« ハイパースピード | トップページ | 毎週恒例金曜日直滑降 »

2007年11月16日 (金)

カニとフグとクエ

 家人さんから、オーダー入りましたあ。
 「臨時ボーナスが入ったら、食べさしてね」って、キミねえ。
 このローリング相場で、そう簡単に思うとおり、稼げますかいな。

 まあ、あと半月ぐらい、まちなはれ。

 さて、毎日「きょうの相場は下がった上がった」をやると、疲れるし面倒くさい。

 弾倉続く限り、放っておくのが一番。
 キレる大人と一緒で、おつきあいしていると、精神衛生上も、よろしくありません。

 ただ、そうはいっても、どこまで耐えられるかの計算は、やっぱり必要。
 仮に、AUD/JPY 90円になったら、どうなりますか。

 今晩は、もう、飲んじゃってるからトレードも、チャートチェックもなし。

 恒例の、耐久力計算やって寝たいと思います。

 現行ポジ
 104.48
 102.48
  99.98
  99.98

 つまり、平均買い単価101.73で40万抱えています。

 90円になっちゃうと、含み損は(101.73-90)×40万=469.2万円

 ふーん。

 スワップで埋めようとすると。
 150円/dぐらいになってるでしょうから、150円×40=6000円/d。
 469.2万円÷0.6万円=782

 2年ちょっとかかります。

 FX始めた頃は「2年待ってりゃ埋まるんだから、大丈夫」なんて思っていました。

 でもいまは、ちょっとずぶとくなりました。

 仮にAUD/JPY 90円になった段階で、平均買い単価下げを画策。
 「オラー、いったるどー」と、100万AUDロング構えたとします。

 (101.73×40+90×100)÷140=93.35…

 これまた、ふーん。
 でも、ここからまた5円落ちたら、アウトですね。
 妄想だな、これは。
 追い証積む必要があります。

 実際には、AUD/JPYでロング構える前に、ほかの通貨売って稼いだ方がよさそう。

 ポジ指定決済ができないくりっくユーザーならではの、悩みです。

|
|

« ハイパースピード | トップページ | 毎週恒例金曜日直滑降 »

コメント

「クエ」って、めったに出回ることがないと聞いてます。近畿・関西方面の魚かな。買えるんですか?

名前だけ何かで読んでだことがあるだけ。もちろん味も知りません。

投稿: カピバラ | 2007年11月16日 (金) 11時09分

 クエは、体長1メートル以上にもなる魚で、関西ではフグと並んで高級魚の扱いをされています。

 つたない味覚描写で恐縮ですが、大変淡泊です。それでいてねっとりしたこくもあり、フグよりおいしいという人も少なくありません。
 ブリほど脂はなく、鯛ほどあっさりしていないといったところ。

 フグは町中どこでも食べられますが、クエは漁獲が少ないこともあり、専門店でしか食べられません。
 おまけに、安いのはたいてい、本クエではなく、亜種。ただまあ、これも、フグもトラフグではないフグがフグとして売られているように、味わい深いものですけど。

 和歌山の紀南へ行って、クエを食べるJRのツアーのチラシが、関西の駅頭にこの時期、ぎっしりです。

投稿: 凜々坊 | 2007年11月16日 (金) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/8939930

この記事へのトラックバック一覧です: カニとフグとクエ:

« ハイパースピード | トップページ | 毎週恒例金曜日直滑降 »