« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月26日 (土)

IMFが円高容認とか

 ・・・だと、書いてあります。きょうの新聞。

 週明け、マーケット反応するでしょうか。

 口先だけ、日本側が言わせたような感じですね。

 本当に円高に振れさせたかったら、利上げして、財政赤字減
らして、のんべんだらりと、安心して暮らせる美しい国にして
ほしいものです。

 のんべんだらりといえば、先日、東京は竹橋の国立公文書館
で開かれていた、憲法施行60年の特別展を見る機会がありまし
た。

 戦争負けちゃった、さあどうしよう。

 この国の根本的な価値観、どーにかせにゃならん。

 というところから始まって、日本人も外国人もよってたかっ
てあーだこーだ。

 額を寄せあつめ、口角泡を飛ばし、知恵の限りを絞っていく
様子が眼前に立ち上ってくるかのような、一級品の資料の数々

 一連のてんやわんやがすっきり整理立てて解説されていまし
た。

 ぐるぐると見て回って、最後に展示されていたのが日本国憲
法の原本。

 そうか、この赤茶けた紙とじが、オレみたいなボンクラが、
のんきに一日過ごせる保障になっているのかと思うと、感慨深
い物がありました。

 もらった資料、立派な本です。

 入場料タダだなんて、大丈夫でしょうか、公文書館。他人事
ながら、心配です。

 取引の方は、一休みといったところ。

 キウイ抱えたまま、急落待ちです。

 来週、どうなりますことか。

 【現有ポジ】(オールロング)

●マネパ

 NZD/JPN 81.50 10万
       79.50 10万

●くりっく(三貴のインヴァスト)

●セン短
 USD/JPN 119.49 1万
        118.49 1万
        117.49 1万

【一日あたりのスワップ】

 計 3300円ぐらい
 (USD=140円/日、NZD=150円/日できつめに計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  143万 530円
●くりっく 178万8110円

--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

かにかくに

 勝って勝因を分析しなければ、いつか足元をすくわれると思
うので、反省点を書いてみたいと思います。

●全決済は潔すぎた

 当面、115円台はこないでしょうから、その玉20万は残して
置いてもよかったはすです。

●キウイはくりっくで構えるべきだった

 平均買い単価80.50円×20万ドルのキウイ。

 くりっくで買ったつもりで、実はマネパで発注していました

 当面、決済できません。

 これいま利益確定すると、確実に税率上がってしまいます(TT

 酒飲んでPCいじるな、というルールに、「人に頼んでPC
いじくってもらうときには十分気を付ける」というのを、追加
して置かなくては。

●今後はリミット置かないことも検討する

 リミット、つまり利益確定ラインのことです。

 一応、買った値段から500ぴぴ上がったら売る、というふう
にしていたのですが、10万単位で買っても50万円しか利益でな
いわけです。

 10万単位×15本のポジがあるなら、上記のルールで売買して
利益750万円。

 税金40%として、所得450万円。
 もちろん、くりっくなら20%で所得600万円。

 一日15000円前後スワップがあるとすれば、キャピタルゲイ
ンで450万円所得があったばあい、1年分のスワップを先取り
したのとほぼ同義なので、決済してもあきらめはつくかと思っ
ていました。

 しかし、そのまま持ち続けていれば、スワップはもっとつく
わけですから、必要がない限り、あまり決済する意味を感じら
れませんね。

 今回も、見逃す選択肢があったのかも。

 いまいま、お金に困っているわけではなかったのですから、
慌てる必要はありませんでした。

 ただ100万円単位での利益確定を経験してみたかったという
ことです。

 気分は分かりましたから、もうそうたびたびはしなくても良
さそうです。

 来夏から、くりっくがポジ指定決済機能を導入するようです
ので、そうなると、好きなポジをちびちび売却することができ
るようになります。

 いまから少しずつ、リミットを置かないポジを、くりっくメ
ーンに構築しようと思っています。

 ただ、現受け用に、マネパにも作ります。
 仕方がありませんね。

 値段を見ずに、日を決めて1万単位ずつ買っていくやり方が
、一番いいのかもしれません。

 FXを始めて、今月末で1年。

 面白い遊びを覚えた物だとつくづく思います。

--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月25日 (金)

300万勝ったけど

 昨日の利益確定、318万。

 本当なら喜んでも良いのでしょうが、何か釈然としません。

 元々、金があってもなくても同じ生活しかしないので、実感
がわかないというのが一つ。

 もう一つは、税金のことを考えると、そう喜んでもいられな
いと思うからです。

 目先、必要な額としては十分です。

 子どもの学費、2年分できました。

 家賃込み月15万円、というのが我が家のルールだったのです
が、子どもの教育費の関係で、最近それが崩れてきていました

 これでしばらく、そのルールを守れそうです。

 税金。頭が痛いところです。

 ただ、一つの手としては、レートがどうでも、いますぐにポ
ジを構えてしまうこと。

 年末、どれだけ損が出ていても、決済してしまえば、納税金
額は少なくなります。

 スワップ分は確保できるわけですから、また新たにポジを取
り直せばいいだけのこと。

 現行121円台のドルが、年末時点で仮に110円になっていても
、平然と決済してしまえばいいのです。

 それに、半分以上はくりっくでたたき出した物ですから、こ
れについては一律20%ですみます。

 ただ、それでも損はなるべく少なくしたいですから、どの通
貨を選ぶかは重要。

 いまはどれも高値ですね。

 上海ショックの時のような局面は、ないようでいて、年に2
回や3回はありますから、待ってみるのも一つの手かと思って
います。

 税金といえば、まもなくやってくるであろう消費税の増税が
気になって仕方がありません。

 やっぱりインフレになるんだろうなと思うと、外貨で資産を
構えておく重要性をひしひしと感じます。

 でも、くりっくは現受けできません。

 OTCのマネパに軸足を置かざるを得ないのも、その欠点があ
るからです。

 ポジの指定決済機能追加も含め、早く改善されることを祈る
だけです。

 【現有ポジ】(オールロング)

●マネパ

 NZD/JPN 81.50 10万
       79.50 10万

●くりっく(三貴のインヴァスト)

●セン短
 USD/JPN 119.49 1万
        118.49 1万
        117.49 1万

【一日あたりのスワップ】

 計 3300円ぐらい
 (USD=140円/日、NZD=150円/日できつめに計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  143万 530円
●くりっく 178万8110円

 合計 321万8610円

--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月24日 (木)

ブルトレに乗った

 数日出張でした。

 帰りは、ブルートレイン。

 乗り慣れている方には当たり前のことで申し訳ないのですが
、いまさらにして、このお気楽な乗り物のすごさ、実感。

 なんと言っても、横になって眠れます。

 しかも、寝ている間に運んでくれます。

 私がどんなに深酒していようとも、関係ありません。

 特割には負けますが、飛行機の正規運賃に比べたら格安。

 行きは夜行の高速バスだっただけに、その落差がひとしお身
にしみました。

 夜行列車は遅いだの高いだの言われますが、スケジュールさ
え合えば、深夜知らない町についてホテルを探す苦労から解放
される分、ずっと気が楽です。

 とはいえ、きょうは自腹。

 帰ってくるときに使ったので、出張費が出ないのです。

 本当に出世したと胸を張るためには、会社の金でどしどし乗
れるようにならなくては。

 出世欲ありませんが、偉くなったら好きなだけブルトレ乗っ
て良いと言われたら・・・勤労意欲わいてくると思います。

 さて。

 午前中はアポがなかったので、途中下車。

 いきつけの喫茶店で、モーニングを頼みました。

 アメリカンブレックファストを出してくれます。

 フォークでザクッ。

 はさみで紙を裁つような音を立てるサラダ。

 口に含むと鼻腔にアロマが突き刺さるコーヒー。

 ちゃんと生焼けの厚切りベーコン。

 マスターはいつも、愚直なまでに基本に忠実。

 いいことに、お互いテツ。

 夜行明け、ブルトレ帰りだというと、ポーチドエッグを一つ
、おまけしてくれました。

 それをつぶし、パンを浸します。

 黄身でべちゃべちゃにして口にぽい。

 新聞を広げたとたん、携帯からメール着信音が。

 くりっくです。

 40万ドル分、決済されていました。

 となると、マネパの建玉も決済されているのか?

 1時間半ほどかけて全紙読み、モーニングを片づけたのです
が、それでもまだ、マネパからは約定通知が来ません。

 急激な円安でメール送信が追いつかないのだろうか。

 そう思い、近くの証券会社の店頭へ。

 電光掲示板は121.68~73をうろうろ。

 PCを開ければ一発でわかることなのですが、出張の時は、
破損が恐くて持ち歩いていません。

 会社では監視ソフトが導入され、マンガ喫茶ではキーロガー
が仕掛けられている可能性が否定できず、私の携帯はその手の
機能がないと来ています。

 やむなく、また家人へ電話しました。

 ・・・洗車中でPCいじれない、とすげないお返事。

 ままよ、通知が来るまで放置しておくか。

 結局、マネパ分の約定は、昼前になりました。

 からくりは簡単。

 くりっくのレートと、マネパのそれとは違う、それだけです

 くりっくがビッド121.70を現示したとき、マネパはおそらく121.68
あたりだったのでしょう。

 くりっくは、加盟数社のレートの内、最良の物を提示すると
いうのが建前。

 マネパはOTCですから、提携インターバンクのレートのどれ
を取るかは会社の裁量。

 従って、指し値を同じにしていても、業者によって約定タイ
ミングが違うというのはあり得ることです。

 それを、完全に忘れていました。

 なにせ、数カ月ぶりの取引だったものですから。

 ということで、手持ちのUSD、リミットにかかってすべて決
済されました。
 (セン短を除く)

 残りはキウイの20万ドル分のみ。

 115円台で仕込んだ玉ぐらい残しておいてもヨカッタと思い
つつ、きょうも飲んで寝につきます。

 税金があるから素直には喜べませんが、とりあえず、札束に
して実感を確かめてみたいと思います。

 こんな風になりました。

【くりっく】

為替差損益合計 スワップポイント合計 手数料(税込)合計
1,207,000 587,390 5,880

【マネパ】

取引損益 スワップ損益 取引手数料 注文日時 約定日時
471,000 120,550
320,000 126,260
220,000 140,020

 小計 為替損益 221万8000円
    スワップ  97万4420円

 合計 319万2420円-手数料5880円=318万6540円


--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月21日 (月)

ちょっとした事件

 さて、先日あった事件。

 異業種の仲間数人と、飲み会を催しました。

 公務員、エンジニア、薬学系の研究者、主婦などなど。

 全員、メシの種は違うのですが、ただ一つ、共通しているの
は「FXが趣味」という一点。

 いつも使っているホテルのラウンジが満席だったので、居酒
屋にしました。

 学生やリーマンでいっぱいです。

 あまりお金の話をするのにふさわしい場所とは思えなかった
ので、はじめはひそひそ会話していました。

 ですが、アルコールが回ってきたのと、周囲がやかましいの
とで、どんどん大声になってきました。

 話題は自然と、円売りの分析に。

 日本円を積極的に買う理由・・・ない。

 一党独裁のひずみがもたらす、政治的な不安定さと未成熟な
民主主義からくる偏狭な民族主義さえなければ、将来性からい
って、人民元の方がはるかに評価できる。

 だれかがそこまで言ったときです。

 「この非国民野郎っ!」

 罵声とともに、ついたての後ろからジョッキごとビールが飛
んできました。

 参加者の一人が、まともに頭に食らいました。

 切れました。出血しています。

 ジョッキはサラダの中に落ち、ドレッシングが飛び散りまし
た。

 みんな服べとべと。

 投げた若いのが血相変えています。

 「日本を売る? 中国の方が評価できる? てめえそれでも
日本人か!」

 小説だと、このあたりでけんか慣れしたのが若造をぶちのめ
して一件落着、となるのかもしれませんが、あいにく全員歩く
憲法9条。

 私は剣道の有段者。
 主婦は合気道3段。
 エンジニアは元自衛隊のレンジャー。

 やろうとおもえばやれるのですが、人を殴ると自分が痛い、
ということを知っている人間ばかり。

 目配せで合図して、せーので全員出口へ。

 三十六計逃げるにしかず、というやつです。

 反撃しなけりゃ情けない、なんてひねこびた英雄的根性、だ
れも持っていません。

 追っかけてくるかと思いきや、若いの、仲間とせせら笑って
います。

 レジを通るとき、マスターが耳打ち。

 「勘定、あいつらにつけときますから」

 迷惑料だと思ってくれ、とのこと。

 全員いっぺんに気分が晴れてしまいました。

 リーマンやってると、理不尽な仕打ちは日常茶飯事。

 でも、こうやってどこかで一つ、思いやりをかけてくれる人
がいると、それだけで「明日もまた、がんばってやろうか」と
思えるのも、この商売の良いところ。

 おまけに、年の功というやつか、相手が怒り狂っていても、
同レベルで応戦するより、しらけが先に立ってしまいます。

 最近めったに、攻撃衝動を感じなくなってしまいました。

 ただ、この年の功というやつ。

 悪のりしすぎる嫌いがあります。

 このときも、せっかく酒代が浮いたのだから、もう一軒行こ
うか、となってしまい、帰宅はみんな、結局午前様。

 非国民であるかどうかはともかく、アホであることは認めま
す。

 しかし、円を売ったことを理由に、批判されるとは思っても
見ませんでした。

 個人的には、北朝鮮にいくら流れているかわからない、パチ
ンコやパチスロに散財する方が、よほどどうかしていると思い
ます。

 稼げるところへ金を移すのは、投資家の基本動作。

 金に国籍があるでなし、上り坂の中国を買いたいと思うどこ
がいけないのか、さっぱりわかりません。

 もちろん、人民元の裏にいる、中国共産党の影はリスクとし
てわきまえておくには、あまりに黒光りしすぎているかも知れ
ません。

 しかし、人の裏にゼニの花。

 五輪景気でわくいまこそ、人民元&香港ドルを買いに出る好
機だと言う人間がいても不思議ではないのですが、それを「非
国民」と言われてはかないません。

 まあ、言葉尻をとらえただけでしょうから、あの若者も余り
深く考えていなかっただけなのかも知れませんけれどね。

 相手して欲しいだけの、寂しがり屋だったのかも知れないし

 私自身は、中国のアキレス腱は、一人っ子政策に伴う人口構
造のゆがみにあると思っているので、いずれ超高齢化社会に直
面し、経済的には落日を迎えると思っています。

 そうなると、沿岸部の経済発展が支えていた、内陸部(農村
部)の労働力を吸収できず、日本の比ではない格差社会が顕在
化(復活?)することになります。

 その際、高まる不満・不安を一党独裁でどこまで吸収しきれ
るか、そこは未知数です。

 その混乱が、単なる新興国市場の混乱として現れるのか、は
たまた3月のような、逃げ遅れた資金の急激な移動によっても
たらされる市場ショックとして世界を覆うのか、わかりません

 積極的に人民元の買いに出たいと言っていた仲間とは違い、
私はメリットよりも、リスキーな面が多い通貨だと思っていま
す。

 日本で声高に語られる中国脅威論は、高度成長期に欧米が叫
んだ日本脅威論とだぶって見えます。

 投資にエスノセントリズム(自文化優越主義)を持ち込むこ
とは、ガソリンかぶって火の中に入るも同じ。

 小生は今後も淡々と、稼げるところへ資金を流すのみ、です

 それにしても。

 人前で大声を出すことすらはばかる私のような人間にとって
、平気で人にものをぶつけられる人間が町中にうごめいている
というのは、恐怖以外のなにものでもありません。

 特定アジアだ、中韓なにするものぞとうそぶいている間に、
この国、寛容さを失って、どんどん知的劣化が進みそうな気が
します。

 FXを手がけているのは、生活費稼ぎの意味のほかに、いざ
というとき、外貨抱えて海外へ逃げるためのヘッジ、という意
味もあります。

 さて来週。

 日本円に変えるか、それとも外貨のまま持ち続けるか。

 思案のしどころです。

 市場が開くまであと数時間。

 イッツ ア ショータイム!

--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月19日 (土)

ポジ増やし損ねました

 中国の利上げの報道に、少々円高に振れたマーケット。

 そんなこととは全く知らず、旅に出ていました。

 帰ってみて、メールを見て、結局行ってこいに近い動きだっ
たことを確認。

 じたばたしなくても稼げるスワップ派。

 そのうまみを十分に享受している昨今です。

 内心では、120.65のポジに利が乗る日は、だいぶ遠いのでは
ないかと思っていたのですが、上海ショックから2カ月経つか
たたないかで、あっという間に黒転。

 目標USD=121.70、NZD=90.50で全決済注文をかけてありま
す。

 さて、来週が見ものです。

 G8で為替の話は出ないと聞いていますが、もしも裏目った
ら・・・泣きも笑いもしません。

 スワップねらいのタブーは「一喜一憂」ですから。

 【現有ポジ】(オールロング)

●マネパ
 USD/JPN 119.50 10万
        118.50 10万
        116.99 10万

 NZD/JPN 81.50 10万
       79.50 10万

●くりっく(三貴のインヴァスト)
 USD/JPN 120.65 10万
        119.50 10万
        118.59 10万
        115.99 10万

●セン短
 USD/JPN 119.49 1万
        118.49 1万
        117.49 1万

【一日あたりのスワップ】

 計 13000~16000円ぐらい
 (USD=140円/日、NZD=150円/日できつめに計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  32700円
●くりっく ▼400円

--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月17日 (木)

ほーっほっほ

 噴きました。USD。

 仰げば尊し121円が、すでに足下にひれ伏しています。

 でも、参院選まではまあだまだ。

 どうせこの美しい国は、大げさな利上げなんてできっこあり
ません。

 年前半はどんどん、日本売りますぞ。

 さて、銭湯行って頭冷やして、深夜のトレードに備えましょ
か。


--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月16日 (水)

ぬか喜び

 USD、久々の120.50越え。

 おお、越えた。

 指し値に届くかな、と思っていたのですが、そのときあいに
く仕事で手が離せない状態。

 次に気がついたときには、もう120.30あたりをうろうろして
いました。

 売り圧力も強いですが、下値がしっかりしてきたと思います

 当面、121円を突破するかしないか、そこがキーポイントか
と。

 参院選が終わるまでは、利上げはないと思うので、その当た
りまでに年後半のトレード戦略を立てなくてはいけませんね。

 3月のような、超絶的上下動が待ち遠しい、きょうこのごろ
です。

 なにせ、朝起きると1円円高に振れているといった日が、何
日か続きましたものね。

 そのとき徹底抗戦をした結果できたポジが、いま利益をごっ
そり生み出してくれています。

 でも、まだ含み益としては300万程度。

 いまのまま、1年放っておけば、500万円前後のスワップが
手にはいるわけですから、それを放棄して利益確定してしまう
なら、キャピタルゲインとして、手取りやっぱり500万円はほ
しいです。

 税金が40%かかるとして、まるまる500万円残すためには、800
万円弱、利が乗らないと売り飛ばせません。

 くりっくでもなんぼかポジを取っていますが、残念ながら今
回の大型ポジは、OTCのマネパで構えた20万ドル分のキウイ。

 利益確定はしたし。税金は恐し。

 いま計算したら、USDが130円程度にならないと、利益800万
円弱に到達しません。

 当分、我慢の子のようです。

 ただ、お断りを。

 含み益をまるで確定利益のように吹聴するのはフェアではな
いと思うので、気休め程度に見ておいてくださいね。

--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月15日 (火)

取引の元気なし

 トレードにも体力が必要です。

 風邪っぴきのいま、なにもする気が起きません・・・酒を飲
む以外は。

 食欲がないのに、酒だけは入るというのはどういうことなの
でしょう。

 しょうがない。そろそろ決済してもいいと思っていたのです
が、ちょっと待ちます。

 「酒飲んでトレードしない」のルールに、「風邪引きどきは
トレードしない」を追加しておかなくては。

 キウイもUSDも、高値圏。

 まもなく、収穫の時を迎えそうです。

 ぐて~。

--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月12日 (土)

通信講座の落とし穴

 DVD一枚に2時間分の講座が入っている。

 学習ガイドには確かにそう書かれています。

 でも、中身を見ると、どの巻もみんな4時間分の講座が詰め
込まれています。

 おかしい。教材を販売した学校に電話してみました。

 「え・・・あ、間違えてる!」

 FPの講座。毎年いろいろ内容が変わるらしく、手直しのチ
ェックがすんでいないまま、送付したようです。

 道理で、3級の部分からして、やってもやっても終わらない
わけです。

 事前に立てていた学習スケジュールが、一気に2倍になって
しまいました。

 2級の試験は9月。

 それまでに、3級の試験と、提案書を作成して提出しないと
受験資格がもらえません。

 果たして間に合うのでしょうか。

 心配になってきました。

 弱い米指標を受けて、一瞬119円台後半へつっこんだUSD。

 おっと、120円台お帰りなさい、です。

 週末のポジ調整といえば、クロス円のロングをためた向きが
反対売買して身を軽くしておく、と相場が決まっていますが、
今週はどうも、USD、下値が強いようですね。

 これは来週、楽しみです。

 久々、決済の時がやってきそうな予感が。

【現有ポジ】(オールロング)

●マネパ
 USD/JPN 119.50 10万
       118.50 10万
        116.99 10万

 NZD/JPN 81.50 10万
       79.50 10万

●くりっく(三貴のインヴァスト)
 USD/JPN 120.65 10万
        119.50 10万
        118.59 10万
        115.99 10万

●セン短
 USD/JPN 119.49 1万
        118.49 1万
        117.49 1万

【一日あたりのスワップ】

 計 13000~16000円ぐらい
 (USD=140円/日、NZD=150円/日できつめに計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  32700円
●くりっく ▼400円

--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月11日 (金)

キウイが弱い

 キウイ、87円台に下げてます。

 やっぱり、高すぎるという人が多かったのでしょうか。

 黒字の収支欄を見ながら、スワップの金額が毎日増えていく
のをのぞくのは楽しいですが、過大な期待はできないというこ
とでしょうね。

 さて、またもや、FXで脱税さんが捕まったようですね。

 今度はオフショア口座を利用して、2億3千万円とか。

 非居住者なら、海外での所得には課税されないわけですから
、そこまでやるなら移住してしまえばよかったのに。

 FXに対する目が、どんどん厳しくなりそうな気がします。

 でも、これを機に、くりっく同様、一律20%の分離課税にし
てくれれば、願ったりかなったり。

 なにせ、利益確定しようにも、税金が怖くてできないという
人、私も含めて結構いるようなので。

 この間、FX仲間とご飯を食べたときに、そんな話になりま
した。

 そのとき、とんでもない事件が・・・。

 それはまた、後日。

 いつの間にか、キウイのスワップ、165円/dに増えてまし
た。

 7.25%の金利差、恐るべし、です。

【現有ポジ】(オールロング)

●マネパ
 USD/JPN 119.50 10万
       118.50 10万
        116.99 10万

 NZD/JPN 81.50 10万
       79.50 10万

●くりっく(三貴のインヴァスト)
 USD/JPN 120.65 10万
        119.50 10万
        118.59 10万
        115.99 10万

●セン短
 USD/JPN 119.49 1万
        118.49 1万
        117.49 1万

【一日あたりのスワップ】

 計 13000~16000円ぐらい
 (USD=140円/日、NZD=150円/日できつめに計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  32700円
●くりっく ▼400円


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月 8日 (火)

動きなし

 GW明け。

 それっとばかりに市場も動く・・・かと思いきや、ロンドン
がお休みなこともあってか、静かですね。

 今週、金利発表ぐらいしかイベントなさそうですし・・・。

 利益確定できるのは、いつでしょうか!

 つまんないのでいっぱいやって寝てしまいます。

 きょう、大○証券でゼロクーポンの資料をやまほどもらって
きました。

 手数料、高いなあ・・・。

 FXでドルをゲン受けして、直接買い付けできませんか?

 まあ、FXのことはおくびにも出さずに聞いたのですが、そ
ういうことはやっていない、とのこと。

 破れジーンズにTシャツで行ったのがよくなかったのかしら
ん。

 今度はスーツで行ってみて、反応が違うかどうか、試してみ
ましょう。

--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月 6日 (日)

田植え

 普段、市場が開いていない土日はすごく長く感じられるので
すが、大型連休は気持ちの上で取引をする気がないせいか、休
みがあっという間に過ぎていくように思えます。

 きょうは、知り合いに誘われて、近所の田んぼへ田植えに。

 典型的な中山間地帯の過疎集落。

 そこへ、日差しを浴びて、泥と戯れたいという理由で、車飛
ばして遠方から大の大人がたくさんやってくるのです。

 泥にめり込む足。

 めりめり言う腰。

 帰宅した後のビールがうまいのなんの。

 食っても食っても、太る気がしません。

 お天道様を浴びて、体を動かす労働をしていたら、人間はふ
とりっこないなあと、いつもつくづく思います。

 たとえ都会でも、夏のかんかん照りの中、半日庭仕事をする
だけで、結構体力を使います。

 ただ、土から受ける輻射熱と、コンクリートやアスファルト
から受けるそれとは、ちょっと違うのでしょう。

 同じ時間地面を向いていても、消耗度合いが全然違います。

 Tシャツに麦わら帽子で草刈りをする半日。

 Yシャツにネクタイで都会を外回りする半日。

 どっちもかく汗は一緒。

 でも、後者の汗の方が、粘度が高いように思えるのは、きっ
と冷や汗も混じっているからかなと自己分析しています。

 もともと、私の家系は、先祖代々、由緒正しき水飲み百姓で
、幼い頃は自前の田んぼをあてがわれて、田植えや草取りに精
を出しました。

 秋になって、収穫が終わると、一生懸命作った米や麦を、親
がごっそり、年貢と称して召し上げていきます。

 封建農奴制の現実を、小学生の頃から実感させられていまし
た。

 といっても、しょせん子どもの手慰みですから、そんなに採
れるワケじゃありません。

 テークノートしたわけではないので間違えているかも知れま
せんが、きょういった田んぼは、農薬の使用を抑えていること
もあり、一反せいぜい7俵。

 化学肥料使って、農薬巻きまくって、それでも8俵9俵いく
かな~というところだそうで。

 毎日草取りするわけでもなく、肥料といってもせいぜい立ち
ションのぐそが関の山だった子どもの頃、何ほどの量が採れた
かは知りません。

 でも、収穫の時。

 手にした穂のずっしりとした重みは、まだ記憶に残っていま
す。

 友人と餅つきをしたり、鳥のエサ台を作ってそこへ巻いたり
、秘密基地へ持って行って○レンジャー部隊員の弁当にしたり

 待って刈り取るスワップ派の心構えを、このあたりで学んだ
ような気がします。

 時に台風、時に長雨。

 それでも、待っていれば収穫はやってきます。

 作物に自己回復力があるように、金利差ねらいのトレードに
は、波風立つときはあっても、必ず実るときがやってくると考
えています。

 今年は何毛作できるでしょうか。

--------------------------------------
Big Chance to Win 50,000 Yahoo! Points!
http://pr.mail.yahoo.co.jp/nlcp/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月 5日 (土)

仰げば尊し121円

 あまりはかばかしい結果ではなかった雇用統計。

 でもUSDは120円台を維持しています。

 それほど米景気の先行きに楽観論が出ているとも思えません
が、史上最高値を更新し続けているダウの勢いに引きずられて
いるのかもしれないと思っています。

 売ってもいいけど、まあだまだ。

 最大のイベントをこなしてこの程度の振れ幅。

 となると、来週はどうなるか。

 むふふ、ぐふふ。

 アマチュアの私が相場観を書いたって当たりっこないし、知
ったかぶりするのは噴飯ものですよね。

 でも、みんな書いてます。

 希望的観測を込めて、わたくしめも追随の雄叫びを。

 121円はすぐそこだ!

 そう、すぐそこ。

 到達するかどうかは、分かりませんが。

 ああ、エビス・ザ・ホップがうまい。

 香りは、かの愛してやまないエーデルピルスに迫ってます。

 買収攻撃に負けるな、ガンバレ、サッポロ。

 きょうは4缶呑みました。

 あしたも1ダース、買ってやるぞ。

 ヨッパトレーダーなので、数字がぴこぴこいうのを眺めるだ
けにします。

--------------------------------------
Big Chance to Win 50,000 Yahoo! Points!
http://pr.mail.yahoo.co.jp/nlcp/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月 4日 (金)

GWは円高って言ったのは誰だ

 そういうレポートがあったんですが・・・。

 まあ、ショートかけていたわけではありませんので、実害は
ないのですが。

 いやはや。

 ドル噴きまくりですね。

 米のスタグフレーション入りの危険性については、昨秋ぐら
いからちらほら話題になっていました。

 私も何度か、このブログで取り上げたことがあります。

 景気後退局面における利上げ。

 大統領選挙を控え、資本流入で一定の景気を仮装しておかな
ければならないアメリカは、いざとなったらやるだろ。

 私のお師匠はそう言ってます。

 アホかいな。

 もちろん、たわごとです。投資は自己責任。

 なにせ「酔拳投資法」って、訳の分からない投資術をやって
る人ですから。

 「酔えば酔うほど冴えてくる~」

 ハイハイ。勝手にやってください。

 私、リミット上げちゃいますからね。

 USD70万処分、121.30にしときます。

  【現有ポジ】(オールロング)

●マネパ
 USD/JPN 119.50 10万
       118.50 10万
        116.99 10万

 NZD/JPN 81.50 10万
       79.50 10万

●くりっく(三貴のインヴァスト)
 USD/JPN 120.65 10万
        119.50 10万
        118.59 10万
        115.99 10万

●セン短
 USD/JPN 119.49 1万
        118.49 1万
        117.49 1万

【一日あたりのスワップ】

 計 13000円ぐらい
 (USD=140円/日、NZD=150円/日できつめに計算)

【今年の確定損益】

●マネパ  32700円
●くりっく ▼400円

--------------------------------------
Big Chance to Win 50,000 Yahoo! Points!
http://pr.mail.yahoo.co.jp/nlcp/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月 1日 (火)

勉強せずに稼ぐのは無理

 さて、5月1日。

 このブログが一気に数十個のブログ集に登録されることになりました。

 先月来、「かってに登録するからよろしくね」メールが何通も届いていました。

 登録するのはいいのですが、私の母よろしく、FXをやれば
勝手にお金が貯まっていくと思っている人がいたとしたら、
それは大間違いのこんこんちき。

 楽して儲かる商売はない!

 この当たり前の真実は、FXにも当然、あてはまるのです。

 例外はありません。

 わたくし凜々坊は現在、90万単位の外貨を寝かせ、
一日15000円前後のスワップを吸い続けています。

 しかし、相場に対して全く知識がないまま、
ただFXが稼げそうという態度で臨んでいるわけではありません。

 朝起きて。

 携帯に経済関係の突発ニュースが入っていないことを確認
 ↓
 日経・朝日・読売・毎日を読む
 ↓
 外為レートをチェック
 ↓
 経済指標をチェック。少なくとも1カ月後までのチェックを毎日して
頭にたたき込む
 ↓
 ロイター、日経M&M、マネパ、ブルームバーグのヘッドラインをチェック
 ↓
 各取引会社のレポートを読み、口座残高をチェック
 ↓
 デイリーの戦略を決める
 デイトレするならする。しないならしない

 ここまでで、だいたい2時間かかります。

 このほか、マンガ喫茶で雑誌やブログも逍遥。

 凄腕になってくると、一日5分程度ですむようですが、
素人の私はとても、そこまで能率よくできません。

 「トレーダーに新聞は要らないのでは?」という声もあります。

 速報性はテレビに劣り、一紙取ると月々4000円近い出費。

 ネットならば、知りたい情報をすぐに、知りたい形で入手できます。

 ですが、私はこう考えています。

 ネットを通じてもたらされる話題は、客観報道のフィルターを経ていない
書き手自身の主観に過ぎないか、あるいは新聞やテレビの話を
2次加工して流しただけの代物に過ぎないことが多いです。

 もちろん、新聞やテレビ、またはそれ以外の商業メディアとて、
伝え手自身の主観が混じらないと言うことはあり得ないので、
厳密な意味での客観報道とは言えません。

 ですが、商品化されるまでに何重もの人の目(主観)を
くぐり抜けているため、伝え手一人の主観に寄りかかると言うことが
ありません。

 それぞれのメディアの、企業としての論調の偏りはあるでしょうが、
それすらも情報の違いとして受け止めておけばいいと思います。

 もう一つ。

 情報のデパート性という点があげられます。

 知りたい情報を素早く手にできるネットの速報性に、
既存のメディアは完敗。

 今後も勝てないでしょう。

 ですが、知りたくない情報をも視聴者の耳に入れてしまえるという点で、
私は、既存メディアにも利点があると思っています。

 小さな子に「野菜も食べないと丈夫な体になりませんよ」と
いうアレです。

 人間は、バランスの取れた考察力を養うために、
知りたい情報も、知りたくない情報も、
両方頭に入れておくことが必要と考えています。

 為替の世界とて、しょせんは生身の人間が裏で動いているのですから、
そこへ戦いを挑もうと思えば、正確な情報を知らなければ話になりません。
  
 知りたい情報だけしか知らなくていいというのは、
知識と主観が偏る点で、トレーダーとしてとってはならない態度だと
思うのです。

 おまけに、風説の流布は株式市場では御法度ですが、為替市場では日常茶飯事。

 だれがレートチェックしただの、介入情報だの、機関投資家が
何日に大口の売りを出すだの。

 世界中のトレーダーが、縄のれんの向こうでくだ巻いて騒いだことが、
そのまま市場を動かす要因になっているともいえます。

 そこへ、自分の知りたい情報しかいらないなどという人間が飛び込んだら
どうなるか。

 鴨が葱を背負って自分から鍋に飛び込むようなもので、あっという間に
むしられ、丸裸にされて放り出されるのが落ちでしょう。

 ですから、ネットのメリットを存分に生かしつつ、
既存のテレビや新聞といったメディアも活用しないといけないわけです。

 月4000円は、授業料としては破格の安さではないでしょうか。

 口当たりの良い情報だけに踊らされていると・・・
 
 為替の世界でも負け。

 現実世界でもファシズムの足音が。

 ともあれ、私など足元にも及ばない量で、みなさま毎日勉強と
情報収集に余念がないのです。

 それは、現実社会で健全な判断力を磨くことが、
為替の世界でも勝つ道だとみんな知っているからです。

 それだけ知識を詰め込み、実相場で経験を重ねても、なおかつ
2割の人しか勝てないと言われているのが為替相場です。

 このブログに「無限回廊」と名付けたのは、
気取ったからではありません。

 為替の世界は24時間、ずっと動いているからです。

 いったん足を踏み入れたら、極端な話、寝ていられないのです。

 土日や祝日、年末年始といったごく限られた間を除き、
一日中相場が動いています。

 株なら、おおまかなところは9時~15時でおしまいですが、
為替とおつきあいしようと思うと、休む間がないのです。

 おまけに、為替に影響を与える経済指標や国際イベントなどは
引きも切りません。

 いつまで経っても終わりがない、煉獄です。

 それだからこそ「無限回廊」という、苦行のメビウスを
想起させる題名にしたのです。

 この重圧とまともに戦うためには、

 1に勉強、2に勉強。
 3,4も勉強。
 5に資金。

 プロでも為替はわからない、といいます。

 まして、私らアマチュアが分かるわけはないのです。

 その中で、世界中の金持ちがうごめく為替市場から
金をかっぱいでこようと思うなら、徒手空拳ではだめだということです。

 先日の4億円脱税主婦の報道以来、簡単に稼げる投資手段という
とらえ方が広まってきたように思います。

 でも、それは完全な誤り。

 投資に楽な道はありません。

 額に汗しない労働と思われがちですが、冷や汗の一つもかかずに
投資ができるような人がいたとしたら、つくづく尊敬したいと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

勉強せずに稼ぐのは無理

 さて、5月1日。

 このブログが一気に数十個のブログ集に登録されることになりました。

 先月来、「かってに登録するからよろしくね」メールが何通も届いていました。

 登録するのはいいのですが、私の母よろしく、FXをやれば
勝手にお金が貯まっていくと思っている人がいたとしたら、
それは大間違いのこんこんちき。

 楽して儲かる商売はない!

 この当たり前の真実は、FXにも当然、あてはまるのです。

 例外はありません。

 わたくし凜々坊は現在、90万単位の外貨を寝かせ、
一日15000円前後のスワップを吸い続けています。

 しかし、相場に対して全く知識がないまま、
ただFXが稼げそうという態度で臨んでいるわけではありません。

 朝起きて。

 携帯に経済関係の突発ニュースが入っていないことを確認
 ↓
 日経・朝日・読売・毎日を読む
 ↓
 外為レートをチェック
 ↓
 経済指標をチェック。少なくとも1カ月後までのチェックを毎日して
頭にたたき込む
 ↓
 ロイター、日経M&M、マネパ、ブルームバーグのヘッドラインをチェック
 ↓
 各取引会社のレポートを読み、口座残高をチェック
 ↓
 デイリーの戦略を決める
 デイトレするならする。しないならしない

 ここまでで、だいたい2時間かかります。

 このほか、マンガ喫茶で雑誌やブログも逍遥。

 凄腕になってくると、一日5分程度ですむようですが、
素人の私はとても、そこまで能率よくできません。

 「トレーダーに新聞は要らないのでは?」という声もあります。

 速報性はテレビに劣り、一紙取ると月々4000円近い出費。

 ネットならば、知りたい情報をすぐに、知りたい形で入手できます。

 ですが、私はこう考えています。

 ネットを通じてもたらされる話題は、客観報道のフィルターを経ていない
書き手自身の主観に過ぎないか、あるいは新聞やテレビの話を
2次加工して流しただけの代物に過ぎないことが多いです。

 もちろん、新聞やテレビ、またはそれ以外の商業メディアとて、
伝え手自身の主観が混じらないと言うことはあり得ないので、
厳密な意味での客観報道とは言えません。

 ですが、商品化されるまでに何重もの人の目(主観)を
くぐり抜けているため、伝え手一人の主観に寄りかかると言うことが
ありません。

 それぞれのメディアの、企業としての論調の偏りはあるでしょうが、
それすらも情報の違いとして受け止めておけばいいと思います。

 もう一つ。

 情報のデパート性という点があげられます。

 知りたい情報を素早く手にできるネットの速報性に、
既存のメディアは完敗。

 今後も勝てないでしょう。

 ですが、知りたくない情報をも視聴者の耳に入れてしまえるという点で、
私は、既存メディアにも利点があると思っています。

 小さな子に「野菜も食べないと丈夫な体になりませんよ」と
いうアレです。

 人間は、バランスの取れた考察力を養うために、
知りたい情報も、知りたくない情報も、
両方頭に入れておくことが必要と考えています。

 為替の世界とて、しょせんは生身の人間が裏で動いているのですから、
そこへ戦いを挑もうと思えば、正確な情報を知らなければ話になりません。
  
 知りたい情報だけしか知らなくていいというのは、
知識と主観が偏る点で、トレーダーとしてとってはならない態度だと
思うのです。

 おまけに、風説の流布は株式市場では御法度ですが、為替市場では日常茶飯事。

 だれがレートチェックしただの、介入情報だの、機関投資家が
何日に大口の売りを出すだの。

 世界中のトレーダーが、縄のれんの向こうでくだ巻いて騒いだことが、
そのまま市場を動かす要因になっているともいえます。

 そこへ、自分の知りたい情報しかいらないなどという人間が飛び込んだら
どうなるか。

 鴨が葱を背負って自分から鍋に飛び込むようなもので、あっという間に
むしられ、丸裸にされて放り出されるのが落ちでしょう。

 ですから、ネットのメリットを存分に生かしつつ、
既存のテレビや新聞といったメディアも活用しないといけないわけです。

 月4000円は、授業料としては破格の安さではないでしょうか。

 口当たりの良い情報だけに踊らされていると・・・
 
 為替の世界でも負け。

 現実世界でもファシズムの足音が。

 ともあれ、私など足元にも及ばない量で、みなさま毎日勉強と
情報収集に余念がないのです。

 それは、現実社会で健全な判断力を磨くことが、
為替の世界でも勝つ道だとみんな知っているからです。

 それだけ知識を詰め込み、実相場で経験を重ねても、なおかつ
2割の人しか勝てないと言われているのが為替相場です。

 このブログに「無限回廊」と名付けたのは、
気取ったからではありません。

 為替の世界は24時間、ずっと動いているからです。

 いったん足を踏み入れたら、極端な話、寝ていられないのです。

 土日や祝日、年末年始といったごく限られた間を除き、
一日中相場が動いています。

 株なら、おおまかなところは9時~15時でおしまいですが、
為替とおつきあいしようと思うと、休む間がないのです。

 おまけに、為替に影響を与える経済指標や国際イベントなどは
引きも切りません。

 いつまで経っても終わりがない、煉獄です。

 それだからこそ「無限回廊」という、苦行のメビウスを
想起させる題名にしたのです。

 この重圧とまともに戦うためには、

 1に勉強、2に勉強。
 3,4も勉強。
 5に資金。

 プロでも為替はわからない、といいます。

 まして、私らアマチュアが分かるわけはないのです。

 その中で、世界中の金持ちがうごめく為替市場から
金をかっぱいでこようと思うなら、徒手空拳ではだめだということです。

 先日の4億円脱税主婦の報道以来、簡単に稼げる投資手段という
とらえ方が広まってきたように思います。

 でも、それは完全な誤り。

 投資に楽な道はありません。

 額に汗しない労働と思われがちですが、冷や汗の一つもかかずに
投資ができるような人がいたとしたら、つくづく尊敬したいと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »