« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

【ポ】寄付しました&今年の損益

 ユニセフに100万円
 フォスター・プランに10万円

 合計110万円、寄付できました。

 ブログを見て応援してくださった皆様と、悪態をつきつつ尻を叩き続けてくれた家人に、感謝したいと思います。

 今年1年、お世話になりました。
 本当に、ありがとうございました。

 来年も、がっつり稼いで、がっつり放り込みたいと思います。

 デジカメで、振り込み済みの半券を撮影したのですが、どこで個人情報が漏れるか分からないことから、アップするのはしばらく後になりそうです。

 画像のパスに、フォトショップのパスが埋め込まれていないとも限らないし。

 素人が知らないところで、漏れる可能性はありますものね。
 生兵法はケガの元。
 きちんと確かめてからにさせてください。

 OTCでの利益のほとんどを、寄付に回してしまったことになります。
 1年、なにやってたんだと言われそうですが、授業料みたいなものです。

 おごらず。あせらず。居丈高にならず。

 大人の遊びなんですから、うまくいったら、やっぱり、子どもたちに使ってあげたい。
 私利を図るのはもちろん大事。
 でも、それだけではつまらない。

 2チャンネルは大嫌いですが、一つだけ、うなずける格言がよく書かれています。

 「しない善より する偽善」

 それだけは、納得できます。

 さあて、大晦日。がっつり、USD安に触れています。
 11月の終わりにドジ踏んで、損切りかけるの忘れて損が膨らんでしまったショートポジ。
 耐えて耐えて耐え忍んだ、おしんのようなポジが、ようやく赤字額を減らし始めました。

 海外勢には年末も年始も関係ありませんから、もう、雇用統計に向けて仕込みを始めたと言うところなのでしょう。

 懸案のスイスも、下がってきています。

 マイナススワップ爆弾を食わされて、99円を下回らないと利益が出ない勘定ですが、今週中にはなんとか、めどをつけたいものです。

 この爆弾も、最初はげんなりしたのですが、いい方に考えると、10日分ぶちかまされたことで、かえって考える時間も10日できたと言うことですね。

 もう、ひかれちゃってるんだから、いまさらじたばたしても仕方がないと、みょうな空元気が出てきたのは事実です。

 でも、ショートは日ばかり、というのが原則。
 マイルールを破ってしまったことで、だいぶ胃袋がやわくなってしまったのは、罰として甘受しようと思います。

 だれ?
 忘年会が過ぎたせいだろうなんておっしゃってるのは?

 人がいも洗いのようになっているミナミ。
 朝方の吹雪は収まったものの、相変わらずの冷たい北風。
 それでもなんでも休めない。

 ぶんむくれの、ご出勤です。

 皆様も、どうぞ、よいお年を。

【現有ポジ】

USD/JPY 20万 (20万S)
CHF/JPY 100万 (100万S)

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 USD/JPY 109.00 10万 S
        110.00 10万 S

 CHF/JPY 99.20  100万 S

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  -7500円ぐらい
 (USD=±120円/日、CHF=±50円で計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  112万7572円
●くりっく  -63万2990円

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年12月30日 (日)

あしたも市場開くのか

 おはようございます。いかがおすごしでしょうか。

 小生の住んでいる関西某地方、ただいま猛吹雪です。
 窓を大粒のあられ・粉雪がたたきつけています。

 と思ったら一転、はたと晴れて青空がのぞき始めました。

 まるで、雪国の様相。
 雪に埋もれる地方の人々の風土を描いた名著に、鈴木牧之の「北越雪譜」がありますが、四方八方から襲ってくる雪のすさまじさは、この描写もかくや。

 あ、また降り始めました。
 前より強く降ってきています。

 ノーマルタイヤで遠方に出てしまった家人。

 おーい、大丈夫か~。

 さて、今年のぼやきも最後か、何をつづるかと考えていました。
 アホもたいがいに。
 あしたもまだ、市場、あるではありませんか。

 ええ~、また1日、やきもきするん~?

 とはいえ、市場が開かないと、真っ赤なポジが救われるチャンスもやってこないわけで、開けば開いたで気がせくし、開かなきゃ開かないで落ち着かないし。

 全く、我ながら、懲りないなあと。

 ポジは全軍サンドバック状態。
 もう、損益見たくもない、真っ赤っかです。

 確定損益は今年、OTCとくりっくとを通算すればプラスでしたが、含み損を考えると、どっかんマイナス。

 待てば海路の日和見主義、と口でつぶやいても、マイナススワップを削られながらじいーっと待っているのは、なかなかツライモノがあります。

 今度から、絶対、デカポジ張るときは、円売りしかやらんぞーと、堅く心に決めた今月でした。

 さて、来週。
 ドル安、進みますかどうか。

 早速雇用統計が待ちかまえています。

 ブットの絡みで一時的に地政学リスクが再認識されましたが、しょせん、市場参加者が少ない中でのトピックに過ぎません。

 これを手がかりに、中東全域が不安定化するというような発展性でもない限り、逃避通貨としてのスイスが暴騰を続けることはないと思います。

 かな~り希望的観測ですが。

 でも、金曜日の東京時間。
 前日スイスを仕込み損ねたロンドン勢が参入してくるまでは、99円台前半まで落ちてきたでしょう。
 ということは、いまの100円乗せてる水準。
 かなり心理的にはイレギュラーなものであると判断できます。

 とまれ、年開けて、2日からの、本格的な市場再開まで、どっちつかずの様相は続くのでしょうけれど。

 アメリカに、9.11ならぬ「1.1」なんてのが、起きなければ…の話ですが。

 さて、これから出勤です。
 元日の深夜までぶっ通しで仕事です。

 大晦日深夜から元日朝にかけては、鉄道各線、深夜運転。

 「いつまででも仕事できるわなあ」と、上司に昨日、嫌みを言われてしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年12月28日 (金)

腹立つなあ、もう

 一杯引っかけて。
 見てみたら、また噴いてます。円安。

 来年から、年末はポジ持つの、もう、やめよう。

 ばかばかしいったらありゃしません。

 おまけに、いま送られてきたレポートを見たら、驚愕のスワップが。

 おととい 7倍
 昨日   3倍
 本日   2倍

 12pip分、利食いの幅を引きずりおろさねばなりません。

 かくなる上は、売り上がりしかない…。

 と思っても、インヴァスト証券、即時入金サービス、ないときてます。

 CHFで100万構えて、IFDをポジるには、700万円必要なのです。

 なんでみずほ銀行なんてしょうもないところを、いの一番に即時入金整備するかなあ。

 金はあります。あるけど入れられない。
 このいやらしさ。

 もう、メシ食って布団かぶって寝ます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

【ポ】世の中に

 絶えて為替のなかりせば この年の瀬も のどけからまし

 こんにちは。きょうはオフです。

 昨晩は、ブット売る、コール買い、
 ではなかった。失礼しました。
 まだAFPの暗記物モードです。

 ブット首相暗殺のニュースで、CHF吹っ飛びまして、一瞬、これで人生終わったかと思ったのですが、いま見てみたら、買値近くまで戻している様子。

 まったく冷や冷やさせられます。

 それにしても、どうして私がポジると、逆方向へ行ってしまうのでしょう。

 マットの風邪か、サンプラザのポジか。

 あとで眺めてみると、逆指標めいていて、まったく、精神的に参ってきます。

 この間の7倍デー。

 刺さらないといいなと思っていたのに、やっぱり刺さってしまい、USD、CHF合わせて5万5000円もの大金を、スワップとして払うハメになってしまいました。

 もう、堪忍してよ~。

 ぶんむくれたのもつかの間、円安進むわ、ブットはぶっ飛ぶわ。

 めげる気持ち、察してください。

 もう来年から、12月の相場には手を出しません。
 ええ、絶対、堅く、屹立とした意志で。

 去年もそんなことを言っていた?
 知りませんねえ。某国のプロパガンダでしょう。

 年明け、構えていたポジが、お年玉になるか、げんこ玉になるか。

 待つしかないとは分かっていても、ツライ日々が続きます。

 7倍払ってしまったから、少なくとも、あと5日は待とうと思っています。

【現有ポジ】

USD/JPY 20万 (20万S)
CHF/JPY 100万 (100万S)

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 USD/JPY 109.00 10万 S
        110.00 10万 S

 CHF/JPY 99.20  100万 S

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  -7500円ぐらい
 (USD=±120円/日、CHF=±50円で計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  112万7572円(むー、まだこんなに残ってる)
●くりっく  -63万2990円(だいぶ減ったぞう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月27日 (木)

恐怖の7倍デー

 ネットカフェです。
 きょうは、早めに仕事が終わったので。

 会社でちょっとだけ、AFPの実技問題解いて。

 もぐりこんではや3時間。
 久々の、漫画づけです。

 夏からというもの、マジで勉強三昧。
 遊びらしいものといえば、近所の銭湯に行くことぐらい。

 なのに、なのに。

 きょう、その実技試験の過去問をやっているところを見た同
僚からの質問に、誤答してしまいました。

 「被保険者だった父が死亡」
 「母が保険契約者、保険料負担者で、ボクが受取人になって
いた生命保険があった」

 「500万円ぐらいあるんだけど、税金、かかる?」

 かかります。
 かかりますったらかかります。

 そら、毎年出る問題の、一番有名な典型例です。

 ぞーよぜい!

 保険料負担者と
 被保険者と
 受取人

 全員違ったら、なにも考えず「贈与税」。

 まかしとけってんでい。

 でも、その後、サービスのつもりで口にした「つけたし」が
蛇足だったんですな。

 「みなし相続財産になるから、確か一人500万円の非課税枠
があったような……」

 バカです。おお馬鹿。

 みなし相続財産の非課税対象になるのは「被保険者と保険契
約者が同じで、受取人が相続人」。
 この場合は相続税ですから、非課税枠が使えます。

 相談を持ちかけられた生命保険金の場合、違いますね。
 亡くなったお父様の奥さんが負担した保険料で培った保険金
という財産を、子どもに贈与した。

 したがって、贈与税。
 非課税枠の対象外。
 基礎控除の110万円しか使えない。

 ということを、ネットで調べた同僚。
 「もしもオマエがAFPになっても、絶対相談しない」

 高らかに宣言されてしまいました。
 うう、顔面蒼白。

 試験まであと一ヶ月しかないというのに…。
 大丈夫か、オレ。


 さて、ドルだけおいてけぼり。
 クロス円安、吹きまくってます。

 CHFのショート、ひっかかるか…と思ってみていたのですが
、あることに気づきました。

 きょうは、スワップ、7倍デーではありませんか。
 まずい、きょうはまずい。
 きょう引っ掛けてもらっちゃうと、仮に利食いしたにせよ、
著しく手取りが減ってしまいます。

 見ればCHF、指値の99.20まであと数ぴぴ。

 堪忍してくれ〜。
 刺さるなら、明朝で頼む〜。

 USDのショートについてはもう、覚悟していますからいいの
ですが、CHFのタマは100万単位。
 一日5000円のスワップとはいえ、7日分どかっとゆわされる
と、痛すぎます。

 恐る恐る見てみたら。反転しています。
 よかった。
 NY引けまで、そのままたゆたってください。

 

 くりっく。
 損切りして、赤字確定させて、来年に臨もうか、それとも引
っ張ったほうが得なのか、悩んでいます。

 どっちのほうが、いいんでしょうなあ。

 お師匠は…と、寝てるか、この時間じゃ。

--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月25日 (火)

悩む寄付先

 メリークリスマス!
 みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 凜々坊家、ただいま、大掃除そっちのけ。
 頭を痛めていることがあります。

 先日来、家人と鳩首協議を複数回。
 それでもまだ決まりません。
 でも、今週も気づけば、平日あと3日。
 なんとしても、落としどころを探さねばなりません。

 寄付先です。

 ユニセフ一本でいいか、と思っていたのですが、家人はどこ
からか、チャイルドスポンサーやら、国連の食料基金やら、資
料をわんさと集めてきました。

 「どうせなら、報告書一枚来ておしまいっていうのより、子
供たちが手紙かなにかくれるとうれしいね」

 最初はそういっていたのですが、日がたつにつれて、なにや
ら話が妙な方向へ。

 「どうせなら、特定のプロジェクトに寄付して、世界中のど
こかの国に、一年に一校、自分たちのお金で学校建てちゃうっ
てのはどお?」

 スケールがだんだん大きくなってきます。

 「それで、そこの学校に行くと、子どもたちが太鼓たたいて
迎えてくれるの」

 「山の向こうから近づいていくと、ドンドコドコドコ……♪
って聞こえてくるの」

 「ねえ、子どもたちの預け先にもなると思わない?」

 なにか妙な映画か小説を読んだね。

 でも、みていたら、すぐしょんぼり。

 「学校建てるのは、300万円ぐらいかかるのか」

 「今年、そんなにもうかってないしねえ」

 そうなんです。
 トータルでいくと、OTCでは、117万円というところ。
 経費を引いて110万円。
 そのまま総合課税されると、税率43%。
 約50万円持って行かれ、手元に残るのは60万円程度。
 しかも、社会保険料にも反映されてしまいます。

 おまけに、新幹線だ道路だ特殊法人だと、理解不能なところ
へ税金つぎ込まれたらバカバカしい。

 それなら、どこか、納得のいくところへ寄付。

 もともとやってることは、大人の遊び。手慰み。
 あぶく銭、子どものために使えたら、本望です。
 人生の授業料だと思っています。

 「授業料はわかるけど、今年、いくら結局負けたの?」

 ええと、まだ、実は勝負が終わってないんだけど。

 「12月入ってから動意なっしんぐなんて書いてたでしょ」

 「半ば勝負は終わったようなものって言ってたじゃない」

 「はっきりおっしゃい」

 はい、では。

 OTCでは、700万円利食いして、570万円損しました。
 くりっくは、300万円利食って、370万円損です。

 いいにくいことなんだけど、くりっくは現在、100万円ぐら
い、含み損でてます。

 「来年は、学校建てられるくらい、稼げる?」

 家人、目がぎらり。

 どこかの国に学校建てて
 自分の子どもの授業料も作って
 ついでに温泉に一回行くぐらいの小遣い…と。

 いくら稼いだら、いいんですか。

 がんばらなくっちゃ。

 とりあえず、二匹目のドジョウをねらって、噴いたところを
戻り売り作戦。
 CHF/JPY 99.20でまた100万、ショートかけてあります。
 本当は、ロングの方が好きだけれど、ショートなら、なるべ
くマイナスワの少ない方がいい。

 月に一度、100ぴぴをめざし、来年も励みます。
 待てば海路の日和見主義。

 あのう、君にも手ほどき、してあげたじゃない。
 忘れちゃった?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月22日 (土)

来月に期待しましょう

 一方向に行き続ける相場はあり得ない。

 この格言が最近怪しく思えるほど、右肩上がり、右肩下がりが次々とやってきて、もうさーっぱりわかりません。

 ドル円、114円台突入。
 これ、新たなトレンド形成なんですか?

 トレンドラインが全く機能しません。
 これなら、円高知らんぷりで、スワップ獲得に徹していた方がパフォーマンスがいいではありませんか。

 おかしい。
 すべては、ドル安のシナリオが狂ってきているところから生じています。

 おかしい。
 ひょっとすると、キャリーがまた、復活し始めているのでしょうか。

 疑心暗鬼の歳末です。

 もやもやを吹っ飛ばすべく、本日はてっちり。
 「香川産」とあるのを、近くのスーパーで買ってきました。

 うん、うまい。ぽん酒も、ワインも、ガンガン進みます。

 ひとしきり、食い散らかしたあと。
 「ふぐもずいぶん安くなった」
 感嘆しつつ、入っていたパッケージをひっくり返して気づきました。

 「原産国:中国」

 シールの香川産って、いったい何…。
 もしかして、偽装?

 ドル安と信じ込んでポジを構えて、逆に行きまくっているいまの心境に追い打ちをかけるようなダマシのグルメ。

 後味があまりよくありません。

 雑炊は、うまかったけれど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年12月20日 (木)

動意なっしんぐ

 おなようございます。
 結局、ワイン、気づけば一本まるまる空けてしまっていました。
 自分がこんなにバカだとは、思ってもみなんだ。
 これで三十路もそろそろ後半戦。
 バカだねえ。寅はホントに、バカだねえ。

 さて。
 低位張り付きというか、まったく動かない為替。
 無理に引っかけて、年明けの奈落に突き落とされるのも業腹。

 でも、スワップは、相変わらずちくちく。
 尿管結石のごとく、我が身をさいなみます。

 荒れ相場。
 スワップをアテにしてポジとってもムダ。
 でも、マイナススワップはやっぱり痛い。

 うー、頭がガンガンする。痛い痛い、こっちも痛い。

 頭痛の種、尽きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

飲んだくれ

 入金手数料ってなんだ、入金手数料って。
 こら、聞いてるのか、ジャパンネットバンク!

 なけなしのボーナス、ちいっとでも増やさないといけない。

 4番バッターのジャパンネットバンク。
 ただいま、ボーナス金利増強中キャンペーン。

 1000万円預けると、一カ月ものでも年0.74%つけてくれます。

 ところがどっこい。
 ここのところの銀行と来たら、まったく使い勝手が悪い。
 1日の振り込みは200万円だとか、1日の引き出しは200万円だとか。

 それが元で、FXの証拠金を振り込むのにも、数日かかる始末。

 ジャパンネットバンクの口座に、1000万円積み上げるにも数日かかるのです。

 1日200万円新生から振り込み、200万円カードで引き出してはまたカードで入れる。

 しかも、カードでの引き出しも、郵便局でないと、100万円引き出せません。

 ほかの都銀では、99万9千円まで。
 コンビニATMはお話になりません。

 そんなこんなで、一生懸命、1000万円積み込もうとしたわけです。

 ところが。

 昨日、ネットでデジカメを買いました。
 その分、端数が出てしまいました。
 1000万円入れたはずなのに、999万2000円ぐらいにしかなっていない。

 「あ、そうか。デジカメ買っちゃったから、減ってるのか」

 それで、1万円、追加しました。
 ジャパンネットバンクで、3万円以下の入金に手数料がかかるのは知ってました。
 でも、月一回までは無料だったはず。
 もう、12月も終わりだし、いっか。

 近くの郵便局で。
 長々と並んでいる、近所のおっちゃんおばちゃんの白い視線にもめげず、札束を入れたり出したり。

 もう、一回ぐらいいいでしょう。
 なんて思って、1万円、入れてみて驚いた。

 肛門が開いちゃったぐらいの、超絶的驚き。

 「入金手数料262円」

 なんやねん、コラ、ゴルア!
 ワレ、なめとんか、ゴルアアアアアアアア!

 関西に住んでも関西育ちでない私。
 実は、巻き舌と違法駐車は国外追放してやりたいぐらい。
 嫌悪感を催すチンピラの悪弊。

 昔は限られた層の人間しか使わなかった言葉。
 なのに最近、ヤンキーの口げんかとしか思えない漫才が流行っているせいか、それをマネして一般人も使うようになってしまった、巻き舌。

 でもきょうは別。
 天高く、同類項になって、遠吠え。

 「入金手数料って、なんじゃゴルアアアアアアアア!!!!!!!!!」
 「人の金貸してもーとるくせに、それで金取るたあ、どういうことじゃボケェ!!」

 悪態千言、罵詈雑言。
 ありとあらゆる悪口雑言を、ジャパンネットバンクに投げかけました。

 いまに見てろよお。
 インヴァスト証券が即時入金を始めたら。
 いま定期に入ってるやつ、全部引き出したるわあ!
 ワシの口座、カラッケツにしてくさるからなあ!

 柄にもなく、下品な気分で深夜まで、仕事を続けた日でした。

 ああ、腹立つ。

 むかつく、とはいわないんです。
 なぜか。

 私、入社の選考委員をやったとき。

 「むかつく」
 「うざい」
 「きもい」
 「きしょい」
 「くせえ」
 「~しろや」
 「ワレ」
 「マジ」

 これらの単語を使った人間は、面接するふりをして、始めから落としてました。
 待合室にカメラがありますので。
 それで会話と振る舞いを見ているわけです。

 日本語が怪しい方は除外する。

 基本方針でしたので。
 80%ぐらいの方は、2次審査に進むことなく、お帰りいただきました。

 テレビの会話が世間で通じると思っている若造を実世界の関門でたたき落とすのは、楽しかったです。

 圧迫面接官として、毎年お声がかかっていますが、世の中豊かになっているせいか、毎年、受験する人間の耐久力は下がってます。
 面接マニュアル道理の回答をする彼ら。
 ちょっと意地悪な質問をするだけで、時には泣く子がいます。
 20歳超えているいい大人が、しくしく泣くんですよ。

 面接官みんなで「こりゃ~、だみだ」と、顔を見合わせて笑っています。

 そして、その子は決まって、その夜のうちに、ネットに書き込みをします。
 「こんな意地悪をされた」
 「あんな意地悪をされた」

 甘い。甘すぎる。

 まるで、中国の「小皇帝」のようだ。

 それはともかく。

 もう上下することも忘れたかのような相場。
 稼ぐに稼げません。

 メリルが1兆円規模の損失をサブプライムがらみで出し、しかも、それに資金を入れたのが中国系のファンドだというのに、市場、ほとんど無反応。

 中国ですら、政府系ファンドがどんどんあちこちに触手を伸ばしているというのに、日本は何をやっているのでしょう。

 資源がないのだから、金と人をフルに使いこなさないと、中国をしばくことはできない。
 東アジア共同体の覇権を握ることはできない。

 分かっているだろうに、のんべんだらりの金融当局。
 いいのか、それで。

 ああれ、ワイン、3合開けちゃいました。
 おかしいなあ。
 半分ぐらいで止めておくはずだったのに。

 寒いからかな。
 外は、と…氷点下3度。

 知らん、寝よう。
 酒飲んだときは、トレード画面見ちゃいけない、だったよな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月19日 (水)

ECBもやったか

 おはようございます。エラク冷え込んでいます。
 ベランダの温度計は、氷点下1度です。
 放射冷却なんでしょうね。

 さて、ラジオのニュースを聞いていたら、ECBが過去最大級の資金供給オペをやったとのこと。
 ヤフーのファイナンスで、つたない英語力を振り絞って読んでみれば、これまでFRBがやっていたこととほぼ同じことをヨーロッパも始めたというわけですね。

 ヨーロッパ、資金ショート中。
 前にも書いたように、アメリカもショート中。

 たぶん、そういうことなんでしょう。

 この時期、トレーダーのプロはもうお休みに入ってるとのことですから、市場のドルの料が実需に応え切れていないと想像がつきます。

 もう冬眠でもいいかな…。

 1日2500円のホテル代、払ってることになるけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月18日 (火)

辛抱しどころかな

 円安が止まりません。

 ドルが実需で不足しているらしく、どんどん寝上がっています。

 つまり、ドルが市場に出てこないと言うことですね。
 じゃあ、どこへ?

 どこへ?

 それが、今回のサブプライム問題の、根っこなのかも知れません。

 これで、どこかの金融機関や、格付け会社が破綻を来そうものなら、どうなるか。

 円のショートポジが積み上がりつつある現在、ショートスクイーズは、結構激烈なものになりそうな予感がします。

 問題は、それがいつ、発生するかと言うこと。

 各金融機関、ファンド勢も、年度末に向けたドルの積み増しは、年末までにたいてい終えてしまうでしょう。
 となると、やはり、大方の予想通り、年明けでしょうか。

 ええと、それまで、あと何日あるのかな…。
 2週間もあるん?

 一日2500円×14日=35000円

 これだけマイナスワ払わないと、年越しできないの?

 しんどいな~、全く。

 頼みのスイスも、クロス円につられて高くはなっているけれど、99円台を明確に抜いてくると言うほどではないし。
 USD/JPYも、114円台に乗せてくる可能性あるし。

 証拠金は潤沢なのに、撃ち時がやってこないという、イリテートな局面。
 ウマイ人は、年末押し迫ったいままで取引するようなバカな真似はしないのでしょうが、そこは、私が素人の悲しさ。
 なんとかして、利益を出そうと頑張らざるを得ないわけです。

 ぐすん。
 もう、損益表の赤字、見飽きましたよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

NHKの為替ニュース

 ラジオやテレビで、大体最後にやりますよね。
 「それでは、NY外国為替市場の円相場は…」って。
 FXを手がけていないときは、ほとんど興味のなかったそれが、いまは頼もしい味方になってくれています。

 携帯は、いまのところ、レートが飛び込んでくるタイプのものではありません。

 どこかで知りたいのは山々ですが、こちらからアクセスすると、監視ソフトにひっかかってしまいます。

 ヤフーのファイナンスに、一日数十回アクセスしている。

 そんな報告が所属長に上がろうものなら、呼び出し間違いなし。

 「きみい、なにやってんのかね」

 ねちねち聞かれること、想像がつきます。

 ラジオも新聞も、速報性という点ではもちろん、ネットにかないません。
 でも「ながら」で情報を視聴者や読者に届けられるというのは、やっぱり、強い。

 一週遅れのメディアなのに、まだしぶとく生き残っているのは、きっと、知りたい情報をいちいち検索しなくても、ある程度デパート的な網羅で、情報を刷り込める機能がある生ではないかと思っています。

 さて、ドル高。おいおい、と苦笑したくなるレベルまで来ています。

 この間100万円抜いて快哉を叫んだというのに、含み損が同じ程度に出ているのは、いったいどういうわけだ。
 全く持って、苦虫をかみつぶしています。

 こうなると年明け。
 ドル安まっしぐらはなんとなく予想できます。

 いまのうちに、また100万ショート爆弾を落としておくか。
 それとも、1月2日にやおら攻撃に出るか。

 年末の爆裂スワップが痛いことを考えると、後者が現実的でしょうね。

 なにせ、100万単位でポジを取ると、一日のスワップが平気で2万3万の単位で積み上がってしまいます。

 あとの巻き返しがハデに見えても、それに至るまでのマイナススワップ分は、バカにできないダメージになって、シロアリのごとく、証拠金を食い荒らします。

 今週は、上下に振る可能性のある経済ニュースが目白押しだとか。

 少しはいい目を見させてくださいよと、願っています。

 とりあえず、97.80でCHFのロングを指しています。
 きょうは、あと6銭、届きませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年12月17日 (月)

さあどうなる今週

 どうなる、というより、どうする、というような週でございます。

 含み損はたっぷり。
 確定損もたっぷり。

 どうしたら、今週中に消し飛ばせるか。

 無理するとろくなことないし、無理しないと消せないし。

 ドル高が、これほど進むとは、驚きでした。

 ほ~んと、ドル円は、ワケワカメ。

 さて、前の書き込みにたくさんコメントをいただいていました。

 本文で恐縮ですが、一気にレスをつけさせて頂きます。

 >papaさん wrote
 そーなんすよ、もう、マジで、やばいっす。
 毎日毎日、じりじり損が重なっていくいやらしさ。
 たまんないっす、マジで。
 今週、乾坤一擲、いけるかどうかで、来年まで持ち越すかどうか、決まります。
 114円に乗せることがあれば、トレンド的には上限一杯一杯ですので、100万ショート爆弾をぶちかます予定です。
 ただ、この意気は112円の時にも持っておりましたことを、告白致します(号泣。

 >田舎の弱小サラリーマンが月給以上を稼ぐブログ様 wrote
 ようおこしやす。
 え~、OTCも分離課税になるとのお話、興味深く伺いました。
 ですが、確定した話ではないのと、ニュースソースが明らかでないので、よくわかりません。
 もう、私、OTCから資金引き上げてしまいました。
 役人の天下りの巣窟といううわさもあるくりっくが、そう簡単に自分の優位性を手放すとも思えませんのでね。
 まあ、実際に分離課税が拡充されたら、どうせまたキャンペーンで呼び込みやるでしょうから、そのときまで、口座閉じておこうと思います。

 >カピバラ親父殿
 年末押し迫ってきました。
 今週が山場です。勝負時です。耐え時です。撃ち時です。
 気ばかり焦って、利益が乗りませんが、頑張るつもりでおります。
 頑張っちゃうんだぞう。今週はマヂで。

 どちら様も、ご自愛の程を。
 今夜はことのほか、関西、冷え込んでおります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月14日 (金)

円安ムード

 円安一色ですが、キャリー復活とまでは言い切れない状況ですね。

 ドルの調整、こないかな…。

 あるいは、思い切り円安に触れてくれてもいいのです。
 戻り売りで仕掛ける楽しみができます。

 「スワップ重視のトレーダー」という看板、そろそろ掛け替えた方がいいかもしれません。

 今週は、手じまい模様です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年12月13日 (木)

欧州市況軒並み悪化

 腹の突き出たいまからは想像ができないんですが、私、昔、銃剣道やってたんです。

 結構スパルタンで、木銃でどついて、台尻で殴り倒して、とどめを刺す。

 銃剣持った白兵戦なら、いまでも、それなりに自信あります。

 でも、大事なことは、銃を持った相手には、正面から近づかないこと。
 勝てそうな所まで逃げて、逃げて、逃げまくって。
 相手がフラフラし始めたら、初めて逆襲に転じる。

 銃剣道って、基本的に、タマが尽きたときの緊急避難でしかないんです(^^;。

 鉛弾を撃ち合えないと、戦争は、ほぼ100%負けます。

 で、いま。
 相場に撃てる状態かというと、ちょっと、いかがかと。

 協調融資でまぶされたバラ色のドレッシングは、一晩でもろくもはげ落ちました。

 FTSEを始めとする市況、ボロボロです。
 今朝かいたとおり、不安感は払拭されていないんでしょう。

 かえって、深まってしまったのかも。
 となると、何かのきっかけで、一気に相場が逆流を始める可能性があります。

 いまは、逃げ時。

 逆襲に転じられるそのときまで、あと何時間かわかりませんが、
 まあ、
 とりあえず、

 …銭湯で考えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【ポ】一時しのぎちゃうん?

【現有ポジ】

USD/JPY 20万 (20万S)

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 USD/JPY 109.00 10万 S
        110.00 10万 S

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  -2500円ぐらい
 (USD=±120円/日、で計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  112万7572円(むー、まだこんなに残ってる)
●くりっく  -63万2990円(だいぶ減ったぞう)


 ということで、損益報告、終わり。
 トータルで言えば今年、プラ転なんですが、ショートの含み損がいやらしい。

 FRBの流動性強化策。
 円安に触れまくっていますが、永続的なトレンドが形成されるんでしょうか。
 だって、市場に金が出てこないと言うことは、欧米の金融機関の資金繰りがショートしかかっていると言うことなんじゃないんですか?

 自分の所から金を出せる余裕がない、リスクが表面化した段階で、手元に金がなければ一巻の終わり。

 だから、銀行間の資金融通ができなくなって、市場に金がなくなって、市況に影。

 借りたくても金がない。
 高い金利は払えない。
 企業、どかーん。銀行、ぼしゃーん。

 ファンダメンタルとしては、サブプライム問題の解決にはほど遠いような気がします。

 昨日、大きく下落した市場が、なにかよいニュースを求めて飛びついた。
 そう思いたいです。

 ショートが痛い身としては(シクシク四苦八苦

 もしも、これで市場にてこ入れできなかったら。

 米に次なる一手は、存在するのでしょうか。

 協調融資の魔術が、そう何度も効くものですか。
 不良債権そのものが、消滅するわけじゃなし。

 マネパに入れておいた資金を、3万円だけ残して、全額出金してしまいました。
 来年から、くりっくで本格的に稼ぎに出るために、資金を一点集中させておこうと思っています。

 新生銀行も、ジャパンネットバンクも、一日の振り込み金額に限度があるんです。
 もちろん、オペレーター経由で手数料を払えば1000万円でも2000万円でも振り込めるのですが、それではこの2行を使っている意味がありません。

 ちまちま、一日200万円ずつ、何日かに分けて、対象口座に放り込んでいかないといけません。

 ご利用は、計画的に、ってやつです。

 インヴァスト証券は、いつになったら、ジャパンネットからの即時入金サービスを開始してくれるのでしょう。

 面倒くさくって仕方がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

手出し無用か

 酒がないぞ、酒が…

 うろうろしてます。

 決済も、売り増しも、やめました。

 じたばたするとろくなことないです。

 近々また、一時的にドル安ありうるでしょう。

 なに、マイナススワップなんぞ、為替差損に比べりゃ、知れたもの。

 110円台まで落ちたところで、あきらめて切ってみようと思います。

 その前に。
 スイスがまた、99円オーバーになれば。

 やっちゃうよ。戻り売り、100万爆弾。

 それで、USD/JPYの損、切れますもの。

 酒がないぞ、酒が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

うずうず

 戻り売り、したいねえ…。

 でも、きょうは木曜日。
 マイナススワップ、3日分つくんだよねえ…。

 でもしたいねえ…。

 どっしよっかな…。














 今晩は飲んでないし。
 やめよかどしよか考え中♪









 普段ならこの時期、18きっぷを片手に、休みは遠出するのが習わし。

 でも今冬は、テツの虫をぐっとこらえ、家でAFPの勉強にいそしんでいます。

 18きっぷが「青春のびのびきっぷ」だったころからのヘビーユーザーとしては、発売時期にサイフにきっぷがないというのは、初めての経験。
 なんだか、寂しくていけません。

 試験が終わったら、はじけるぞう。
 

 だから、お願いです。

 だれか、教えてください。

 ●年金の併給方法の覚え方


 ●法人契約の生命保険の税金

 問題が出るたびに、一例一例全部違うパターンなので、頭を抱えています。
 独学の弱点。語呂合わせも自分で編み出さないといけない。

 なのに、上の2題。必ず出題されると来てます。

 堪忍してけれ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月12日 (水)

初の100万円抜き

 おはようございます。

 FOMCは、いま確認したら、予想通り0.25%下げで収まったようですね。

 でも、チャートを見たら、乱高下の痕跡が。
 景気減速をはっきり示したその後の声明で、イッっちゃったということですか。

 それで? 私のスイスは?

 ひょ~。抜けてる。

 CHF/JPY 99.20→98.20 100万 S 100,000 -5000 -21000

 行ってこいの手数料が42000円というのが痛いけれど、えーと、結局いくらだ。

 100万円-スワップ1日分5000円-手数料21000円×2=96万3000円

 まあ、こんなもんですか。
 次は、97.80あたりでドテンロングを仕掛けてみます。

 …あれ、もう、その値段に達しているの? そう。どっしよっかな。

 ロンドンを待って、彼らの動きを確かめてからでも遅くはなさそう。
 FOMCでの読みを、ジョンブルたちがどう手がかりにするか。

 ひっきりなしにトレードしても、いいことないし、ね。

 そうだ、目の上のたんこぶだったUSD/JPYはどうなったのじゃ?

 110.86(12:10現在)。落ちたもんです、こっちも。
 ボトム110.50近くまで下げてる。
 円安トレンドは、やはり、年末のドレッシング相場だったわけですか。

 ガンバレ! あと一円落ちれば、夢の収支とんとんになる!
 もとい、マイナススワップ分があるのか(泣。
 1円20銭、落ちるのだ!

 
 本音を言うと。

 「勝つまで負けない」なんてほざいて、翌朝ほえづらかいちゃったらどうしよう。
 実はびくびくものでした。
 淡く麗しい水をかっくらったのも、そうでないと眠れないような気がしたから。

 でも、それでも眠れなくて、精神安定剤も飲んでしまいました。
 酒とクスリ。それしないと眠れないって、マトモじゃない。
 そんなことをしないと、眠れないほどのポジを持つって、やっぱり、不健全。

 100万単位の取引は、身体によくないな。

 とりあえず、酒飲んじゃったらもう、PCいじらない。

 目の前では、USD/JPYのショートの赤字額と、CHF/JPYのショートの黒字額とがちょうど拮抗しています。

 手数料とマイナススワップ分を引いたら、おそらく、とんとんではなく、数万円のビハインドになるはず。

 それでも、USD/JPYの赤字を消し飛ばすか、FOMC後の混乱を見越して、CHF/JPYの当初の指し値での決済を待つか。

 考えていたら、クスリが回ってきました。

 いいや、眠っちゃえ。じたばたして、ろくな事になったためしがない。

 ぐっとこらえて、布団かぶって寝てしまいました。

 まったく、不良トレーダーの鑑ですね。

















 では、出勤します。
 収支記録は、明朝にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

勝つまで負けない

 99.20で取ったCHFのショートポジ。
 一円ぐらいとっとと動かんかい! といういのりが効いたのか、98.50あたりをウロウロしています。

 だめだめ、もっと落ちて。指し値は98.20。
 FOMC後の乱高下で、引っかけてくれることを期待しています。

 そこまで起きているか? 冗談じゃありません。寝ますよ。
 一般人が、日常生活に支障を来さない程度に遊べるというのが、FXの醍醐味。
 本業に差し障りを来したり、寝坊したりするようなトレードは、やっぱり、無理があります。

 こういうときは、意地でも寝る。

 それに、もう、淡く麗しい水、飲んじゃったし。

 いま利食いせずに、翌朝損が拡大していても、それは仕方がないのです。

 マイルールは「酒を飲んだときにはトレード画面を見ない」ですから。

 ぐっとこらえ、苦虫をかみつぶし、下っ腹に力を入れ、翌朝の結果を、待とうと思います。

 では、お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月11日 (火)

今週いっぱいかな

 年末ぎりぎりまでトレードしていると、本業に差し障りが出てきてしまうので、今週いっぱいが関の山かなと思い始めています。

 それにしても、11月の下旬から、なんと円安復活とは。

 一直線にドル安100円なんて言っていた方々、いらっしゃいましたよねえ(ウラメシヤ。

 ああ、マイナススワップがきついきつい。

 気づけばAUD/JPYも99円台なんて。損切り210万円の意味がないやんけ。
 8月のユーロも、同じだったんだよねえ。

 つくづく、懲りてない。まったく、ヘタクソ。

 スイスがすっすっすいすいと下がってくれないと、ちょっと辛いぞ。

 これは、噴いたって101円程度だろうという天井が見えるのが唯一の救い。
 上げ下げのスピードがとろいため、証拠金が潤沢にないと、特にショートポジはすねをかじられて、耐えきれなくなってくるのが難点です。

 1円ぐらい、マジメに仕事して落っこちなはれ~!

 迷惑メールの着信音を聞くたびに、ロスカットか約定かと、びくびくするここ数日です。

 FOMCがありますが、いまひとつ、興味が持てません。

 このまま、115円になると、思う?

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

【ポ】12月2週損益

 さてさて、かくも気が重い事ながら。

 長期スワップためこみ用だったセン短の5万ドル、全部先週切ってしまいました。

 為替損益 -308100
 スワップ   141072

 小計 -167028

 2月からちまちま積み上げてきたってのに、結局赤字かいな。
 まったく、ヤなもんです。
 OTCのマネパでの利益が圧縮できるからいいようなものの、それにしても最近、負けが込んでるなあ。

 でも、もう一発。撃っちゃったもんね。
 あとは、だまって見ているだけ。

 今週中に利益確定できることを、祈りつつ。

 忘れたふりを、していよう。

【現有ポジ】

USD/JPY 20万 (20万S)
CHF/JPY 100万 (100万S)

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 USD/JPY 109.00 10万 S
        110.00 10万 S

 CHF/JPY 99.20 100万 S

●セン短

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  -6500円ぐらい
 (USD=±120円/日、CHF=±40円/日で計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  112万7572円(をいをい、まだこんなに残ってる…)
●くりっく  -159万5990円(3年単位で取り戻すぞ~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 8日 (土)

びびらなくてもいいんだ

 マイナススワップにおびえる毎日。

 「負けが込んでいる麻雀の、南3局あたりで、ノー点罰符だけ取られている状態」

 そんな風に思っていたのですが、きょう、よく約定からの日数を考えてみると、そんなにおびえる必要はないのではないかと思えてきました。

 USD/JPYの2本。109.00が11月23日、110.00が11月28日。

 まだ一カ月経ってません。

 累積マイナススワップも、なんのことはない、2万円行ってません。

 含み損に比べれば、どうってことはない数字ですね。

 ハコテン間際で罰符にびくびくしても仕方がないだろう、という、半ばヤケクソの部分がないとは言えませんが、あまり気にすることはないのだと分かって、少しだけ、胸をなで下ろしています。

 さて、そうはいっても、願いとは裏腹に、円安一直線のUSD/JPY。

 派手に落ちてくれるという話はどこへやら。112円台も間近です。

 このまま115円、120円回復という気はあまりしませんが、1円円安に触れると20万含み損が増えるといういまの状況も、大変に腹立たしい限り。

 この間、身軽になりたくて切ったAUD/JPYも、気づけば98円台回復。

 じたばたするのが一番よくないと分かってはいても、相場が荒れているときは自分が納得できる範囲で切るしかないので、ついついトレードの回数が増えてしまいます。

 次なる一手は、いま二つ考え中です。

 手を出して、それが含み損を抱えて、しかも円安が止まらない。
 となってくると、目先、どこかでリカバリーしないといけなくなってきます。

 一つは、USD/JPYを売り増す。

 もう一つは、CHF/JPNを99円台に乗ったところで売る。

 どちらも、チャートにトレンドラインを引くと、反転あり得る価格帯なのですが、これまた届かない。
 USDは112円突破しないし、CHFは99円台に乗らない。

 こんなことなら、昨日CHF97.85つけたときに、成り行きで買っときゃよかった(イジイジ。

 毎年恒例、1月の荒れ相場に向けたドレッシングかもしれないと思っても、とりあえずついて行かなければならないつらさ。

 ショートはやっぱり、相性が悪いようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

かゆいと思ったら

 蚊、です。
 何月やとおもっとんじゃ、12月やど、コラ。
 人のわきの下、血ィ吸いくさってこの~。

 ぱあん、と思い切り、はたいてやりました。

 ドル、雇用統計どないかな~と思っていたのですが、112円、突破できていない。

 実需の売りというより、いまひとつ、吹き上がるエネルギーがないみたい。

 ここから買いは、できないし、売り上がるにも中途半端。

 来週また、 考えてみましょう。

 今晩はもう、飲んじゃった(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 7日 (金)

頭がじんじん

 作り続けていた単語帳のページがなくなりました。
 新しい単語帳を、と思ったのですが、もう、ありません。

 きょう一日で、4つ作ってしまいました。

 時計を見上げれば、はや午前3時。

 ノートをおさらいして忘れているところをピックアップ
 ↓
 単語帳にその部分をQ&Aにして書き出す
 ↓
 書き出した部分を素材に、自分で問題を作ってみる
 ↓
 それも単語帳に書く
 ↓
 通勤時間にぱらぱら
 ↓
 閉じられている順番を覚えてしまったら、輪を外してトランプのように切る
 ↓
 覚えるまでめくる

 ここ1カ月、ずっとこの繰り返しです。
 学生時代から、暗記物は常に、このパターン。

 要は記憶力が悪いだけなんですけどね。

 合間に、FP協会のHPからダウンロードしてきた過去問をわしわし解いています。

 本屋で、模試用の問題も買ってきました。
 解きまくっているウチに、気づいたことが一つ。
 「何が書いてあるのかすら分からない」という状態からは、脱却できたこと。

 所得控除を「乞除」と書いていた4月のころに比べれば、だいぶ進歩したようです。

 それにしても、ゼニの雑学試験と異名を取るだけあって、なかなか重箱の隅をつつくような設問が多いのには参ります。

 「生産緑地内で工作物を建てるときには知事の許可がいる」 ○×

 生産緑地を定めるのは知事ですが、工作物の許可を出すのは市町村長なので×。

 というのは別に、ファイナンシャルプランナーの仕事の、一体どこに関わってくるんだと、出題者を捕まえて小一時間、問いつ(略。

 覚えますよ、覚えりゃいいんでしょ、ええ!

 と、ぼやきつつ、単語帳を作っては壊し、作っては壊し…
 いつのまにやら、一つ100枚の単語帳が、15個を超えてしまいました。

 記憶が曖昧な部分だけ書き抜いているはずなのに。
 なんでこんなにたくさんできてしまうのでしょう。

 コタツの上にうずたかく積まれたそいつらをながめながら、またあした、いつもの100均で買い足してこないといけないなと、ため息をついています。

 税理士、社会保険労務士。

 そんなところまで手を出したら、部屋中単語帳だらけになりそうで、怖いです。

 さあて、マイナススワップに頭を悩ませなくてよかった一日は終わりました。

 寝る前に、ちょっとだけ見てみようと思ったらうはあ、また円安ですかいな。

 サブプライム問題のローン金利凍結? アメリカ版徳政令ですね。
 それでも、借金が消えるわけじゃなし、一時しのぎに過ぎないような感じがします。

 凍結されて、そのうち破産に追い込まれて。
 クレジットカードも使えなくなったアメリカの貧乏人は、いったいなにで買い物をするんでしょう。

 個人消費も落ち込みますわなあ。
 クレジット会社もあかんようになってきますわなあ。

 アメリカ版公共事業ともいえる戦争。
 またどこかで起こすことになるんでしょうか。

 クロス円、日足チャートは、ここ2週間の目先天井に接近中。
 抜けると、年末恒例、円安株高相場と言うことになるのかな。

 ということは、正月明けまで、円高はやってこない、と?

 マイナススワップ、あといくら払うんだろう…。
 一日2500円×30日=75000円

 なんだかなあ…ロングの含み損も痛いけど、ショートによる目減りもツライです。

 次は、112円を超えたのを見届けて、売り増しする予定です。

 セン短のポジは、オールクリア。
 ちょっと早すぎましたが、しょせん5万ドル。
 損切りしてしまいました。
 明朝、収支計算します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 6日 (木)

つらいですね

 すっとーんと落ちるかと思いきや、また鎌首もたげるUSD。
 損益分岐点に近づいたら、またすぐに赤字が増える。

 しかも、毎日マイナススワップでじりじりへずられていく。

 これは、しんどいですね。

 売り上がりをかけようにも、111円にもなかなかタッチしないときてます。

 指標がよかったといいますが、では、FRBが利下げしなかったとしたら?
 株は急降下、また円高?

 たゆたいはもうよろしいわ。はよ、どっちゃかいっとくんなはれ~。

 心の中でわめいています。

 だれか、同じようなぼやき、リアルでぶつけ合えればいいのですが、あいにく、お師匠は風邪、いつぞや飲み会をやった仲間も音信不通。

 ストレスたまりますね。

 こういうとき。
 デカポジはって、ハラハラドキドキ、大スペクタクルワンダーランド自作自演!

 というような欲望に負けてしまうと、あとが怖い。
 怖いのです。

 怖いんだけど、やっちゃうんですよね。

 うう、やりたい…。

 一カ月に一回、100ピピ抜けばいい。
 それは理屈で分かっていても、それじゃつまらないよ~と叫ぶ自分がどこかにいます。

 投資と投機は違う。
 もう一度、基本を再確認するところから始めてみようと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

またもや「こらまずい」

 米の金融保証会社への不安から、ムーディーズがどうのこうの…

 ドルが急落してます。

 トピックとして表面化しなければ、ドルはまだしばらくたゆたうだろうと思っていたのですが、飛び火してしまうと話は別。

 サブプライム阿鼻叫喚、第三波がほぼ確実にやってきてしまいます。

 先日の、マネパのセミナーでも、マット氏のセミナーでも、異口同音に言っていたのが、この飛び火の可能性とその危険度合い。

 口の端に上らなければ、しのげるかな、と思っていたのですが、なんだか、歯車が急に、イヤな方向に回り始めた予感がします。

 セン短のポジも、切っちゃおう。
 どうせ、まだ黒字だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 5日 (水)

マネパよお前もか

 マネパは時々、キーポイントとなる局面の時、レポートを配信してくれます。

 証拠金ふんだん、取引回数激大の会員を「コンシェルジュ会員様」としているそうで、やんごとなきその方々へ向けたレポートを要約。
 私のような貧乏会員様にも、お恵みで配信してくれます。

 そのレポート。
 8月の超絶的ナイアガラも予見した、なかなかの優れものです。

 これが今回、ドル安警報を発しています。

 要約をさらにラフに要約すると、100円までいっちょくせ~ん、ということもありうるので、気をつけてくださいね、とのことです。

 いま、ドル売りしかポジがないので安心して聞いていられますが、こうまでアナリストの意見がこぞってドル安円買いの方向を向き始めると、さすがにのんきな私も、尻に火がついてきます。

 といっても、突っ込み売りを仕掛けるには、トピックスが不足しています。

 しばらくは、上がっては売り、下がっては買い戻しの、ショート中心のレンジ売買を繰り返すことになりそうです。

 こうなってくると、たゆたう市場はかえってしんどいもの。
 毎日数円動かんか~いと、余計なことを考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 3日 (月)

【ポ】出直します

【くりっく】

 AUD/JPY 40万 決済 -1784000 135170 -8400

【マネパ】

 AUD/JPY 10万 決済 -424000 34590
 USD/JPY 10万 決済 -106000 27590

 小計 為替差損 -2314000円
     スワップ   197350円
     手数料  -8400円

 計 -2129450円

 西南戦争で、鹿児島の城山に追いつめられた西郷隆盛。
 自刃を前に、つぶやきます。

 「もう、ここらでよか」

 そんな気分です。いま。

 全決済注文。押すの初めてだな…。

 ポチっと。
 結構、すがすがしい。

 くりっくも、切っちゃえ。
 成り行きボタン、こっちも押すのは初めて。
 40万ドル、えい。

 なんだ、意外に、ラクだ。

 自分で指に穴開けて採血するキットの方が、よっぽどどきどきする。

 土曜日のセミナーが背中を押してくれました。
 読み間違えた自分の誤りを認めて、別の稼ぎ方を考えます。

 USD/JPYのショートだけ残して、あとは参入できるときまで、お休み。

 西郷隆盛にしても、私にしても、負けは負け。
 ただ一点、違うところ。

 私はまだ生きていて、証拠金もまだあるということ。

 これで実は、今年、確定損500万円超えました。
 情けないですね。

 それでもまだなくならない弾倉。退場食らっていない自分。
 自分で自分を誉めてやりたくなります。

 私が就職した頃は、転職起業もてはやされ、「一つの企業に長く勤めるのは古い」と、盛んに言われていた頃でした。

 でも、気づけばそれから10年余り。
 長くリーマンやってると、結構バックボーンができるもんだ。

 気づけば、きょうの10時にボーナスまで出ているではありませんか。

 おお、今年は多いぞ。
 控除額も多いぞ(;;。

 日銭を稼ぎつつ、FXで遊ぶ。
 やっぱりこれ、最強なんですね。

 ポストに物が落ちる音。郵便屋さんです。
 私がボタンを押すのを見計らったかのよう。
 ユニセフからの募金の書類が投げ込まれていました。

【現有ポジ】

USD/JPY 20万 (20万S)

●マネパ

●くりっく(インヴァスト証券)

 USD/JPY 109.00 10万 S
        110.00 10万 S

●セン短
 USD/JPN 119.49 1万 → 年末付け替え予定
        118.49 1万 → 年末付け替え予定
        117.49 1万 → 年末付け替え予定
        115.49 1万
        112.30 1万

【現在の一日あたりのスワップ】

 計  -2500円ぐらい
 (USD=±120円/日、AUD=160円/日で計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  129万4600円(まだこんなに残ってるのか)
●くりっく  -159万5990円(3年単位で取り戻すぞ~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

損切り&売り上がり

 地元の青色申告会主催、無料税務相談に行って、税務署員と話し合ってきました。
 応対は紳士的でしたが、再考の余地はなし。

 FXは、脱税の温床として、東京から「徹底的に洗え」と言われているらしく、相当厳しい縛りがかけられているという話でした。

 任意で売買報告書全部提出している私ですら、口座内容や経費のかけ方に、だめ出しが入りました。

 事業としてダメなら、もう、全部寄付しちゃうよ。

 そういうと、領収書が残るだけ、そちらの方がまだ疑いは少ない、と。

 FX=脱税予備軍と捉える。

 どうも、税務関係者には、そういう視点があるようですね。

 来年からは、くりっく一本に絞ろうかと思っています。

 とりあえず今週は、一発目。
 明朝、マネパ&くりっく、いずれもショート玉残して決済する予定です。
 基本は売り上がりで正しいと思っていますが、円安スピードがあまりに速すぎれば、どうしたものか。

 午前中は静観してみるつもりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年12月 2日 (日)

ナマ山根拝見

 昨日は3時間しか寝ていないというのに、大阪は弁天町へ。
 くりっく365のセミナーへ行ってきました。

 マット今井さんの話は、用があろうとなかろうと、定期的に聞いておくに限るのですが、今回はもう一つ目玉が。
 自身のHPを見る限り、まともに話を聞こうとすると、25000円するという山根亜希子さん。私もとっかかりの時にお世話になった、「外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法」(明日香出版社)でおなじみの、彼女です。
 講師として登場すると言うことで、申し込み開始初日に登録のメールを出しました。

 タダでマット氏独自の相場解説が聞けて、マクロ経済の勉強もできて、詳細な資料ももらえて、ついでにくりっく各社のブースも回れて、粗品ももらえて。

 おまけに、運がよければゲーム機も当たる。
 くりっくって、つくづく太っ腹。
 こちらは、残念ながら10番違いでした。
 数字を読み上げられた瞬間、最初の二桁までは当たっていたので、どきどきしました。

 それに。

 指定ポジ決済できない
 ユロドル取引できない
 証拠金2倍かかる

 まいっちんぐマチコ先生が100人ぐらいいる、くりっくのしょうもないシステムの改修。

 来夏だった予定がいつの間にか来秋になっていることも知れたり。
 余り力を入れていないのだなという様子が、関係者の口ぶりからうかがい知れたり。

 そういうことも含めて、現場の情報を知るのは大切なことです。
 定期的に顔を出しておくにしくはありません。

 さて、最初に登壇したのは山根さん。

 どんなお声なのでしょう。

 思っていたより、ずいぶん甲高いんですね。
 それに、えらくちゃかちゃかおしゃべりになる。
 言葉は悪いけど、はすっぱって言った方がいいかも。

 確か彼女、堺ですね。
 大和川から南に住んでいる女の子は、みんな同じようなしゃべり方をするのだな。
 とほほほ。
 これが年食うと、宮川花子みたいになるんかしらん。
 (住んでいるところは違うけれど)

 後の方に座っていたので、お顔が見えません。
 えいやっとのぞいてみると。

 おや、もしかして、美人?

 もっとのぞいてみます。

…もしかしなくても、美人だわ。

 大美人

 そうなると、話は別になってきます。
 しゃべりっぷりはおいといて、え~と、同じようなキャラがどこかにいたな…
 美人なんだけど、泉南キャラが抜けきらないって子。
 え~と、え~と…

 そうだ、沢口靖子!
 同じ「大和川から南」の女の子だし!

 ということで、その場で瞬間的に、ひそかに、口には出さないけれど。
 「為替の沢口靖子」と尊名を奉ったことを白状します。

 ですが、この「為替の沢口靖子」。
 のっけから、夢もチボーもないことを言ってくれます。

 「為替は、年20%稼げりゃ優秀なトレーダーなんです」
 「100万円の証拠金が120万円になっていたら、それは優秀だって事です」

 だめですよ~、そんなこと言っちゃあ。

 大きなコンベンションホールを3つつなげて、なお満席の聴講者は、私含めて、みんな欲の皮の突っ張ったおっちゃんおばちゃん兄ちゃん姉ちゃんばかり。
 補助いす出さないと入りきらない会場の、うごめく欲望が目に入らないのですか?

 なけなしの年金と給料握りしめ、脱税が摘発されるたびに確信を深める「FXはもうかる」という幻想にすがって生きている人間ばかりじゃないですか。

 100万円が120万円になる、じゃ、投資の意味がない。
 投資ってのは、100万円が1億円にならないと意味ないじゃない、ネ~。

 違う、私ではありません。
 私の前に座っていた、おばさま5人組が、そんなこんなの茶々入れに夢中だったんです。

 山根さんの話が始まっても、井戸端会議と同様、人が話をしているときは黙っていると言うことができない彼女たち。
 席に置かれていたクリスタルガイザーを頭からかけてやろうかと思ったのですが、行動に出る前に、係員がたしなめに来てくれました。

 さもなきゃ、会場からつまみ出されていたところです。

 為替の話を聞きに来て、強制退場なんて、縁起でもありません。

 まあ、山根さんの言ったことはもっとも。
 頑張っても、せいぜい20%~30%が関の山。

 でもそのおばさま軍団。
 会場出るときに「これなら、和牛ファンドの方がリターンいい」なんて言ってました。
 そのくせ、各社のブースを何度も回って、粗品がっちり。

 もう、勝手にしなはれ。

 相場展望ですね。
 山根さんも、マットさんも、異口同音に言っていたのが「円を買え」。

 ここ数年、FXに参入してきた人間の頭には、どうしても金利相場が刷り込まれています。
 もちろん、私も同様です。

 でも、それは、相場が激変しているときには足かせにしかならないと。
 とっとと切って、USDを売る側に回れ、と。

 高金利通貨は真っ先にたたき落とされるから、ロングは不利だと。
 スワップなど、一カ月持ってもせいぜい70ぴぴだから、為替差損に比べれば無視できるほど小さいと。
 マイナススワップにおびえるより、覚悟を決めて円を買え、と。

 いまの私のポジを見透かしたかのような指摘に、半ば胃が震えました。
 実は…同じことを思っていたから、USDの売りを建てたんですよね。
 

 特に、我ながら「これはまずいかな」と思ったのは、AUDのチャートが完全に下支えをなくした状態だと言うことです。
 いま、かろうじて98円台を回復していますが、そもそも現在の水準が、歴史的高値であるということは、認識していました。
 しかし、金利差相場が帰ってこないと言うことになると、6.5%という金利は、なんの武器になりません。

 60円台まで落ちても不思議ではないことになります。

 レンジと見越して買い下がりをかけるのは、あくまで落ち幅10円なり、20円なりで反転することが前提。
 一方向に落ち続けると、難儀です。

 証拠金は耐えられますが、私の精神と忍耐力が耐えられなくなってくるでしょう。

 AUDにかんしては、そろそろ目先天井感があるのは実感していました。
 月曜日、仲値を超えた頃、成り行きで損切りをかけようと思います。

 もしもその後、100円に復帰したとしても、滞留時間は短い予感がします。

 400万円の赤字が、100万円台になっただけでも、よしとしましょう。

 そして、来年の展望。
 山根さんも、マットさんも、いまひとつ「難しいなあ」というだけで、明確に示すことはできませんでしたが、それは一つの誠実さの現れと取りました。
 わかりませんもの。だれにも。

 円安ロードははや終演時間となりましたが、ドル安のアンコールは、観客の中にサクラがいない状態。
 いつ次の幕が開くか、だれにも分からないのです。

 山は来年1月中旬とのことでした。
 サブプライム問題の被害の全貌と、それに対する対応策が明らかになるのがそのあたりだとのことで、それを超えると、下に行くか上に行くかの年前半の流れができるという見立てでした。

 まことに、結構なセミナーでした。

 でも、たぶん。
 お二人とも、くりっくは使ってないご様子。

 「システム改修がされるようですから、それを期待したいですね」というコメント。

 全く、おっしゃるとおり。

 でも、ふと思いました。

 取り扱い通貨量が増加
 ポジ指定決済可能
 即時入金可能
 一つの画面でニュースもチャートも見られる
 売り買いスワップ同値
 証拠金は取引所に預託し原則全額保全、会社破綻時ポジ移管もあり
 税率20%固定
 決済時の証拠金不要

 こうなったら、OTCで取引する人、いるんでしょうか。

 いま、タイ米は炊いて、違った、大枚はたいてハイパースピードなどの取引ツールを整備しているマネパにしろ、使いやすさを売りにしているどっとこむにしろ、勝てる要素がなくなります。

 なにせ、利益が増えれば増えるほど、税率固定のくりっくのありがたさが身にしみるわけですから、OTCで取引する人が小口に限られてきてしまうのではないかと見るのは、あながち杞憂ではないような気もします。

 税務署としても、取引を検知できるくりっくの方が望ましいのは事実。

 くりっく以外生き残る会社はなくなるのではないかと、正直思わされました。

 そう、税務署。
 素直に私の個人事業認めておけば、税率43%をぶちかませたのに、あかんと言うたせいで、今年の取り分なくしたぞ。

 マネパでの上がり。
 損切りやったあと、余った分は全部、黒柳さんとこへ寄付することに決めちゃいました。

 くりっくで、同じだけ、稼ぎに出ればそれでいいのです。

 年末までにやらないといけないのが、ネックですが…。

 まあ、3年スパンで考えればいいのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年12月 1日 (土)

もう一発撃つか

 攻撃は最大の防御とは言いますが、一方向に傾きすぎる相場に弾を撃ち込み続けるのはなかなか神経がすり減るもの。

 円安傾向、ちょっと進み過ぎじゃありませんこと?

 だって、2日前まで108円台だったんですよ。
 それが気づけば111円台。

 すちゃらかトレーダーの私が、111.70で構えているUSD/JPYのロングポジ。

 当面救われることはないだろうと思っていたのに、脚光を浴びています。

 と、同時に。
 平均売り単価109.50のUSD/JPYのショート玉が、きつく感じられるようになってきました。

 ま、結局。
 両建てってのを初めて手がけてよく分かりました。

 両建ては精神安定剤にならない。
 上がっても下がっても、利食いするまでの緊張感は一緒。

 実際に体験しないと分からないこととはいえ、しんどいですね。精神的に。

 111.00で、もう一発、売りか増しちゃおうかなあ…。
 おとといまで「年内100円切る」って言ってたアナリストさんたち
 当たるんですか? 本当に。

 もちろん、鵜呑みにはしませんけれど。
 ちょっとは期待してるんですよ。

 あ、それだと、AUD/JPYも連れ安になるのか。
 つくづく、両建てはわけワカメです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »