« 最後までナルな奴だった | トップページ | 売り損ねました »

2007年9月14日 (金)

げんなり

 あてにしていた仕事がおじゃんになって、ちょっとメゲモードの夜です。
 サッポロクラシックでもやもや感をすすいでいます。

 さて、気がつけば、ダウ急騰に釣られたか、USD/JPY一気に115円台後半回復。
 わけわかりませんね。

 戻り売りのポジが114円台後半に砲台を構えていたと聞いていましたが、あっさり抜かれたと言うことなんでしょうか。

 ここからが難しくなります。

 18日に利下げをやるのは見えていますから、USDは今晩を境に戻り売りと見るべきか、それとも短期的に116円台まで突き抜けてから落ちてくるか。

 感触としては、後者のようが気がします。



 それにしても。


 112円台につっこんだところでショートを構えようとしていたなんて、つくづくヘタクソ。
 我ながらあきれています。

|
|

« 最後までナルな奴だった | トップページ | 売り損ねました »

コメント

FEDは利下げしたくないと思いますよ。そのために今晩から本格的に介入の様な事を始めと思います。今後サブプライム関連のニュースはとんと出なくなるのでは?それどころか金融不安払拭のための材料があちこちから続出し始めると思いますが、素人判断でしょうか?

投稿: pppretty | 2007年9月14日 (金) 02時53分

 恐れ入ります。
 利下げについては私も希望的観測でそう願っているのですが、みんなやるやると言っているので、そうなのかなと思っているだけです。

 できればスタグフレーションの危機感を蹴飛ばして、重戦車のように、いまの金利を維持していってもらいたいです。

 またお越しください。

投稿: 凜々坊 | 2007年9月14日 (金) 03時19分

今や利下げに大きく注目するような動きは、かつてほどはないと思います。もし利下げをしても、長期的に見るとドル売りに大きく逝くことはないと思います。
過去の為替の流れと、相場が何を中心に動いているのかを冷静に見ていくと、この後は、ドル・クロス円の戻り売り、その後、徐々に円安の流れに逝くと思います。十月中には、クロス円・カナダ円は、八月上旬のレートに戻すと思います。

投稿: | 2007年9月14日 (金) 03時29分

 はい、話題の中心がサブプライム問題からずれる日はいつくるのでしょうね~。

 実はもう、とっくにはずれていたりして。

 為替の話題って、実際にニュースになることには、もう次のテーマに行ってること多いんですよね。

 キャリーが稼げるとしたら、やっぱりそこへ戻るのかな。

 となると・・・112円台で構えられたポジ、切っちゃうわけにはいきませんね・・・。

 ほんでも、株が上がるとすぐにどこかの国で金融会社が一つ二つヤバイというニュースが流れます。
 なんだか、ねらい澄ましたように。

投稿: 凜々坊 | 2007年9月14日 (金) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/7933017

この記事へのトラックバック一覧です: げんなり:

« 最後までナルな奴だった | トップページ | 売り損ねました »