« 来月に期待しましょう | トップページ | 恐怖の7倍デー »

2007年12月25日 (火)

悩む寄付先

 メリークリスマス!
 みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 凜々坊家、ただいま、大掃除そっちのけ。
 頭を痛めていることがあります。

 先日来、家人と鳩首協議を複数回。
 それでもまだ決まりません。
 でも、今週も気づけば、平日あと3日。
 なんとしても、落としどころを探さねばなりません。

 寄付先です。

 ユニセフ一本でいいか、と思っていたのですが、家人はどこ
からか、チャイルドスポンサーやら、国連の食料基金やら、資
料をわんさと集めてきました。

 「どうせなら、報告書一枚来ておしまいっていうのより、子
供たちが手紙かなにかくれるとうれしいね」

 最初はそういっていたのですが、日がたつにつれて、なにや
ら話が妙な方向へ。

 「どうせなら、特定のプロジェクトに寄付して、世界中のど
こかの国に、一年に一校、自分たちのお金で学校建てちゃうっ
てのはどお?」

 スケールがだんだん大きくなってきます。

 「それで、そこの学校に行くと、子どもたちが太鼓たたいて
迎えてくれるの」

 「山の向こうから近づいていくと、ドンドコドコドコ……♪
って聞こえてくるの」

 「ねえ、子どもたちの預け先にもなると思わない?」

 なにか妙な映画か小説を読んだね。

 でも、みていたら、すぐしょんぼり。

 「学校建てるのは、300万円ぐらいかかるのか」

 「今年、そんなにもうかってないしねえ」

 そうなんです。
 トータルでいくと、OTCでは、117万円というところ。
 経費を引いて110万円。
 そのまま総合課税されると、税率43%。
 約50万円持って行かれ、手元に残るのは60万円程度。
 しかも、社会保険料にも反映されてしまいます。

 おまけに、新幹線だ道路だ特殊法人だと、理解不能なところ
へ税金つぎ込まれたらバカバカしい。

 それなら、どこか、納得のいくところへ寄付。

 もともとやってることは、大人の遊び。手慰み。
 あぶく銭、子どものために使えたら、本望です。
 人生の授業料だと思っています。

 「授業料はわかるけど、今年、いくら結局負けたの?」

 ええと、まだ、実は勝負が終わってないんだけど。

 「12月入ってから動意なっしんぐなんて書いてたでしょ」

 「半ば勝負は終わったようなものって言ってたじゃない」

 「はっきりおっしゃい」

 はい、では。

 OTCでは、700万円利食いして、570万円損しました。
 くりっくは、300万円利食って、370万円損です。

 いいにくいことなんだけど、くりっくは現在、100万円ぐら
い、含み損でてます。

 「来年は、学校建てられるくらい、稼げる?」

 家人、目がぎらり。

 どこかの国に学校建てて
 自分の子どもの授業料も作って
 ついでに温泉に一回行くぐらいの小遣い…と。

 いくら稼いだら、いいんですか。

 がんばらなくっちゃ。

 とりあえず、二匹目のドジョウをねらって、噴いたところを
戻り売り作戦。
 CHF/JPY 99.20でまた100万、ショートかけてあります。
 本当は、ロングの方が好きだけれど、ショートなら、なるべ
くマイナスワの少ない方がいい。

 月に一度、100ぴぴをめざし、来年も励みます。
 待てば海路の日和見主義。

 あのう、君にも手ほどき、してあげたじゃない。
 忘れちゃった?

|
|

« 来月に期待しましょう | トップページ | 恐怖の7倍デー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/9563615

この記事へのトラックバック一覧です: 悩む寄付先 :

« 来月に期待しましょう | トップページ | 恐怖の7倍デー »