« なんですな~ | トップページ | 円高容認は利下げへの布石? »

2007年11月10日 (土)

【ポ】玉ゲッター

 金曜日の昼。出勤前。
 別に予兆があったわけではないのですが、なんとなく、くりっくで仕掛けていた112.30のドル指し値を外しました。

 もしも暴落した場合、ご存じの通り、くりっくはファーストインファーストアウト。
 ポジ指定決済ができない以上、弾倉の余裕を圧迫してしまうからです。

 でも、マネパの111.70は、お試しで残して置いてもいいか。
 あ、電車がもう来てしまう。

 …そして数時間後。金曜日、19:00すぎ。

 仕事が佳境に入った時をねらったかのように、携帯の着メロが鳴り出しました。

 一段落して手が空いたときにチェック。
 約定通知です。
 もちろん、昼間残して置いたUSD/JPY 111.70のポジ。

 慌てて、ヤフーのファイナンスでレートチェック。
 ドルが下げたか。
 まあ、予想はしていたから余り驚きません。
 112円にあるだろうストップ。
 これを巻き込めば、一気に数十銭下落することは分かっていました。

 だから、30銭ぐらいの幅を取っておいたのです。

 え、でも、数字が何か変です。
 「USD/JPY 110.90」

 あれ? 本当? もしかして、本格的なナイアガラ?

 携帯をもう一度見てみると、例によって迷惑メールの山の中に、約定通知がちらほら。

【くりっく】

 AUD/JPY 102.48

【まねぱ】

 AUD/JPY 101.50

 どちらも刺さっていました。

 五右衛門風呂の底が抜けたか、ヘッジファンド勢が稼ぎに出たか。
 いずれにせよ、来週にかけて、阿鼻叫喚が始まりそうな勢いです。

 今回、サブプライム問題の片が付くまで、メチャポジ作らないようにしていたので、8月17日のようなレバがかかっていません。

 とりあえず、ポジを書き出して整理。
 ゆったり構えて、成り行きを見守りたいと思います。

 それにしても、きょう、何回会社のPCでレートチェックしたでしょう。
 監視ソフトが動いているのは分かっていても、どうしても見てしまいます。
 本業のさなか、手慰みに過ぎないFXに気を散らすのは御法度だと分かっていても、ついやってしまう。

 悪い癖が身についてしまったようです。

 リーマンはやはり、安心して放置しておける程度のポジしか持たないのが、一番いいのかも知れません。
 ずっと気にしていなければ稼げないようなやり方は、やはり向いていないとつくづく感じました。

 それはともかく。
 今回はやれるところまでやりますぞ。

【現有ポジ】(オールロング)

AUD/JPY 30万
USD/JPY 10万

●マネパ

 USD/JPY 111.70 10万
 AUD/JPY 101.50 10万

●くりっく(インヴァスト証券)

 AUD/JPY 104.48 10万
        102.48 10万

●セン短
 USD/JPN 119.49 1万
        118.49 1万
        117.49 1万
        115.49 1万
        112.30 1万

【一日あたりのスワップ】

 計  6600円ぐらい
 (USD=130円/日、AUD=160円/日で計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  176万2420円
●くりっく    6万1240円

|
|

« なんですな~ | トップページ | 円高容認は利下げへの布石? »

コメント

凛々坊さん こんばんは・・
な~んだ 弱気だな~・・かつての凛々坊は 1千万円でもつぎ込む勢い!・・レバ下げれば問題ないよ!・・(笑)
ま~冗談抜きで・・これどうなるんだろうね?・・サブプラは もっと根が深そうだよ・・今日のマットさんのセミナーもそんな匂いの話が有りました・・ちょっと手出し無用のような気分ですよ・・

投稿: binboupapa | 2007年11月10日 (土) 18時17分

 ぱぱさん、おばんです~。
 いやあ、強気に出るのは、なんだか謙虚さを欠いている気がして、ちょっと控えめにしているんですよ。
 大口叩いて、実際にこけるのは、カメダだけで十分です。
 週明け。楽しみですね~。

投稿: 凜々坊 | 2007年11月11日 (日) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/8846880

この記事へのトラックバック一覧です: 【ポ】玉ゲッター:

« なんですな~ | トップページ | 円高容認は利下げへの布石? »