« ドル98円台ポン200円割れ | トップページ | チベット暴動 »

2008年3月15日 (土)

さよなら銀河

 この原稿を書いているいま。
 明けやらぬ東海道を、ある夜行列車がひた走っているはずだ。

 寝台急行銀河。
 大阪と、東京。
 2大都市を毎晩、結んでいた。

 きょう、60年の歴史に、幕を下ろす。
 時刻表にもう、その名前は出てこない。

 午前7時過ぎ、ラッシュを迎える大阪駅。
 古めかしい電気機関車にひかれ、寝台車が着く。

 扉が開く。眠たげな乗客が出てくる。
 車内には、脱ぎ捨てられた浴衣。
 散らかされたビールの空き缶。

 遠い町の、何時間か前の空気も、一緒に流れ出てくる。

 反対側のホームで、通勤電車を行列して待つ私たち。
 けだるげな、旅の香り。
 仕事に向かう身を、どこかいたたまれなくさせる。

 朝、時折顔を合わせる銀河が、好きだった。

 「バスや新幹線に比べると高かった」
 「車体が老朽化し、揺れもひどかった」

 昨日、ラストランを伝えるマスコミは、異口同音に廃止の理由を解説していた。

 しかし、本当は、採算が合おうが合うまいが、JRは、夜行列車という旅のスタイルを、安楽死に持ち込みたいのだと思う。

 沿線の駅に、夜間、人を配置しておかなければならないコスト
 寝台と夜具を整える手間
 新幹線への誘導

 こうした要因が、経営判断として、夜行列車の存在を許さなくなりつつある。
 鉄道雑誌等で、前から指摘されている。

 乗車率が悪いとは言う。

 それは事実だろう。
 だが、利用を呼びかけるPRを見たことがない。
 大阪-東京間が、夜行列車で移動できると言うことすら知らない人が多い。
 ビジネスマンすべてが鉄道に詳しいとは限らないのだ。
 PR不足を棚に上げるのは、責任転嫁もいいところだ。

 格安バスなら3500円からある、とも指摘されていた。

 それは事実だ。
 だが、4列シートで、ろくに足も伸ばせない。
 隣の人に触らないように、気を遣いながら過ごす一晩は、決して快適ではないはずだ。

 新幹線よりも高いと言われた。

 それも事実だ。
 だが、新幹線との差額は2000円程度。
 最終ののぞみで、午前0時前に到着し、それから2000円の宿を探せるだろうか。

 ぎりぎりまで残業し、ビール片手に軽やかに飛び乗り、すぐ就寝。
 翌朝、何食わぬ顔で、違う町で仕事を始める。

 そうした痛快さを可能にしていたのが、銀河だった。

 ノスタルジアもさることながら。
 少なからぬ出張族にとって、極めて有益な移動手段が一つ減ったのだ。

 ヘビーユーザーだったその一人として。
 引退を、心から惜しむ。

|
|

« ドル98円台ポン200円割れ | トップページ | チベット暴動 »

コメント

初めまして(笑)千年猫です。
いつも、papaさんの所でおみかけしていますが。

そうですか。銀河のヘビーユーザーでしたか。
私も高校時代から色々な寝台夜行であちこち出かけたものでしたが…
銀河にも1度だけ乗りました。
京都で出版社の感謝会があるので、わざわざこれを選んで乗りました。

が…その時始めて宮部みゆきの文庫本を買って、読みながら寝ようとしたら、これが面白くて遂に京都まで読み続けてしまった(爆)
何のために銀河に乗ったのかという、変な思い出です。

投稿: 千年猫 | 2008年3月15日 (土) 06時53分

>千年猫さま

 初めまして。よろしくお願いします。
 ぱぱさんのところで、こちらもいつもお見かけしています。
 銀河は、古い、遅い、ベッドが狭いと分千種言われていましたが、古いのはご愛敬、妥当な時間に到着するのが使命なのだから遅いのは合理的、自分の家ではないのだからベッドが狭いのは当たり前、と、使う側にとってはしごく腑に落ちる移動手段でした。
 これで、大阪から東京に夜行で移動しようと思うと、もう2時間残業して、午前0時過ぎの特急に乗るより手がなくなりました。
 労働強化も招いてしまった、廃止の余波です。

投稿: 凜々坊 | 2008年3月16日 (日) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/11353873

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら銀河:

« ドル98円台ポン200円割れ | トップページ | チベット暴動 »