« 授業料とはいえ情けない | トップページ | 負けっ放しで終わらないために »

2007年8月18日 (土)

影響はまだ続くでしょうね

 FRBが緊急利下げというニュースが駆けめぐりました。

 それでも、113円台。

 0.5%という、破格の利上げはばっだったにモカ変わらず、ここのところの下げ幅から言えば、サプライズとも言えないほどの上げ幅です。

 来週、もう一段の円高が襲ってくると見る方が自然でしょう。

 くりっくに証拠金を積み増しました。300万円。

 こいつを使って、111円に指し値を仕掛けておきます。

 利下げしようと、円高に進もうと、この一石が後で効いてくるはず。

 そう信じて立ち向かいます。

 色気を出したばかりに痛い目にあったユーロは、仮に160円に復帰したとしても、もう手を出しません。

 成長過程の通貨で、適正レートが把握できないいま、素人が手を出すべきではないと判断します。

 ならば、値幅が読めるUSDの方が、まだ勝ち目はあります。

 -100万円。

 今年の確定損益をプラスにすることが、当面の目標です。

 しかし、アメリカは、ドル買いする外資の流れがなければ、借金地獄の財政を維持していけないはずなのに、スタグフレーションを覚悟の利下げ。

 よほど影響は深刻、と見るのが適切と思われます。

 NHKの21:00のニュースで、FXで数百万円の損を抱えたトレーダーのぼやきを放映していました。

 私も同類項です。ご愁傷様です。

 良い経験をしました。勉強勉強。めげないぞお。

|
|

« 授業料とはいえ情けない | トップページ | 負けっ放しで終わらないために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/7578268

この記事へのトラックバック一覧です: 影響はまだ続くでしょうね:

« 授業料とはいえ情けない | トップページ | 負けっ放しで終わらないために »