« そこまでいわんでも | トップページ | ユロドル »

2007年9月20日 (木)

116円が重い

 USD116円をはさんで小動きです。

 いまひとつ、方向感がなくなってきています。

 どちらかというと、このあと、これといってトピックスがないことから、タイトなレンジをうろうろすると思っていますが、116円50銭を上抜くのはしばらく難しそうですね。

 米の大幅利下げで市況に安心感は広がっているので、株に引きずられて暴落というこれまでのパターンは起きづらいと考えます。

 そこで、いったん利益確定して、下で再度参戦するか、それとも一段の上げを期待して、来月のFOMCぐらいまでを覚悟して保持し続けるか。

 悩ましいところです。特にきょうはもう、木曜日ですし。

 キウイのふけ上がり方が、私にとっては大きな鍵になりそう。
 いまいちおう、+700ぴぴの87.50円に決済の指し値をかけてあります。

 そこまで、金利差と商品市況の高騰に伴って、一カ月以内に届くとは踏んでいるのですが、どうなりますことか。

 きょうも暑い。残暑と言うより、まだまだ盛夏。
 惨暑という言葉がぴったりきます。

|
|

« そこまでいわんでも | トップページ | ユロドル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/8026630

この記事へのトラックバック一覧です: 116円が重い:

« そこまでいわんでも | トップページ | ユロドル »