« 雇用統計見てからでも | トップページ | 民主はアホか »

2007年10月 4日 (木)

秋の収穫祭ちんまり第2弾~USD編

【くりっく】

 116.21→116.50 10万   29000 66640 1470
 117.21→116.50 10万  -71000 71250 1470
 118.21→116.50 10万 -171000 98230 1470

 小計 為替差損 -213000 SW 236120 手数料-4410 

 利益 18710

【マネパ】

 118.54→116.30 10万 -254000 98790 
 114.99→116.30 10万  131000 67160

 小計 為替差損 -123000 SW 165950

 利益 42950円

 両社合計 利益 61660円

=======================


 ほっくほくの秋です。
 いかがお過ごしですか?

 疫病神だった、118円台のUSD、ついにきょう、切れました。

 利益もちゃんと乗ってます。
 トータルでマイナスにならないことが目標だったので、うれしい限りです。

 思えば、8月の超絶的ナイアガラで満身創痍(と思いこんで)はや一カ月。

 絶対的金利差の存在と、相場を上下に振らないと利益を出せないヘッジファンドの手口から言って、いずれは巻き返せるときが来ると信じていましたが、意外にその日は早かった。

 れこんきすた、失地回復成る、です。

 待って刈り取る。
 つくづく、スワップ派の戦い方は、農耕民族の日本人に向いているとしみじみ。
 そして、デイトレなんてめったにできない、リーマンの私たちにとっても。

 まもなくまた、例の雇用統計が来ることから、できればその前に利益確定できればと、捕らぬ狸の何とやらを考えていたのは事実です。

 一生懸命、スワップの額と、差損とを計算して、この辺ならトントンになるのではないかと踏んで指し値を仕掛けておいたのですが、実際刺さってみるまで本当に利食いになるのか、心配で仕方がありませんでした。

 このあたり、もろ文系のアバウトさが出ています。

 次なる一手は、雇用統計後。
 なぜなら、明日から出張に出てしまうからです。
 私は今週、手じまいとなります。




 そうそう、全部決済してしまうと楽しみがなくなるので、奥の手として、112円台の魚雷を一本、まだ残しています。
 これをどこでぶっ放すか、考慮中です。








 勝って兜の緒を締めよ、と言います。
 でも、締めるの、明日でもいい?

 きょうはもう、エビス飲んじゃったから。

==================

【現有ポジ】(オールロング)

USD/JPY=10万

●マネパ

 USD/JPY 112.99 10万

●くりっく(三貴のインヴァスト)

●セン短
 USD/JPN 119.49 1万
        118.49 1万
        117.49 1万
        115.49 1万

【一日あたりのスワップ】

 計  1300円ぐらい
 (USD=110円/日で計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  148万6730円(増えた)
●くりっく  -5万1140円(ちょっと減った)

|
|

« 雇用統計見てからでも | トップページ | 民主はアホか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/8231694

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の収穫祭ちんまり第2弾~USD編:

« 雇用統計見てからでも | トップページ | 民主はアホか »