« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

【ポ】げ、約定してた

2008/3/31 Done chf/jpy 決済 1000000 99.40
為替差益 1000000 スワップ -11980 手数料 21000

 いま、メール確認した家人。
 「ねえ、約定通知来てるけど、なにかしたの?」

 へ??????????????????

 朝の窓開け、98.40になったのか?

 見てみて驚きました。

 なんで99.40で決済なんかしてるんだ。

 注文履歴で確認したら、何日か前、98.40から99.40へ変更した跡がありました。

 ……バカバカバカ、酔ってたな、バカバカバカ……

 200pipは取るぞ、と意気込んでいたのに、目当てが外れてしまいました。

 本日のボトムの値段で刺さったことだけが唯一の救い。

 グロスの上がりは…と。

 為替差益 100万円
 スワップ  -1万1980円
 手数料  -4万2000円

 小計 94万6020円

 また、同じようなところに指し値売りしておこうっと。


 あ、家人がなにやら言ってます。

 「残念だったわね。200万円取れなかったんだ、フ~ン」

 …………。

 ま、まあ、それはともかく。

 お師匠。
 アナタのおっしゃる「月100万」のノルマ。
 達成しましたぞ。
 あとで、月締めのご報告をします。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 JPY/CHF

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円ぐらい
 (USD=±0円/日、CHF=±58円で計算)

【今年の確定損益】

●OTC  0円
●くりっく 386万340円('07年 ▲64万8810円)



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日経平均340円安

 年度末ドレッシング上げかな~と思っていたら、海外勢はやっぱり売り。
 350円前後下げてます。

 その割には、円高になってません。
 どちらかというと、円ショートモード。

 なんだか、危険なにおい。
 そう、たとえて言うなら、昨年末から、年明けのような…。

 ごろごろ、どかーん、の予感が…





 来ると、いいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

携帯浦島太郎

 老いも若きも、暇さえあれば携帯をいじくるのはなぜだろう。

 ずっと不思議だったのですが、やっとわかりました。

 みんな、使い方、わからないんだ(爆。

 6年もの間、お世話になってきたツーカー。
 月の維持費は250円。
 電話と、たまのメール。
 それだけで十分だったのですが、会社がきょう、消えてしまいます。

 やむを得ず、他社への買い替えを余儀なくされました。

 買ってみて驚いた。
 マニュアルが分厚いのなんの。

 哲学科出身です。
 カントもヘーゲルもデカルトもショーペンハウエルも。
 読めといわれれば読めますぞ。

 でも、このマニュアル。
 哲学書より難解です。
 最初の5ページで、睡魔が襲ってきました。

 何書いてあるのか、ちーともわかりまへん。

 昨年のいまごろ、AFPのテキストを開いたときと同じようなめまい。
 頭痛がします。

 電話かけて、時々メールして、ニュース受け取って。

 たかがそれだけなのに、どうしてこんなに面倒くさい設定が必要なのでしょう。
 しかも事あるごとに、IDを入れろだの、暗証番号が必要だの。

 買ってもう3日になるというのに、まだ通話するところまで行きません。

 電話の機能しかない簡単ケータイというやつで、ツーカーは一世を風靡したことがあります。

 お年寄り向けだったのですが、実は、若造も結構使っていたようです。

 みんな、難しすぎてワケわかんなくなっているのではないでしょうか。
 だから、いつでもどこでも、必死で設定と取り組んでいるのではないかと。

 だんだん、マシンに自分を合わせることが難しくなってきている中年親父のぼやきです。

 さて、今週は、よくわかりませんな。
 ハイジがどうなるか。
 先週、ECBがまたもや怒濤の資金供給を発表したようで、市場の資金ショート状態は、ちっとも改善されていないことが図らずも浮き彫りになりました。

 クレディ・スイスの含み損も、おそらくは膨らんでいることでしょう。

 欧州通貨高の牽制発言もちらほら出てきているようですし、少し時間をかけて育ててみたいと思っています。

 花見もあるし、旅行もあるし。
 なにかと物いりな、4月です。

 おっと、ガソリンが安くなるんでした。
 今日中に、タンク空っぽにしておかねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月29日 (土)

しんぎんこう東京

 企業への融資の焦げ付きがふくらみ、ついに400億円もの税金を投入することになった新銀行東京。

 どんな銀行だろうと思って調べてみると、実は、個人も意外に使えます。

 特にこの点。

 「100万円預けたら月10回まで他行宛振り込み手数料無料」

 当方のメーンバンク、新生銀行ではこうはいきません。
 月10回以上の振り込みがタダになるのは、2000万円以上となっています。

 振り込み手数料無料のラインが低いのは魅力的です。
 ネットで振り込みはいまやポピュラー。
 オークション、通販。
 月10回でも足りないという方は、きっといらっしゃると思います。

 新聞によると、投入された400億円を都民の全世帯で割ると、一世帯あたり23000円になるそうです。
 上記の条件の場合、11回目以降、ネットで振り込みすると210円かかります。
 つまり、無料の振り込みを110回すると、元が取れる計算になります。

 ただし、郵送での口座開設申込書の請求は、HPによると、今月31日までとなっています。

 私がかつて、都民だった時代に払った税金も、使われていることでしょう。
 もったいないので、週明け、資料を取り寄せてみるつもりです。

 引き出しは、平日の昼間なら、セブンイレブンや郵便局で無料のようです。
 関西でも使えなくはありません。

 果物は、腐る寸前が一番おいしいと言われます。

 この呻吟行東京、もとい、珍銀行東京、再度もとい、新銀行東京。

 おいしそうに見えますね。

 (投資は自己責任ですが、預金もこのレベルになると「自己責任でどうぞ」という一言が必要のようで)


















 それにしても。

 400億円。

 週明け、全部ドル売りにぶっ込んだら、一瞬で2倍に(以下略

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月28日 (金)

【ポ】やっと一息

 おばんでございます。

 ここ数日、年度替わりに伴う異動や転勤者の穴埋めにこき使われ、ほとんど相場を見ることができませんでした。

 やっときょう、早帰りできました。
 とはいえ、もう22:00。
 ふんとにもう、よう使ってくれますわ。

 昨晩構えたJPY/CHFのショートポジですが、今週はこのまま持ち越しになりそうです。

 若干利益が出ていますが、目標にははるかに遠く、いま利食いする緊急性もないので、放置しておくことにしました。

 このままJPY/CHFが果てしなく円安方向へ吹き上げるイメージもないので、しばらくは保てるかと思っています。

 来週は、もうはや4月。
 毎月恒例の、米の重要指標群が待ちかまえています。

 ここでどれだけクロス円が動くか、そこで占ってみます。

 ドルがあまりに激しく動くようなら、こちらも若干、ショート弾を撃つ用意があります。

 日銀総裁が不在だと、円安に触れるとどこかのマスコミがのたまわっていましたが、いてもいなくても、目に見える差というのはなさそうですね。

 よく言えば、ブレーンが優秀。
 悪く言えば、その程度の存在。

 G7の一角を占める国の中央銀行総裁が不在。
 なのに、なんの経済混乱ももたらさない。

 これは、実はノーベル経済学賞級の事実なのではないか。

 そんなお馬鹿なことを考えているこのごろです。

 関西では、桜がちらほら咲き始めました。
 今週末、早めの花見に繰り出す人が増えることでしょう。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 JPY/CHF 100.40 S 100万

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  -5800円ぐらい
 (USD=±0円/日、CHF=±58円で計算)

【今年の確定損益】

●OTC  0円
●くりっく 291万4320円('07年 ▲64万8810円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月27日 (木)

よおし引っかけた

 2008/3/27 21:38 JPY/CHF 100.40 S 100万

 久々の約定通知です。

 ハイジはここのところ、年初に比べると、平均1円程度、下
値が切りあがっていました。
 そこで、トレンドラインでは99.40前後で見ていた指し値を
、1円上げてみました。

 リミットは100〜200ぴぴ。
 一応、98.40で利食いするように仕掛けてありますけれど、
マイナススワップの関係で、あまり長く持ち続けるのは禁物。
 そこまですとーんと行かないようなら、100ぴぴにあたる99.40
前後でもいいかなと思っています。

 とにかく、しばらくぶりのポジなので、うれしくて仕方があ
りません。

 ビョーキですね、ビョーキ。

 あとは、黙って、アヤ戻しするのを待つだけです。

 あなった待つのも松の内♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年3月25日 (火)

ALL外為レート不調

 昨晩から妙なんです。
 レートが表示されません。なぜでしょう。

 異常でしょうか。

 原因ご存じの方、ご教授願えれば幸いです。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

年末フラッシュバック

 年明けの108円台から95円台まで、およそ13円の下落。
 50%はだいたい101.50あたり。
 そこまでいったん戻さな、気ィすまへんわァ。

 …とでも言いたげな、USDの買われ方です。

 年末は、108円と110円で売って、114円まで戻したのにへどもどしました。

 結果的に、売りは正しかったわけですが、マイナススワップが積み上がりつつ、含み損に耐えなくてはいけないのは、ヤ~な気分でした。

 で、サブプライム問題、片づいたんですかね。

 公的資金注入しか、手は残されていないと言われながら、なんにもしていない。
 地雷は撤去されていない。

 商品相場もさえません。

 やるぞう、と意気込んでいるけれど、きな臭さにとまどっています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月24日 (月)

投信トラブル急増とか

 本日(23日付)の朝日新聞朝刊1面に、投信でのトラブル再び急増という記事が出ていました。

 「元本確保型」とあるのに、元本を毀損した
 ノーロードが売り物なのに、その分信託報酬が高い

 最近の株安で、いろいろな金融商品のパンフの、一番小さな字で書かれている部分が、一気に主人公になってきた観があります。

 6割が高齢者。
 金融商品に対する苦情は、いつの時代も絶えないものですが、泣きを見るのはたいてい、女子どもに年寄り、と来てます。

 商品を勧められる際に、リスク説明を十分受けていなかったか、理解できていなかった可能性が高いと、記事にはありました。

 郵便貯金しか知らないお年寄りに、いきなり投信を売り込もうとしても、完全に理解して買ってもらえるケースは少ないのではないでしょうか。

 もちろん、どこに預金しても、金融リスクから逃れられるわけではないのですが、少なくとも、株や投信といった直接金融商品を扱う窓口は証券会社だけに絞られていたかつての方が、区分けがはっきりできていて、消費者にとってはわかりやすかったのではないかと思います。

 FPが、そういう場合のよろず相談所のような窓口になれるといいのですが。
 仕事の幅を、改めて考えさせられました。

 さて、投信も株も、大バケする可能性があるけれど、難しいので手がけていません。

 唯一持っているのがさわかみ投信です。

 ノーロード
 そこそこの信託報酬
 信託財産留保金は50万円までゼロ

 分配金出さないし、爆上げすることもない。
 でも、定期預金に似た感覚が受けているのか、総資産は着実に累積。
 この間1000億円突破パーティーをやったなあと思っていたのですが、気づけばあれよあれよ、2500億円規模に。

 さわかみ親父よ、慢心するなかれ
 人間調子に乗ると、ろくなことがないぞ

 …と思っていても、ホルダーとしてはちょっとうれしいきょうこのごろです。

 買ったのは、日経平均8000円台の時。
 出し入れせず寝かしていたので、口数としては増えも減りもせず。

 昨夏、サブプライム爆弾が炸裂した8月のナイアガラ。
 あの時、FXで発生した数百万円の累積損を埋めるため、ちらっと解約を考えましたが、こらえました。

 FXの損は、FXで取り返すのが、コスト面で一番。

 投信だと、浮きが出ていればとりあえずの現ナマは確保できますが、前述の通り、信託報酬&留保金に加え、税金がかかってくるからです。

 損益通算、できません。
 辛抱して、つくづくよかったと思います。

 






 あと数時間でまた、市場が開きますね。

 今週はなぜか、やる気満々です。
 ムッシュメラメラという感じ。
 早く開け~、と思っていたら、布団に入っても眠れません。

 ハーブティーを飲みながら、睡魔がやってくるのを待っています。










| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月23日 (日)

ほんで来週の作戦

 数日前。
 じっと待っているのも大事、なんてほざいていた気がします。

 舌の根も乾かぬうちの、方針転換で情けない。
 ですが、お師匠からノルマ達成をせっつかれました。

 なにがしか、手を出さざるを得ません。

 来週は、ちょっと頑張らなくてはいけなくなりそうです。

 商品相場の下落に伴い、オセアニアがまずくなってきています。

 羊orキウイで張るのも手なのですが、ボラティリティーが大きいため、逆に行ったときの傷が深くなるのが玉に瑕。

 やはり、ハイジでどどんと、撃ちたい、きょうこのごろ。

 ハデに動く通貨で100万抜き!なんて幻想ですよね。

 仮にうまくいっても、調子に乗っていると、いつかハデにやられる。

 人生と同じです。
 調子に乗っていると、ろくなことがありません。

 ということで、週明け、仮に97円台に突っ込んだら、成り行きですぐにハイジ、買いを入れたいと思います。

 この局面でロング? と、自分でも思わなくはないのですが、トレンドラインの下限は、96円50銭前後。
 レンジでたゆたう通貨だけに、25%から下では、買いに出られる安心感があります。

 とはいえ、そううまくいきますかどうか。

 当てがはずれて歯がみをするのも、この趣味の醍醐味といえば言えなくもないのですが、多少マゾが入ってきた今日このごろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ガソリン

 いやはや、スタンドに行くと、千円札があれよあれよ。
 風に舞うがごとく飛んでいきます。

 満タンでも25リッター。
 それしか入らない軽自動車ユーザーです。
 でも、ガス代は毎月エライ金額になります。

 ハイオク指定、3ナンバーなんて方々。
 この原油高の局面、いったい、どうしのいでいらっしゃるのでしょうか。

 お察し致します。

 ただ、一筋の光明が見えてきました。
 民主が、租税特別措置法の、道路特定財源の、暫定税率延長に難色を示しているおかげで(なんて長い前置き)、来月1日から、リッター25円下がる線です。

 ガソリンは出荷時に課税されるため、3月出荷分がスタンドの在庫になっているうちは下がらないのですが、それがはけたら、一気に値下げ。
 軽油は販売時課税なので、4月1日からジャスト値下げです。

 スタンド、長蛇の列確定です。
 こればかりは、エイプリルフールじゃありません。
 本当の話です。

 でも、最近、容器売りはしてくれないので、しょせん恩恵は、満タンまで。
 それで暫定税率元に戻ったら、実態はともかく、消費者にとっては単なる値上げですから、与党支持率爆下げ必至。

 ここぞとばかりに総選挙モードへなだれ込むことでしょう。

 地方は、道路財源がなくなると言って、大騒ぎしているようですが、道路が欲しいのか、工事が欲しいのか。
 その線引きがよく分からないから、ごねる民主に支持が集まるわけです。

 この間の日経に、宮崎県で、難病の子どもを山奥から県都まで、2時間かけて運ぶ親御さんの話が出ていました。
 高速さえあれば、30分で運べると、特定財源の死守を訴える話でした。

 衆院の予算委員会では、すれ違いができず、救急車とバスが山間部の隘路で立ち往生しているパネルを、自民の議員が掲げて、特定財源の必要性を訴えていました。

 そうまでして、なぜ山奥に住まにゃならんのだ?

 素朴な疑問がわきました。

 ユニバーサルサービスには限度があります。
 人里離れた山奥に住むのは自由ですが、その自由に行政サービスをあてはめるコストは、だれが負担するのでしょう。

 欧米では、役所の周りに住民を集めてしまう移住作戦を採るところもあります。
 端的に言うと、冬であれば、山奥の一軒家まで、日夜除雪費用をかけていられないからです。

 人為的に人口を密集することによって行政コストを削減するという同じ方策を、日本がとってもいいのではないかと、思っています。 

 ただ、副作用として、老人の死が、確実に早まります。
 いい例が、阪神大震災です。
 復興住宅へ入った老人は、生活環境の激変と、孤立に襲われ、バタバタ、と表現してもいいほど、次から次に死んでいきました。

 住み慣れたところを引き払い、新しい土地で人間関係を築き治すストレスは、思った以上にしんどいです。
 転勤族なら自覚できますか。

 仮に若くても、結構きついものがあります。

 まして、集合住宅にでも住もうものなら、上下左右に気を遣いながらの生活になり、ストレスに拍車をかけることになります。

 そうしたデメリットと、コスト削減のメリットを、どの程度調和させるか。
 考え時に来ているのではないかと感じるときがあります。

 一概に、道路さえ造れば生活が良くなるというものでもないと思います。

 鉄道なり、空路なりで代替できる場合もあります。

 併走する4車線の国道を、まばらな車が時速80キロ以上で飛ばす北海道。
 なのに、その横にがらがらの有料の高速道路が走るという、倒錯した光景もあります。

 やっぱりここは、暫定税率をいったん廃止し、真に必要な道路とは何かと精査する時期に来ているのではないでしょうか。

 道路を新しく造るだけではなく、いまあるものを維持管理するだけでも、大変な費用が必要になると思うのですが、その工事だけで満足できないのでしょうか。

 首をかしげるばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年3月21日 (金)

どうも今週は

 おはようございます。

 連休の谷間の金曜日。
 でも、リーマンはきっちり出勤しないとお足がもらえない。

 しんどいもんですな~。

 でも、日銭が入るからこそ、FXで勝負ができると思えば、身も心も軽くなります。

 うそです。やっぱり、気が重い。
 しょぼしょぼと、勤め先へ、足を向けています。

 しかも、就職試験のこの時期。
 面接官を仰せつかってしまい、ブルーさに拍車がかかっています。
 要望風体、自他共に認める実にまろやかな人間なのに。
 なぜかいつも「圧迫面接官」としてお声がかかるのです。

 元来、他人を攻撃したり、声をあらげたり、といったことが不得手。
 なのに、時には、そうした演技をしなければならない。

 このお役目は、つろうござんす。

 さて、マッターホルンに登ったままだったハイジが、どうも飽きたらしく、97円台まで下山してきました。

 朝方、ユーロ高牽制発言があったため、連れ安になったのですね。

 大変結構。ぐっじょぶ。

 明確なトレンドがなく、しいて言えば、95円~101円でここ数年動いているので、97円というのは、レンジの50%前後に当たります。

 ここで買いをもてるといいなあ、と思っています。

 昨年、8月17日には、92円台まで突っ込みましたが、これはあくまで投機筋のなせる業。
 長い下ヒゲを伸ばしただけで、すぐV字回復を見せています。

 97円で、指し値をかけておきたいと思います。

 ここ数日の値動きから言えば、いまの98円台も魅力的に見えます。
 でも、やはり、勝てると確信できる値段で買わないと、その後の値動きに翻弄されたり、利食いの幅が小さくなったりしてしまうことがしばしば。

 待つのも一つの戦術だと、思います。
 小さな建玉で数多く売買を繰り返すのも立派な作戦ですが、くりっくユーザーにはチトツライ。

 スプレッドと、手数料を勘案すると、割に合わないからです。
 おまけに、いまのところ、建玉指定決済ができません。
 一本のポジをテーンと構えて、それを売りだ買いだと、ゴロゴロ転がし続けるしかありません。

 今月中に引っかかることを期待しています。

 USD、売りを推奨されていましたが、99円でとどまったまま。
 97円~100円台のレンジを形成してきた感があります。

 2月上旬あたりに、同じように107円台~110円台をたゆたっていました。
 一カ月で10円、円高に振れていることになります。

 来月は?
 さては、87円~90円?

 そんな風にならないことを願っていますが、だれも断言できませんよね。

 それが為替の怖さであり、魅力でもあると思います。

 良い週末をお迎えください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年3月19日 (水)

【ポ】キウイ消滅

 おはようございます。

 昨日の上げで、キウイのポジが利食いの指し値にかかりました。

 NZD/JPY 79.00 79.30 10万 L 30000 10210 2100

 グロスの上がりは…と。

 為替差益    30000
 スワップ    10210
 往復手数料 -4200

 小計 36010円

 スワップが6日分一気についていたのには驚きました。
 休日の関係ですね。

 お師匠に言われている今月のノルマまでは、まだ、はるかに遠いです。

 



 さて、だいぶ上げてきました。
 しかし、やはりドルの足腰は弱いようで、早くも高値から1円以上落ちてきています。

 ブログ書いている暇があったら買え! という声が聞こえてきそうですが、ジェットコースターなので、100円前半に仕掛けておいても、たぶんかかりそうな気配。

 それに、スワップが今週は変則的で、あと何日かはゼロ。
 絶好の売り場に見えます。

 なにせ、相変わらず指標群は待ちかまえています。
 19日にはモルガンの決算発表もあります。

 大幅減益でも黒字確保という線は、昨日の2社と変わらないとみます。
 しかし、含み損が拡大しているのは事実ですし、マスコミでも報じられているように、サブプライム問題の構図はなんら、変わっていません。

 欧米金融機関が、断頭台に送られる時期が、ちょっと遅くなっただけというのが、正しいのではないかと思っています。

 雪解け間近の、為替の空に向かい♪

 というのは、まだ早そう。

 とりあえず、このブログのテンプレートだけ春仕様にしてみっぺ。

 ただいま物色中です。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円ぐらい
 (USD=±0円/日、CHF=±50円で計算)

【今年の確定損益】

●OTC  0円
●くりっく 291万4320円('07年 ▲64万8810円)






| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年3月18日 (火)

放置プレー

 おはようございます。

 昨日があまりにものすごかったので、なんだか疲れが残っています。

 FOMCを控え、売りポジとってもいいのでしょうけれど、面倒くさい。
 たぶん、何も手を出さないと思います。

 指標時のバクチポジは持たない、がマイルールなので、仕方がありません。

 どうぞ、おきばりやす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月17日 (月)

今年はベアーショックですか

 こんばんわ。
 休みなので、ずっとウオッチ中です。
 朝方引っかけてしまったキウイ以外、手は出してません。

 いや、それにしても、エライ相場で。
 開いた口がふさがらないとは、このことです。

 みんな、こういう修羅場をくぐり抜けて、商売やってはるんやな~。
 これだけ乱戦でもメシ食えるだけ稼いでるのは、たいしたもんやな~。

 プロにはホンマ、勝てません。
 だからちょびっとだけ、かすめさせていただければ。

 昨年、この時期は、上海ショックで円高の嵐でした。

 そのとき、値頃感でいくつか買いを入れました。
 それが、夏の爆下げ時にヘッジとなり、年の収支をどうにかプラスで終えられました。

 今年も同じ光景、デジャブめいていて、買いを入れたくなる気持ちがムラムラ起きてきます。
 でも、決定的に違う点が一つあります。
 それを考えると、出動できません。

 それは、昨年は円キャリーの巻き戻しだったこと。
 今年はドル安ということ。

 従って、押し目というだけでクロス円のロングを作ると、おそらく裏目に出そうな気がします。

 かといって、次々売りポジを作れるかというと、さはさりながら、です。
 一直線に落ちていく相場では、かえって逆バリよりも度胸がいります。

 現実にクロス円、安くなっているのは対ドルだけで、ユーロ、オセアニアとの間では、月足まだ円安ムード。

 となると、たぶん、クロス円、まだ下値余地十分ということになりゃしませんか。

 買えない、売れない。素人だもの。
 勝てるときしか勝負したくない。
 でも、銭はいる。

 さあ、どうしたものか。

 この間のセミナー。得意通貨に絞れと言われました。

 そうだ。困ったときのハイジ頼み。
 お~い!

 叫んだら、98円台前半まで下山してきたではありませんか。

 逃避通貨として円同様、資金流入が続いているようですが、これだけドルが下げると、クロス円換算では、さすがに円高に振れざるを得ないのですね。

 97円。
 そこまで降りてきてくれることを願っています。

 あ、ということは。

 ドル、あとナンボ下げなあかんのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

チャンス…だけど

 ひとっ風呂浴びて戻ってきました。
 USD97円台に戻してるじゃないですか。

 直近高値103円→下げ幅8円と見て95円

 半値戻しなら99円
 4分の1戻し97円

 ポイントにさしかかっているのですが、できれば97円台後半で売りたいです。

 下値めどはまだまだ。
 きょうのは序の口ぐらいに、私は考えています。

 お師匠は、もっとしぶとい。
 あきれてものも言えません。
 さすが、空襲の下を逃げまどってきただけあるなあと、嘆息しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

くりっくスプ拡大

 通常1銭、どうかすると同値。
 たまに売り買いレート逆転。

 そんな面白いことが起きるくりっくのUSDですが、きょうは大荒れです。

 なんと、指標があるわけでもないのに、この時間、10pipも開いてます。

 キウイ 15
 羊    14
 ポン   15

 軒並みぱっくり。

 FRBの、モノホンのFF緊急利下げ爆弾が怖い、今晩です。

 でも、いい戻り売りの機会を提供するだけでしょうね。

 今晩も、眠れそうにありません。
 いまのうちに、一休み。






| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

96円割れですと!?

 ちょっと待って。
 なんだ、このレートは。

 30分前まで、97.00付近だったはずのUSD。
 96円割れてます。

 壊れたか? いや、壊れてない!

 悪魔の、8月17日の再来!

 さっき、USD、売っておきゃよかった。

 実態はドル安だけど、円で暮らしているので、どうしても円に目がいってしまいます。

 株も、為替も、ホンマ、なんか、エライことになってます。
 ネットもマスコミも、大騒ぎです。

 適当ポジしかないので、適当に構えていられますが、内心苦虫をかみつぶしています。   

 ホンマにも~、どこまで下げんねん。
 夏のボーナス、出るのでしょうか(^^;。

 ゆ~ても、ねえ。
 ど~せなら、利幅大きくしたいでしょ。
 FOMCあとの戻りで引っかけるのが、USD売りには正しいような気もするなあ。

 ということは、きょうは静観して、あさっての朝、でしたっけ、あれ?

 キウイは30ぴぴで逃げてしまうことにしました。
 30やったら、下げてもアヤで、今週中に引っかかるでしょう。
 数日置いておいたら、スワップで手数料分+税金分たまりますしね。

 USDは下値も戻りも激動としか表現しようのない動きをしているので、ハイジの時のような100万爆弾はやりませんが、10万ずつ、ちまちまショート作っていきたいです。

 めどは夏前ぐらいまでに、80円台後半を見ています。
 ほんで、ダブルボトムで上がってきたら、おもむろに、これまたちまちま、USDを買っていく、という戦略で。

 そこまでは、ハイジ以外、積極的にロング作るのは、お休みになりそうです。

 きょうはオフ。
 お茶飲んで、銭湯行って、為替とのんびり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【ポ】ぬかったわい

 おはようございます。

 NZD/JPY 79.00 10万 L

 一本外し忘れていたようです。
 「約定通知なんか来るわけないのに、おかしいな」と思っていたのですが、よく見てみれば、先週取り消ししたつもりで、忘れていました。

 やれやれ、相変わらず、アホやってます。

 オセアニアは、これからしばらく下落基調が続くでしょう。

 中国経済の沈静化に伴う商品相場の反転
 高金利通貨で運用していたトレーダーの利食い売り

 だから、いまは、下値がちょっと見えづらいです。
 まあ、10万が一本なので、あまり影響ありません。

 USD今月、90円見そうだなあ。
 とりあえず、前場終わったら、様子見て、USD売ります。10万だけ。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 NZD/JPY 79.00 10万 L

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円ぐらい
 (USD=±0円/日、CHF=±50円で計算)

【今年の確定損益】

●OTC  0円
●くりっく 287万8310円('07年 ▲64万8810円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月16日 (日)

大阪セミナーにて

 昨日は、くりっくの大阪セミナーがありました。

 会場は、太閤閣という、京橋からちょっと歩いたところ。
 ところが、入り口から広間まで、狭い廊下をくねくね。まるで料亭。
 しかも、一度外に出て、池を渡れ、といいます。

 さては、参加者に2の膳、3の膳までつけてくれるってやつか?
 くりっくもだいぶ、お大尽になってきた、と思ったのですが、たどり着いてみれば。

 会場は単なる大広間。
 出たのはミネラルウオーター。

 勝負は水物、期待しちゃダメよ、という暗示でしょうか。

 大安吉日だったのか、結婚披露宴が数組。
 純白のウェディングドレスに金髪、ケバケバメーク。
 花嫁さん、塗り壁してもムダです。似合ってません。

 内心にやにやしていたら、幸せいっぱいのその横を、最近の大荒れ相場で引きつった顔のバクチ打ちが数百人。

 華燭の典に、馬券握りしめた人たちが殴り込んできたようなもんです。
 ご両家ご一同様、あわれドン引き状態でした。

 さて、定期的に聞いておくに限るくりっくの講演会。
 今回は、12月の弁天町と同じ顔ぶれで、山根女史とマット氏のコンビです。

 結論から言うと。

 山根氏 「外貨売らなきゃ稼げない局面なのになんで売らない」
 マット氏 「USD売りが一番わかりやすいのになんで売らない」

 でした。

 いまは、ポジを膨らませるのはダメ。
 手元の現金を増やすべき時だ。

 とも言われました。

 私も最近、レンジ通貨のハイジばかりやっていたせいか、ほかの通貨のトレンドライン、引いていませんでした。

 ナマケモンはいけませんね。
 きょうはゆっくり、資料と向き合ってみたいと思います。

 ほかにも、有益な情報がたくさん聴けました。

 ドルの下値めど
 米景気の回復時期の予想
 商品市況とオセアニアとの関係
 人民元の今後
 損切りは必ず。パニック相場に手動で立ち向かえるわけない
 得意通貨に絞る
 口座も絞る。何社も一度にはいじくれない

 などなど。

 いま、整理中です。

 とりあえず、100円~103円に戻したあたりで、一度売ってみようと思いました。
 狙いはやっぱり、FOMCですね。
 1%の利下げを見込んで、仕掛けてみましょう。

 経済指標を見てみれば。
 今週は、どえらい大騒ぎになりそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月15日 (土)

チベット暴動

 五輪に影響はないと思いますが、北京でテロが起きたり、天安門事件のように死者が多くなったりすると、不安定要因としてこれまた、ドルが敬遠される材料になるかも。

 ハイジがまた、高くなるのでしょうか。

 USD、売ってみたいけれど、反発のスピードも速そうで、怖いです。

 チベットで中国がやっていることは、一言で言えば「民族浄化」。
 およそ、人が頭の中で考えることは、いいことも悪いことも、何でもある国、というのが、私の中国観ですが、チベットに対するやり方については、残酷という言葉をさらに火あぶりにしたようなえげつなさ。

 通貨の価値は、その国家に対する人気投票といえます。
 いかに経済発展のスピードが速くても、民主主義が確立されていない一党独裁の国家であることから、人民元に対し、小生は信頼を置けません。

 さらに、チベット、さらにはウイグルに対する苛烈きわまる植民地支配が、基本的人権の尊重を共通の価値観として共有している先進各国と相いれないため、通貨としての魅力を一層そいでいます。

 それでも、みんな人民元を買い始めたらどうするかって?

 …あんまり、買いたくないなあ…

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

さよなら銀河

 この原稿を書いているいま。
 明けやらぬ東海道を、ある夜行列車がひた走っているはずだ。

 寝台急行銀河。
 大阪と、東京。
 2大都市を毎晩、結んでいた。

 きょう、60年の歴史に、幕を下ろす。
 時刻表にもう、その名前は出てこない。

 午前7時過ぎ、ラッシュを迎える大阪駅。
 古めかしい電気機関車にひかれ、寝台車が着く。

 扉が開く。眠たげな乗客が出てくる。
 車内には、脱ぎ捨てられた浴衣。
 散らかされたビールの空き缶。

 遠い町の、何時間か前の空気も、一緒に流れ出てくる。

 反対側のホームで、通勤電車を行列して待つ私たち。
 けだるげな、旅の香り。
 仕事に向かう身を、どこかいたたまれなくさせる。

 朝、時折顔を合わせる銀河が、好きだった。

 「バスや新幹線に比べると高かった」
 「車体が老朽化し、揺れもひどかった」

 昨日、ラストランを伝えるマスコミは、異口同音に廃止の理由を解説していた。

 しかし、本当は、採算が合おうが合うまいが、JRは、夜行列車という旅のスタイルを、安楽死に持ち込みたいのだと思う。

 沿線の駅に、夜間、人を配置しておかなければならないコスト
 寝台と夜具を整える手間
 新幹線への誘導

 こうした要因が、経営判断として、夜行列車の存在を許さなくなりつつある。
 鉄道雑誌等で、前から指摘されている。

 乗車率が悪いとは言う。

 それは事実だろう。
 だが、利用を呼びかけるPRを見たことがない。
 大阪-東京間が、夜行列車で移動できると言うことすら知らない人が多い。
 ビジネスマンすべてが鉄道に詳しいとは限らないのだ。
 PR不足を棚に上げるのは、責任転嫁もいいところだ。

 格安バスなら3500円からある、とも指摘されていた。

 それは事実だ。
 だが、4列シートで、ろくに足も伸ばせない。
 隣の人に触らないように、気を遣いながら過ごす一晩は、決して快適ではないはずだ。

 新幹線よりも高いと言われた。

 それも事実だ。
 だが、新幹線との差額は2000円程度。
 最終ののぞみで、午前0時前に到着し、それから2000円の宿を探せるだろうか。

 ぎりぎりまで残業し、ビール片手に軽やかに飛び乗り、すぐ就寝。
 翌朝、何食わぬ顔で、違う町で仕事を始める。

 そうした痛快さを可能にしていたのが、銀河だった。

 ノスタルジアもさることながら。
 少なからぬ出張族にとって、極めて有益な移動手段が一つ減ったのだ。

 ヘビーユーザーだったその一人として。
 引退を、心から惜しむ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ドル98円台ポン200円割れ

 ただいまです。

 大暴落中です。ダウ引けにかけて、下げ足が速まっています。
 ドル98円90銭
 ポンド199円80銭

 無傷なのは、ハイジだけという有り様。

 99円台で買いを出してもいいかと思っていたのですが、大やけど食らうところでした。

 まだしばらく、様子見を続けます。

 休むときには休む。
 これだって、立派な戦術の一つだと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月14日 (金)

また100円割りそう

 昨日はどうにか100円台で引けた東京時間ですが、いま、100円割れを再度試そうとしています。

 東証もさえず、株の下げに主導された形。
 東京終値で100円割れだと、この後の欧米時間が思いやられます。

 パターンでは、金曜日夜(日本時間)、相場の激変を見かねたFRBが緊急利下げをやり、週明けの東京がどうにか持ち直すという展開ですが、希望的観測に過ぎませんね。

 米に残された利下げ余地は、あと3%。
 弾倉としては、少なすぎます。
 撃ち時と、撃つ量を間違えると、全く効果がないまま、打つ手がなくなってしまうという、悪循環が待っています。

 大統領選挙を控え、本音では実はドル安歓迎でしょうから、利下げ以外の積極策をどこまで採ってくるか。

 シロートはシロートなりに、ストラテジーを考えざるを得ない、週末になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

よくもまあ

 S&Pが、評価損が大手金融機関では終息しかけていると報じました。
 それを手がかりに、今度は円安ジェットコースターに。
 ダウも急速に戻しています。

 しかし、そもそも、格付け会社が、今回の騒動の遠因だったという指摘は、あまたの書籍ですでに触れられています。

 証券化されたサブプライムローンを含む商品に、トリプルAだのダブルAだのといった、高格付けを連発していたのは…。

 格付けが甘かったのではないかと追求されると、格付けはあくまで参考意見であり、投資は自己責任、といつもの言い訳で逃げたのは…。

 ドルロングを抱えていたのでしょうか。

 論調があまりに楽観的。
 金融機関の置かれている状況の厳しさを、正しく認識しているのでしょうか。
 素人の私も、首をかしげてしまいます。

 これで、どこかの金融機関が破綻したり、取り付け騒ぎが起きたりしたら、どう説明するのやら。
 赤っ恥かくことになります。

 いまの状況下、大きなポジを持たないのと同様、大風呂敷を広げないことが肝心だと思います。

 言いっぱなしと言うことがないように願いたいものです。

 格付け会社はしばらく、信用しないことにしました。

 さて。
 戻り売りを考えたのですが、あすの経済指標がやはり気になります。
 2月の消費者物価と、ミシガン大。

 どちらも、軽視できません。

 それを見てからでも遅くはないかなと思っています。。

 また、乱高下しているときは、利上げや介入といった政策トピック一つで、がらっと流れが変わってしまいます。
 落ち着くまで様子見でしょうか。

 週内はポジを持たないかも知れません。

 きょうのような、変動が起きても動けない局面というのは少なくありません。
 従って、確実に勝てると踏んで勝負に出られる日は、1年ならすと、何日もないことを改めて痛感させられます。

 かといって、スワップ派では、いまは明らかに不利。
 ちまちま積み上げた利益を一瞬で吹き飛ばす値動きが、毎日起きているからです。

 やはり、月内は、短期でのスイングが、よい作戦に思えます。
 そうなると本当は、ハイジのような、ボラの穏やかな通貨が適切なのですが、そのハイジからして、チロリアンテープをひらひらさせながら、高原で踊り狂っている状態です。

 数少ないチャンスをものにするために。
 大きな負けを作らないことを、心がけていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月13日 (木)

ちょっとだけ撃ちたい

 ダウが始まれば、下げ一段になることは目に見えているし…
 ただ、お決まりの緊急利下げをやられると、泣きを見るし…
 協調介入はないと信じたいけれど、ないとは言い切れないし…

 せっかくの休みの夜。
 何かしたいけれど、やけどしそうな予感がして、自信が持てません。
 ロデオのようにはね回るレート群と、にらめっこしています。

 十字砲火の中に、かわいいポジたちを立たせてよいものか。
 ドル反転の予兆が全く見えないいま、突撃するのは無謀なんでしょうね。

 ダウまであと1時間。
 もう少し、考えてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

意外に早かった

 目の前のレート画面。
 100.03付近で攻防を繰り返していたドル。

 あ、100.00つけた。

 次の瞬間、ビッド99.75。まばたきする間もなく、25銭飛びました。

 ストップが巻き込まれたのでしょう。
 劇的な100円割れの瞬間を、見てしまいました。

 1995年11月以来とのこと。12年4カ月ぶり。

 いまは、100.20付近で上下動を繰り返しています。
 これは、今夜のダウも荒れそうです。
 99円台に定着するようであれば、次は95円台が視野に入ってきます。

 ロングは当分、できませんね。

 キウイの指し値、79.00と77.00に指してありましたが、ちょっと外しておきます。

 昨年8月17日の、再来の感があります。

 実は、割るのはたぶん、金曜日だろうと思っていました。
 この分だと、下落スピード、早まりそうです。
 BOJの介入、たぶんないでしょうね。
 米が絶対、ウンと言いませんから。

 首をすくめて、様子見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月12日 (水)

真の解決策ではない

 米欧の金融当局が協調資金投入。
 FRBは20兆円を用立て。

 久々、明るいニュースで、一転円安へ反転しています。

 しかし、だから何? という疑問が否めません。

 それだけ大量の資金供給をせざるを得ないと言うことは、要
は欧米金融機関の資金がショートしかかっていると言うことの
裏返し。

 これまでも、ほぼ連日、FRBを初めとする緊急当局は、資
金供給を続けてきています。

 にもかかわらず、信用収縮が止まらないということです。

 協調姿勢を見せたという点が新しいニュースなだけで、目新
しさはありません。
 状況は、相変わらず悪化していると見ています。

 協調供給そのものは、昨年12月以来とのことですが、前回の
効果がどの程度のものだったか。
 せいぜい持続して、年明けまででした。
 年明け早々のドルナイアガラ。ご記憶の方も多いと思います

 あれを見れば、今回の措置も、自ずと限界が予想できます。

 麻薬のようなものというのは言い過ぎでしょうか。
 ニュース直後は一瞬元気になるけれど、何度も繰り返すうち
、効果持続時間が短くなります。

 しかも、病巣であるサブプライム関連の証券化商品は、相変
わらず金融機関に眠っています。
 処分できたわけではありません。

 まもなく、それら欧米金融機関の四半期決算が始まります。
 今回の一時的な回復を円安トレンド復活と喜んでしまうのは
、早計に過ぎる気がします。

 この3月決算では、破綻するところが出てきてもおかしくな
いと言われているのですから、楽観は禁物と、自戒しています

 ともあれ、今朝の段階では、豪ドル93円、キウイ80円だった
のに、買い損ねました。

 逃がした魚は大きいです。

 でも今度の魚は、近日中にまた、射程距離まで近づいてきて
くれると思っています。


--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年3月11日 (火)

【ポ】緊急利下げの噂

 おはようございます。

 昨晩から、FRBが緊急利下げするという噂がでています。

 今月、来月の2回に分けて1.5%という話が出ているようですね。

 現行3%が1.5%になる。
 そうなると、あと打つ手、つまり引き下げ余地は1.5%しかない。

 利下げ後、株も為替も一瞬吹き上げるでしょうが、絶好の戻り売りができるかも。

 インフレを半ば容認したような利下げの嵐ですが、よく考えてみると、借金減らしには効果的。
 通貨価値が下がるからです。

 ただ、大統領選挙を控えて、本音では、物価高は避けたいところ。
 どのあたりでバランス取るのでしょうか。

 さくっと構えたいものです。

 【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円ぐらい
 (USD=±0円/日、CHF=±50円で計算)

【今年の確定損益】

●OTC  0円
●くりっく 287万8310円('07年 ▲64万8810円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金融とは

 金を融かす と書くのだな。

 金で(良心を)融かす というヤツもいたな。

 この相場、何人の人間が融かしたんだろう。










 すいません、眠れないんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いやちょっとこれは

 ベア・スターンズのうわさは、大火事になる前に消されたようですが、ダウが冴えないこともあって、円高止まっていません。

 さっき見たときより、だいぶ下げてます。
 USD/JPY 101.75
 AUD/JPY 93.60

 これは、今晩ダウがプラスで終わらないと、まずい予感。
 あしたあたり、USD/JPY 100円台突入もあり得ますか。

 東証も、12000円割れかも。

 悲観と見るか、稼ぎ時と見るか。

 ノーノー。慌てない。
 ポジポジ病の山っ気起こして、それでいままで何回泣きを見たことやら。
 素人なのだから、生き残りが先決。
 石橋を叩いて、渡し船が近づいてから渡ってもいいんだから。

 明朝が見ものだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月10日 (月)

買えません

 こんばんわ。

 円高模様ではありますが、いまひとつ、どっちつかず。
 東証も250円安。2年半ぶりの安値だそうです。

 とはいえ、金曜日のダウの下げを思えば、個人的にはもう少
々、下げ余地があるのではないかと思っています。

 12000円割れがあっても不思議じゃない。
 そんな予感がします。

 となると、問題は、USDがいつ100円を切るか、ですね。
 もう既定路線のような気がします。

 ファンド勢がこぞって売り浴びせてきたら、どこが防戦して
も無駄でしょう。
 心理的に一度、100円つけないと気がすまないというような
、いちゃもんに近いものを感じますが、彼らもそれでメシ食っ
ているのですから、しかたがありません。

 そうした攻防が予想されるだけにクロス円、きょうあすの段
階で、買いに出るのはためらわれます。

 かといって、売りをする気にもなれません。
 往復びんたを食らって、痛い思いをするのが関の山。

 山といえば、ハイジとは手を切っておいて正解でした。
 100円マッターホルン、登ったまんま、遭難中です。
 当分、降りてくる見込みがありません。

 もうそろそろ、下山中の米ドルパーティーと、すれ違う模様
です。

 おー、アイ、ガー!

--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

円高になると

 輸入品の価格が安くなる。
 つまり、石油の値段も安くなる。

 …のではなかったか?

 輸出企業の業績に響く。
 しかし資源の輸入にはプラスなので、ダメージは軽減される。

 …のではなかったか?

 円高悪玉論を見るにつけ、ちょっと首をかしげているここ数日です。

 仮にUSD=80円になったとする。たぶんならないだろうけれど。
 音を上げるのは、日本より中国。たぶん。

 海外旅行、いまよりも行きやすくなるな。欧州、いいかも。
 おみやげのマカダミアンナッツが1箱2000円なんて、そんな時期は遠くなる。
 正月に、パリへ行ったやつが泣いていた。
 ビストロで一回メシ食うと、5000円から7000円飛ぶ、と。
 しかも、一人あたり、だ。

 これも、安くなるのだろうか。

 学生時代の友人は、79円のときに、親戚一同から400万円かき集めた。
 それを、USDに換え、MMFに仕立てた。
 社会人になってから数年目ぐらいまでの期間、遊ぶ金には不自由しなかったと豪語していた。

 そういうチャンスが、やってくるのだろうか。

 円高。
 どうしたら一番、波をメリットに変えることができるか。

 考え中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月 9日 (日)

細るスネ

 「お・と・お・さ・まあ」

 酒飲んでたら子どもがやってきました。

 「あのね、発表したいことがあるんです」
 「イギリスのことです」

 む、そういえば。イギリスに行きたいと言っていたな。
 行きたければ、イギリスがどんなところか、調べて私に教えろと、言った覚えがある。

 2週間ほど前の話だ。忘れていた。

 「デンマークの隣です」
 「アイルランドの隣です」

 …隣って、東西南北どっちゃねん。

 「広さは、日本の三分の二ぐらいです」
 「人口は、6500万人ぐらいです」

 じゃ、日本の人口は、と聞くと、わからないから、あとで調べるという。

 「国民の性格は、我慢強くて、頑固で、ケチで、冷静で、皮肉屋」
 「好きなものは、庭いじりと、賭け事と、ビール、それと昔のもの」

 我が子よ、そんな面白くなさそうな連中の国に、なぜ行きたがる。

 「なんかお父様と同じだなと思ったんですけど」

 ………。

 「食べ物は、ヨークシャープディングとミンスパイ」
 「イングリッシュブレックファスト」
 「シリアル」
 「アイリッシュシチュー」
 「フィッシュ&チップス」
 「ローストビーフ」

 シリアルってなんやねん。

 「たぶん、お米です」

 イギリス人の常食がコメかい。

 「ご飯が豪華なのは日曜だけ。あとは質素にするのが普通」

 ぐっ。それはしらなんだ。

 「日本と昔戦争してました。1939~1945まで」

 ん、1941年からと違ったか。
 まあいい。世界で初めて、航空機に撃沈された戦艦は、イギリスのなんだよ。
 プリンス・オブ・ウェールズっていうんだ。

 「でも、日本は昔からイギリスのことが大好きで、いまでも6万人以上の日本人がイギリスに住んでます」
 「女王様がいるのと、天皇がいるのと、よく似てるから、親近感がわくそうです」

 「リーダーは、ゴードン・ブラウン首相で、女王はエリザベス女王さん」

 ぐっ。
 まだブレアだと思っていたが、そうだ、だいぶ前に変わったんだっけ。
 ブレアのとっつあん、さては子育て奮闘中だな。

 女王が一番えらいのか? リーダーと女王との違いは?

 「女王様はいるだけ。リーダーは物事を決めるの」
 「でもみんな、女王様が好きなんです」

 よし、立憲君主制の理解としては、合格点。

 「イギリス人の平均月収は、2654ポンドです」

 またもや、ぐっ。
 それは、初耳。
 しかし、うろたえを見せてはならぬ。

 「日本円でナンボ?」

 4ケタのかけ算、取り組むこと10分。
 電卓を取り出そうとしたのを押しとどめ、筆算を強制。

 「372万円です」
 「62500円です」
 「18万円です」
 「わかりません…たくさん」

 たくさん、といいたいのは私だ。

 だが。
 親ばかかなあ、と思いつつ、内心舌を巻いた。

 自分の行きたい国の文化も生活も知らずに、物見遊山に行くのは許さん、とは言ったが、まさかレポートにまとめてくるとは思わなんだ。
 レベルはおよそ予想できたが、子どもは子どもなりに調べたのだろう。
 だから、私も知らないことが一つでもあれば、素直にシャッポを脱いでやろうと思っていた。

 だが、聞き終えてみれば、「ぐっ」がなんと、3つもある。

 親父をやりこめるなんざ、小学校低学年にしてはいい度胸だ。
 オレにはここまでの覇気、なかった。





 …ということで、イギリス行きを認めてやらざるを得なくなってしまいました。
 出発は5月。滞在期間は3カ月。
 今月中に、あと50万円、稼がないといけません。

 ポンドが安くなってきたので、現地での費用は知れたものなのですが、往復の航空運賃がハンパな値段ではありません。
 格安チケットを使っても、燃油付加料金は免れません。
 往復で数万円かかります。
 これ、大人子ども変わらないのですね。
 体重は大人の3分の1しかないのだから、その分安くして欲しいと思うのですが、そうした配慮はないようです。

 何か大義があった方がFXでも闘いやすいのは確かなのですが、こうも次から次へと物いりが続くと、泣けてきます。

 ホンマ、どんだけ稼いだら、気ィ済みまんの。

 ぶつぶつ言いつつ、AFPゲットしてしまって、ちょっと気が抜けた状態に活を入れるいい機会かも知れないと、武者震いしているのも事実。

 来週の、とびっきりの上下動に、期待大です。

 さあいくぞ、100万爆弾。
 父ちゃん、稼ぐぜえ。
 任しとけってんでい。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月 8日 (土)

100円見たいらしい

 元軍人のお師匠から、「ワシはもう100円切ると見とる」とお電話が。

 昔、108円台を中心にポジを組んでおられたはずですが、いつのまにか、ガダルカナル攻防戦のごとく、しれっと転進おすまし遊ばされていたのですね。

 で、不肖の弟子は、為替ジャングルの中に置いてけぼりですか?
 ひどい先生です。

 四半期スパン程度のテクニカルがあまり意味を成さなくなってはや数カ月。
 サブプライム問題は、これからまだまだ続くと見る方が多いようです。

 なにせ、世界中にばらまかれた爆弾、まだ爆発しきってません。

 証券化されたサブプライムを含むペーパーを、引き当て損を積むか、それとも換金して損を確定するか。
 どれかをしない限り、金融機関としては、導火線に火のついた爆弾を抱え続けることになるからです。

 流動性が乏しいこれらの証券化商品を、なぜいざとなったら売れると見込んだのでしょう。

 素人なので、よく分かりません。

 とにかく、自分が理解できない商品には手を出さない
 一方的な経済状況が続くという、希望的観測を前提にした商品は買わない

 この二つ、肝に銘じておきたいと思います。

 さて、キウイ。おいしそうな位置まで下がってきました。

 金曜日になると何か悪材料がでて、為替も市場もどかんと下げる、というパターンに、また今週も落ち着きそうです。

 出尽くし感からいったん上昇に転じた、とニュースにありますが、さて、来週のサザエさんは、どうなりますか。

 キウイ、80円を切ったら、買いに出てみるつもりです。
 相場が荒れると高金利通貨がねらい打ちされるのはいつものこと。

 バーゲンプライスまで待ってみるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月 6日 (木)

AFP合格

 早朝から仕事に忙殺され、はや13時間。
 も〜、え〜加減に帰して〜な〜。
 年度末のいま、来期のプロジェクトは降る。
 決算もやってくる。
 自己評定まで書かなくてはなりません。

 へとへとです。

 目を落とした新聞に、ファイナンシャルプランナーの無料講演のお知らせが。

 しまった、きょう、合格発表だったっけ。
 すっかり忘れていました。

 ネットで確か、確認できたはず。

 …受検番号、忘れてるやん…

 しおしおと、かばんを探ってみたら、ハガキが出てくるではありませんか。

 受験地を変更したため、以前にきたのが残っていたのですね。

 打ち込んで、ログイン。

 おや、たまげた。完全合格。

 実技は落ちてると思っていたのですが、ぎりぎりで通過した模様です。

 中学生の時に、英検3級を取って以来の「ナントカ資格」ゲット。
 これでやっと、気兼ねなく、休みが楽しめます。

 学科・実技 双方受検の合格率は21.8%だったそうです。

 昔からこういう、こつこつ何かやって、乾坤一擲という勝負
、強かったけれど、大人になってからそれで何かを勝ち得たと
いうのは、記憶にある限り、初めてです。

 さて、FPは、お金を払って登録しないと「技能士」と名乗れません。
 これがまた、年間万単位するのですね。

 しかし、学生なら、入会金免除、年会費半額といううれしい
特典があります。

 …私、実は、大学院生。
 放送大学の大学院の学生証を持っているので、この割引規定、ばっちり使えます。

 全然関係ないけれど、ソフトバンクのホワイト学割だって、
使えちゃいます。

 三十路後半の親父が、です。

 映画だ~って、フェリーだ~って、美術館だって~♪
 みんなみんな、生きているんだ、学割な~んだ~♪

 さて次は、CFP&税理士、かな。

 なにかやっていないと不安な、旅立ちの春、です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

これじゃ売るのも怖い

 おはようございます。

 クロス円全部、噴きまくっています。
 戻り売りをねらっていましたが、ここまで上り龍のように上がられると、ちょっと素直に売れません。

 やっぱり、様子見が正しそう。

 きょうは、色気を出さずに静観します。

 RBNZのインフレ懸念は、いつものことなので、また急落待ちです。

 待って待って待ち暮らし。
 あなた待つのも松の内~♪

 早朝出勤なので、このあたりで失礼を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月 5日 (水)

キウイに色目

 全然しらなかったのですが、ほかの方のブログを見て気づきました。
 あす早朝、RBNZが政策金利の発表をやるではありませんか。

 利上げはないでしょう。物価落ち着いてきているそうですし。

 利下げは、利上げよりは可能性があるけれど、あまり取りざたされていません。

 据え置き、それが一番可能性高そうです。

 ただ、利上げ以外だと、キウイ、たいてい売られます。
 1週間もするとまた円安に振れて、じりじりと上がってくるのがいつものパターン。
 それを見越していま、80円台あたりに指し値を仕掛けておいてもいいのかも知れませんが、久々に手を出す通貨と言うこともあり、翌朝、結果とそれに伴う動きを見てから、考えたいと思っています。

 100万張れればいいのですが、キウイは証拠金が1万単位あたり65000円。
 ハイジは35000円。
 つまり、キウイ100万をIFDでポジろうと思うと、指し値する段階で必要な証拠金は、なんと1300万円。

 天を仰いで嘆息するしかありません。

 ですが、今月16日から、証拠金の大幅引き下げというニュースが流れています。

 キウイは、65000円→35000円
 豪ドルは、70000円→35000円
 ハイジは変更なし

 それでも、OTCは1万通貨あたり1万円というのが主流。
 くりっくはまだ、甘いです。

 文句を垂れつつも、徐々に、ポジを増やしていこうと思っています。

 皆さんキウイが安くなると予測していらっしゃるご様子。
 それなら、喜んで買いに出られるというものです。

 確か去年、上海ショックでナイアガラだったいまごろ、同じようにキウイを構えたと記憶しています。

 これは育ちました。
 平均買い単価80.50で20万キウイ。
 半年放置して、スワップ込み、280万円程度抜きました。

 この利食いで、悪夢の8月17日にこさえた360万円の大損を吹き飛ばし、なおかつ、ユニセフだのフォスター・プランだのに寄付できました。

 去年がトータル黒字を維持できたのも、キウイのおかげです。

 割と私とは相性がいいのですが、ほかの通貨同様、買いどころが重要です。
 オセアニアについては、私にとって、ショートの選択肢はありません。
 日ばかりで抜くのは、逆に行ったとき、ボラの点でリスクが高くなります。
 安全性を重視すると、利食いの幅を小さくせざるを得ないため、手数料とスプレッドに阻まれて、どうしても利が減ります。
 日を持ち越したらさらに大変。高金利のマイナススワップという、恐ろしい化け物が背中にのしかかってきます。

 もう一つ。いまの政策金利がトップだとすれば、それでも80円台に過ぎないという見方もできます。
 利下げの場合、あとはどんどん安くなっていくばかり。
 いつぞやの、50円などという時代がやってこないとは、だれにもいえません。

 実は、ロングの長期保有も剣呑なのでしょうね。

 おっと、もう一つ大事なリスクを忘れていました。
 くりっくの取引時間です。
 キウイは現在、午前2:50でクローズ。
 翌営業日、シドニー・ウェリントンで大変動があった場合。
 ロスカットのスリッページがただならぬ値幅になることが予想されます。

 このあたりを勘案すると、まだ豪ドルの方が、よさげに見えるのですが、いかがでしょう。

 無理に毎日取引する必要もないので、ゆっくり考えてみるとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハイジにお別れかな

 昨秋からおつきあいしてきたハイジ。

 だいぶ稼がせて頂きましたが、そろそろお別れした方が良さそうな気配です。

 利上げの可能性がくすぶるのと、やはり100円から上へ恒常的に行かれると、チャート的にここ10年は未知の領域のため、いつなんどきガラガラポンと、大崩するかわからないからです。

 安いのを買って高くなったら売れ、が基本です。
 高くなってしまったら、買えません。
 売り続けるにも、右肩上昇が続くと、マイナススワップがきつすぎます。

 いつかは落ちるにしても、パフォーマンスが悪すぎるので、様子見が賢明かと。

 おいしそうになってきたのはオセアニアです。

 ここ数カ月、豪ドル、キウイは高値圏内でボラが上下動していたため、じりじり円ショートが積み上がっては雪崩落ちる、といったことを繰り返していました。

 1円、2円といった幅で毎日動いていたので、危険性はポンドなみと判断。
 食指が動かなかったのです。

 ただ最近、豪ドルなら95円から下、キウイなら80円前後にタッチするようになり、ロング玉を少し仕込んでおいてもいいかと思い始めています。

 単位は、以前のように、安全運転の10万単位に戻します。
 それで100ぴぴ、200ぴぴ抜けば、パフォーマンスとしてはハイジと一緒。
 危険性は、同格。
 手数料は、10分の1。
 スワップは、3倍。

 しばらく、考えてみたいと思います。

 ハイジが利下げしてくれれば、またしばらく、おつきあいしたいと思います。

 きょうもまた、米でステキに重要指標群が待ちかまえていますね。
 どう振れますか。

 おっと、そろそろ出勤時間ではありませんか。

 夜にでも、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月 4日 (火)

【ポ】薄利決済

 CHF/JPY S 100万 決済 指値 99.40 99.20 200000 -40400 21000

 やっぱり、最初に決めた指し値から、動かしてはいけないのですよね。
 こらえきれず、利食いを優先したら、もういま、98.80近辺まで下がってきています。

 40万円、逃してしまいました。

 恒例、正味(税込み)の上がり計算。

 為替差益20万円-スワップ40400円-手数料21000円×2=11万7600円

 ノルマは「月100万円抜き」。
 今月はまだ、始まったばかりです。

 

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円ぐらい
 (USD=±0円/日、CHF=±50円で計算)

【今年の確定損益】

●OTC  0円
●くりっく 287万8310円('07年 ▲64万8810円)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

日和見

 98.70の指値、99.20に変更してしまいました。

 リバウンドの気配。薄利でもいいから、現ナマにしておこうと画策です。

 しかし、この価格すら、かするのでしょうか。

 戻りが妙に元気の良い、ハイジです。

 明朝、どうなってますことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月 3日 (月)

来ったぞ来たぞ♪

 下呂温泉に行く!なんて意気込んでいて、起きたら14:00。

 20代前半なら、徹夜の翌日、始発から動き回っていたのに。
 中年だなあと嘆息しています。

 夕食の仕込みも終わり、さて、為替はとのぞいてみれば。

 おお、102円台突入ではありませんか。
 懸案のハイジは?

 99円台前半。一気にショートに振れています。

 日経平均暴落、651円安。
 欧州株価も追随中。FTSE100ポイント超下げ。
 焦点のNYは。

 緊急利下げをやったら、一瞬のドル巻き返しで欧州通貨安。
 やらなくても、クロス円これだけ落ちると、決済通貨としてのドル安に連れて、ベクトルは円高。

 始めの利食いポイントまであと30ぴぴあまり。
 成り行きで利食うか、ぐっとこらえて待つか。

 私の心も揺れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

下がるのどんだけ~

 ドル爆下げ必至と言われている今週。
 うひ~、ヤメテ~と頭を抱えるくらい、重要指標が山のように控えています。

 そして、PCに仕掛けてあるロイターのニュースランチャー。
 土曜日早朝のNYクローズからこっち。
 「これでもか」というほど、悪いニュースだらけです。
 サブプライムがらみ、モノラインがらみ。

 大丈夫かいや、アメリカはん。
 バカナンキは、ほんま、ろくなこといわんわ。

 でも本音では。
 ドルはもちろんのこと、欧州通貨、特にハイジ。
 どどんと安くなってくれることを切に祈ります。

 …しまった。家人の口座。
 確かまだ、5万ドルぐらいロングが残っていたはずです。

 それも、114円のタマがあったような…こらまずい。
 まずすぎです。

 放置するか、追い証入れるか、考えなくてはいけませんね。

 さあ、今週も、気張っていきましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カキオコ話

 のっけから、為替と関係ない話を。

 18きっぷの季節がやってきました。
 AFPの試験を目指して、封じ込めていた放浪癖。
 今期はやっと解禁です。でも、6日に合格発表が。
 もしも落ちていたら、またしばらく封印です。

 もやもやしていてもしかたがない。
 たまには、車窓を眺めて頭を空っぽにしないと、戦闘意欲がわきません。
 昨日は、会社帰りに、岡山県は備前市の、日生という町へ行ってきました。
 忠臣蔵で知られる播州赤穂から、さらに数駅岡山よりにある、箱庭のような町です。

 ここは、穏やかな瀬戸内海に育まれたおいしいカキが上がります。

 私、鉄道や為替と同じ熱意を持って、カキを愛しています。
 飲食店で「カキ」と書いてあれば、それがなんであれ頼みます。
 10月の解禁からしばらくは、昼食はたいていカキフライ定食です。

 日生には、お好み焼きの具にカキを使った「カキオコ」という食べ物があります。
 最近、マスコミでも取り上げられるようになったためか、関西では徐々に認知度が上がってきました。
 地元の有志もHPを作り、PRに励んでいます。

 何かの折にその存在を知って、ずっと憧れていました。

 店は、駅の周辺に7~8軒。
 値段は、どこも同じようです。一枚800円。カキを増量すると+200円。

 ちょっと高いなと思いつつ、増量を頼みました。
 しかし、見ている限り、普通版と増量版とは、カキの量、2つぐらいしか違いません。
 増量して、全部で10粒といったところでしょうか。
 視覚的には、少々物足りなさを覚えました。
 ただ、驚いたことに、日生のカキは、焼いても身がほとんど縮まないのです。
 アツアツの鉄板に転がされても、びくともしない。

 ということは。
 海のミルクが、熱でうまみが活性化した状態で、しこしこのお肉の中にたっぷり詰まっているという裏返し。

 じゅわ~っ。
 ごうごう回る換気扇が吸い込めないほど、磯臭い潮の香りが店に満ちます。
 思わず生つばを飲み込みました。

 出てきたカキオコ。直径20センチ、厚さ3センチほど。
 不揃いな切り方に素人感がうかがえるざく切りキャベツが、カキを挟み込んで覆い尽くしています。

 ソース、青のり、紅ショウガ。

 いただきま~す。

 





















 …ソースの味で、カキのエキスの豊潤さが飛んでる…

 …生地ももうちょっとしっかり固めんと。もんじゃやな、これは…

 …塩だけで食わした方がええのと違うか、あるいは唐辛子とか…









 お好み焼きとしては悪くないんです。
 自分でやったら、もう少し違った味になりそうな気がします。
 今度、作ってみたいと思います。









 でも、きょうは休みなので、下呂温泉あたりへまたふらふらと(以下略

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月 1日 (土)

【ポ】しぶとい欧州通貨

 103円台突入で、週明けの大波乱が楽しみです。
 もう、100円は見えたと思っているのですが、もうしばらく、時間はかかりそう。
 米も選挙を抱えて、ドル安は本音では歓迎でしょうから、日本を始めとする諸外国が為替介入する余地は余りなさそうです。

 しかし、欧州通貨は強い。
 特にハイジ。
 怒濤のごとく1~2円下げるかと思いきや、相対的には高値で踏みとどまっています。

 素直にすとんと落ちてくれれば。
 何かと物いりの年度末、安心して出費できるというのに。
 ほぞをかんでいます。

 マイルールでは、ショートは日ばかりですが、最近ショート玉を構えると、たいてい数週間持ち越しています。

 勝つまで負けない。
 というよりも、100万単位で抱えていれば、負けるに負けられない。

 こうなると、意地でも利食いしてやるぞと、決意を固めています。

 上がれば下がるのは為替の常。

 週をまたぐことになりますが、今週も、ショート玉、持ち越しになりました。
 来週あたり、おさらばしたい気分です。

 個人的にはやっぱりロングの方が、性に合ってます。

 

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 CHF/JPY 売 99.40 100万

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  -5800円ぐらい
 (USD=±0円/日、CHF=±50円で計算)

【今年の確定損益】

●OTC  0円
●くりっく 276万710円('07年 ▲64万8810円)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

確定申告書提出

 地元の役場で開かれている出張会場で、さくっと提出してきました。

 始めは役場の税金担当課が応対していたのですが、分離課税と聞いたとたん、税務署員にタッチ。

 くりっく1社、非くりっく2社。
 全部取引明細をつけて出しましたら、目を白黒。

 こちらで、分離課税のものはこれ、総合課税の雑所得はこれ、と、書類を分けて整理しました。

 税務署員。いまFXの仕組みを勉強中なのだそうです。
 くりっくと、非くりっく=店頭市場という用語までは理解できたけれど、くりっくの損益通算まではまだ手をつけていないとのこと。

 昨年はくりっく分、当方は赤字だったため、繰越損を計上せざるを得なかったのですが、そのための付表に書いてある金額が、左欄しょっぱなは為替差損のみのもの。

 税務署員どの、電卓を一生懸命叩いて計算し、こちらの出した取引明細と計算が合わないので頭を抱えている様子。

 手数料は別口で、最終的に合算されて次年度に繰り越す損として、最終の欄に書かれている旨伝えると、得心がいったようでした。

 プロの税務署員に、なぜシロートの私がレクチャーしなくてはならないのでしょう。

 とりあえず、今年も非くりっく分も明細書を自主提出。
 妙な勘ぐりを入れられるのは、御免被りたいからです。

 隣の納税相談との間は、申し訳程度の段ボール一枚。

 FXの話に興味をそそられたらしく、隣のおっちゃんが、受付員を押される小生の申告書類にじっと目を落としていたのは業腹でした。
 もう少し、納税者のプライバシーに気を遣って会場設営してくれればいいのに、と嘆息させられました。

 それはともかく。
 小生、払わなくていい税金は払いませんが、払わなくてはいけないものはすぱっと払います。

 それがもったいないというなら、それ以上に稼いだらいいだけだと思うからです。

 税金取られたら、その分ファイトー!
 そんな気が、むらむらとわいて来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »