーども。
 1日10万稼げるFXという遊びを教えてやる。
 だから、黙ってほしいんだけどな。

 いいか、まず、働け。
 1000万円貯めろ。
 それで、フルレバでアイスランドクローナを買(以下略。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年4月10日 (木)

食指なお動かず

 人身事故、満員電車。
 へっとへとのご帰還です。

 為替はと見れば、動意が余り感じられないご様子。
 これは、今週、やっぱり手を出すなってことかしら。

 週明け。
 G7の影響を見極めた上で、今月始めてもいいかも知れません。

 なにせ月末。
 FOMCが0.5%の利下げをやることは、ほぼ織り込み済みだそうですから、いまかろうじて保持しているUSDの100円アッパー。
 いつ何時、ガラガラポンになるか、わかりません。

 ゆっくり待ってみましょう。

 毎日がっちり稼ぎたいのは山々。
 でも焦ると絶対損するのが、投資の世界だからです。






 精神修養にも、役立つのかも知れませんね。





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 7日 (月)

食指動かず

 基本的にヘタレロンガーなので、円高になったときしか動く気がしません。

 なので、本日は、ぼへーっと指をくわえて眺めています。

 毎日稼ぐか、稼げるときにどっと稼ぐかは人それぞれですが、最近、面倒くささに拍車がかかってきて、どう見たってこれはトビッシュだろうという水準でしか、手を出さなくなってしまいました。

 素人に為替の予想は無理なようですので、予想しなくても勝てそうなときにしか、やらないことにしました。

 さはさりながら、あたり前ですが、勉強はしています。
 「予想しなくても勝てそうなとき」がいつかは、毎日少しずつ目を向けていないと、わかりません。

 かつてのように、1円ずつ買い下がれば、そのうち何とかなるという相場はもう終わってしまったようですので、稼ぐためには、いけるときを見定めて、果敢に出ざるを得ないのです。

 私には、直接金融のお師匠が2人います。
 うち一人に、月100万のノルマを課せられています。

 今年はどうにか、アベレージでノルマクリアしていますが、いつなんどき、穴を開けるか分からないため、年の前半で走れるだけ走っておこうと思っています。

 今週は、手を出せるかな…。

 慌てず、のんびり行きますか。

 外は、豪雨です。
 桜が心配ですが、昼間は、散ることもなく、まだ満開模様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 6日 (日)

さて今週の戦術

 週末にG7がありますね。
 大きなポジを持つと、逆へ行ったときに傷が大きくなるので、小さく構えたいと思います。

 2006年の春。
 やはりG7でドル高牽制発言。相場急落。
 変動としては、このあたりをイメージすればいいでしょうか。

 いずれにせよ、週をまたいで持ち越すのはリスキー。
 今月は、来週以降の動きを見て、できた流れについて行きたいと思います。

 今週手がけるとすれば、動きの良さそうなオセアニア。
 利が乗っても乗らなくても、金曜に手じまい。
 少しだけロングを抜いてみようと思っています。

 取引単位が小さくなりそうなので、久々、マネパにお出まし願うことになりそうです。

 皆様にとっても良い週になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「靖国」とFX

 中国人の監督が撮ったドキュメンタリー映画「靖国」。
 上映館が自主規制したことを巡って、全国的な話題になっています。

 FXにも共通する、ある教訓が読み取れます。

 人間、見たいものしか見ない癖を付けてしまうと、必ず損するという事実です。

 見たくないものも見て、自分の糧にする作業は、人には必須。
 それを避けていると、考え方に柔軟性が失われます。
 そうなると、カネだけとは限りませんが、利益を生むチャンスが減ると思うのです。

 さて、今回。
 国会議員と右翼とマスコミが、広告費も払ってないのに勝手に宣伝したようなものです。
 この映画、知名度抜群になってしまいました。
 監督、大喜びでしょう。

 さて、私の住む関西では、第七芸術劇場というところが、全国のトップバッターを切って上映へ名乗りを上げました。

 とにかく、東京からやってくる権威主義的なイチャモンは、反射的にいてまえという関西人の体質そのまま。

 とりあえず、見てから考えたいと思うのです。

 しょせんは映画。
 払った映画代に見合うおもしろさだったか、そうでなかったか。
 どちらかしか、旗を揚げられません。

 靖国といえば、敗戦記念日の8月15日に毎年繰り広げられる光景で、日本人なら、たいていのイメージができています。

 中国人の視点で見ればファナティックであったとしても、私らにとっては、一種年中行事のようなものです。

 たとえていうなら、マスコミのスクープが空回りするような感じといえるでしょうか。
 記者がおもしろさを覚えて報じたそれが、実は世間的には手あかの付いた、周知の事実だったような情けなさ。

 そういうズレがあるかも、しれません。

 あるいは、プロパガンダなのかも知れません。

 何とも言えないのです。

 毒とわかっているのを飲むのは不合理ですが、市場へ出てきていない表現物なので、判断しようがないからです。

 さらに、映画が娯楽の王様だった時代はもう過去のもの。
 仮にプロパガンダだったとしても、相手の言い分で頭がいっぱいになってしまう人間がいたとしたら、それはだいぶ、日常生活で接触しているメディアが偏っているか、精神科の受診が必要な部類なのではないでしょうか。

 日本人、そこまでアホではないと信じます。
 事前規制するのは、子ども扱いするようなものです。

 なにかあったら会社が守ってくれるマスコミ。
 そこのサラリーマン記者がいう「表現の自由」でトラブルが起きたら、だれが責任持ってくれるという、映画館側の気持ちはわかります。

 マスコミが「市民を支える」と言ったって、自社の人間を上映期間中ずっと、警備員として映画館の前に並べてくれるわけじゃありません。

 そんなものに操を立てる必要はないと思います。

 要は、興行成績としてどうか。
 これだけ宣伝されたのだから、カネが入るかどうか。

 それだけで考えたらいかがでしょう。

 だいたい、自民の議員が、助成金出した文化庁に問い合わせたのがことの発端だったらしいですね。

 ということは、このままお蔵入りしたら、国会議員が検閲したも同然。
 ただでさえボロカスになっている政権与党。
 火種が増えるのは、望ましくないのでは?

 うやむやになってしまっているけれど、NHKと朝日のバトル。
 なぜ始まったのでしたっけね。

 議員という人種に学習能力はあるのでしょうか。
 どうして好んで地雷を踏みに行くのでしょう。

**************************

 靖国描いた映画で極め付けに面白かったのは、土屋豊監督の「新しい神様」。
 出たのが1999年。
 なんと、主人公は、いまやフリーターの女神ともいわれている雨宮処凜です。

 靖国の神殿の前で「天皇陛下万歳」と叫んでいる彼女。
 カメラに追われ、インタビューに次ぐインタビュー。
 いつの間にか「アタシが好きなのは土屋さん?」と自問し始めます。

 傷つきながら生きてきた若い女の子が、自分を守ってくれる他者をほしがる痛々しさが、さらりと描かれています。

 なにより、雨宮処凜は天然ボケ。
 カメラを前にすると、やることなすこと全部トンチンカン。

 青春映画とも言えるし、ギャグ映画とも言える。

 いくつもの味がします。

 日本人が靖国を描くというと、どうしても死を絡めてしまいがち。
 ここまで軽妙に描いた映画が今まであったかいな、ええんかいな。
 何年か前に見た当時、そんな感想を抱いたことを思い出しました。

 近所のTSUTAYAにはありませんが、アマゾンではDVDもビデオも売られているようです。

 もういっぺん、銀幕で見たいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハーベストフューチャーズ

 先日のセミナーで、手数料が189円になるという話を聞いたので、いま、資料請求してみました。

 トレール機能その他、インヴァストを上回ってくれるといいのですが。

 くりっくは各社とも、システムとしてある一定のレベルまで来ているので、手数料しか選択肢がなくなってきています。

 改善競争が激しくなることを、ユーザーとしては祈っています。

 インヴァスト。
 キミの所のトレール機能の説明、何度読んでもわからないよ。

 だから、使ってない。

 読んで理解せよ、というのは、チト傲慢ではないかね。





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ガソリン安くなった週末

 せっかくだから、どこかドライブへ。
 桜も満開だし。

 そんな方が多いと、TVのニュースが報じていました。

 安いところでリッター116円まで落ちたガソリン。
 久々、たっぷり使えるといったところでしょうか。

 スタンドに行列ができたのも初日だけ。
 阪神大震災の時でも、がれきの街で行列してものを買っていた国民ですから、奪い合いになどなるわけがないと踏んでいたのですが、案の定でした。

 ただ、3年前は90円台だったことを考えれば、25円落ちたところで高いことに変わりありません。

 問題は、暫定税率の再議決に移っているようですが、撤廃するにせよ、道路特定財源を一般化するにせよ、いまのガソリン税が妥当なものなのか、そして、使途が道路に限定されている特定財源に組み込まれてしまうのがいいのかどうか、自民も民主も問い直すべきだと思います。

 首相始め、自民は「諸外国に比べれば、ガソリンにかかる税金はまだ軽い」と主張しています。

 これは、正しい指摘です。
 問題なのは、それが道路関連に使われてしまうこと。

 環境対策、あるいは公共交通網の充実、または福祉の充実などに使う。
 そういった発展性がまったく期待できません。

 1月7日のブログでも書いたように、日本の公共交通機関の運賃は、自家用車のガソリンのそれに比して高すぎます。

 車は嗜好品と見なしてはいかがでしょう。
 公共交通・輸送以外の自家用車が使うガソリンは、リッター1000円ぐらいにしてはいかが。

 バス・タクシー・パト・救急車・消防車・宅配便といった関連は全部格安にして、それ以外の自家用車はなべて高率の税金をかける。

 このあたり、タバコを1箱1000円にしては、という意見と、相通じるモノがあります。

 民主も「税金負けさせた」と喜んでいるだけではなく、使い道を考えるような提案を、国民にすべきなのではないでしょうか。

 アイデアとして、自民が出すか民主が出すか。
 早い者勝ちでしょう。
 ガソリンの税金を上げるという発想がないものか。

 オモシロ半分で見ています。

 我々は乞食ではありません。
 自分たちの住む環境が良くなるのであれば、ソレ相応の負担は覚悟するという方は、少なくないと思うのです。

 そういうことで、きょうは電車で花見に行ってきます。
 車で行けば、ガソリン代としては片道200円ぐらい。
 でも、車両規制がかかって、近づけないのです(w。

 電車だと、家族で片道3000円。
 不合理ですね。
 私が財務大臣なら、ガソリン、リッター2000円にします。

 夜っぴて爆音まき散らす迷惑暴走族も、一発でお陀仏です。
 歩く人・チャリンコ族が増えて、みんな健康に。
 医療費も減りますな。

 車が少なくなるから、道路もいらんようになります。
 アホみたいに山奥に高速通す必要もなくなります。

 なんだ、いいことだらけじゃないですか。









| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 5日 (土)

キウイぐらいしか

 年度末、年度明け。
 リーマンは忙しいのです。
 特に、中年真っ盛りの、体力しか売り物がない、オッサンにとって見れば、いまは仕事のかき入れ時。
 為替なんか、しょっちゅう見ていられないのです。

 従って、あれこれ通貨に手を広げるのは才あたわざるものがあります。

 一本に絞ってどっかんどっかん。
 転がし屋さんと化すのが、最近のトレードの形です。

 トップ画面の「スワップ重視」の看板、完全に放棄してます。

 閑話休題。

 安く買って高く売る。
 商いの基本は一緒なのですが、高くなるのはなんやねん、安いのはどれやねんと、探してみれば、どれもこれもいまひとつ、ぱっとしない。

 そうだねえ、あえて選んでみれば、キウイだけど。
 それもここ数週間の週足しか、判断材料がありませんからねえ。

 取引単位を大きくすれば、それだけ利益もでかいですが、参入しどころを間違えると、致命的なミスに。

 例えばいま。
 101円台のハイジで100万ロング作るような感じ。

 来週末はG7ありますし、あんまりバクチポジ作るのも考え物。
 すでに欧州通貨への牽制が入ってますから、ちょっと表現が強められようものなら、ユーロやハイジ、がた落ち確定。

 かといって、いまからいそいそショートを構築するかというと、それもなんだか、リスクが大きいような気がします。

 ということで、欧州通貨は除外。

 ドルはレンジか円安か、それもいまひとつ、ぴんと来ない。
 月末に利下げ確定らしいですが、そこまで持つのは面倒くさい。
 ポンドはワケワカメなので除外。
 カナダはやったことがないので除外。
 となると、残りはオセアニアしかない。
 しかし、商品市況が下落してくれば、資源国である豪もNZも、連れ安になるのは自明。
 すでに、中国の経済減速は、ぼちぼち言われ始めています。

 長く持つのは剣呑。
 でも、すぱっとボラを取るには、いい通貨。

 キウイを78円~79円でポジ取って、100ぴぴ抜いておしまい。

 これでやってみるかと思っています。

 今週は、なにも手出しできませんでした。









| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 3日 (木)

FRB議長発言

 景気後退にやっとこ言及したら、なんで相場回復すんねん…。
 普通逆と違いますか?

 まあ、後半には持ち直すという、希望的観測が影響しているのかも知れませんな。

 公的資金入れる必要はない、とも言ったようですし。

 あのう、ほんで、どうやってサブプラ、解決しますの?
 不良債権、残ったまんまですぜ。

 まあ、明朝、プロの方が解説してくださるでしょう。
 ソレ見て、次の一手、考えますわ。

 とりあえず、今晩は、手を出すタイミングじゃないと判断しました。

 お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 2日 (水)

勝てるときだけやる

 円安驀進中です。

 へ? ドルを取り巻く、この悪環境の中で?

 そんじゃ戻り売り~! ……って手を出して……いかんいかん。
 昨年末、それで手痛いしっぺ返しを食ったのです。

 もう少し、様子を見たいと思います。
 105円あたりまで戻すようなら、それはまさに、昨年末の再現。

 114円台から、2日で一気に108円台まで戻した、ナイアガラ。

 10円切り下げたこの水準で、またやってこないとも限りません。
 山高ければ谷深し。

 でも、来ないかも知れません(^^;。

 ワケワカメ。
 ということで、わからんときは手を出しませぬ。

 関西、本日各地で満開になりました。
 高台から見下ろすと、街がピンクのボンボンを振り上げて揺れているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 1日 (火)

【3月損益】ノルマ達成

 3月損益 +109万9630円

 サクラサク!

 4月もガンガン、攻めまする。

 キウイ 77.60 75.60
 それぞれ10万ロング、指し値してあります。

 ハイジは、100円台後半でまた考えます。
 トレンドが円安方向へ傾いているので、100円台アッパーでの右肩上がりがチャート的に未知の領域のハイジは、ちょっと手を出しかねています。

 ショートが戻ったところで、99円台、98円台でのロング構築をねらいます。

 本日は出勤なので、これにて失礼をば。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 JPY/CHF

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円ぐらい
 (USD=±0円/日、CHF=±58円で計算)

【今年の確定損益】

●OTC  0円
●くりっく 386万340円('07年 ▲64万8810円)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

もう寝よっと

 指標が予想を上回ったとのことで。
 さて荒れるかと身構えていたら、なんやらまた、オセアニア残して円安ワケワカメ状態。

 特に、朝方99.39まで下げたハイジが、いまや100.70。
 また100円マッターホルンに上っていってしまいました。

 ユーロ買いが拍車書けているのでしょうけど、私も、もう飲んじゃって、ワケワカメ。

 分からんと気は練るに限りますので、寝ます。

 どうかあと数分。
 いたずらでキウイをポジったりしませんように……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »