« 勝つまで負けない | トップページ | うずうず »

2007年12月12日 (水)

初の100万円抜き

 おはようございます。

 FOMCは、いま確認したら、予想通り0.25%下げで収まったようですね。

 でも、チャートを見たら、乱高下の痕跡が。
 景気減速をはっきり示したその後の声明で、イッっちゃったということですか。

 それで? 私のスイスは?

 ひょ~。抜けてる。

 CHF/JPY 99.20→98.20 100万 S 100,000 -5000 -21000

 行ってこいの手数料が42000円というのが痛いけれど、えーと、結局いくらだ。

 100万円-スワップ1日分5000円-手数料21000円×2=96万3000円

 まあ、こんなもんですか。
 次は、97.80あたりでドテンロングを仕掛けてみます。

 …あれ、もう、その値段に達しているの? そう。どっしよっかな。

 ロンドンを待って、彼らの動きを確かめてからでも遅くはなさそう。
 FOMCでの読みを、ジョンブルたちがどう手がかりにするか。

 ひっきりなしにトレードしても、いいことないし、ね。

 そうだ、目の上のたんこぶだったUSD/JPYはどうなったのじゃ?

 110.86(12:10現在)。落ちたもんです、こっちも。
 ボトム110.50近くまで下げてる。
 円安トレンドは、やはり、年末のドレッシング相場だったわけですか。

 ガンバレ! あと一円落ちれば、夢の収支とんとんになる!
 もとい、マイナススワップ分があるのか(泣。
 1円20銭、落ちるのだ!

 
 本音を言うと。

 「勝つまで負けない」なんてほざいて、翌朝ほえづらかいちゃったらどうしよう。
 実はびくびくものでした。
 淡く麗しい水をかっくらったのも、そうでないと眠れないような気がしたから。

 でも、それでも眠れなくて、精神安定剤も飲んでしまいました。
 酒とクスリ。それしないと眠れないって、マトモじゃない。
 そんなことをしないと、眠れないほどのポジを持つって、やっぱり、不健全。

 100万単位の取引は、身体によくないな。

 とりあえず、酒飲んじゃったらもう、PCいじらない。

 目の前では、USD/JPYのショートの赤字額と、CHF/JPYのショートの黒字額とがちょうど拮抗しています。

 手数料とマイナススワップ分を引いたら、おそらく、とんとんではなく、数万円のビハインドになるはず。

 それでも、USD/JPYの赤字を消し飛ばすか、FOMC後の混乱を見越して、CHF/JPYの当初の指し値での決済を待つか。

 考えていたら、クスリが回ってきました。

 いいや、眠っちゃえ。じたばたして、ろくな事になったためしがない。

 ぐっとこらえて、布団かぶって寝てしまいました。

 まったく、不良トレーダーの鑑ですね。

















 では、出勤します。
 収支記録は、明朝にでも。

|
|

« 勝つまで負けない | トップページ | うずうず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/9364850

この記事へのトラックバック一覧です: 初の100万円抜き:

« 勝つまで負けない | トップページ | うずうず »