« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月14日 (日)

バカも休み休み

 日銀の利上げが、今週最大の注目点になりそうですね。

 週末を挟んで、おそらくアドバルーンを上げてくるだろうなと
思っていた日銀ですが、各マスコミに等分に同じ利上げ観測記事が
載っているところを見ると、おそらくやる気なのでしょう。

 自民からは、それを牽制する意見が相次いでいます。

 中川幹事長と来たら、日銀法改正だなどと息巻いています。

 中央銀行の独立性に政権与党がくちばしをつっこむこと自体
おこがましいのに、これではまさに脅迫行為。

 コトの是非やあるべき姿を問わず、言うことを聞かなければ
法律を自らに都合よく変えてしまえという姿勢は、
とうていうなずけません。

 このヒトたちは、単に私ら有権者の利益代行者に過ぎないという
自分たちの立場が全然分かっていないと見えます。

 参院選、統一選が念頭にあるのでしょうが、そもそも、
利上げして困るほど、借金をふくらませたのは一体だれなのでしょうか。

 放漫財政と、それを容認する政策を推し進めてきたのはだれなんでしょう。

 財界にとって利上げは確かに冷や水かも知れませんが、
諸外国との金利差を放置するわけにはいかない、という
日銀の意見もうなずけます。

 しかし、個人消費が確実に復調軌道に乗っているという
確信が得られない中、利上げに踏み切るのはいかがなものかという
エクスキューズが日銀の中にあることも、報道で触れられています。

 そんなものを待っていたら、利上げなどいつになることやら。

 しかも、ホワイトカラーエグゼンプションなる、サービス残業合法化法案、
または過労死促進法案が、あまたの反対を押し切って提案されようとしている
いま、有権者のサイフのヒモがこれ以上緩くなるとでも思っているんでしょうか。

 政府に財政健全化を促す意味でも、日銀は今回、断固利上げすべきだと
思います。
 一有権者としては、そう思います。

 でも、為替トレーダーとしては、実はどっちゃでもええのです(^^;。

 日本が財政運営で致命的に破綻して、1$=\1000ぐらいになってくれれば、
FX手がけていれば、もうウハウハで暮らしていけますから。
 
 そういう点では、革命や、政権交代に伴う政策転換の可能性が極限まで低い
この国は、稼ぎ場というほかありません。

 どんどん失政を重ねて、円安に持っていってください。

 憲法改正して徴兵制とか、戦争やっちゃうとか、
アルゼンチンやロシアみたいに借金返せません宣言しちゃうとか、
もう全然おっけー。

 やばくなる前に、ドルの現ナマ抱えて海外移住します。
 そのためのFXなんだから。

 「足による投票」ってのは、地方自治体の話じゃ、ないのよ。

 って酔漢の戯言はともかく。

 今週から、一日1万単位ずつ、くりっくとマネパで買いを入れ始めます。

 当面は、USDとEURを交互に。

 100万単位まで積み上がったら、いったん小休止。

 リミットも、ロスカットもなし。ひたすら放置です。

 セン短は、4万$入れて放置。雑所得20万円だけもらいます。

 これもすべて、FXを含めた投資すべてを禁じる、会社の
アホな決定のなせるわざ。

 くりっくを使うにしても、結局申告しないといけないため、
会社の源泉徴収票には、先物取引の欄に、利益や損失が明記されてしまいます。

 一発でばれてしまうため、当面、利益確定はしないことにします。

 ほとぼりがさめてきたら、また新しい手を考えますが、
いまのところ、妙案がありません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月 8日 (月)

円高ほい!

 まだはもう、もうはまだ

 相場の格言にあるそうですが、週末以降の動きを見ていると
、そんなため息が漏れるほど、気持ちいいくらい円高に触れて
いますね。

 でも、「どうせポンもドルも、\235だの\120だの、行くだろ
そのくらい、まだまだ~」と、心のどこかで思っていたことを
告白してしまいます。

 買いに出なかったのはひとえに、くりっくの口座に入ってい
る金が足りなかったからと言う消極的な理由。

 まあ、神様がストップをかけてくれたと思い、感謝していま
す。

 きょうは休日。

 東京市場は休みですが、なおもじりじり円高。

 きょうはウインドゥショッピングですね。

 さて、日銀の利上げ。どの程度市場は織り込んでいるのでし
ょう。

 一時的な買い場がやってきて、その後また、キャリートレー
ド再開。

 昨年何度も訪れた場面が、また再現されるだけに終わりそう
な気もします。

 0.5%という政策金利。借金漬けのこの美しい国にとって、
決して軽くはないと思います。

 日本の借金カウンターという、JAVAを使って動くソフトがあ
ります。結構有名なのでご存じの方も多いのでは。

 国と地方合わせた借金の総額が表示されているのですが、リ
アルタイムでめまぐるしく増加していきます。

 その金額。一秒あたり数百万円。
 目で追えない早さで増えていくので、はっきりいくらとわか
らないのです。

 このスピードがもっと速くなると言うわけです。

 外貨買っておかないと、いずれ大インフレが来たときに対処
できません!

 そういってやまない経済評論家の話が、本当に思えてきます

 FXを覚えて本当によかったと思う一瞬です。

 利上げしたら景気に愛影響与えて円安。
 利上げしなければたたき売られて円安。

 そんな感じがします。

 雪がしんしん。

 雪も借金も、降り積もる。ああ美しい国。
 

--------------------------------------
Yahoo! JAPAN Search Word Ranking 2006
http://pr.mail.yahoo.co.jp/search/


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月 5日 (金)

大相場

 一度前画面に戻したら、文章が全部消えてしまい、泣けてき
ました。

 もう一回、同じものを書くのはしんどいですね。

 調整なのか、それとも日銀利上げを織り込み始めた下落トレ
ンドの形勢か。

 いずれにせよ、円とほかの通貨との絶対的な金利格差は変わ
らないので、大まかに見れば円安傾向にあることは予測がつき
ます。

 どなたも同じことでしょうが、この谷が一過性のものなのか
、それともある程度の深さまで来るのか、それの見通しがつか
ず弱っています。

 昼からずっと、アナリストのレポを読みふけっているのです
が、やっぱり分かりません。

 しかもまだ、1月第一週。

 世界各国のトレーダーたちも、おとそ気分が抜けていません

 来週にならないと、ファンドや機関投資家が本格参加してこ
ないと言われていますから、それが売買を始めた場合、いまの
クロス円相場の流れにどういうバイアスをもたらすか、それが
気がかりです。

 この後、22:30に恒例の米雇用統計の発表があります。

 ドルのセンチメントを考えると、たぶん好結果と思うのです
が、利下げ、赤字、この間の選挙結果・・・などを考えると、
いまの\118という水準で自分が素直にドル買いできるか、ため
らいがあります。

 できれば、\116、\115台が、新春一発目のポジとしては、あ
りがたいですね。

 では、次善として、欧州通貨に買いを入れるかというと、そ
ういう気にもなれません。

 以前にも書きましたが、ポンドが230円ということは、ロン
ドンの地下鉄は初乗りだいたい700円。

 私たちがオムスビを買うのと同じ感覚といっていい、フィッ
シュ&チップスだって、安くても2.5£しますから、これも600
円ぐらい。

 ユーロはさすがに、そこまで首をひねる物価高をもたらして
いるとは言い難いですが、経済で劣る東欧が続々と参加を始め
ていることを考えると、いつまでも右肩上がりで評価され続け
るとは思えません。

 基軸通貨としてのユーロの地位は世界第二位を確実にしたと
はいえ、為替相場としての相場がどこにあるかは、登場して日
が浅く、定まっていないというのが個人的な感想です。

 ポンドは上下動激しい殺人通貨。
 今回も\234から一気に\229まで2日で下げたほどですから、
とてもスワップねらいで持てません。

 胃が溶けてしまいます。
 
 一日PCの前に張り付いていられないスワップ派は、ボラテ
ィリティーが低く、レンジ相場を形成する通貨の方がありがた
いです。

 ユーロは利上げの可能性があるので少し買っても良いのでし
ょうが・・・。

 日銀が利上げした場合、それと相殺されかねない気もするた
め、消去法でUSDを選んでいます。

 とりあえず。

 \116.80で、2本指し値をしています。

 マネパで一本、くりっくで一本。

 くりっくは本当は、3本ぐらい指し値をしようと思ったので
すが、なんと都銀の口座は午後3時までの振り込みでないと当
日反映してくれません。

 振り込んでも証拠金が増えていないので、確かめてみたら、
振り込み予約となっていて、振り込み日はなんと9日。

 きょうみたいに、年に何度もない大相場の時に、弾丸不足で
戦闘不能なんて。

 大失敗。

--------------------------------------
Yahoo! JAPAN Search Word Ranking 2006
http://pr.mail.yahoo.co.jp/search/


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月 2日 (火)

日々変わる戦術

 「放置」と意気込んだセン短のポジ。

 まだ一日しか経ってないのに、早くも考えがぐらついてきて
います。

 スワップ用良ポジ構築の最大の秘訣は、平均購入単価を低く
抑えること。

 つまり、いまのUSD=\118.50、NZD=\83で買って、放置して
大丈夫か、ということです。

 USDは今後、利下げが予想されます。

 NZDは高金利に伴うスタグフレーションの危険性が前から言
われています。

 日本の利上げもそのうちにはあるでしょうから、そうなると
若干は、これら通貨が安くなることが考えられます。

 為替差損でスワップ分吹っ飛んでしまえば意味がありません

 でも、買わないといつまで経ってもスワップがもらえません

 相反する二つの問題を、どう解決しましょう。

 年間20万円分のポジを構築した時点から、急激に円高が進ん
だとき、同じようにポジを作り替えるしかありません。

 スワップは、要は年間トータル20万円になればいいわけです

 年末付近で保有ポジの合計スワップを計算し、20万円を越え
た分の金額を算出します。

 円安の時に購入していたポジには含み損が発生しているでし
ょうから、スワップ超過分の金額に相当する含み損のポジを決
済すれば、差し支えないのではないかと考えました。

 これなら、円高に合わせて買い下がっていけば平均購入単価
も下がります。

 ・・・というように思ったのですが、落とし穴があるような
気がしますね。

 円高になればスワップも減りますし。

 ポジが増えた状態で円安に触れていたら決済しようにも、決
済できませんし(利益が20万円超えてしまったら意味がありま
せんから)。

 しょせんアマチュア。勉強途中ですから、やってみながら考
えざるを得ません。

 詳しい方のブログをまた、逍遥することになりそうです。

 とりあえず、今週は静観。

 買い出動は来週あたりからになりそうです。

--------------------------------------
Yahoo! JAPAN Search Word Ranking 2006
http://pr.mail.yahoo.co.jp/search/


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月 1日 (月)

三本の矢で行きます

 あけましておめでとうございます。

 今年の取引は、3本柱で行くことにしました。

 【放置プレー用=セン短】
 
 100万入れて、USD3万かNZD4万買う。
 時期は分散。1月から3月にかけて、1万単位ずつ。
 それで放置。

 雑所得は年間20万円まで非課税なので、上の単位で買いもつと、
スワップがだいたい20万円前後。

 越えそうならわざと別のポジで取引やって損を出す(12月)。

 これを私と同居人と2口座でやる。

 スワップ年間40万円確定(為替差益は考慮していません)。

 【スワップ積み立て用=マネパ】

 口座には500万円~1000万円入れておく。

 急激に円高が進んだら、買いを検討する。

 買いは10万単位。ストップロス、リミットは基本的に入れない。

 年金代わりぐらいの気分で、これも放置。

 離隔は10年先ぐらいの気分で。

 【スイング+スワップ=くりっく:さんき】

 口座には500万円~1000万円入れておく。

 急激に円高が進んだら、USD+ユーロ中心に10万単位で買う。

 500pip上にリミット。ストップロスは-400pip。

 市場の予測に確信が持てないときは休むが、いけるときはそれなりに買う。

 取引会社がつぶれても、資金は市場預託なのでそれなりに安心。

 そうなったときは、ポジもそのまま別会社で取引できる(となっている、いまのとこ)。


・・・こんな考え方でおります。

 ついでに。

 日本の利上げは、かなり遅くなると言う見方が広がっています。

 個人的には、統一選あたり、下手すると参院選以降と見ているのですが、
もしもそうだとすると、キャリートレードの流れは不変。

 円安。どこまで進むのでしょうね。

 買うに買えない、過熱相場。

 年明けしばらくは、静観しようと思っています。

 そうそう。年の初めの試しとて。

 今年こそ、FP2級+行政書士+旅行主任者試験、やろうと決意。

 それに、修士論文も書き上げるぞ。

 なんだか毎年、こんなことを言っている気がするナア・・・(^^;。

 さ、そろそろまた、今年も市場が開きますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »