« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

つきあっとれまへん

 明朝2:15でしたか、FOMCがあるんですね。

 その時間、仕事なのでスルーします。
 画面見続けても疲れるし、指標狙いの一発バクチは、マイルール違反。

 行った方向のどこかでまた、利食いすればいいので、気をもむ必要もないと思っています。

 CHF/JPY、そろそろ96円台に落ちてくれないかな…。
 次の指し値は、21日トレンドから引いたボトムラインの、96.40です。

 それまで、お休みです。

 サプライズがあって、一時的にUSDが買われることがあったとしても、間近な3月決算を考えると、4月ごろまでの流れとしては、円高で見ておいていいのかなと考えています。

 国会、大騒ぎですね。
 昔の自民と社会とのガチンコを知っている人間としては、懐かしい光景です。

 ガソリン、結局下がらないんですね。
 地方にゃ並行する国道ですら、ほとんど車が通らない高速道路があるというのに。
 わしらの税金、むちゃくちゃに使ってくれるなあ。

 次の総選挙、覚えてろよ~と、含み笑いを漏らしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月29日 (火)

気分は狙撃兵

 おはようございます。関西は氷雨です。

 コタツで寝ると、どうしていつまでもとろとろとろとろ、睡魔が襲ってくるのでしょうね。
 起きようと思ってもなかなか起きられません。


 AFPの試験、答え合わせが終わりました。

 学科 60問中13問ペケ
 実技 40問中16問ペケ

 ということで、学科は通ったと思いますが、実技はダメでしょう。

 傷病手当金の待機期間、「3日間」という選択肢の番号「7」を認識していたにもかかわらず、見直してみたら、回答欄に「3」なんて書いてしまっている。

 残り数分しかないことに慌てていたとはいえ、このあたり、試験慣れしていなかったことがばればれ。

 実技だけ、もう一度受けに行かなくちゃあ。

 ついでに、社労士の資料も、取り寄せ中です。
 税理士と社労士、勉強の範囲がなんとなく、FPとかぶるんですよね。

 せっかくなんで、どういう勉強が必要なのかぐらいは、把握しておこうと思いました。



 …個人向け国債の変動タイプの金利が、基準金利マイナス何%かなんて…
 …外国送金するときのレートがキャッシュレートかTTSかなんて…

 そんなの過去問になかった!(まだ言ってる)






 さて、為替。

 うーん、わからない。
 ブッシュの一般教書演説は、新味がなかったということで材料視されず、かえってドルの反落を招いたようです。

 円安に触れていれば素直に戻り売りするところですが、円高に振れてしまうと、ちょっと困ったことに。

 FOMCがある以上、半端なところでロングのポジを取るとドツボにはまります。
 かといって、いまから突っ込み売りはこれまたリスキー。

 今週は、様子見しそうな気がします。
 休みも相場ですもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月28日 (月)

かの地は遠し

 為替の「か」の字も知らないはずなのに。

 ポンドが安くなるのを見抜いたかのように、子どもたちが言い出しました。
 「イギリス行きたいです」

 留学したいと抜かします。
 小学校低学年のくせに、言うことが太いわ。

 「面白そうだから、行ってみたい…」
 「行かせてください」

 なにが面白いもんか、あの国が。

 メシはまずいわ
 人は融通きかないわ
 官僚主義の権化だし
 なにをするにも高い
 そのくせ過去の栄光が染みついているもんだから、やたらえらぶりたがる

 どうせ行くなら、アジアにしろと言ったのですが、余り気が乗らない様子。
 「友達が行くから行きたい」
 要はそれだけ。

 日本版パブリックスクールのような所を、自分で選んで入ってしまったガキども。
 そこの人民集会で、夏に行くことを、決めてしまったんだそうです。

 その延長線上で考えれば、自分たちのシステムの、先祖返りとしてのイギリスのそれに目を向けるのは、一種当然なのかも知れません。

 しかし、あちらさんのパブリックスクールは、いわば貴族の師弟が、ノブレス・オブリージュを学ぶためにあると言っても過言ではない存在。

 日本人は、まだ、そういうメンタリティーをバックボーンに持っていない。
 成り金が背伸びしていく所じゃありません。

 金も爆裂にかかります。
 ポンドがなんぼ安くなったとはいえ、まだイギリスは物価高。
 子ども料金とはいえ、往復の交通費だけで20万円がとこ飛びます。
 滞在費も含めれば、一人50万円。

 小遣いは月300円です。マルカワガムが1日一個買えると、大喜びしています。
 1円もらっても、1万円もらっても、「お金だあ~」という感覚しかない彼ら。
 だからこそ、平気で渡航させてくれと言うのかも知れません。
 が、隣村に行くのとはワケが違うと言うことを、どう理解させたものか。

 どうせなら、アジアの農村で2~3年、牛追っかけながら、自分でコメを育ててこいと思うのですが、彼らの導き方をどうしたものか、悩んでいます。

 …彼らに金貸して、FXを手ほどきしてやった方が、飲み込みが早い分、稼げるかなと、思ってみたりする、不良親父です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

モノライン

 さて、モノラインが危うくなっているという話。

 12月のくりっくのセミナーで、マット氏が。
 その後のオンラインセミナーでマネパの武市氏が。

 それぞれ指摘していた、アレですね。

 でなけりゃ、モノレールと間違えるところでした(^^;、

 まずいのは、モノラインは一社だけではなくて、銀行と同じように何社もあるということ。

 そして、米の地方債も格付けしているということ。

 その格付けに信用がならないということになれば、大阪や夕張よろしく、地方財政破綻。それがどんどん連鎖すれば、ひいては、米国債の格下げ。

 史上最大のアトミックボム。

 セミナーでも「そうなると、1ドルいくらになるんですか」という話が出ていました。
 武市氏だったと思いますが、「60円という話もありますね」と答えていました。

 のんきに世界中から資源かっぱいで暮らしてるアメリカ人。
 沈まぬ太陽はありえへん。
 よその国に首突っ込んで、戦争なんかやってる暇、おまんのかいな。

 ただ、この場合、米国もさることながら、米国債をたんまり抱えている日中インド、こぞって共倒れ。
 同じように、ドル資産積み上げている中東も大ゴケ。
 おっと、ロシアも同じことですか。

 ユーロも、主要輸出先を失って、がたがた。

 世界同時不況どころの話ではありませんな。

 すると、次に上る太陽は。

 中国が、なんのためらいもなく米国債売りに出せば、とりあえず人民元という感じがしますが、世界の工場が自分の製品の輸出先を自分で潰してしまうようなマネをするかは疑問です。

 かといって、内需で消費しきれるほど、中国は豊かではない。

 インドも同じことでしょう。

 一部の富裕層が突出しているため目立ちますが、行ってみれば一目瞭然。
 日本など比較にならないくらい、国内の経済格差は際だっています。

 雨宮処凜ではないけれど、「生きさせろ」以前の問題。
 「息させろ」レベルの生活者が多いのです。

 豊かになりつつあるとはいえ、OECD各国にに追いつくには、まだまだ。

 消去法で、資源国に頑張ってもらうしか、ないのかもしれません。

 日本に石油さえあれば…円を基軸通貨にできる、絶好のチャンスなのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

AFP試験終了

 終わりました。
 手ごわかったというのが、率直な感想です。

 試験当日はサクセスが殺到して、答え合わせがなかなか難しいと聞いていたので、まだFP協会のウェブにアクセスしていないのですが、自分の感覚では、おそらく、アカンと思います。

 学科試験。
 60問という量に、最後解き疲れを覚えて、勘でつけていたところもあります。
 「相続放棄をした相続人は見なし相続財産の控除受けられない」○×
 そんな、あとで考えればイロハのイの部分を、終了直前、正答を消して誤答に丸つけてしまう情けなさ。

 FXでいえば、当初の指し値を変えてしまうようなものですか。

 択一問題は、始めの直感を信じた方が無難なんですね。

 実技試験はもっと悲惨。
 ペース配分を考えていたつもりで、実はあまりよくわかっていなかったので、「終了10分前」の声がかかった時点で、なお5問残していて真っ青に。

 電卓たたきまくり、書きまくり。

 最後の3問が傷病手当金の制度理解を試すものだったので救われましたが、若干の余裕を残して、第1問から答えを精査しようという目論見、もろくもはずれてしまいました。

 外に出れば、お日様どんより。薄曇り。

 この10カ月、何やってきたのかなあ…。めげるなあ…。

 FP協会のイケズ~!と心の中で叫んで、緑エビスをあおり、帰途の車中は爆睡していました。

 いま、ひとりで答え合わせを始めると、ウツになりそう。

 明朝、家人が起きてきたら、どやされながら、にぎやかにやって、ダメならダメで、次の5月の試験で捲土重来を期したいと思います。

 試験会場は、女性の方が多いのに驚かされました。

 会話からすると、どうも、生保・損保レディー(?)のよう。
 上司から、合格しようがしまいが、受けるだけ受けろと言われているらしく、「何かいてあるのかち~ともワカラなんだワア」と、文句垂れてました。

 当方の試験会場で言うと、男女の比率は、3対7ぐらい。
 下は学生から、上は見たところ御年80オーバーのおじいさままで。

 やれやれ、の1日でした。

 過去3回の過去問が9割正答できれば、大体通ると言われたので、そのレベルまでは持ってきたつもりだったのですが、甘かったようです。

 よく考えてみれば、人様の懐に手を突っ込んでいじくり回す国家資格を、一度や二度の挑戦ですぐにくれるというのも、妙な話ですか。

 書いているうちに、だんだん気が収まってきました。
 きょうはきょうで、別の風が吹くだろう。

  一区切りつけないと、次、なにもできないし。

 さて、FXです。
 先週はほとんどお休み状態でした。
 一回だけ、CHFで利食いしましたが、当初の目標からはだいぶかけ離れたものになってしまいました。

 今月、来月と、なかなか物いりが続きます。

 ぜひ、今月中にもう一発と思っているのですが、気がつけばはや、28日。

 高金利通貨でドばくちに出るか…と山っ気を起こしたのですが、ダメダメ、それやったら、4拓問題のマークシートを終了間際に変えるようなもの。

 でも、豪ドルやキウイが、トレンドライン的にはなかなかいい位置まで降りてきています。

 たゆたうCHFでゆっくり稼ぎ続けるのも手なのでしょう。
 が、やっぱり、根がアホなのです。
 1日でがっつり稼がな気ィ収まらんわァという自分も、どこかにいるのです。

 オセアニア。
 CHFの傍ら、ちろっと手を出してもいいかと思い始めています。

 とりあえず、きょうの東京を見てからですね。

 実際の出動は、火曜日以降になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月25日 (金)

とほほ

 しめしめ、いいところで売ってやったわいと思っていたら、円安驀進中。

 そのうち、また、悪いニュースでどかんと下げるぞ~と、心のどこかで思っているのですが、なかなか売り時はやってきません。

 …でも、また、99.20でしかけとこ。CHF/JPY。
 利上げしない限り、噴くこともないでしょう。
 その利上げも、いまできっこないし。

 夕べは、仕事が忙しすぎて、駅弁どころではありませんでした。
 グルメチックなご報告は何もありません。

 残念。捲土重来を期します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月24日 (木)

戻り売りに安心感

 どっちつかずのところへ戻ってきてしまいましたね。

 高金利通貨ロングにひかれますが、やっぱりバクチ。
 円安トレンド復活と見るのは早合点。

 しばらくお休みして、いつもの通り、戻り売りをねらいます。

 ここのところボラが激しいですが、それでもCHF/JPYは、95.50~98.00のレンジを形成してきた感があります。

 買いの不安より、売りに安心感。

 モノライン救済策、どこまで実現性があるのでしょうね。
 LTCMのときのように、銀行団に無理くり資金援助を押しつけたらどうなるか。
 こわい株主訴訟におびえないといけません。

 もうしばらく、成り行きを見極めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

運がよかっただけか

 CHF/JPY、決済した金額は、本日のてっぺんの所だったのですね。

 大変に、幸運でした。
 もしかすると、そのまま刺さらず、ずるずる落ちていってしまったかも知れません。

 ただ、ウマイ人だと、すぐにドテンショートをかますのでしょうなあ。

 そのあたり、まだまだ、素人の域を出ていません。

 さて。親父殿。いらっしゃいませ。
 駅弁、食ってきました。

 一番欲しかったのは、広島駅の「しゃもじかきめし」というやつなんですが、残念ながら、売り切れでした。

 しかたがないんで、マツタケ釜飯食べてきました。

 だが、不満です。
 もともと売れ残ることを想定していないはずの駅弁。
 なのに、「日持ち剤」なんていうクスリが入っていると書いてあります。
 発色をよくするためでしょうか、その手の添加物もいっぱい。

 あまりほめられないぞ、これ、山陰線は和田山駅の駅弁屋。
 改善してください。

 あしたも、時間があれば行ってみるつもりです。
 胃袋が3つほしい、毎年のこの時期です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月23日 (水)

【ポ】薄利決済

 チキンにも、99.00の決済指し値を97.70に引き下げたCHF/JPY。
 たったいま、刺さりました。携帯に着メロ。

 9:18 スイス・円 単一注文 売 決済 100 指値 32700 200,000 21000

 えーと、利益23万2700円ひく手数料2万1000円=21万1700円

 ちーん。

 まあ、この局面、100万なんてバカポジ抱えたにもかかわらず、利食いで乗り切れただけよしとしなければ。

 おっと、きょうからお待ちかね、阪神百貨店の駅弁大会ではありませんか。

 はからずも、軍資金ができてしまいました。

 開店めがけて出撃です。ひゃっほー。 

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円ぐらい
 (USD=±120円/日、CHF=±55円で計算)

【今年の確定損益】

●OTC  0円
●くりっく  62万8720円

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

次は戻り売りで

 CHF/JPY。利食いの指し値を97.70に引き下げました。

 いま、見ていたら一瞬つけました(発注には間に合わず)。
 瞬間的だったようで、また10銭、落ちました。

 ぴこぴこ上下しているうちに、午前中ぐらいに刺さってくれるとうれしいです。

 吹き上がったとしても、次は順当に、戻り売りをねらいたいと思います。

 そうですね…98円台に乗せたら、考えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

緊急利下げとな

 おはようございます。
 なんだか、尻がちりちりして起きてしまいました。

 朝刊見てびっくり。緊急利下げとな。

 にもかかわらず、ダウは460ドル下げたと。

 では、懸案のCHFは…97円台お帰りなさい、ですか。

 とりあえず、いまは建値まで戻ってくれればいいというのが本音。
 99円台までは、ちょっときつそう。
 この間、ブッシュが中東歴訪したときに、テロでも起きれば話は別だったんですが。

 それはともかく。
 円高には一つ、歯止めがかかった感じがあります。
 きょう、東証がどのようになるかは不透明ですが、仮にまたダウを受けて下がっても、円高ナイアガラになるイメージがありません。

 寒いですね。
 どちら様も、お気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月22日 (火)

追い証準備

 学科試験。実技試験。

 過去問解きまくり、次々と出てくる誤答の山。

 もう、疲れましてん。

 寝ようかな~と思って、なにげにブログのぞいたら…





 ほげ~~~~~~~~~~~~~!!

 なんじゃこら~~~~~~~~~~~~!!





 来るかも知れないとは言いましたよ、そら、確かに。

 でも、NYが休みだからといって、この下げは、ないでしょ。

 やばり、ちょっとなんでも、やばすぎ。
 明朝、証拠金追加して、様子見です。
 CHFが2円も動くなんて、普通あり得ません。
 いくら仕掛けモードが激しいとは言っても、ちょっと、度をこしてます。

 90円割れ、覚悟しなくちゃいけないのかな…。

 ファンダメンタルとか、関係ないもんな、最近は。

 あした日経平均、どうなることやら。
 日本政府は、なにも対策取れないだろうし。
 欧米も、なにもできないだろうし。
 アジアはもっと、おろおろするだけだろうし。

 酒飲んで、寝ます。




 なんか、昨秋から、このパターン、多いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月21日 (月)

感謝状…いらんけど

 ユニセフとフォスタープラン。

 年末に寄付したところから、感謝状が届きました。

 どっちも、大変きれいな印刷物です。
 いくらかかっていることやら。

 こんなものに経費費やすくらいなら、その分、本来の活動の方へ金を使えと思うのは、私だけでしょうか。

 感謝の心はお受けします。
 でも、活動報告は、チラシや、メールマガジンでいいんじゃないかなあ。

 じっちゃんばっちゃんのデジタルデバイドを勘案すれば、郵送で印刷物、というのは妥当な手段なのかも知れませんが、私はいらないなあ。

 おっと、確定申告用の証明書も入っているのか。気づかなかった。

 税務署からも申告用の書類が届いています。
 今年はくりっくの損を繰り越さなければならないため、紙の数が多そう。

 近くに税務署員が出張してきてくれたときに、関係書類全部持ち込んで、つけてもらうことにします。

 爆裂円高、止まるかなと思ったら、止まっていません。

 どうしよう。追い証、入れておこうかな。
 いまからショートかけても、底ショートになってしまう可能性の方が高いし。
 ちょっと出遅れました。

 うーむ。

 95.50で、指し値かけてあるけど…外しちゃおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々の連休だというのに

 休みをねらったかのように、末っ子がインフルエンザ。
 しかも、ロシアA型という、立派なウイルスをもらってきてしまいました。

 昨日、いきなり40度の高熱。けいれん。

 私は仕事、家人あたふた。
 休日診療所に電話したら、対応できないと門前払い。
 消防署を通じて受け入れ可能な病院を探したら、見つかったのはなんと、30キロ先。

 小児科の当直がいるのが、そこしかない、と。

 あいにく、外は雪。気温零度。路面凍結、条件ばっちり。
 でも、タイヤはノーマル。

 半泣きの家人。泣く泣く夕方、車で出かけました。

 どうにか仕事を切り上げて帰ってみれば、ほかの子も腹が減ったとしょんぼり。
 ばたばた作っているうちに、へとへとの家人とくたっとなった末っ子、ご帰還。

 ぐったりの1日でした。

 そしてきょう。珍しく連休だというのに、家にこもって看病しています。

 AFPの追い込みができるから、と、いいように考えています。
 神様もそうそう、遊ばせてはくださらないと言うことです。




 さて、そのAFPの件について。
 >ウェルカムぱぱさん コメありがとうございます。

 ご質問の項目、以下のように定義しております。

 「知識+愛=知恵」

 事実の断片である知識を、人のために生かそうと願う心。
 それが「知恵」になると思うのです。

 なぜなら、愛とは、相手を理解し、その幸せを願うことだからです。

 相手を理解するためには、知識が必要です。
 幸せを願い、その実現を図るにも、知識が欠かせません。

 私がAFPの勉強をしているのも、結局はその知識が家族を守ることになります。
 また、仕事に還元することによって、波及させることができます。

 また、AFPは独占業務ではありません。
 資格を取っても、即座に自分の収入に直結することはないと思っています。

 それだけに、なぜこの勉強をするのかと問われたとき、その意味づけが大事になってくると思います。

 知識を知恵に換えるために、
 入れ物としての私自身を、磨く必要があるのです。



 さあて、今週のサザエさんは。

 東証、暴落してますね。400円安。
 でも為替は、それほど円高に振れていません。

 これだけ株が下げていれば、1円ぐらいやられていても、と思ったのですが、意外にCHFも健闘しています。
 96円台半ば。

 損益表はまたもや、見慣れた真っ赤っかの数字が点滅。
 85万円ぐらいの含み損でしょうか。
 どないしたろうか、ホンマ。
 …どないする気もないんですわ、ホンマは。見てるだけ。

 とりあえず、1日5000円のスワップもらいながら、反転するまでじっと我慢の子。

 為替がそれほど動きを見せないのは、やはり、FOMCがそろそろ近いせいだと思っています。

 0.5%なら、もしかすると失望売りでまた円高に振れるかも知れません。
 仮に0.75%やった場合は、一時的にUSD急騰する可能性があります。
 ここまでの売り込みがきつかった分、ショートスクイーズは激烈なものになりそう。

 もしも今月、もう一回利食いをねらうとしたら、私にとっては、そのタイミングしかなさそうです。

 どうなりますことやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月19日 (土)

あと一週間の辛抱だ

 AFPの試験まであとちょうど一週間。
 追い込み中です。

 胸をはってそういいたいのですが、実は之が、なかなか。

 リーマンは、不意に降ってくる仕事というものがあるのです。
 知らんぷりをしていると、首になってしまうのです。

 「試験と仕事とどっちが大切なんじゃい!」と迫られるとヨワイツライシンドイ。

 心のどこかで「独占業務じゃないAFPなんて、本当にとっても意味あるのか」という、悪魔のささやきがします。

 でも、気づくと単語帳に手が伸びている。
 勉強し続けるというのは、その対象がなんであれ大切なこと。

 バーチャの世界に浸って自分を根拠のない全能感で満たすくらいなら、才あたわざるものの大きさを自覚した方が、謙虚に生きられる分、かえってすがすがしい。

 でも、過去問解くたびに、いかにその「才あたわざるもの」になっているかということを自覚させられて、やんなっちゃうんですが。

 過去三回の問題。
 なんどやっても数個間違えるんです。

 特に、保険と税金との所。弱いなあ。

 ぐぬうう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

焼け石にブッシュ

 1000億ドル程度じゃ、なんにもなりまへんわ…

 今晩は、おとなしく寝ます。

 来週に、こうご期待、という感じです。

 93.50で、買い足す予定です。

 でも、そこまでは…落ちて欲しくないなあ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

昼は冷や冷やしました

 仕事の合間にちろっとネットをのぞいてみれば、こはいかに。
 CHF/JPY、96.20なんてレベルまで落ちていました。

 うーむ、ブログには90円台前半まで覚悟なんて書いてしまったけれど、まだ気持ちの整理がついていない。

 落ちるなら落ちるでいいけれど、もうちょっと後にしてくれないかな。
 というのが本音でした。

 それから、またずっと仕事。
 深夜になって、さてどうじゃらほい、95円台にでも行ったかと。
 半ば自棄になってみてみれば、今度は97.50越え。

 ボラが少ないのが取りえのスイスなのに、1円以上ピストンするなんて。

 世界中で、オレ様と同じことを考えている素人トレーダーが多いのでしょうか。

 さて、税務署から今年も、確定申告の書類が送られてきました。
 毎年のことですが、売買一覧表をつけて、出してやろうと思っています。

 いらんと言われることはないと思うのです。
 なぜなら去年、FXの利益をどうしたらいいか聞いたとき、出張申告窓口の税務署員と来たら、3日食べてないネコがあじの開きにかぶりつくような調子で、取引記録を見せてもらえないかとたたみかけてきたものですから。

 ファイルごと、渡してやりました。どえらく感謝されました。

 FXはことのほか、目をつけられている投資方法。
 脱税と来れば、たいていFXというのが相場になってしまっています。
 妙な勘ぐりをされると大変。面倒くさい。
 ですから、イヤミの手紙でもくっつけて、全部任意提出しちゃいます。

 でもまあ、彼らにとっての最大のイヤミは、やっぱり…

 寄付金控除の領収書かな(だまーみろー。

 さて、ダウはどうじゃらほい。

 ああ、また下げてるなあ…。
 つい1時間前まで、120ドル上げてたのに。

 来週前半。0.75%の利下げを、FRBに切に求める次第です。

























 こりゃ、今晩はやらんのか。緊急対策とやらはどうなった、ブッシュ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月18日 (金)

【ポ】5000億ドルって

 サブプライム問題の損失5000億ドルに上る可能性(バーナンキ議長証言)

 5000億ドルって、×105円にしたとしても、えーと、すぐには出てこない。
 なんぼや。

 52兆5000億円。

 よくもそこまで含み損こさえてくれたのー、このダメリカっ、と、たぶん、いまごろ、世界中が笑っているはず。

 この規模になると、それがどの国の予算に匹敵するというようなレトリックを考えるレベルではなく、ただただ、大口開けてため息をつくだけ。

 「よくわからんけど…たくさん」

 しかも、それが日々、相場の下落に伴って、含み損を雪だるま式に増やしていっている。それがいつ解消されるか、だれにも分からない。

 引き当てても引き当てても、積み上がり続ける帳簿の赤字。
 受け入れても受け入れても、含み損にかき消える出資。

 …リスク回避、だよなあ、と見たわけです。

 となると、選好されるのは、やっぱり、CHFかJPY。

 でも、JPYは中国次第でどうにでも触れ動いてしまいます。

 市場が悪化するときの常で、アナリストやマスコミは、だれか原因をなすりつけられる相手を探し始め、いま「福田売り」などという言葉がささやかれ始めています。

 でも、なにがしかの直接金融を手がけている人間ならひとしなみ、日本の政局が相場に大変動をもたらす時代ではないと気づき始めているよう。

 新聞や雑誌が飛びつきそうな「福田売り」は、なんの原因でもない。

 単に、こういう相場低迷の局面でも、有効にマネーを活用する金融教育を、カリキュラムとして市民に教えてこなかっただけ。

 だから、東証の取引額の6割を外国人が占めるという、一種のっとられたような状況に陥ってしまっていると、個人的には思っています

 従って、JPYよりもまだ、CHFの方が、振り回されにくいと見たのですが…

 振り回されてます。CHFまで円高。
 USD安があまりにもきついのでしょうね。
 度留守居、ちゃう、ドルスイはくりっくにはありませんが、他社で見ると、やっぱり下げている。

 またお決まりの赤字が、損益表にちらつき始めました。

 プラススワップの方へ買い向かっているから、まだ、気が楽ですが。

 とりあえず、荒れても一カ月は放置してみたいと思っています。

 その間。
 何もしないのはつまらないので、なにかしてみようかな、と物色中です。
 なにがええかな~。

 




































 あ、それ、ポン(略

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 CHF/JPY 97.50 100万 L → 99.00 リミット

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  5500円ぐらい
 (USD=±120円/日、CHF=±55円で計算)

【今年の確定損益】(くりっくは通算可能期間中のもの)

●OTC  0円
●くりっく  41万7020円

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月17日 (木)

刺さっちゃった

 CHF/JPY 97.50 100万 L

 刺さりました。
 一カ月に一度くらい、このレベルまで落ちてくるんですよね。

 ただ、大変動やらかしているいま。
 一時的に、90円~100円の、レンジで動くことを想定しておかなければ、と、肝に銘じています。

 仮に90円になったら、損は750万円。

 赤字は見慣れているとはいえ、いままで最高の含み損は500万円。

 耐えられるとは分かっていても、私の精神力が耐えられるかどうか。

 単なるサラリーマンでしかない男にとって、その数字を見続けるのはなかなかツライものがあります。

 対処法は一つ。

 見ないこと、ですね(核爆発的自虐主観。

 リミットは99円。
 欧米金融機関の決算発表は、今月末までに一段落します。
 日本の金融機関もサブプライム問題の余波を食っているようですが、損の額がしょせん小さいので、それほど為替には影響ないと思います。

 なにせ、東証がどれだけ変動しようとも、取引総額は、世界の為替の100分の1程度。
 大河に墨汁を流すようなものです。
 なんの変化ももたらしません。

 とりあえず、トレード画面を確認。約定を確認。
 30万円程度の利益は乗っていますが、損にも鷹揚、利益にも鷹揚。
 最初に決めたリミットまで、我慢我慢。

 スワップも、きょうは3日分。
 手数料分に充当できると思えば、待つのも苦ではありません。

 阪神百貨店の駅弁大会まであと6日。
 おっと、忘れていました。本日は、阪神大震災から13年目の1.17。

 稼ぐぞう。負けないぞう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年1月15日 (火)

ダウも壊れた

 ダウをのぞいてから寝ようと思っていたので、いま見てみたら…案の定。

 23:33現在、ダウ前日比マイナス139ドル。

 市場の底、完全に壊れてしまっているようです。

 こういうときは、様子見に限ります。

 ちょうど大根とイカの煮物が煮えたところです。
 熱燗でいっぱいやりながら、穏やかに睡魔を待ちたいと思います。

 CHF/JPY 97.50 100万 L

 ここまで、なにもしませんぞ。断固。























 …マネパでちこっと、遊んじゃおうかな…
 あと3万円だけ残ってるし…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クロス円ピストン

 本日は大変珍しく、晩酌ができる時間に帰宅しました。

 今朝は寒かったですね。
 拙宅の周囲も、ばりばりに凍り付いていました。

 でも、これで平年並みの気温といいますから、今冬を始めとするここ数年の冬の暖かさが、いかに異常なものであるのか、改めて実感させられます。

 この寒い中、オトーサンオカーサンたちは、着ぶくれて電車にエンヤコラ。
 律義に会社に通っているのです。

 そうした方々が小遣い稼ぎにと買い込んだ日経225のETF。投資信託。
 本日の14000円割れで、いかがなったでしょうか。

 さて、欧米市場、始まっています。

 欧州勢は円買いから参入。
 ポンドの指標とともに、急激に売り戻し。

 上下、突き上げ突きおろし。
 激しいなあ。

 まだ、確証を持って、いま売ったらいける、というめどが立っていません。

 少しずつぴぴを抜いていくのも手なのでしょうが、頭の中にドーパミンを出すためにトレードしているわけではないので、しばらくは、できるだけ手堅い稼ぎ方に徹したいと思っています。

 今年必要なだけ稼いだら、あとは遊びのフルレバ攻撃に出てもいいのですが、いまは、だめ。

 麻雀で言えば、東1局、親、割れ目つかんだ状態。
 稼げそうなんですが、どうも仕掛け時ではないという気分です。

 もうちょっと、我慢を続けようと思っています。

 休むも相場だい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月14日 (月)

友達のワ

 携帯を切り替えるため、ソフトバンクへの加入を検討しています。

 現在使っているのはツーカー。
 3月には、会社ごとなくなってしまうからです。

 維持費を極力安く抑えるため、ホワイトプランにしようと思っています。
 ただそれでも、実は、現行の2倍程度の維持費になってしまうので、悩んでいます。

 せめて、加入時の手数料+MNP(番号持ち歩き)料金ぐらい、まからないかと思っていたのですが、MNPの料金がソフトバンクはどうも無料のよう。

 それに、聞くところによると、ソフトバンクのトモダチがいれば、キャンペーンのカードをもらって、双方に5000円来ると言います。

 加入時手数料、まかなえてしまうではありませんか。

 でも、昨日。
 販売店で機種を探していたら、キャンペーン終了の告知がはってありました。

 いわく。

 ・トモダチの輪のキャンペーンは15日契約分まで
 ・スーパーボーナスの特典縮小(パケ放題2カ月無料が消滅)

 いま、周辺に、きょうの午後5時必着で、キャンペーンのカード番号、あったら送れと、緊急電文を回しています。

 さて、間に合うかどうか。

 たぶん、新生活が始まる3月~4月に向けて、なにか新しいキャンペーンを撃ってくるでしょうから、そこまで待つというのも手なのですが…。

 それにもこれにも、先立つものが必要です。

 欧州市場とダウに、大期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

空回り

 さあ、ハデに売るデエと意気込んでは見たものの。

 動きなっしんぐ。

 晦日からこっち、なんなのでしょう、この疲労感。
 もう年の半分ぐらい、為替とおつきあいした気分です。

 なのに、見てみればまだ、2週間しか経っていないではありませんか。

 スランプのスポーツ選手って、こんな気分なんでしょうか。

 当方、運動というものをしたことがないので。
 運動不足になりようがないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今週こそ

 売りまする。断固。

 先週、ロングもショートも、わずか数pipの差で刺さらなかったchf。
 今週こそ、かすめ取ってくれんものと、虎視眈々とねらっています。

 もちろん、ボラが激しい方が稼ぎがいいのですが、今月末までは自重します。
 今週から本格化する、欧米金融機関の決算発表。
 サブプライム問題の影が、バランスシートにどの程度影を落としているか、まだ見極めがつきません。

 もしかすると、昨年8月17日の再来となる、超絶的円スクイーズのナイアガラが来るかも知れないと、個人的には思っています。

 USD、107円を割れてしまうと、ここ2年ぐらいのサポートラインがありません。

 高金利通貨のAUD、GBP、NZDも、下げ始めると止めどがありません。

 選好されるのは、低金利=低リスクのJPYとCHF。

 そうはいってもCHFは、クロスUSDに引きずられて、ある程度落ちるでしょう。

 ただ、底なしの泥沼に落ち込むことは、政策金利が改定されない限りあまり考えられない永世中立国だけに、ボトムの安心感はあります。

 その間をねらって、ボラを稼ぐのが今月の目標です。

 100枚爆弾が、どこで炸裂するか。

 今月は、稼ぎ時のような気がします。
 年前半頑張って、後半、楽できるといいのですが。

 おや、よく考えれば、世間様は本日、お休みではございませんか。
 3連休なんですね。

 いいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月13日 (日)

大証がFX市場

 12日付読売新聞夕刊1面に、大証がFX市場を創設する方針というニュースがありました。

 いまは、東京金融にしかありませんでしたから、公設市場同士の競争が始まりそうな形勢です。

 消費者としては、大変結構です。

 ぜひ、大証には、くりっくにはない以下の点を、デフォルトで盛り込んで頂きたい。

 ・証拠金は、全通貨1万単位あたり1万円に
 ・ポジ指定決済可能に
 ・スワップだけ引き出し可能に
 ・発注金額の幅撤廃
 ・即時入金システムの実装
 ・複合注文時の決済証拠金撤廃
 ・メンテ時間の短縮&週末の発注可能に
 ・キウイの取引時間を他通貨と同一にする
 ・現受けOK

 ざっと、このあたり備えて頂いたら、東京からすぐ資金引き上げます。
 そうなると、OTCで取引する人、だれもいなくなるだろうなあ…。

 なにせ、いまのくりっく、税率20%という以外に、OTCに比べてメリットがありません。

 だから、上記のシステム改善を加えてくれれば、最強になります。

 商人の町、大阪。
 ユーザーの使い勝手にそった創設を、切に願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月12日 (土)

23日までに

 なあんとしても、もう一発、稼がなくては。

 駅弁フリークを自認する私。

 阪神百貨店での駅弁大会が、同日から始まるからです。

 駅弁は、日本のそれぞれの地方の食文化の玉手箱。
 行けば食う、行かなくても食う、旅行に出ずとも食う。

 3食駅弁でも全然苦にならない私。
 年に一回のこのチャンス、なんとしても、できるだけ多い種類の駅弁を仕入れたいと思っています。

 駅弁大会といえば、新宿は京王百貨店のソレが有名ですが、阪神百貨店のも負けず劣らず、すさまじいコミ具合を見せます。

 列をかいくぐり、お目当ての駅弁を手に入れる達成感。
 しかし、そのためには、FXでもう一発、なんとしても快音を聞かないと、好き放題買うことができません。

 駅弁は、元々売れ残ることを想定していないため、保存料やらクスリやらを、余り使っていないのが売り。

 従って、賞味期限ぎりぎりまで何日か持たせるコンビニ弁当とは違い、単価が高いのです。
 でもおいしいから、収集にはあぶく銭がどうしてもいります。

 スイス~、ひっかかってくれ~と思っていたのですが、本日もあいにく、5ぴぴの差で刺さらずじまい。

 気づけば98円台へお帰りなさい、です。

 ダウもさえないし、また97円台で待っていたら、いいかな。

 くりっくの証拠金が改定されるという通知が流れました。
 通貨によっては、1.3倍近くになるものもあり、改定というか、改悪というか、難しいところです。

 ポンドに至っては、1万単位あたり11万円。
 これでは、資金の少ない人は、なかなか手が出せません。

 どうしてこういうつまらない改変を次々とするのか、理解に苦しみます。

 1万単位あたり一律1万円にしてしまえば、いまより取引量倍増すること疑いなしなのですが、やる気があるのかないのか、いま一つ分からないくりっくです。

 お目当てのスイスは、証拠金額変わらないようなのですが…

 刺さっておくれよう。ぐすん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年1月11日 (金)

スイス娘の女衒

 また、売られたがっているな…。99円台間近。

 もはや、ショートに恐怖感はないぞい。
 さあ、早くこっちにおいで…99.40の踏み台が、君のバンジー地点だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

円安モードだけど

 追随できません。

 いつ何時、サブプライム問題でガラガラポンが来るか知れないいま、ポジポジ病に対抗するには、酒でごまかすしか

 …あ、いたいじゃないか、なにをする(大噴火的家人拳攻撃

 年がら年中相場をやるなよ、とは言われましたが、なけりゃないで、つまりません。

 書くこともだんだん、本当に身辺雑記になってきてしまい、日記ブログと変わらなくなってしまいそうです。

 まあ、また、なにか動きがあるでしょう。
 そのときまで、おとそ気分を引きずるとします。

 オモシロ半分に、久々、マネパの口座をいじってみたのですが、ハイパースピードの使い方がわからず、撤退しました。

 マニュアル読まないとわからないソフトって、やっぱり、素人には無理があります。

 きょうは力尽きました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 9日 (水)

酒と為替と運転と

 酒飲んでポジいじらない。
 これ、マイルールです。

 飲んで高揚感がある状態で見るトレード画面。
 気持ちがいいです。
 一瞬たりとも動きを止めないビッドアスクの数字群。
 目も回りますから、よけい気持ちいい。

 でも、たいてい、酔いに任せてポジると、ろくなことになりません。

 明らかに、ロングを作らないといけない局面で、一瞬の下げにこらえきれずショート、翌日爆死、諭吉様18人戦死(06年6月、バーナンキの爆弾発言)

 ナイアガラトレンドが数日前から発生していたにもかかわらず、ポジの指し値を外すのを忘れてひっかけてしまい、レバが上がってユーロ損切り、諭吉様360人戦死(07年8月、サブプライム問題)

 などなど、痛い目に合っています。

 酒飲んだらトレードするな。

 いくつかあるうちのマイルールでは、絶対国防圏レベルの存在です。

 近眼も進んでしまう。
 もう、これ以上度の強いメガネは作れないと、眼鏡屋がさじを投げたほどの強度近視。

 どこに焦点を合わせたらよいのか、視神経がワケ分からなくなっている状態でずっとPCを見続けるのは、タダでさえ激務の中年リーマン、自殺行為です。

 皆様、お互い、酒飲んだらPC見るの、やめましょう。
 集中なんか、できっこありません。
 大事なお金、ドブに捨てるようなものです。

 ですから、人生ドブに捨てる意味で、これも同じことです。

 酒飲んだら車乗るな 

 四の五の言わず、乗るなったら乗るな。
 福岡の3児死亡事故。危険運転罪の提供が見送られました。
 業務上過失致死、懲役7年6カ月。

 事故前、狭い路地をぶつからずに走っていたことと、事故後、友人に身代わりを頼んだことが、正常な判断力を残していた証拠と、裁判所が判断したのだそうです。

 事故を起こした後、証拠隠滅行為を図ったら、罪が減軽されるという、この倒錯。
 現場でへたり込んだら危険運転、逃げて水飲んだら業務上過失致死。

 飲酒運転厳罰化の流れに明らかに逆行します。
 判決に、やりきれなさを覚えた方は、少なくないと思います。

 包丁で3人殺したら、よほどの情状酌量がない限り死刑でしょう。

 なのに、その凶器が車だと言うだけで、同じ人数殺してもこの違い。

 この判決を期に、現状の飲酒運転の罰則が適切なものなのか、再度、全国民的な議論が巻き起こってほしいと思います。

 私は、個人的には、飲酒運転は、殺人未遂罪を適用してほしいと考えています。
 未必の故意というのは、議論に上らないのでしょうか。
 「事故を起こすかも知れない(けれどオレだけは大丈夫)という未必の故意」が運転者にあるとみなして、片っ端から検挙してもいいのではないかと。

 近くの国道沿いにも、明らかに居酒屋であるにもかかわらず、車できて車で帰るグループがひっきりなしです。

 代行は、めったに呼ばれません。
 全員が全員飲んでいるワケじゃないという話もあるでしょうが、その逆もありえます。
 営業の観点から、店に酒を出すのを止めさせるのは、難しいのが実情です。
 となれば、あとは、厳罰を持って、抑止するしかない。
 出口で片っ端から検問かけて、発覚次第殺人未遂罪を適用。
 飲んで乗るなら、10年以上ブタ箱入る覚悟でやれ、と思うのは、私だけでしょうか。

 危険運転罪の成立は、現行の業務上過失致死傷罪が、飲酒運転被害者の応報感情に合っていないという背景で創設されたはず。
 にもかかわらず、適用が困難なケースが多いというのは理解に苦しみます。

 なかなか適用されないとなれば、厳罰化に伴う抑止効果が期待できません。

 本当に、このまま、存続させておいていいのでしょうか。
 別の方法を考えるべきなのではないでしょうか。

 なぜなら、飲酒運転に伴う、自らが被害者となるケースは、ほかのどの犯罪にも増して、大きいのではないかと思えるからです。
 一人一台の世の中。
 裏を返すと、使い方を誤るなら、だれしも凶器を持っていることになるからです。

 そして、酒を飲む人間は、多い。
 飲まれる人間も、残念ながら、多い。

 人の子の親として、他人事ではないだけに、夕刊を見て、やりきれなさが募りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 8日 (火)

残念

 昨日のCHF/JPYのボトム、くりっくは「97.52」。
 惜しい、指し値まで、あと2銭でした。

 あわてないあわてない、ひとやすみひとやすみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 7日 (月)

寒さに耐えかね一筆

 足先が妙に寒いと思ったら、隣に寝ているコドモが布団を全部取ってしまっていました。

 1年前までは、知らぬ間にひっぱぐのは私で、向こうが闇夜しくしく泣いていました。
 肉弾戦で、いつの間にか親父を負かすようになるとは。

 ダテに毎日、どんぶり飯食ってないなと苦笑しました。

 それでも、寒いのは寒いので、いま、淡く麗しい水を左手に、次の睡魔の到来を待っています。

 くりっくで今週分の発注をかけようかと思ったのですが、日曜日18:00~月曜日5:00までは、口座の残高照会しかできません。

 5:00に起きて仕掛け直せと言うのでしょうか。
 全く、お役人のシステムというのは、傲慢だ。

 さむ~い。部屋の中マイナス1度。
 石油もったいないから暖房つけてません。
 淡く麗しい水、お燗しちゃおうかな。

 睡魔が襲ってくるまで、駄文を一筆。

 ガソリンがリッター150円を超えて久しいこのごろ。
 自他共に認める鉄道好きで、常々、都市と言わず地方といわず、果てしない自動車の跳梁跋扈に苦虫をかみつぶしていた私としては、実は内心しめしめと思っています。

 リッターいくらになったら、自動車使うの、やめますか。

 そういう質問が、ネットにアンケートとして出ていたので、結果を見てみました。

 結論から言うと、車を使う意識と、タバコを吸い続ける意識は全く同質。

 「やめてもいいけど、やめらんない」ってことのようです。

 公共交通機関ももちろんあるけれど、自分以外のペースに合わせて動くのがいや、あるいは、自分に待つだけの耐久力がない、という人が多いみたいです。

 話は少し飛びます。
 鉄道関連のマンガというと、最近「鉄子の旅」(菊池直恵著、イッキコミックス)が好評を博しましたが、10年ほど前に「たびてつ友の会」(山口よしのぶ著、ヤングアニマル)というシリーズがありました。

 登場人物が、何かというと「鉄っちゃんに悪い人はいない!」と叫びます。
 イエス様でもあるまいに、そんなことはなかろう。
 ずっと思っていたのですが、鉄っちゃんと車好きとの間には、趣味の性格として厳然たる溝があります。

 それは「自分が列車に合わせる」のか、「車を自分に合わせる」のかという違い。

 おおざっぱにいうと「自分を相手に合わせる」のか、「相手を自分に合わせる」のかということです。

 だから、性格的にも、リッター200円になっても車は断固として使う、という人種と、きっと話をしても、お友達にはなれないだろうという予感が、どこかにあります。

 リッター200円。
 軽ならいざしらず、普通車だと、リッターせいぜい十数キロというところでしょう。
 すごくひいき目に見て、リッター15キロとしましょう。

 東京からだと、京浜東北線に乗って、蒲田(14.4キロ)の少し先。
 運賃210円。

 大阪からだと、東海道線で西宮(15.4キロ)。
 運賃290円。

 ひとりだけの移動なら、トントンと言うところですね。

 家族やグループとなると、まだ車の方に分があります。

 でも、駐車場代、自動車税、自賠責、任意保険、車検代…
 そういう諸費用を含めると、リッター200円で、車は勝てるか。

 それでも実は、まだ車の方がコスト的に安いんだそうです。

 ただ、長距離の移動は、必然的に高速を使うことになりますから、その分を勘案すると、列車の方が有利になると言われています。

 つまり、自家用車は短距離の移動に。
 鉄道で、長距離。

 これが、節約の秘訣。

 それでも、300キロ以内の移動なら、高速を使わないという前提で、車の方がまだ安いという記事を、どこかの新聞で読んだ記憶があります(あやふや)。

 要は、日本の鉄道・バス、高すぎるんですね。

 いま、関西では、大阪周辺のいわゆる「国電区間」で初乗り120円。
 これで2キロか3キロ動けたと思います。

 3キロとして、車ならリッター150円(燃費リッター15キロと仮定)でも30円。
 鉄道だと、×人数ですから、大人2人、子ども2人の家族で片道360円。

 渋滞や税金、駐車場代と言った諸事情を勘案すれば、30円というのは仮定結果として不適当なのでしょうが、それにしても、一駅向こうに行くのに360円かかるというのでは、話になりません。

 大阪-東京間550キロ。
 いまやバスで移動したら、ボトムは2000円台。
 5人家族だと1万円。
 このあたりでやっと、車をやめて公共交通機関にしようかという気になってくる方、多いのではないでしょうか。
 上記の例だと1キロ/ひとり3.6円。
 JR西の初乗りに当てはめると、10円ちょっとでいいことになります。

 もちろん、線路と車体と従業員は自前なので、インフラに多額の費用がかかることはふまえても、日本の鉄道・バス、運賃高すぎます。
 一律、いまの1割にしてもいいくらい。

 青春18きっぷが、廃止をささやかれつつ、毎年100万枚近く売れ続けている背景には、公共交通機関にバカ正直に運賃を払って移動すると、日本は高すぎてどこにも行けないせいだと思っています。

 この間の総選挙で、民主が「高速料金全部無料」とぶち上げましたが、そんな財源があるなら、公共交通機関にてこ入れする方へ使って欲しいと思います。

 さもなきゃ、地方は引っ越し代助成して、役所の周りに全住民を住まわせるぐらいの荒療治が、必要になってくるでしょう。

 そんな田舎でも、住民に基礎知識としてFXを手ほどきしたら、税収に寄与することにならないかと思っています。

 電話線さえつながっていれば、あとはPCと郵便局さえあればいいわけですから、どんな過疎地でも手がけられる投資術として、脚光を浴びそうな気がします。
 住民にしてみれば、黙っていても日銭が稼げるし。
 役所にしてみれば、住民税が増えますし。国保や年金の滞納も解消できます。

 FXは、少額の元手で、ちまちまリターンをアテにできる、実に優れた投資法。
 いまの低金利下、ロングを構えれば、為替差損に耐えられれば、確実にスワップ益は増えていくわけですから、レバさえ高くしなければ、確定収入としてあてこめると思います。

 企業や団体に頼らず、地方のひとりひとりが財政力を強化するには、どうしたらいいか。

 一つの解決方法として、FXがあるのではないかと、ひそかに思うようになりました。

 全国民、ひとしなみに為替を手がけ、マクロ経済にアンテナを張り、自分が払った税金の使い道にシビアということになれば、財政破綻を来す自治体も、早々出てこなくなるのではないかと感じています。

 FX。

 いろいろな活用方法が考えられます。
 つくづく面白い、知的ゲームです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 6日 (日)

むずむず

 年初から大荒れの市況。
 皆様、いかがだったでしょうか。

 新年一発目の利食いは、CHFでラッキーな快音。
 前年11月から抱え込んで、腐臭を放ち続けていたUSD/JPYのショートポジ20万の、若干の損をものともせず、重戦車のように挽き潰してくれました。

 その損のかき消し方たるや、さしずめ、551の豚まんのハコに包装紙を巻き付けるお姉様の手際なみ。

 要は、あっという間だったということです。

 豚まんのハコ、ものの3秒ぐらいで包んでくれます。マジで。
 最初に見たときは、ハコが空中でくるくる回ってるように見えました。
 この人は、プリンセス天功かいな、と。

 それで、各店、行くたびにじっと見つめるようになったのですが、最速は、京都駅八条口の、新幹線改札口の前にあるお店のお姉さんだと思っています。
 ずらり並んだよそさんの注文を、バッタバッタと包み倒していく手技たるや、見事と言うほかありません。
 京都の新しい観光スポットにもなっているといううわさです。

 うそです。

 食べ物の話が絡むと、根がいじましいせいか、すぐ脱線してしまう。
 いけません。
 話を戻します。

 先週、あと一歩で刺さらなかったCHF。
 今週は、ハデにやらかしてくれることを期待しています。

 指し値は、97.50。
 超特大のクロス円暴落でもない限り、そうボラが高い通貨でもないので、トレンドラインの下限で指してあります。

 本当なら、こういう荒れ相場、底を打って反転してきたのを確認してからがセオリーですが、高金利通貨ならいざ知らず、しょせんスイス。

 金利も据え置きでしたから、97~100円の間を、当面いったりきたりが続くとにらんでいます。

 その範囲で、一カ月に一回、100万×100pip抜くのを、年前半のノルマにしようかなと思っています。

 デカポジ張っちゃって、そんなウマクいくもんかい、と思う気持ちが心のどこかにあるのも事実なのですが、今年はなんとなく、稼ぎに出てもいいような予感がします。

 3年前から始めたFX。

 始めの年は、1万単位。
 2年目の昨年は10万単位。
 3年目の今年は100万単位。

 いつでもこの取引量を墨守するつもりはありません。
 例えば、ポンドでやるのは無謀でしょう。
 臨機応変に。

 が、素人が頑張って、どの程度まで走れるのか。

 年の初めの試しとて、志を立ててみました。

 商材買わなくても、デキルンダゾ~って、実践してみたいじゃないですか。
 人身御供。いってみよ~。

 縁起担いで、あしたはチーズフォンデュでも、やってみますか。
 くっちまえ、スイス。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年1月 5日 (土)

仕込もうか

 米の12月雇用統計の発表がありました。
 予想通り、下ぶれ激化。
 ダウもドルも、ナイアガラ〜になっています。

 ただいま、CHFの次の一手を、97.50で待っています。

 ダウ、現在200ドル強下落。
 それにしては、ドルが意外に下げていませんが、月曜日、東
京が開くと同時に、クロス円は窓開けて始まるでしょう。

 そのときに、もしかすると、スリッページかかって、下の方
で引っかけてくれるかもしれません。

 今晩刺さればそれもよし。
 来週刺さればそれもよし。

 直近数週間のトレンドラインのボトムが97.30付近なので、
そのあたりで拾えれば、あとは98.50あたりまで待つだけと思
います。

 さらに円高が進むようなら、95.50あたりでもう一本。

 いいのか、大丈夫かという気もしますが、張るときに張らな
いと、今年はどうも、稼げる気がしません。

 キャリー全盛の、投資の時期はもう終わり。
 いまや局面は完全に、投機。
 一か八かになりつつあります。

 昨年の、あの悪夢の8月17日。
 パニック状態に陥った市場。
 でも、92円台後半で反転してきたCHF。

 5円程度落ちても耐えられる装甲があれば、むしろいまは、
仕込み時という感もあります。

 これがAUDやNZD、さらにGBPではこうはいきません。
 底なし沼一直線。
 円と同様、チビ金利で、逃避通貨としての性格があるCHFだ
からこそ、その程度のボラティリティーですんでいるようなも
のです。

 ただ、どれにせよ、年の前半は、どうも円高のトレンドがき
つそう。
 一番いいのは、マイナススワップを食わない日ばかりでショ
ートを抜きまくること。
 次善の策として、デカポジロングを小さな値幅ではり倒すこ
と。

 しかし、くりっくは、手数料がバカにならないため、値幅が
小さいと、利が出ないのが玉に瑕。
 当面、マイルールの「+500ぴぴで決済」を「+100ぴぴで決
済」に変更して、対応したいと思っています。

 中旬に控える欧米金融機関の決算オンパレード。
 円高がどこまで進むのか、そして、反転余地はあるのか。

 一気に100円まで突き進むことはないにしても、105円割れぐ
らいまでは、覚悟しておいた方がよさそうですね。

 中途半端なところでショート構えると、前回のポジ同様、マ
イナススワップに泣くことになるし。

 かといって、クロス円のロングは落ち始めると止めどないし

 どっちにしたものか。
 とりあえず、一杯飲んで考えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年1月 4日 (金)

値頃では買えない

 おはようございます。
 東証大発会。やっぱり下げてますね。
 一時700円超ですか。

 しかし、外為クロス円、意外に同調していません。

 せいぜいオセアニアが50ぴぴほど下げているだけ。
 秋口までの、株価連動為替ならびっくりの、値動きが見られない状態です。

 東京では、要するに、欧米株式市場で手当てできなかった向きが、一生懸命売ってきていると、こういうことなんでしょうね。

 為替は年末年始の休み関係ありませんので、リスク回避の方向へすでに走ってしまっていたと。

 そのあたりは、プロのレポートを見てみることにします。

 さて、やはり注目は、米雇用統計。
 そう、爆裂に悪くなることはなさそうな予感もしますが、新年第一発目の大トピックなので、いずれにせよファンド勢は上下に振ってくるでしょう。

 中旬には、欧米金融機関の決算発表連発。
 下旬には、0.5%利下げがあり得るとささやかれ始めたFRB。

 素直に考えれば、円高月。それも、特大級の。

 今年は、今月が稼ぎ時なのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

次の一手は

 あすの雇用統計の結果を見てからですね…。
 たぶん、また、上下動激しくなるでしょうし。

 下の方で、ロング、構えておきますか。

 USDはちょっと手を出す気がしませんが、AUDかCHFはいい線、来るかも。

 AUDなら93円台、CHFなら97円60銭。

 トレンドラインひくと、ボトムその辺。

 ただその後、中旬に金融機関の決算発表が控えていることを考えると、早々に手を出すのがためらわれます。

 嵐が過ぎ去るのを待つのが、得策にも思えます。

 利をむさぼりすぎるのも、考え物。
 子どもの頃から、調子に乗ると、ろくな結果になりませんでした。
 いったん、静観がベストかも知れません。

 とりあえず、今夜は緑エビス。
 淡く麗しい水は、横へ置いておきます。

 ああ、うまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 3日 (木)

【ポ】105万円のお年玉

 USD/JPY 02:18:08 単一注文 買 決済 10 指値 109.35 110.00 65000 -47440 2100
 USD/JPY 02:18:08 単一注文 買 決済 10 指値 109.35 109.00 -35000 -51150 2100

 CHF/JPY 00:55:59 Done 買 決済 100 指値 97.98 99.20 122000 -76200 21000

 さあて、いくらだ。

 USD/JPY -72790
 CHF/JPY 1122800

 つまり 合計 1050010円

 お・と・し・だ・ま(勝利!

 ということは、昨年からの持ち越しの赤字も、埋まったあ!
 純プラ転。40万円ぐらい。

 さあ、きょうが私は仕事始めなのですが、気分良くデスクにつけそうです。

 米指標の悪化は、予想を上回り、円安へ積み上がっていたポジが、ナイアガラを起こしたというわけですね。

 スイスは、年末のブットの関係で、100円台までキリ上がっていましたから、ここぞとばかりにねらわれたのでしょう。

 いずれにせよ、円高年の到来を告げる、新年の号砲。
 今年はスワップ狙いだけで保持し続けると、しんどそう。

 「スワップ重視のリーマントレーダー」の看板、「スイングもやっちゃう」というふうに、掛け替えないといけないかも知れません。

 今月は、ボトムがどこになるか分からないクロス円。
 しばらくお休みして、今度は買いで出動したいと思っています。

 だって、ごらんくださいな。上の損益表。
 マイナススワップって、恐ろしいんですよ。

【現有ポジ】

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  0円ぐらい
 (USD=±120円/日、CHF=±50円で計算)

【今年の確定損益】(くりっくは通算可能期間中のもの)

●OTC  0円
●くりっく  41万7020円

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

おはうわああああ!

 あの、その、なんだ、おはようございます。
 携帯に、約定通知が届いているんですが、CHFも、USDも。

 事情がよく飲み込めないので、ゴハンを作ってから見てみます。

 ワケ分かりませんが、お年玉ができたみたいです。

 股後ほど、ご報告を。

 そばでお腹が空いたと、ガキどもが待っていますので。

 夕べ、5合食べたはずなのに、全然、もたれると言うことがないんですね。

 うらやましい胃袋です。

 とにかく、後ほど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年1月 2日 (水)

野菜が食べたい

 おせちもいいけど、野菜もね(うふ

 いろいろ作っても、結局、帰ってくるのは、野菜たっぷりのおみおつけ。
 さば節どかーん、昆布ばらーん。
 あり合わせの野菜を、これまたあり合わせの豚コマあたりとごま油でちょちょっと炒めて、自家製味噌でことこと~ことこと~。

 ビールに合うの合わないの。
 丼で4杯食べても、なんだかまだお腹が空いている感じ。

 ガキどもは、5合だきのお釜をからにして、なおかつこのみそ汁をざばざば飲み下し、それでもまだ欲しそうな気配。

 普段は午後8時に寝かせていますが、いまは正月なので、3日まではエンドレスを認めています。
 ですが、これ以上起きていられると、どこまでコメが消えるか分からなくなってきたので、いまやっと、寝かしつけました。
 チーズ食べたい、ラーメン食べたい、オムライス食べたい…と、うわごとのように言っています。

 そろそろ一升炊きが必要な年頃でしょうか。

 どなたか、5合炊きと、交換しませんか?

 さあて、オヤ、な~んだいなんだい、ドロンジョの口調で言いたくなっちゃうよ。
 「スイス、調子のってんじゃないよ、ボヤッキー、やっておしまい!」

 98円台後半はわかるけど、99円突破って言うのは、高すぎんの。

 きょうはスワップつかない日。

 …さては、オイラに、また、売られたがっているね。
 欧州通貨の女衒と化して久しいきょうこのごろ。
 売るのになんのためらいもございませぬ。

 あさってには、銀行も稼働を始めます。
 証拠金がっぽりつぎ込んで、耐久力120%にしてしまおう。

 …オヤ、あさってといえば金曜日。
 金曜日といえば、雇用統計。

 予想より良かろうと悪かろうと、もはや、死に体なのだ(希望的観測)。
 おとなしく往生しなさい、USD(限りなく希望的観測)。

 今晩は、飲んでしまっているので、手を出しませぬ。

 でも、そろそろ、スッカーンと一発、快音を聞きたい松の内です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

欲深親父

 寝正月、飲み正月、こたつむり。

 ゴロゴロしてます。雲行きも怪しいし。
 また雪が舞いそうです。

 さて、今年の市場も始まりました。しょっぱな円安ムード。
 CHFも、98.20を一瞬つけて反転。暴騰しています。

 98.20で利食っておけば、100pip抜けましたが、いまはダメ。
 手数料、マイナススワップ分。
 考えたら、やっぱり、98.00を切るまで、仕切れません。

 新年早々、欲の皮が突っ張っています。

 とはいえ、東京なんてしばらく、上がろうが下がろうがどうでもよろしい。

 問題は、大発会から数日で、東証がどの程度こけるかということです。

 年末のダウ安。欧州市場安。まだ欧米の投資家、東京で手当てできていないはず。

 となると、大発会以後は、資金回収のため、株を売ってくる可能性がある。
 となると、円高。
 そこへ雇用統計。
 欧米金融機関の決算。

 もしかすると、米の格付け会社やら保証会社やらの爆沈。

 さらにさらにもしかすると、マット氏武市氏いわくの「米国債格下げの可能性」。

 そうなってくれると、面白いんですが。
 米国債しこたまため込んでいる日中はたまらんでしょうなあ。

 でも、大統領選挙を控え、中国たたきに走りたくてたまらない米財界としては、実は両刃の剣のこの爆弾、落としてもいいと思っていたりして。
 恐ろしや~。

 長い目で見て円安というスタンスは変わりませんが、そのベクトルが、1年や2年で形成されることはないでしょう。

 当面は、じりじりと上がったクロス円が、なにかのきっかけで一気に崩れ落ちる乱高下相場の繰り返しではないかと思っています。

 日銀は早期の利上げをやりたがっていますが、夏過ぎの総選挙ほぼ確定の様相からいって、せいぜい3月に一回。もしかすると、総選挙が終わるまでないかも。

 だから、どかんと下げたところをロング構築。
 ぼへーっと待って、気が向いたら売る。

 昨夏までのやり方が、意外に通用するのではないかと思っています。

 ただ、これだと円安方向しか取れませんので、時にはショート。
 でも、ショートは日ばかりが基本というルールを忘れず、やりたいと思います。

 夕方から深夜。
 欧米勢がまた、ハデに、USD売ってくれることを願っています。

 CHF/JPY、今度100円突破したら、100.20で売り増しする予定です。
 トレンドラインは、いまも下げ基調のレンジ。
 頑張ると、きっと、いいことが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 1日 (火)

あけまして

 どちら様も、おめでとうございます。
 晦日からぶっ通しで仕事が続き、腰に来ています。
 なんだか、シクシク感…。これが続くと、テキメンにぎっくり腰になるんですよね…。
 

 隣では、チビいのが、母親のウィッグをかぶって、踊り狂っています。

 今年の夢は「女の子になること」なんだそうです。

 もう、勝手にしろい。

 さて、大晦日。進みましたUSD安。
 ポジション調整という見方もありますが、市場参加者が徐々に増えてきたことに伴う、当然の結果だったかと。

 12月の始め以来、円安一方へ進みすぎていた感があります。

 行きすぎれば、戻るのは市場の常。
 しかも、サブプライム問題は、深刻さに変化がありません。

 昨日も、ECBが資金供給をやりました。
 市場に金が出回らない状況は、続いていると言うことです。

 これで、今月中旬。
 欧米金融機関の爆赤決算の絨毯爆撃が始まったら、どうなるか。

 想像するだに、楽しいものがあります。

 いま、抱えているのはショートだけですから。
 楽しいのです。

 金曜日。早速米の雇用統計がありますね。

 悪かろうとよかろうと、いまのポジで一瞬の振れを捕まえられれば、お年玉ができるかなと期待しています。

 100円を抜いて、いかが相成るかと案じていたCHF/JPYも、気づけば98円台中盤の、定位置へ降りてきています。

 いま決済しても数十万円利食いできますが、決済指し値は動かしません。
 貪欲に行きたいと思います。

 なにせ、去年からのトータルで行けば、くりっく、赤字は赤字。

 でも、できれば、プラススワップの方向へ、ロングを構えられれば。

 早く決済できる日を、待っています。

 皆様にとっても、今年が幸多き年になりますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »