« 【ポ】やっと一息 | トップページ | 携帯浦島太郎 »

2008年3月29日 (土)

しんぎんこう東京

 企業への融資の焦げ付きがふくらみ、ついに400億円もの税金を投入することになった新銀行東京。

 どんな銀行だろうと思って調べてみると、実は、個人も意外に使えます。

 特にこの点。

 「100万円預けたら月10回まで他行宛振り込み手数料無料」

 当方のメーンバンク、新生銀行ではこうはいきません。
 月10回以上の振り込みがタダになるのは、2000万円以上となっています。

 振り込み手数料無料のラインが低いのは魅力的です。
 ネットで振り込みはいまやポピュラー。
 オークション、通販。
 月10回でも足りないという方は、きっといらっしゃると思います。

 新聞によると、投入された400億円を都民の全世帯で割ると、一世帯あたり23000円になるそうです。
 上記の条件の場合、11回目以降、ネットで振り込みすると210円かかります。
 つまり、無料の振り込みを110回すると、元が取れる計算になります。

 ただし、郵送での口座開設申込書の請求は、HPによると、今月31日までとなっています。

 私がかつて、都民だった時代に払った税金も、使われていることでしょう。
 もったいないので、週明け、資料を取り寄せてみるつもりです。

 引き出しは、平日の昼間なら、セブンイレブンや郵便局で無料のようです。
 関西でも使えなくはありません。

 果物は、腐る寸前が一番おいしいと言われます。

 この呻吟行東京、もとい、珍銀行東京、再度もとい、新銀行東京。

 おいしそうに見えますね。

 (投資は自己責任ですが、預金もこのレベルになると「自己責任でどうぞ」という一言が必要のようで)


















 それにしても。

 400億円。

 週明け、全部ドル売りにぶっ込んだら、一瞬で2倍に(以下略

|
|

« 【ポ】やっと一息 | トップページ | 携帯浦島太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/11913428

この記事へのトラックバック一覧です: しんぎんこう東京:

« 【ポ】やっと一息 | トップページ | 携帯浦島太郎 »