« 円高容認は利下げへの布石? | トップページ | 実にうさんくさいのです »

2007年11月13日 (火)

【ポ】セン短ポジ

 よく考えてみたら、セントラル短資(セン短)のポジが、いつの間にかレバ6倍になってしまっていました。

 ただ、2月ごろからちまちま積み上げてきたスワップのおかげで、この暴落相場でも、なお80万円以上の余裕を残しています。

 いったん暴落を始めると、なんの助けにもならないのですが、定期預金代わりと思っているので、数年は損益どうでもよろしい。
 しょせん100万円です。

 ですが、やはり、年末には、119円台~117円台の3本は、切らないといけないだろうなあ…。

 下で付け替えることのできる証拠金の余裕があるから、なんとか自分を慰めることができるのですが、いやはや、どうしたものか。

 円は買いたし、されどマイナススワップは痛し。
 世界に冠たる低金利で下駄を履かされてきた日本の株が、どんどんはげ落ちていくのは、見ていて胸が痛みます。

 本線の40万ドルは、現況含み損200万円オーバー。

 AUD/JPYは、90円下回ったら、があんと買いに出ます。

 いま、この状況で。
 神のごとく将来を見通して、知った風なことを書いてるアナリストたち。
 毎度のことながら、貴重なるご意見。
 後で正否を検証させていただくのが、実に楽しみです。

【現有ポジ】(オールロング)

AUD/JPY 30万
USD/JPY 10万

●マネパ

 USD/JPY 111.70 10万
 AUD/JPY 101.50 10万

●くりっく(インヴァスト証券)

 AUD/JPY 104.48 10万
        102.48 10万

●セン短
 USD/JPN 119.49 1万
        118.49 1万
        117.49 1万
        115.49 1万
        112.30 1万

【一日あたりのスワップ】

 計  6500円ぐらい
 (USD=120円/日、AUD=160円/日で計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  176万2420円
●くりっく    6万1240円

|
|

« 円高容認は利下げへの布石? | トップページ | 実にうさんくさいのです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/8893517

この記事へのトラックバック一覧です: 【ポ】セン短ポジ:

« 円高容認は利下げへの布石? | トップページ | 実にうさんくさいのです »