« 【ポ】焼け石に売り | トップページ | ガンダムが悪いんだ »

2007年11月24日 (土)

利食うか待つか

 関西発、24日午前2時。
 夜空にオリオンが凍り付いています。
 煌々と照る月の光が、夜道を青白く研いでいます。

 サッポロ「冬物語」を片手に、週末の駄文をつづりたいと思います。

 さて、昨日構えた「遅まきながら」のUSDショート玉。
 ささやかな保険だったのですが、あっという間に100ぴぴ、利が乗ってしまいました。

 とはいうものの、合計2800ぴぴに及ぶ含み損を抱えている身からすれば、まさに焼け石に売りポジ。
 利食っても、要は100ぴぴ分、AUD/JPYのポジを1万ドル損切りができると言うだけのことでしかありません。

 何度も反復していれば、それなりに損は埋まってきますが、気がつけばはや、金曜日ではありませんか。
 毎週恒例、株安円高のサイクルが、今週も来ているようです。

 おまけに、連休で金融機関が開いていないいま、107円台に突入してしまったことから、月曜日の口開け、また円高方向へ強制決済に伴う反対売買のストップロスを巻き込み、窓が開きそうな予感がします。

 それで、豪の選挙も抱えている、と。

 いずれは戻るにしても、やっぱり、円高は年末まで、ひょっとすると、来春3月ごろまで、直滑降を続けそうな気配です。

 ただ、一方向だけに相場が向かっていると、ファンド勢は稼げません。

 USD安は、もはや国力の差ゆえ、既定路線と思いますが、もともと景気のよいオセアニアに関しては、余り下がる要因が見つかりません。
 高くなっていたところをねらわれただけの話で、揺り戻しはどこかでやってくると思うのですが、それがいつになることやら。

 胃の痛くなる日が続いています。

 人によっては、去年も11月は波乱だったから、今年も月末までが勝負だろうというし、別の人に言わせれば、サブプライム問題はこれまでの短期的な要因とは違い、これから数年に渡って世界経済そのものを揺るがすだろうから、リスク回避の点で円高は必須と言います。

 世界最悪の赤字を抱えて、暴落の一途をたどるアメリカ国債を抱えまくって、歴史に刻まれるほどの低金利で、正邪の区別となるモラルも絶え果てて社会は混乱を始めた、極東の島国の通貨をなぜ選ばなければならないのか、住人としては不思議でしょうがないのですが、「待ってりゃ金利相場に戻る」という確信が、少し揺らいできている昨今です。

 ここが、長くトレーダーをやっている方との違い。
 どの程度のスパンで自分の財産の増減を見図れるのか、勉強だなあと思います。

 それでも、授業料は払いたくないのが人情。
 AUD、早く元の水準に戻ってくださいと、願うばかりです。

 当面、耐える。で、取れそうな時はポジ作って利を取る。利を取った分、損を切る。
 それしかなさそうです。

 で、いまのポジ、どうするかですが…きょうはマイナススワップつくんだよね…
 利食っちゃおうかな…
 でも、月曜日対策のために、取っておいてもいいか…どうせAUDはそのままにしておくんだし…













 てんてんてん、てんてんてん。
 てんつくてんてん。










 長考に入りました。
 アルコールによる睡魔と決断と、どちらが早いか、競争です。

|
|

« 【ポ】焼け石に売り | トップページ | ガンダムが悪いんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/9082335

この記事へのトラックバック一覧です: 利食うか待つか:

« 【ポ】焼け石に売り | トップページ | ガンダムが悪いんだ »