« NHKの為替ニュース | トップページ | ECBもやったか »

2007年12月18日 (火)

辛抱しどころかな

 円安が止まりません。

 ドルが実需で不足しているらしく、どんどん寝上がっています。

 つまり、ドルが市場に出てこないと言うことですね。
 じゃあ、どこへ?

 どこへ?

 それが、今回のサブプライム問題の、根っこなのかも知れません。

 これで、どこかの金融機関や、格付け会社が破綻を来そうものなら、どうなるか。

 円のショートポジが積み上がりつつある現在、ショートスクイーズは、結構激烈なものになりそうな予感がします。

 問題は、それがいつ、発生するかと言うこと。

 各金融機関、ファンド勢も、年度末に向けたドルの積み増しは、年末までにたいてい終えてしまうでしょう。
 となると、やはり、大方の予想通り、年明けでしょうか。

 ええと、それまで、あと何日あるのかな…。
 2週間もあるん?

 一日2500円×14日=35000円

 これだけマイナスワ払わないと、年越しできないの?

 しんどいな~、全く。

 頼みのスイスも、クロス円につられて高くはなっているけれど、99円台を明確に抜いてくると言うほどではないし。
 USD/JPYも、114円台に乗せてくる可能性あるし。

 証拠金は潤沢なのに、撃ち時がやってこないという、イリテートな局面。
 ウマイ人は、年末押し迫ったいままで取引するようなバカな真似はしないのでしょうが、そこは、私が素人の悲しさ。
 なんとかして、利益を出そうと頑張らざるを得ないわけです。

 ぐすん。
 もう、損益表の赤字、見飽きましたよう。

|
|

« NHKの為替ニュース | トップページ | ECBもやったか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/9467026

この記事へのトラックバック一覧です: 辛抱しどころかな:

« NHKの為替ニュース | トップページ | ECBもやったか »