« あけまして | トップページ | 野菜が食べたい »

2008年1月 2日 (水)

欲深親父

 寝正月、飲み正月、こたつむり。

 ゴロゴロしてます。雲行きも怪しいし。
 また雪が舞いそうです。

 さて、今年の市場も始まりました。しょっぱな円安ムード。
 CHFも、98.20を一瞬つけて反転。暴騰しています。

 98.20で利食っておけば、100pip抜けましたが、いまはダメ。
 手数料、マイナススワップ分。
 考えたら、やっぱり、98.00を切るまで、仕切れません。

 新年早々、欲の皮が突っ張っています。

 とはいえ、東京なんてしばらく、上がろうが下がろうがどうでもよろしい。

 問題は、大発会から数日で、東証がどの程度こけるかということです。

 年末のダウ安。欧州市場安。まだ欧米の投資家、東京で手当てできていないはず。

 となると、大発会以後は、資金回収のため、株を売ってくる可能性がある。
 となると、円高。
 そこへ雇用統計。
 欧米金融機関の決算。

 もしかすると、米の格付け会社やら保証会社やらの爆沈。

 さらにさらにもしかすると、マット氏武市氏いわくの「米国債格下げの可能性」。

 そうなってくれると、面白いんですが。
 米国債しこたまため込んでいる日中はたまらんでしょうなあ。

 でも、大統領選挙を控え、中国たたきに走りたくてたまらない米財界としては、実は両刃の剣のこの爆弾、落としてもいいと思っていたりして。
 恐ろしや~。

 長い目で見て円安というスタンスは変わりませんが、そのベクトルが、1年や2年で形成されることはないでしょう。

 当面は、じりじりと上がったクロス円が、なにかのきっかけで一気に崩れ落ちる乱高下相場の繰り返しではないかと思っています。

 日銀は早期の利上げをやりたがっていますが、夏過ぎの総選挙ほぼ確定の様相からいって、せいぜい3月に一回。もしかすると、総選挙が終わるまでないかも。

 だから、どかんと下げたところをロング構築。
 ぼへーっと待って、気が向いたら売る。

 昨夏までのやり方が、意外に通用するのではないかと思っています。

 ただ、これだと円安方向しか取れませんので、時にはショート。
 でも、ショートは日ばかりが基本というルールを忘れず、やりたいと思います。

 夕方から深夜。
 欧米勢がまた、ハデに、USD売ってくれることを願っています。

 CHF/JPY、今度100円突破したら、100.20で売り増しする予定です。
 トレンドラインは、いまも下げ基調のレンジ。
 頑張ると、きっと、いいことが。

|
|

« あけまして | トップページ | 野菜が食べたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/9683727

この記事へのトラックバック一覧です: 欲深親父:

« あけまして | トップページ | 野菜が食べたい »